タコの再受験

研究者を志望して○大理学部入学→物理系に進むも遊びすぎて落ちこぼれ挫折。卒後ホワイト~グレーな仕事を渡り歩くうち夢も希望も失いかけるも、医師になろうと思い立って無職になり2年目に国立医学科合格。半年だけ駿台に通った。

30代大卒医学部再受験の記録

※宣伝・営業が目的と判断したユーザーに関しては読者登録を拒否しています。

テーマ:
まあそれはそれは熱いんすわ。
人生は一度きり。型にハマったら損。熱くてナンボ、やで。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
得点開示が来たので晒しますね~

富山は自己採点高め、産医大は自己採点よりかなり低くかった。


富山


自己採点は、
数80
英80
物140
化135
面60-100
センター833
計1325-1365/1600

だったので、思っていた以上に余裕があったみたい。

英語は配点が有利だったのかもしれない。採点も甘いのかな。

数学は満点の大問はないはずだが、どうやら考え方は合ってるってことで好意的に採点してもらえたらしい。日本語での丁寧な説明が功を奏したということか。
物理はどこかでもう一つタコミスをしたようだ。
面接は現役生でも同じくらいの点数の人がいた一方で、90点以上という人もいたので、かなりばらつく印象。周りに聞いて回った訳ではないので、再受験の平均点とか統計的な数字は分かりません。でも多分、純粋に面接でのコミュニケーション力のみを採点してるんだろうなーという印象。



産医大
こちらは、295~/600という自己採点だったのだが、実際は261/600つまりおおよそ
数学70
英語100
物理40
化学50
こんな感じの得点だったのだと思われる。
採点し直すのは面倒なのでやらないけど、デキが悪かったのを認めたくない心理が働いて高く見積もってしまったのかな。客観的に評価するって難しいね。

センターとの合計が540/900なので、もし小論文を受けていたら、3/50以上取れば合格していたらしい。
近年の最低点が600前後だったのに対して、50点も下がっている。数学の易化を考えると今年はかなり受かりやすかったのかもしれない。
国立志向が高まったのかな?まあ何にせよ、センター高得点が取れればかなりのアドバンテージになるし、数学ができてもアドバンテージになる。小論文というブラックボックスの配点は低いので、人によっては面接配点の高い後期でチャレンジするより安全ということもあるかもしれない。
ただし、留年や退学した場合、学費の補助がなくなるので、どうしても何が何でも医者になるという決意がない人はやめた方がいいかもしれない。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
6月ってダレやすいのよね。
大きめの模試ないし、まだ本番まで半年以上あるし。
春の模試の結果が返ってきて、Aとか出てたら油断しちゃったり。Dとか出てたら挫けてしまってたり。
1日くらい休んでもいいか、と思ってしまったり、息抜きの時間がついつい延びてしまったり。

この瞬間。差が生まれたり詰まったりするのはこの瞬間。

「自分が怠けたいとき、気が緩んだときは、周りのみんなも怠けたいとき・気が緩んでいるときだ」

この時期だからこそ、この言葉をエールとして送りたい。


本番が迫ってくるにつれて自然と雰囲気がピリピリしてくるし、みんな頑張る。そこでは当然自分も頑張らなきゃってなるし、同時に差がつきにくい時期でもある。
最後に力尽きないように力を抜けるとこで抜くことも大事だけど、みんながやらないときにやるとアドバンテージを奪えるよ。


たとえ難関大志望者でも、みんな人間ですからね。みんな同じようにダレます(笑)


受験は競争だからね。みんな受かることはあり得ない。というか第一志望に行ける人はほんの一握り。それがいいか悪いか分からないけれど、でも結局は自分との戦いだと思う。ダレそうな自分を意識すると変わると思う。
そんな自分を意識して、鼓舞したりあるいは労ってあげたりして、切り替えて前に進んでください。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。