◆訪瀑日/2022/1/9

◆滝活ジャンル/登山系(初級)

◆難易度/3LV

◆美観/4.4LV

今回は奈良県吉野郡川上村中奥を流れる中奥川の左岸枝谷、鳥渡谷の上流に懸かる鳥渡谷大鯛滝と下流に懸かる鳥渡滝をご紹介いたします。

◆川崎実氏著書【秘瀑】掲載NO.260

※秘瀑には鳥渡谷本谷大滝の名称で掲載されていますが通称の大鯛滝を踏襲させていただきます。

※鳥渡滝は秘瀑には掲載されていません。

滝MAP

鳥渡谷 大鯛滝30m段瀑

鳥渡谷 鳥渡滝9m分岐瀑

◆アプローチ

※あくまでも僕個人のアプローチですので参考程度、万一の事故や怪我等は全て自己責任でお願いします。

※鳥渡滝は取水施設の中にある滝なので関係各所の迷惑になるといけないので申し訳ありませんがアプローチは控えさせていただきます。

 

#168の金剛童子谷大滝と同じ駐車位置の左手にある林道を登って行きます。

 

すぐに林道左手に錆びついた鉄製梯子があるので登ります。

登ったら左手に踏み跡があるので左に取って進みます。

 

後は所々崩れたりして抜けているところがありますが杣道を辿って上流側へ進みます。

一箇所ツルツルの岩場をトラバースする箇所があるので注意が必要です。

 

前衛の連瀑帯をやり過ごした少し先の斜面から河床目がけて下って少し沢を進むと滝前です。

 

滝の上部を見たければ更に杣道を進みますが滝前に降下する斜面の辺りはかなり崩れているので微かな踏み跡を探して進みます。

この途中の急斜面の崖上ぐらいが一番よく全体を観れる場所かと思います。

更に少し進むと程なくして左岸側の岩壁にある大鯛名物でもある手掘りトンネルに到着します。

林道の素掘りトンネルはよく見かけますがこれは杣道にあるトンネルで車両は通行不可能なので恐らく手掘りでコツコツ掘り進んだものであると思われ、これだけ長い杣道のトンネルも今まで他に見たこともないのでかなり貴重な歴史遺産と言ってもよいのではないでしょうか?

ここに来たら是非トンネルにも寄ってみてください。

※ただしトンネルまでの道もトンネルの先の道も谷川がすっぱりと切れ落ちて一部崩れているところもあるので滑落したら終わりです。

 

【一滝一会】に感謝(ˊo̶̶̷ᴗo̶̶̷`)੭✧

「See you at the next Walterfall」