公津の杜・竹内接骨院

公津の杜・竹内接骨院

2010年6月8日に公津の杜駅 徒歩2分に開院しました。



院長のつぶやきです

成田市・公津の杜駅近く 竹内接骨院のブログです。

柔道整復師・きゅう師・はり師・あん摩マッサージ指圧師資格取得後、接骨院、病院での勤務を

経て開業しました。

様々な症例に関わってきた経験を生かし、患者様ひとりひとりに合った治療を心がけております。


肩、腰、ひじ、膝の痛み、その他筋肉の痛みやしびれ、骨折、脱臼、ねんざ、筋違い、寝違え等

気になる症状等ありましたら、ご相談ください。


保険外マッサージ等も行っております。

お気軽にお立ち寄りください。お待ちしております。


地図はこちら です。公津の杜駅から150mほどです。


$公津の杜・竹内接骨院

今日は暖かいですが、日曜日?雨降って寒くなるとのことなので、気温差にはお気を付けください。体調管理が大事です。

 

 

 

さて、ラジオがかかっているんですが、ちょっとした疑問が。

 

 

 

高速道路は自動車、バイク専用道路です。自転車・歩行者は絶対に立ち入らないでください。。。

 

 

 

 

だそうです。

 

 

 

 

だんだんとそういう時代になってきたんですね。ETCがメインになり、出入り口に人がいなくなってきているので、すぐに注意はできない。

 

 

 

 

ということはもしかして、も、、少しは頭に入れていかないといかないんでしょうね。

 

 

 

 

逆走者も見たことはあるんですが、ちょっとした疑問を持つことが大事なのかもしれません。

 

 

 

 

というわけで、皆さんもお気を付けを!

 

 

 

 

では、今日もよろしくお願い致します。

ようやくと言っていいのかもしれません。涼しくなりましたね。昨日まで暑かった。といっても秋は気温差が大きい季節なので、油断は禁物です。体力を上げて、来たる冬に備えなくてはなりません。

 

 

 

というわけで、自転車ばっかりなのもよく無いので、歩きました。

 

 

 

1万歩と少々。

 

 

 

だいたい、1時間で6千弱。1万となると、1時間半くらいが私の目安です。

 

 

 

人によって歩幅も違いますし、少しの距離ならだいたい一緒ですが、時間をかけると差は出てきます。もちろん、仕事とは別です。仕事では動かされている感じになりやすいので、そこは別としています。

 

 

 

 

歩く仕事をしている方は、ひと工夫で別で歩かなくてもいいかもしれません。

 

 

 

 

さて、細かく書くとながーくなるので、ポイントを書きます

 

 

 

 

1、荷物は少々、なるべく腕を振って歩くこと。

 

 

 

2、腰から下が動くように、しっかりと足の付け根から動かすこと。

 

 

 

3、歩幅はなるべく広めに。地面を前に蹴る感じで進むこと。

 

 

 

4、息があがる位がちょうどいいです。

 

 

 

 

さて、補足を少し。

 

 

 

 

1、腕を振ることにより前への推進力がうまれやすく、姿勢もキレイに保ちやすいです。前かがみだと、腕は振りずらいし、反りすぎも同じ。自分のいいバランスを知るにはいいと思います。

 

 

 

2、股関節を動かすためには、骨盤も動かなければなりません。とはいっても一つの骨になっているので、大きくは動きませんが、振ることはできます。右足前になるときは、骨盤も右前に振れますし、左足前になるときは、骨盤も左前に振れます。大げさに動かすくらいが慣れるまではいいかもしれません。慣れて来れば、大は小を兼ねる。です。

 

 

 

3、浮いている足と着いている足と左右分かれます。これはすり足になっているとわかりずらいです。ですから、浮いている足を少しだけ膝を曲げてしっかりと踏み込めばおのずと、地面も蹴る形になりやすいです。スネが筋肉痛になれば蹴っている証拠、ふくらはぎだとちょっと違うって目安がいいのかもしれません。

 

 

 

4、しっかり歩くと疲れます。ですから息が上がります。

 

 

 

 

というわけで、文章でわかりずらい場合はいつでも聞いてください。

 

 

 

 

では、きょうもよろしくお願い致します

子供のころ、夏の厳しい暑さが終わり、秋になって動きやすいなー。秋は良い季節と思っていましたが、よくよく考えると、運動部だったからかもしれません。

 

 

 

運動部の時は、体育館なんて空気の通りがあればいいですが、風がない場合はTシャツ何枚持っていったか。小学生の時はどうしていたんだかわからないくらい。たしかグラウンド・体育館の水をゴクゴクのみ、髪も短かったので、頭から水を被っていた気がします。

 

 

 

大人になり、花粉症になり、気温差でも鼻が反応するようになり、いい天気と思って窓を開けるとクシャミ。血行がよくなってくると鼻水。なんだか弱っちくなってきています(^^;

 

 

 

 

さて、気温差ですが、暑いより涼しいほうが過ごしやすいので、涼しいほうに慣らしたほうがいいですが、かといって、風邪を引く心配もあります。

 

 

 

体温調節。汗をかけば下がりますし、軽く運動・お酒を飲む等、血行が良くなると上がります。

 

 

 

冷えている人は、コタツで温めすぎると、汗をかいてしまい外に出ると冷えます。ですので、温めることは良いことですが、温めすぎると冷えてくるので、調整が必要です。

 

 

 

かといって設定を低くすると温まっているのかどうかわかりずらい。

 

 

 

 

暑い人は窓を開ける、エアコンを使う、着るものを工夫する。寝ている間に体温は下がるので、薄着になりすぎに注意が必要です。

 

 

 

どちらにもお薦めは交互浴です。

 

 

 

温いと暑いと温いをお風呂で行うと、寒い人は温まりますし、暑い人は汗をかきます。

 

 

 

極端な例はサウナ。サウナ水風呂サウナ。これは好きな人と嫌いな人にわかれます。

 

 

陶板浴・岩盤浴・砂風呂。じっくりと温まりますが、時間と場所が難しい。

 

 

 

自宅で出来るとしたら、シャワーとお風呂と入浴剤。まずお風呂で軽く汗をかいて、シャワーで少し冷まして、ちょっと熱めのお風呂でゆっくりと入る。

 

 

 

なかなか時間が取れない場合は、シャワーで始めは暑め・温め・暑めと。私はこれが多いかもしれません。

 

 

 

ただ、昔から頭を冷やすって言葉がありますけど、頭が温まりすぎるとのぼせますのでご注意ください。実際自宅でのぼせたことあります。

 

 

 

というわけで、今日もムシムシしてますが、体調にはお気を付けを。では、今日もよろしくお願い致します