歩く雑誌・月刊中沢健のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

UMAの力で戦うヒーロー「激神ザンドー」と会えました!!

ご当地ヒーローには、本当にいろんなヒーローがいます。

千葉県市川市のご当地ヒーロー「激神ザンドー」は何とUMAの力を使って戦うヒーロー!!

 

市川市でUMAの目撃談とか聞いたことないけど(敢えて言うなら、江戸川のエディは市川市にも生息している可能性あり?)……とにかく、UMAのヒーローがいるなんて嬉しいじゃないですか!!

 

以前からその活躍は存じていましたが、先日はじめて、ザンドーさんとお会いすることが出来ました!

 

世界中のUMAをモチーフにしたこのヒーロー。

特に目立つ胸の部分にはチュパカブラ、ネッシー、イエティの姿が!!

 

そして、僕にとって何より嬉しいのは、背中に「スカイヘアー」がいたり、「フライングマトリョーシカ」の武器も使うということ!!

 

自分が名付け親となったUMAやUFOが……その正体はカイトやバルーンであると判明してしまったとしても、こうしてヒーローの中で、UMAとして生き続けていってくれることに喜びを感じます。

 

 

 

そして、この日……

 

チュパカブラを捕まえたっ!!

 

 

UMAの力で戦うヒーロー ザンドーには相棒のUMAもいて、

この子は、チュパカブラのピョンピョンでした!!(女の子らしいよ)

 

本当に可愛らしいチュパカブラで、ピョンピョンとも出会えて楽しかったな~。

 

 

 

以前からお互いに名前は知っていたのですが、こうしてついに出会うことも出来たわけですし、UMAのヒーローとUMA研究家で、今後は一緒にいろいろ活動できる機会もあればと思っています!!

 

『神の筆』ヤマタノオロチ の着ぐるみが完成しました!!

村瀬継蔵監督作品『神の筆』に登場するヤマタノオロチの着ぐるみが、ついに完成!!

その姿が、公開されました!!

 

 

 

 

 

自分は数日前に写真を見させてもらっていたのですが、「コレは発表されたら絶対に凄い話題になる!!」と思いましたね。

実際に発表後は反響が物凄くて大変ありがたいです。

こちらのネットニュースでも紹介されていますよ~。

 

 

こんなにもカッコいいヤマタノオロチが大暴れする脚本を書かせていただけることも本当に幸せだ!

完成した着ぐるみに対面できる日が今から楽しみ・笑。

 

莫大な予算があるわけでは決してないので、自分は会議で「スネークキングみたいな着ぐるみにしてみたらどうですか?」みたいな提案もしていたのですが、その案が採用されなくて本当に良かった・笑。 

とにかく、打ち合わせのときから、村瀬継蔵監督やスタッフの皆さんの「やるからには本気のヤマタノオロチを作る」という思いの強さは凄かったです。

 

そうそう、最強にカッコいいヤマタノオロチの着ぐるみが発表されたところで、大事なことを!

 『神の筆』に登場する怪獣は、ヤマタノオロチだけじゃないからね!  こんなにカッコいいヤマタノオロチを作った村瀬さんたちが生み出す怪獣が、もう何匹か観れる凄い映画になりますっ!!

 

『月刊 ホビージャパン6月号』発売中です!

『月刊 ホビージャパン6月号』は、昨日(24日)発売されました!! 

今月は『逆襲のシャア』特集!

 

 

連載コラムでは、世に溢れるオカルト(超常現象)を映画化したら、結果的には怪獣映画になるという話をさせてもらいましたっ!!

本日発売『映画秘宝』で、『ゴジラVSコング』レビューを寄稿しました!

ゴジラとコングの水中戦が表紙の『映画秘宝』6月号は、本日(21日)発売!!

 

自分も、『ゴジラvsコング』のレビュー(ネタバレなし)を書かせていただきました!!

 

~というわけで、昨日発売された『キネマ旬報』では、旧作(ゴジラのベストバウトを振り返ります)についての記事を書かせていただき。

本日発売の『映画秘宝』では、新作(ゴジラVSコング)のレビュー記事で参加することに。

ゴジラや怪獣について原稿を書くのは、やはり楽しい。

 

 

それにしても、怪獣が表紙の書籍がたくさん登場して書店さんに並び出すと、公開目前という気持ちになるね!!(また緊急事態宣言が出るという話もあり、無事に予定通り公開されるのかちょっと心配ですが……)

 

とにかく、前作(キンゴジ)では引き分けに終わった両者の戦いが、令和になって決着がつきます!

この戦いは絶対に見逃せません!!

「キネマ旬報」(『ゴジラVSコング』特集)で、「ゴジラ歴代ベストバウト5戦」について書きました!

本日(20日)発売の『キネマ旬報 5月上・下旬合併号』は、『ゴジラVSコング』特集!!

 

新作の最大の見せ場は、もちろんゴジラとコングの怪獣バトル!!

 ~ということで、「ゴジラ歴代ベストバウト5戦」というテーマで自分も寄稿させていただきました!!

 

「これまでのゴジラの対決(モンスターバース以外)の中から、ベストと思うものを5つ挙げてほしい」というご依頼をいただき、「ゴジラの名勝負、いっぱいあり過ぎるよ。せめて、ベスト20くらいには出来ませんか?」と言いたい気持ちをぐっと抑えて、何とか5つの勝負を自分なりに選ばせてもらいました。

これが「宇宙船」や「映画秘宝」ならまた違ったチョイスもあったと思うのですが、怪獣映画をそこまで熱心に追いかけているわけではない層の読者さんも多い気がする「キネマ旬報」の誌上で紹介するべき5つの戦いということも意識したつもりです。

怪獣が好きな人も、そうじゃない人も是非読んでほしい記事に出来たと思うので、皆さん是非チェックしてみてくださいね!

 

それにしても、人間ドラマや、映画のテーマやメッセージについての記事ではなく、キネマ旬報さんが、ゴジラの歴代バトルを決めようみたいな企画でページを作ってくれたのも嬉しいですよね。

つまり、『ゴジラVSコング』は、そんな企画をどうしてもやりたくなっちゃう最新作ってことですよ!!

 

 

そして……

 

キネマ旬報さんの『ゴジラVSコング』特集では、昭和~平成のゴジラシリーズについての記事を担当させていただきましたが、今月発売される別の雑誌の『ゴジラVSコング』特集には、最新作のレビュー(ネタバレなし)を書かせていただきました!

 

この映画で、ゴジラとコングの戦いの決着は、本当につきますっ!!

超常現象肯定派と懐疑派の先輩たちと、がっつりお話できた数日間。

ブログでのご報告は遅くなってしまいましたが……

またまた『オカルトエンタメ大学』に登壇させていただくことになりましたっ!!

 

しかも今回は、飛鳥昭雄さん、山口敏太郎さんと一緒です!! お二人と共演する機会は時々ありますけど、今回はオカルトエンタメ大学仕様の中沢健なので、普段とは一味違った化学反応が楽しめるかも!?

 

動画はコチラ!!

テレビのオカルト番組の裏話、オウム事件と終末思想の話、一番年下の僕が飛鳥さんや山口さんを知ったキッカケなどについても語っていますよ。

 

そして、実は『オカルトエンタメ大学』で、飛鳥昭雄さん&山口敏太郎さんと共演回を撮った2日後には、『中沢健のUMA・オカルトチャンネル』の皆神龍太郎さんゲスト回を撮影していました。

まさか、「と学会」や「ASIOS」などでも活躍されている超常現象懐疑派の皆神さんが、超常現象肯定派の僕がやっているyoutubeチャンネルに遊びに来てくれるとは!!

動画はコチラ!!

とにかく、この数日は、同じ「オカルト」がテーマなのに話す内容は大きく違っている(でも、たま~に一致することもある)先輩たちと面白く濃い話がいっぱい出来て、刺激的でございましたっ!

是非どちらの動画もご覧いただけると嬉しいです!!

 

今週火曜日は『オタク大賞マンスリー』で、『シン・エヴァンゲリオン』について語りますっ!!

 

今週火曜日20時から配信される『オタク大賞マンスリー』に出演します~。

 

今回のテーマは『シン・エヴァンゲリオン』!! 

 

文芸評論家の藤田直哉さんと共に、『シン・エヴァ』について思いっきり語らせていただこうと思います。

 

 

『シン・エヴァ』の感想はブログでも書きましたが、このときはまだ1度しか鑑賞できていなくて、感情の整理もまだ全然できていない状態で書いたものなので(余計な感情や情報が入る前に今の自分の正直な気持ちを書いておきたかったという気持ちはありました)その後何度か『シン・エヴァ』を観た今では考えが変わった部分もいろいろ出てきています。

特に驚いたのが、2度目の鑑賞で、めっちゃ心に響く、大好きになれるセリフのいくつかにはじめて気付いたこと。

 もちろん、エヴァの完結編の初見を、ぼーっと観ていたはずはなく、むっちゃ集中して観ていたはずなのに「え、ここで、こんな素敵な言葉が出てきていたっけ?」と何度もなった。

こんな現象が起きてしまうのは、やっぱり『シン・エヴァ』の情報量が凄まじいからなんでしょう。 次から次に感情を揺さぶる展開がやって来るので、映画の鑑賞中も、新しい情報に、数十分前の記憶が塗り潰されていっちゃっていたんだと思う。

ちょっと恥ずかしいのは、『シン・エヴァ』感想ブログでは、そんな僕の記憶から消えてしまっていたセリフとほぼ同じようなことを、「自分はこんなメッセージを受け止めることも出来た」みたいに書いていたこと……記憶の奥底に、セリフのニュアンスだけは残っていたんだろうな。

他にも初見時には不満だった「アクション」や「バトル」については印象もだいぶ良くなっています。

 

そして、何度か観ているうちに気付いたのは(あくまでも僕にとっては)エヴァの最終回は旧劇場版(テレビの最終話でも良いけど)だったんだなということ。

じゃあ、『シン・エヴァ』は何なのかというと、最終回後のエピローグですね。 

そして、『シン』は旧劇場版でエヴァは終わっていた僕にとって最高に素敵なエピローグでした。

 

まぁ、こんな感じで『オタク大賞』の告知をブログに書こうとしただけなのに、ついついまたあれこれと語りたくなってしまうのがエヴァ。

火曜日もきっと、いろんな思いをぶちまけると思うので、どうかお付き合いください!!

『月刊 ホビージャパン5月号』発売中!!

告知が遅くなってしまいましたが、『月刊 ホビージャパン5月号』は、昨日(25日)から発売しておりますっ!!

 

自分の連載コラムでは、『キングコング』という映画は、怪獣映画の歴史はもちろんのこと、UMAの歴史においても非常に大きな影響を与えていたということについて書かせてもらいました!

 

コングがいなかったら、UMAは今の何十分の一ほども注目されていないジャンル(存在)だったのかも知れません……。

 

『オカルトエンタメ大学』に再び登壇させてもらいました! ※山岳モンスター特集

昨年の11月以来で『オカルトエンタメ大学』に再び登壇(出演)させていただきました!!

 

今回も、5日間に渡ってオカルト講義をさせていただきましたよ。

これも前回の講義を楽しんでくれた(応援してくれた)皆さんのおかげだと思っています。ありがとうございました!

 

オカルトエンタメ大学仕様ということで、今回も動く待ち合わせ場所は被っておりません! 

この姿でオカルトやUMAについて語る中沢健が観られるのは、オカルトエンタメ大学だけっ!! 

※前回出演時と同様に、格好だけでなく話す内容もいつもとは(オカルト番組に出てるときなどとは)一味違いますよっ!

 

 

今回やらせていただいた僕の講義動画は、コチラになります!! 

 

 

ヒグマについて。

 

ツキノワグマについて。

 

山の妖怪について。

 

ツチノコについて。  

 

質疑応答編。

 

前回出演時の講義は、コチラからっ!

 

 

 

youtubeと言えば、自分のチャンネル『中沢健のUMA・オカルトチャンネル』も開設して1年が経ったみたいです!

※1本目の動画を公開したのは昨年の3月7日でした。

 

こちらも変わらず週2(水・土曜日の20時から)配信を続けていきますので、引き続き応援よろしくお願いしますね~っ!!

 

14日は、『怪獣少年 85歳 出雲へ』上映後の舞台挨拶で登壇します! (熱海怪獣映画祭)

今度の日曜日(14日)、熱海に行きます!!

 

 『神の筆』で総監督を務める村瀬継蔵さんを追ったドキュメンタリー作品『怪獣少年 85歳 出雲へ』の特別版が、「熱海怪獣映画祭」で上映! 

上映後の舞台挨拶に、自分も登壇させていただくことになりました。よろしくお願いいたします!

 

土日は、怪獣たちがたくさん待っている熱海に行きましょうっ!!

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>