今?

テーマ:





こんばんは^ ^

マイペースな更新でも、
心待ちにしてくださる方がいて嬉しいです

劇団Patchのブログから
個人ブログになりました

納谷健の『たけるーむ。』


今後ともよろしくお願いいたします^ ^✨





さてさて、


現在、劇団Patchの
Patch stage vol.12『ボクのシューカツ。』
東京公演真っ只中。。。

作品についてなどは
多分、明日や明後日にまとめて書くので


覗いてみたい方はまた見てください(o^^o)✨






本日は、お芝居に寄り添いつつ
色々な話を。。。




あのね!!!


舞台が終わりに近づくと
いつも思うんです。


"お芝居が上手くなる"ことって

"一度も無い"んだろうな。って。



いや、そりゃ発声とか
身体表現とか、引き出しとか

技術のウマい,ヘタはあるんだろうけど

まずお芝居って技術じゃ語れない部分だし





僕の思う"上手い"って

"人間として魅力的かどうか"
だと思ってて…


役が素敵なんじゃなくて
その人がその役だから、より素敵!!
ってなると、上手いなぁ…って。

まぁ、当たり前か…笑


でも、そういう見方をしがち。


話題の始めにも書いたんですが

「舞台が終わりに近づくと
"いつも"思うんです。」



お芝居って、

グレードアップできないんです。


もちろん沢山の人がいるので
そうじゃ無い人もいるだろうけど…


稽古の環境も、人も、ストーリーも
話の中で演じる人物も、その人生も、思考も
起こる感情も…

全てが1ヶ月や2ヶ月で変わるんです。



前に得た経験が活かせるわけじゃない

もちろん、現場での人当たりや
礼儀や愛想、台本を読み込む効率

経験が活きることはあるけど



それと、"芝居が上手い"って

少し違うと思う。



お芝居は、チームワークだから。



ここまで書いといて全ては語らないけど




(なんだそりゃー。やな。すまん。笑)





やっぱりこのお仕事が

誰かのためである以上
それを忘れちゃいけないし

それはお客さんだけでなく
板の上の役者同士にも言えることで
スタッフさんにも言えることで


だから、"人として"なんだと
今日また改めて思った。

一番当たり前だけど

本当に忘れがち。





この思いは、
技術としてアップデートせずに

ひとりの"受け手"として
人間の部分の栄養にしていきます。





もっといいお芝居がしたい(o^^o)






なんで今?
ってタイミングのブログだけど

今だからこそ、残しておきたいんだよ。







直感を大切に。

インスピレーション。
エモーション。


横文字あんまりわからんけど

そんな感じや。笑









ボクカツは、明日が千秋楽!!


そしてその翌日は…

劇団Patchの馬鹿騒ぎ❗️

イベントが初の東京上陸✨





ほんと、12人で引っ掻き回してやるぜ。



ではでは、

また書きます(o^^o)





遅くにごめんね。


おやすみなさい✨