映画「GOEMON」 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
2009-05-03 11:01:56

映画「GOEMON」

テーマ:読書・映画

千利休が登場、あのしゃべり方でNHKの世直しバラエティー番組"カンゴロンゴ"を連想、思わず四字熟語な生活のカン・ゴローはいつ現れるかと思った・・・

茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~-GOEMON 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~-GOEMON
それはともかく、時は戦国、織田信長の暗殺は豊臣秀吉の陰謀だったという説のその証拠の奪い合いから物語は始まる・・・主役は石川五右衛門(江口洋介)だけど、織田信長(中村橋之助)、豊臣秀吉(奥田瑛二)、徳川家康(伊武雅刀)、石田三成(要潤)、霧隠才蔵(大沢たかお)、服部半蔵(寺島進)等の武将や忍びのこわもてに、笑いを誘う猿飛佐助(ゴリ)、異次元からやってきたような千利休(平幹二朗)、幼さを残しながらも一服の清涼剤のような茶々(広末涼子)、チェ・ホンマン蛭子能収小日向文世もチョイ役で出ていたのは分かったけど、佐藤江梨子戸田恵梨香には気付かなかった、どうやら五右衛門がはべらしていた遊郭の太夫役で出ていたらしい。
盗賊の頭領として大活躍!?した石川五右衛門が秀吉の時代に捕まり、釜ゆでの刑にされたのは事実なんだろうけど、彼が伊賀の抜け忍で秀吉の命を狙ったかどうかは疑わしい、けれど、少なくとも人々に知られている歴史の大筋は壊していないようで、時代劇としてみてもそんなに大きな違和感はないんじゃないかな、まぁ、この映画にそんなことはどうでもいいようで、もう殆どめちゃくちゃなアクションシーンを目一杯堪能させてくれる、それにしても、釜ゆでは替え玉で、五右衛門が家康さんに、もう戦争はやめてよねって、しっかり頼み込んでから息を引き取るなんて、なんて立派な大盗賊なんでしょう・・・

GOEMON

茸茶(たけちゃ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。