たかつき通信・新築リフォーム耐震補強、木の家を自社大工が責任施工のたかつきホーム&サイエンスホーム東山口店・山口県田布施町株式会社高月工務店

たかつき通信・新築リフォーム耐震補強、木の家を自社大工が責任施工のたかつきホーム&サイエンスホーム東山口店・山口県田布施町株式会社高月工務店

ホームアドバイザー兼現場監督の田原は毎週木曜更新!
営業兼現場監督の水本は毎週土曜日更新!
幸せな住まいづくりコンシェルジュの高月はマイペースに更新♪
一級建築士の社長の高月は不定期更新のスタッフブログです。

           

              建てた後もずっと幸せな住まいづくりを目指しています。


                      サイエンスホーム東山口店 

                       http://sciencehome-hy.jp

   


                        株式会社高月工務店         

                          たかつきホーム              


                      http://www.takatsuki-k.co.jp

みなさまこんにちは^ ^ 


たかつきホームクローバーホームアドバイザーの田原です。








災害にも様々な種類がありますから、

建物を丈夫にすることで被害を食い止められるようなものもあれば、全く講じる手立てがないものまで、種々様々であります。



例えば、台風によって飛来してしたものが窓を突き破る被害は雨戸を設置する事で防げるかもしれませんが、

その土地に訪れる洪水や土砂崩れの被害に対しては建物単体では施しようがありませんね。。



そこで活躍するのが、こちらではおなじみのハザードマップですね❣️


重ねるハザードマップポータルサイト



防災 - 田布施町



こちらのハザードマップにおいて、お住まいのエリアにどんな危険があるかは知ることができます。




田布施町では駅前をはじめ、田布施川や灸川を中心とした広範囲が洪水危険区域となっています。




これ、よくよくご確認いただきたいのですが、薄い青のところで2mの浸水可能性、濃いところについては5mの浸水可能性が指摘されています。


洪水は、高さが30cm程度でもう歩くのが難しくなってくるといわれますので、2mという浸水がどれほど恐ろしいかはご理解いただけると思います。



田布施だけではありませんが、比較的平地で便のいい川沿いは町になっていることが多く、災害危険区域に沢山家があるなんてことは日本全国珍しいことではありません。




"家が一番安心"を実現する資産価値の高い住まいとは《田原のブログ》



※産経ニュースより拝借


こちらの記事でもご紹介した通り、2年前の西日本豪雨災害の際に浸水した岡山県真備町では、3/4の住民がハザードマップの存在を知っていたものの、内容を理解していた人は1/4以下にとどまることが後のアンケートで判明しました。



自分の家が災害危険区域内なのか、その近くなのか、それともほぼ危険がない区域なのかを理解しておくことは、いざというときの迅速な判断と行動につながります。




町内の様々なハザードマップについて、それぞれに自分の生活圏内がどのような状況かをある程度把握しておきましょう❣️





とはいえ、慣れるまではなかなかその意味を掴むのも難しい部分もありますから、来週は、たかつきホームから、そんな防災難民のみなさまへオススメするサービスのご案内です。


お楽しみに❤️





それでは、また来週お目にかかります。 

みなさまの暮らしが、いつも安全で快適なものでありますようにクローバー


いつもありがとうございます。

 

 

幸せな住まいづくりコンシェルジュ

田布施・たかつきホームの高月圭子です。

 

 

 

元々、経理事務専門の私でしたが

実は小さい頃から設計に興味ありました。

 

 

6人兄弟で

私と一番タイプが似ている

末弟は建築士です。

 

 

以前、家のことで話した時に

私の愛読書と同じ本を弟が持っていて、

 

image

 

付箋やらメモがいっぱい書いてあって

やっぱり兄弟だと思いました(笑)

 

 

家をイメージできても

実際に形にするのは難しいです。

 

 

最初は、趣味で

子供達を寝かしつけて

夜中にフリーソフトで設計を

ワクワクして楽しんでいました。

 

 

末っ子の小学校入学を機に

経理事務以外のことに

多方面で何でもチャレンジしてきました。

 

 

家づくりのサポートは

 

 

お客様が老後まで安心して暮らせる

資金計画を提案して

 

仕事と家事、子育ての経験を活かして

お家の間取りプランニング

 

 

両方セットでサポートしています。
 

 

 

CADで平面図しか書けなかったのを

屋根の入力をマスターして

立面図まで書けるようになったのは

 

 

ちょうど、5年前に光市で

初めて見学会をさせていただいたお家です。

 

image

 

 

 

O様にはいつも応援していただき

感謝でいっぱいです。

 

 

Rちゃん、Ⅰちゃんを

勝手に孫のように成長を楽しみにしています♡

 

 

O様のご希望の屋根の形状を設計する為に

私も新しいことを学ぶことができました。

 

 

新しいことにチャレンジするって

楽しいことです♪

 

 

 

最近、設計士の社長不在で

私が一人で打ち合わせすることが増えてきました。

 

 

不安でドキドキすることもありますが

分からないことは、

正直にお客様にお伝えして

確認しながら進めますのでご安心ください。

 

 

お客様と一緒に

ドキドキワクワクしながら

私も住みたい家を作っていきます!

 

 

ワクワクしながら学ぶって

素敵なことですね☆

 

 

 

 

 

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

 

感謝。

 

 

 

 ~ご縁が私の宝です~

 

サイエンスホーム東山口店・店長

たかつきホーム・アドバイザー

株式会社 高月工務店・経理事務

http://www.takatsuki-k.co.jp/

 
幸せな住まいづくりコンシェルジュ 
ファイナンシャルプランナー

住育アドバイザー

整理収納アドバイザー

 

高月 圭子

  

サイエンスホーム東山口店

電   話 0820-25-3808

FAX 0820-52-4217

 

お問合せ・資料請求は ➡ こちら

 

たかつきホーム・株式会社高月工務店

フリーダイヤル 0800-200-1433

FAX 0820-52-4217

 

 

 

 

みなさまこんにちは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場近くの海岸から・・・パチリウインク

 

 

 

 

 

 

 

 

今週もN様邸の新築工事の

現場の様子を紹介させていただきます照れ

 

 

 

 

 

 

お天気にも恵まれて晴れ

いよいよ上棟の日を迎えましたおねがい

 

 

 

 

シートの下で出番を待っていた木材を

 下矢印

 下矢印

みんなで協力して組み上げていきます筋肉

 

 

 

 

 

棟も上がり乙女のトキメキ

屋根の下地を施工していきます

 

 

 

 

N様、上棟誠におめでとうございます。

引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

(現場と海を・・・パチリウインク)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(おまけ)

雨の影響?・・・サイコロ

 

 

 

 

上棟日の夕方

T様より連絡電話

 

 

「先日ブレーカーが急に落ちたので

 調べて欲しい」

 

 

・・・(電気屋さんに調査を依頼)お願い

 

 ↓

 

早速、電気屋さんが調べてくれたが

異状はなく、はっきりとした原因は不明

 

 下矢印

 

井戸ポンプ用のコンセントが

雨の跳ね返りを受けそうでしたので

改善作業をさせていただいた照れ

 

 

 

 

雨も多くなってくる時期ですが

雨漏れだけでなく

漏電も要注意です。キョロキョロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また~現場日記~でお目にかかります。

 

みなさまこんにちは^ ^ 

たかつきホームクローバーホームアドバイザーの田原です。







長年リフォームに関わってきて、家に愛着を持って、少しでも長く大切に使われようとする方々のお役に立ちたい。


まだまだ使える家をゴミにしたくない。



…と思っています。





ハイテクな最新の新築住宅がそれはそれは綺麗でカッコイイのはその通りなんですが、



古い家も生かせばステキ✨✨なのです😍✨✨





ちょっと話が逸れましたが、災害多発時代を大切な住まいと共存できるように、


バランスよく考えていきましょう❣️✨✨




〜耐震性能の基準と構造計算の必要性〜 田原のブログ【木曜更新】


住まいの性能と災害リスクを検討する上で最も分かりやすいと言えるのは、


耐震性能と地震を伴う災害


だといえるでしょう。




この検討については、









名古屋大学の井戸田秀樹教授をはじめとする研究チームによって、耐震性と地震の大きさによる被害の程度が示されています。




ここから導かれるのは、倒壊しないとチャートで示される、



上部構造評点1.5



であり、これは新築住宅における耐震等級3相当であるといえます。





しかし…




木耐協日本木造住宅耐震補強事業者協同組合)の調査した住宅の上部構造評点(※既存住宅の耐震診断によって算出される耐震性能の指標。1.0が建築基準法で定められるギリギリの性能と同等。:以下評点)では、2000年以前に建てられた家の評点の平均は1.0を下回り、1993年以前は倒壊する可能性が高い0.7を、1980年以前は0.5を下回る平均値となっています。




ま四角の平家建てとかなら評点1.5を目指すのもそこまで難しくはないですが、

家が大きくなればなる程その確保が難しくなるのも事実で、


それぞれの性能値に合わせて、自分の家の特性を理解して、地震に遭遇した場合にどうすれば良いかを理解しておきましょう。




【評点0.7未満の家にお住まいの方】

震度5を超える地震において住宅の安全性が担保できません。出来るだけ早く住宅の耐震化を検討しましょう。

補強が叶わなかった場合、震度5を超える地震に遭遇した場合は家には戻れなくなる可能性があります。地震に遭遇した時には速やかに避難生活に入れるように、防災備蓄に取り組む、避難先を家族で共有しておくなどの検討をしておきましょう。


【評点0.7〜1.0未満の家にお住まいの方】

一定の耐震性能があり、地震に遭遇しても命が助かる可能性がありますが、震度6レベルの地震で家が倒壊するおそれがあります。防災備蓄や避難先の共有などの検討をして備えましょう。

ただし、震度5強を超える地震に遭遇した場合、家はその後使えなくなる可能性があることを理解し、その際は適切な処置を講じるまで家には戻らないようにしましょう。


【評点1.0〜1.5未満の家にお住まいの方】

大地震に遭遇しても命が助かる可能性が高い、一定の耐震性能を備えた住宅です。しかし、震度6以上の地震に遭遇すると、その後家が使えない程度の損壊を受ける可能性があります。

避難先から家に戻る前に、建築士による応急判定などで“安全“と示された場合には、その後またその住宅で生活を再開できるかもしれません。


【評点1.5以上の家にお住まいの方】

大地震に遭遇しても、家が損傷が少なく、継続して住み続けられる可能性がある耐震性能を有しているといえます。応急判定などを受け、“安全“と判定された後の生活再開が可能なため、在宅避難を想定した食料や設備の備蓄がとても有効になるでしょう。





***


ということで、自分のお住まいの性能に合わせての防災への取り組みを並行して行なうことで、


今のお住まいとの上手なお付き合いの仕方は出来ると思っています。






自然から今後受ける影響は、予測が立たず未知数ですから、

予測できる家の性能と、地震の被害レベルを比較して、家の性能決定やや防災への取り組みを図っていきましょう。




これに含めて、


微動探査について - 地域微動探査協会


今は家が建っている場所においてでも、地盤の特性を測ることができます。

地盤と建物の揺れの周期が合致することで大きな被害を生む“共振“を防ぐために、こうした調査を受けた上で建物を計画的に補強する事もできます。



建物の性能向上は難しくとも、特性を掴んで備えることはできます。


厳しい風雨災害の多くなる夏場に向けて、可能な備えを講じて安心を手に入れましょう。





それでは、また来週お目にかかります。 

みなさまの暮らしが、いつも安全で快適なものでありますようにクローバー

いつもありがとうございます。

 

 

安心して暮らせる資金計画で

ご家族の笑顔をつくる


幸せな住まいづくりコンシェルジュ

田布施・たかつきホームの高月圭子です。

 

 

 

昨日は周防大島町で

N様邸の上棟工事でした。

 

 

お昼前に現場に行くと

順調に工事も進んでいました。

 

 

 

 

最高のロケーションに

完成をイメージして、ワクワクします。

 

 

 

夕方、うずうずして、

再度現場に行きました。

 

 

 

 

N様は広島県在住で

コロナ禍の為、あいにく現場には

来られませんでした。

 

 

スマホもお持ちでないので、

写真はデータ便にアップして

本日お届けしました。

 

 

実は、私もパソコンやネットは

いまだによく分かっていませんが

失敗しながら覚えています。

 

 

 

さて、今日から

6月の町議会がスタートしました。

 

 

私は、社長が不在で

お客様にご迷惑をお掛けしないように

社長に頼っていた仕事にも

積極的にチャレンジしています。

 

 

元々、経理事務専門でしたが

CADでの設計は

既に10年以上の経験があります。

 

 

しかし、3次元のバーチャル画像への変換は

いつも社長やスタッフに頼っていました。

 

 

 

 

今回、自分で調べて

バーチャル画像に変換することを

マスターしました。

 

 

 

ますます設計が

楽しくなってきました(笑)

 

 

 

 

今まで社長の後ろ盾があるお陰で

建築資格の無い私が、

設計の仕事をさせていただいてきました。

 

 

 

社長が町議会議員に当選後に

素敵な女性の設計士さんに

今後の仕事の相談をしていました。

 

 

今日は、

次の新築工事のサポートをお願いして

ひと安心しました。

 

 

 

いろんな方のご協力で

引き続き、大好きな

お家のプランニングをしながら

 

 

老後まで安心して暮らせる資金計画と

セットでご家族の笑顔をつくる

 

 

唯一無二の

幸せな住まいづくりコンシェルジュとして

常に努力して成長します!

 

 

 

私達を信頼して

大切なお家を任せてくださる

お客様にはいつも感謝です。

 

 



 

 

 

最後までご覧いただき

ありがとうございました。

 

 

感謝。

 

 

 

 ~ご縁が私の宝です~

 

サイエンスホーム東山口店・店長

たかつきホーム・アドバイザー

株式会社 高月工務店・経理事務

http://www.takatsuki-k.co.jp/

 
幸せな住まいづくりコンシェルジュ 
ファイナンシャルプランナー

住育アドバイザー

整理収納アドバイザー

 

高月 圭子

  

サイエンスホーム東山口店

電   話 0820-25-3808

FAX 0820-52-4217

 

お問合せ・資料請求は ➡ こちら

 

たかつきホーム・株式会社高月工務店

フリーダイヤル 0800-200-1433

FAX 0820-52-4217