たかつき通信・木の家新築リフォーム古民家再生・耐震補強、自社大工のたかつきホーム&サイエンスホーム東山口店・山口県田布施町株式会社高月工務店

たかつき通信・木の家新築リフォーム古民家再生・耐震補強、自社大工のたかつきホーム&サイエンスホーム東山口店・山口県田布施町株式会社高月工務店

建築志こと一級建築士の川村は【火曜日】更新!
ホームアドバイザー兼現場監督の田原は【木曜日】更新!
営業兼現場監督の水本は【土曜日】更新!
副社長の高月は【火、木、土以外】で更新!
社長の高月は【不定期】更新
のスタッフブログです。

みなさまこんにちは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「17600 びっくりマーク

 

(我が家の給湯器はエコキュート)

 

 

 

 

先週お伝えしました

節水型トイレでエコにつづき

 

 

 

今週は光熱費でニコ ニコニコ

 

 

 

 

2月の電気代のお知らせが来まして

・・・17,600円でした。キョロキョロ

 

 

 

私は少し高いかなと思っていたのですが

家内と話すと・・・

 

 

 

光熱費がすごく安くなったね

リフォーム前(1年前の2月)と比べて

光熱費(電気代、ガス代、灯油代)が

半分くらいになったんよ・・・ルンルン

 

 

リフォーム前は

調理機器:ガスコンロ

給湯器:ガス給湯器

空調機器:エアコン+ファンヒーター

 ・

 ・

 下矢印

リフォーム後の生活は、

調理機器:IHクッキングヒーター

給湯器:エコキュート

空調機器:エアコン

 

 

 

 

 

エコキュートのおまかせ運転で

賢くお湯をつくって節約中・・かに座

 

 

 

 

心地よいくらしを体感してますクローバー

 キラキラキラキラ 光熱費は数字で実感 キラキラキラキラ

 

 

 

 

 

 

家内から光熱費の話のなかで

「リフォームしてよかった ルンルン

 

 

(ありがたいひと言)に

私も幸せ・・・照れ

 

 

くらしを通して、環境にやさしい

家族になれますように・・・ルンルン

 

 

 

 

 

 

 

それでは、来週もお楽しみに・・・虹

また~現場日記~でお目にかかります。

 

みなさまこんにちは^ ^ 

 

たかつきホーム🍀ホームアドバイザーの田原です。

 

 

 

能登半島地震1か月 石川県 1万4000人以上避難 生活支援課題に | NHK | 令和6年能登半島地震

 

 

今年は年明け早々から能登半島地震が発生し、不安な幕開けとなりました。

被災地のみなさま、また、その関係者のみなさまにはまずもって心からのお見舞いを申し上げます。

 

 

私もお正月から各種メディアで様子を拝見し、居てもたってもいられずに、現地入りなどの事も考えたりしたのですが、一般人の現地入りには大変慎重な検討が必要なことなど、年始からたくさん学ばせていただくことがありました。

 

わたしたち『地域防災ステーションやまぐち』といたしまして、こういった時に何かできないか、遠方の方の二次避難拠点の開放や物資の提供、募金活動、

また、実際にこの地域で大規模災害が発生した時に何が出来るのが、今年はより拍車をかけて地域防災活動に取り組んでいく所存でございます。

 

 

取り急ぎ出来ることとして、我々の貴重なノウハウである『耐震診断』があります。

 

 

こちらについては、住宅の性能診断ソフト『ホームズくん』などで業界の我々にとってはお馴染みのインテグラルさんが、

一般ユーザーの方が自分で診断して耐震性の判定ができる『マイホーム耐震診断2024』の無料配布を開始されました。今年の12月31日まで無料配布だそうで、

少しでもご自身のお住いの耐震性能を知って、いざ被災した時にどんな行動をとるべきかを考える機会になればという想いからなのではないかと拝察します。

 

 

 

 

 

 

 

こちらに使い方の説明動画があります。

 

家の間取りを取ったりするのが得意な方にとっては、相当画期的なソフトだと感じました。

私がざっくり内容を拝見したものでは、無料の耐震診断と同じくらいの精度の結果は出ると思われます。

 

大体の指標として、プロに頼む前にやってみようか!という方にはとても価値があるソフトだと感じます。

 

 

 

 

とはいえ多くの方にとっては、家の間取りや柱の位置を取るのも難しいというのが現実的かなとも思います。

 

 

そんな方向けにも、今回はその中でも一番簡単で、ざっくりの耐震改修費用も分かる方法もご紹介しておきましょう。

 

 

 

こちらは、木耐協が過去の耐震診断で取得した既存住宅の耐震性能のデータです。

 

このように、住宅の耐震性は新しいものほど向上している傾向がありますので、あくまで平均値ではありますが、ご自宅の新築された年に建てられた住宅の耐震性能の数値の平均値が分かるという事です。

 

 

 

把握できたら、次にこちらのチャートでどれくらいの耐震性能に補強したいかを検討して、その下の算出式で概算の耐震改修費用を算出することが出来ます。

 

 

 

 

例えば、延べ床面積が120㎡の家の耐震性の評価が0.5だったとして、建築基準法同等の1.0を目指すのであれば、上の式から

162万円の改修費用と算出されるということになります。

 

 

こうした資料を参考に、現時点で家の耐震性能についてざっくりと把握することは出来ます。

 

 

ただ、先程の動画にもあった通り、耐震診断は精度の低いものほど低い数値になるという特性があるので、様々な角度から診断をしておくことが望ましいですね。

 

 

たかつきホーム🍀では住まいの耐震性について、

 

耐震診断

 

 

 

 

 

災害リスクカルテ

 

 

 

 

 

の2つの尺度からご説明をしています。

 

そのあたりについては、来週解説をさせていただきたいと思います。

 

 

 

 

それでは、また来週お目にかかります。 

 

みなさまの暮らしが、いつも豊かでステキなものでありますように🍀

 

 

 

たかつきホーム・株式会社高月工務店

http://www.takatsuki-k.co.jp/

電話 0820-52-1788

FAX 0820-52-4217

こんにちは😃







手放したい旨のお話をいただいた土地現調

開きたい東〜南方向抜ける景色を見つけ

良いところだけを切り取るイメージを想像



使われてないということで言えば「遊休不動産」の一つ

こうした不動産(空家も)生かして使って役立てたい













はじめに

最近気付いたのですが

過去の川村ブログで中身がない

ものがあることに気付きました…汗

故意に消去したわけではないのですが

気付かないで誤って消してしまったのか…


真相は闇の中ですが

他の工務店(広島の佐々岡建設さん)にご紹介して

いただいたブログがなくなってしまってたのが残念😢










先週末の金曜日から日曜日まで

48時間の合宿に参加しました

※以前副社長が参加された合宿です




そこで

心に残った言葉のひとつが


「自分をデザインすること」











大学生時代

〇〇デザインというような授業があり


テストか何かで

デザインについて論じなさい」みたいな

抽象的な問題が出題されたことがあります




そのときの自分は


デザインというと


恣意的表面上(見た目)の操作であり


自然につながる本質的なものではないと


思い込んでいたので…そんなことを書き


さらにはデザインの授業にも関わらず


デザインは嫌いと自己主張する始末💧

(空気読めない=外のデザイン✖️)


当然のことながら

ひどい結果だったと記憶してます…^^;






その後

いろんな

学びのなかで


デザインとは


現状を少しでも望ましいものに変えようと

するための一連の行為関係の構築


ということを教えられ、それこそ人間の本質

また人が世界(自然や社会)に向き合う本質


なんだと言うことを知り

好きな言葉になりました












そんな言葉である


「デザイン」





今回参加した合宿通して


自分なりに気付いたこと

 



人間のデザインには


内のデザイン(克己・忍耐・正直等々)


外のデザイン(配慮・敬い・空気読む等々)


があって


自分は内のデザインばかりに注目していて


外のデザインを自分解釈で蔑ろにしてました








これからは


外のデザインにも注意を払うようにします!








そして社会に対しては


土地と建築と人を生かす


不動産(土地・建物)デザイナーでありたい




新築住宅ありきではなく


結果としての新築であり


その不動産の未来及び周辺環境まで含めた








デザイン








理想は高く、精進します!









ということで

今回は終わり






最後までご覧いただき

ありがとうございました😊








みなさまこんにちは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「使いすぎ・・・アセアセ

 

(トイレにも内窓 キラキラ)

 

 

 

 

 

先日の朝

トイレの流れがおかしいタラー

と、家内や子供たちが困っていました。

 ・

 ・

 ・

よくよく話を聞いてみると

 

 

 

どうも・・・

トイレットペーパーをたくさん使って

水を流したようで・・・アセアセ

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちに新しいトイレの特徴と

物を大切に使うことを伝えました 照れ

 

 ・

 ・

 ・

 ↓

我が家の新しいトイレは節水型

トルネード洗浄で少ない水で効率よく

洗い洗浄してくれます。

 

 

節水だからエコ

 

 

 

しかし、流す水の量がすくないから

あまり沢山トイレットペーパーを

使って流すと、トイレが詰まる原因にもタラー

 

 

 

クローバートイレットペーパーも大切

クローバー水も大切

 

 

 

くらしを通して、環境にやさしい

家族になれますように・・・ルンルン

 

 

 

 

 

・トイレはその後、問題なく

 流れています(いつもありがとう照れ)

 

 

 

 

 

それでは、来週もお楽しみに・・・虹

また~現場日記~でお目にかかります。

 

みなさまこんにちは^ ^ 

 

たかつきホーム🍀ホームアドバイザーの田原です。


 




今年もどうやらリフォームがお得な一年になるようです!!







昨年こちらで過去最大規模の補助金とご紹介した『住宅省エネ2023キャンペーン』の後継キャンペーンとしては、今年は


住宅省エネ2024キャンペーン


が発表されました!




※LIXILさんのチラシ



去年も多くのユーザーの方にご活用いただいた、様々な補助金の複合キャンペーンでして、主に


国土交通省の『子育てエコホーム支援事業』

環境省の『先進的窓リノベ2024事業』

経済産業省の『給湯省エネ2024事業』

(『賃貸集合給湯省エネ2024事業』)


から構成される制度です。




今年もこちらの概要についてまずはご紹介をさせていただきますので、対象になりそうなものは是非要チェックしておいてください!





◯子育てエコホーム支援事業



こちらは元々『エコポイント』と呼ばれていた補助金で、これまでの住宅リフォーム補助金の基礎的な役割を担う歴史の長い補助金制度の後継版です。


昨年からユーザーの方ではなく、専門業者側が申請することになって、多少ややこしさが和らいだものと思います。


主なポイントは『子育てしやすい家づくり』にありますので、

新しい住宅設備の導入から、耐震断熱などの性能向上、またはバリアフリーや瑕疵保険加入まで、

幅広いリフォームのニーズに対して補助される制度です。


リフォームの際はぜひ施工業者さんに「使えますか?」と聞いてみたい手軽な補助金制度ですね。

 

 

◯先進的窓リノベ2024事業




こちらは今回のキャンペーンでも補助額の中核を担う、自己負担1/2、最大200万という、是が非でも活用したい補助金制度です。


昨年からの大きな変更点として、内窓の補助額が減った反面、外窓交換の補助額が増額になりました。


昨年の設定額だと、内窓が部分的に7割補助のようになっていた反面、

外窓が5割には満たない補助額となっていた点に修正が入ったようです。





これまで何度も申し上げてきた通り、窓は家の熱の出入口。

断熱リフォームは、まずは窓から始めないと意味がありません。


更にこの補助金をきっかけとして、各メーカーが窓のリフォームがより円滑に進められる商品開発に拍車をかけているようですので、今までは難しかった窓の断熱リフォームが可能になっている場合もあります。


こちらも是非、気になったら一度ご相談になってみることをオススメ致します。




◯給湯省エネ2024事業




今年に関しては、この補助制度が1番の要チェックポイント!給湯器の交換に関する補助額が昨年から大幅に増加しました!


例えば、エコキュートの交換についての補助額について、

昨年は1件5万だったところが、


今年は何と13万、撤去する温水器が適合すれば追加5万で合計18万と、3.5倍以上の増額となりました!


給湯器については、毎日使うものでエネルギー損失にも大きな差があるといわれています。



詳しく知りたい方へオススメの動画↓↓



近年の機種は、涙ぐましい開発成果によって、本当に無駄を極限まで省いた製品になっています。


補助制度もうまく活用して、是非無駄のない暮らしを実現してみてください!



***


以上、今年も規模を拡大して継続となった


省エネ住宅2024キャンペーン


のご紹介でした。



昨年同様、こちらも総額が決まっている補助金制度ですので、一応早い者勝ちであることをお含みおきくださいませ。



今年、来年あたりは住宅業界も大きな曲がり角。


色んなルール変更が万歳の時期ですので、気になることは何でも早めにご相談いただきまして、


より豊かで快適な暮らしを実現なさってくださいませ。





 

それでは、また来週お目にかかります。 

 

みなさまの暮らしが、いつも豊かでステキなものでありますように🍀

 

 

 

たかつきホーム・株式会社高月工務店

http://www.takatsuki-k.co.jp/

電話 0820-52-1788

FAX 0820-52-4217