中島朱実の世界

中島朱実の世界

時事問題から思想・音楽・アニメ・創作に至るまで180度違うことを書いています。

不親切な管理人による不親切なブログへようこそ。
色々な意味で世間とは真逆のことを書いていますが、興味ある方は暫くお付き合い下さい。

■記事

 

大阪府は19日午後、大阪府庁で「第38回大阪府新型コロナウイルス対策本部会議」を開いた。来月7日までとなっている「緊急事態宣言」について、大阪府ではその解除要請のために「直近7日間の新規感染者数の平均が300人以下」「重症病床の使用率60%未満」という独自の基準を設定し、そのいずれかを7日連続で達成した場合、専門家の意見を聞いた上で判断することとしていた。吉村洋文知事は同日の会議で「府の判断として今の状況を考えた時に、きちんと次の段階的解除をすることを前提に解除要請を国に行いたいと思います。京都府と兵庫県との共同で行いたいと思いますので、時期については2月末日をもって緊急事態宣言を解除するように要請をしたいと思います。時期も明示をしたいと思います」と述べた。

 同日午後4時から始まった会議の冒頭、大阪府の吉村洋文知事は「緊急事態宣言は必要な措置だと思います。一方で日々の収入で生活をされている方からすると多大な犠牲のもとで成り立っている制度でもあります。感染症対策と社会経済対策を両立させることも非常に重要であると思います。感染状況、病床のひっ迫度も分析をしておりますので、専門家のみなさんのご意見をお聞きした上で大阪府としての方向性を判断していきたい」と話していた。

 また、解除要請をする場合については「京都府、兵庫県と足並みをそろえたいと思っていますので、大阪府の方向性を決定した際には、十分協議をした上で、要請するのであれば要請すると、共同歩調でやっていきたいと思っていますのでよろしくお願いします」と委員らに伝えていた。

 会議では、専門家らの意見が発表され「ひっ迫状況は解消されつつあるが、3月から4月にかけてはゆるみがちな宴会などが予想されるので自粛要請の継続は必要で、緩和するにしても段階的に」「緊急事態宣言による経済への打撃も考慮した上で解除について前向きに検討してよいと考える一方で、解除後のお願いとして油断すると再増加するということで、解除後もある程度の時短要請や府民への行動自粛要請は必要である」という意見などが発表されていた。

 吉村知事は、それらの意見が発表された後「今後注意しなければならない点として、3月中旬から下旬、4月の頭には歓送迎会、入学式、卒業式、入社式、人が府県をまたいで動いていく、非常に警戒しなければならないし、実際は去年ここで波が起きて緊急事態宣言になっています。ここは本当に注意しなければならないところなんだと思っています」と述べた。

 そして「そういった意味でも解除要請するとしても段階的に解除しなければならないと思ってますから、今は解除相当だろうと。ただその先、段階的解除をすべきというご意見が多いので、大阪府の判断として感染状況、医療のひっ迫状況を見た時に緩和もしてきている、緊急事態宣言に伴う状況を考えた時に、きちんと次の段階的解除をすることを前提に解除要請を国に行いたいと思います」と述べた。

 吉村知事は、会議終了後に報道陣の囲み会見に応じた。会見で吉村知事は「現在の大阪の陽性者の状況、病床使用率を見た時に専門家のみなさんのご意見もお伺いして、今月2月末をもって緊急事態宣言の解除を国に要請いたします」と改めて述べた。

 そして「やはりリバウンドを防ぐ、段階的な解除をすることが非常に重要だと思っています。ですので、解除するかどうかも国の判断ですが、仮に2月末で解除になったとしても、段階的に解除をしていく、大阪の繁華街部分については時短の要請を一時間のばす形でもお願いしますということで、少しずつ解除していきたいと思います。府民のみなさんにおかれましても社会経済と感染対策を両立させることが重要なので、日々の感染対策が非常に重要になってくるので、そのご協力を引き続きお願いしたいと思います」と、あらためて府民に向けて感染対策を行うよう呼びかけていた。

 また、京都府、兵庫県と足並みをそろえて一体で進めていくことも改めて強調。吉村知事は「解除要請する場合であっても三者一体で進めていくべきだと思っていますので、京都、兵庫の方針決定を受けた場合に国に対して解除の要請をしてまいりたいと思います。京都兵庫については、本日の大阪府の決定も踏まえて、改めて協議をし来週中にも3府県の会議を行いたいと思います」と述べた。

 報道陣からは、2月末に解除要請をする理由についての質問があった。それに対し吉村知事は「京都については基準を満たしていると。けど京都府としての方針決定はされていないと思います。兵庫については基準を満たしている最中で、早ければ来週の月曜日に満たすということになると思います。三者一体になって判断すべきと思っていますので、早くても来週月曜日に、兵庫は基準を満たすわけですから、2月末というのが時期としては適切ではないかと判断した」と述べた。

 また、吉村知事は19日に西村康稔経済再生担当大臣と電話で話したことを明かし「(大臣に)現状報告をしました。国としては最終決定を当然してない状況ですが、基本的に僕の頭にあることは大臣にお話をしたところです。いま国会はなかなか忙しいという状況をお聞きもしてますので、三者会談が実現すれば大臣にもお時間をとっていただいて、大臣に要請するという形にはなると思います」と話した。

 また「その日程も調整しなければならないので、来週半ばになるのか、確定はしませんが協議はしていきたい。国においてどう判断されるかまではわからない状況です」と続けた。

(情報元「THE PAGE」2月19日)

 

とか何とか言って、

本当は無茶苦茶な給付をして後悔してんじゃねえのか?

 

緊急事態宣言をして徳をする個人の飲食業者が出ているのは事実。

また、宣言の効果は数字にこそ表れているが、今回は飲食店に対する時短営業が主だから下がったといっても大したもんじゃない。

大阪府ご自慢の追跡システムはどうなったんだよ。

何にも役に立ってねえじゃねえか。

 

そんな状況下にありながら解除するだと?

正気か?

 

短期間のあいだに、締めて、緩めて、締めて、緩めて、

そんなことやってたら、現場は混乱するんだよ。

それこそ、誰もアンタのことなど聞いてくれなくなるぜ。

しかも、京都と兵庫のことまで材料に言い訳してやがる。

 

一応、誤解を恐れずにいえば、俺は維新自体を支持しているし、吉村知事だって嫌いではない。政策のひとつである広域一元化条例案だって賛成している。

 

だがな、それとこれとは話が別だ。

 

コロナ対策という点でいえば

「一体何やってんだよ」って言ってやりたいくらいだぜ。