中島朱実の世界

中島朱実の世界

思想から創作に至るまで180度違うことを書いています。

決して一般受けするブログではありませんが興味ある方は暫くお付き合い下さい。

テーマ:

 2018年のサッカーW杯、日本代表がGLを通過した。

 

誰がこの結果を予想出来たであろうか?

良くて1分2敗、私は全敗だと予想していた。

 

初戦は最も厄介なコロンビア戦だったが、開始早々から幸運に恵まれた。

そして日本は、その幸運を見事に活かした。

 

2戦目のセネガルはとても強かった。

日本は2度のリードを許しながらも追いついて引き分けた。

セネガルと引き分けたことにより、GL突破が現実味を帯びてきた訳だ。

 

3戦目の相手は既にGL敗退が決まっていたポーランド。

日本は負けたが、GL2位で通過した。

物議を醸したのが、西野監督の采配だ。

 

先発メンバー6人を入れ替えた。ベンチにいた6人は2戦とも活躍していた主力だった。これは随分と思い切った作戦を取ったものだ。積極的に攻めの姿勢を示したものの、入れ替えた6人が殆ど機能しなかった。一方で、これまでに精彩を欠いていたGKの川島が奮闘した。状態が悪かったとはいえ、相手は格上のポーランド。よく1点で抑えた。

 

西野監督にとって誤算だったのは後半早々、岡崎のアクシデントだった。やむなく、カードを1枚切らねばならなくなった。

 

さて、ここで先発メンバーの選出に戻ってみよう。もしも、コロンビアやセネガル戦と同じメンバー、同じ布陣で挑んでいたとすれば、果たして結果はどうなっていたのか。それはわからない。ただ、試合前は非公開だったのにも関わらず日本の情報が洩れていたというのだから、このほうが問題だ。

 

GL通過の決定打となった日本の「警告の少なさ」は、もっと評価されていいだろう。1点ビハインドの中、日本は1点を取りに行くサッカーよりも、これ以上失点しないサッカー、イエローを貰わないサッカーを選択した。

 

ほぼ同時進行だったセネガルVSコロンビア戦。試合終盤、コロンビアがセットプレーから1点を先制した。この情報が西野監督に届いた。日本は暫定2位となり、維持できればGL通過となる。1点を取りに行くという作戦は変更され、日本は時間稼ぎに出た。負けているチームがボール回しをするという奇妙な展開になった訳だ。当然ながら観客からは大ブーイング、これも仕方ないことだ。

 

「もしも、セネガルが同点に追いついたらどうするんだ?」と思った人も多いことだろう。だが、1点リードしているコロンビアからすれば「もしも、日本が同点に追いついたら自分たちはGL敗退する」と考える。だから残り時間が少ない中、コロンビアは1点を死守しようとするはずだ、セネガルが同点に追いつける可能性は低い。また、我々日本が同点に追いつける可能性も極めて低い、と読んだはずだ。

 

万が一、セネガルが追い付いたら、一気に速攻だ。

 

こんな作戦は、並の監督なら出来ない。そして、大ブーイングの中、自分を見失わないように実行した選手も凄い。おかげで、決勝トーナメントに向けて主力4人を休ませることができた。これは非常に大きい。

 

96年のアトランタ五輪では初戦のブラジルと3戦目のハンガリーに勝利しながらも、2戦目のナイジェリアに負けた。ブラジル・ナイジェリア・日本の3チームは2勝1敗で並んだが、得失点差で日本が3位になった。勝ち越したのに通過出来なかったのだ。この時の監督が西野氏だった。今回のGLも似ている。初戦の南米勢には運よく勝ったが、2戦目は鬼門のアフリカ勢だった。そこに神経を注いだ。

 

もしも、ポーランド戦をクライフが観ていたとすれば彼は日本に失望したか?

多分しないだろう。弱者は弱者なりの兵法がある、ということも理解しているはずだ。それよりも、全員の意志が最後まで乱れなかったことを賞賛すると思う。

 

日本は最低でも、あと一試合出来る。

 

決勝トーナメントの相手はベルギーに決まった訳だが、戦力差は明らかだ。あちらもイングランド戦で控え組を出場させた。主力は温存されている。では、ベルギーの弱点はどこにあるのか? まあ、彼らが引き分け以下を経験していないということくらいしか思い浮かばないのだが。。。

 

GLで好調だったチームが決勝トーナメントに入った途端、急に別のチームのように調子を落とすことがある。私はそれに期待したい。

 

サッカー日本代表、彼らの健闘と幸運を祈る。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス