正しいネガティブのススメ

「心の病気じゃないけど、なんだかツライ」あなたに贈る、悩みとうまく付き合う方法


テーマ:


自分と向き合う時間が、

長いあなたも
短いあなたも

こんにちは。

早朝なのに演歌を大声で歌いながら高速ウォーキングするおじいさんに遭遇し

呆然となり杉田です。

1週間お疲れさまでした!



えーと、私、「やりたいことを見つけたい」というご相談を
10年以上受けているんですけど、

「なんで人は、そんなにやりたいことを見つけたいのかな?」

って思うことは何度もあったんですよ。

そりゃ、「やりたいことあったほうが楽しいから」くらいのことはわかるけど、

もっと根本的なことを知りたい感じがしてたんですね。

そしたら、ある時、このブログではおなじみの
為末大さんのつぶやきを見て、すごく腑に落ちたんです。

 

人間は自我を持ち続けることに苦しさを覚えていて、
だからほんの一時でも何かに夢中になれた後に幸福感を覚えるのではないか。
私でい続けることは苦しい。
夢中でいる間は私が消滅する。
つまり夢中とは、自らを省みる瞬間がない状態で、
且つ対象に心が奪われている。
”している私”に気づいている状態は夢中ではない。

 


んー、この「私でい続けることは苦しい」ってとこ、
なんかわかるんだよなぁ。

あ、もちろん、ここでの「私でい続ける」という意味は、
「私らしくい続ける」とか言う意味ではなくて、

「私を意識し続けるのは苦しい」

って意味だと思うんですけど、

それがよくわかったのは、私、昔、仕事が決まらなくて、
1年4ヶ月引きこもった時だったんですよ。

というのは、その時って、人とほとんど接してなかったですし、
毎日やることがなくて時間があり余ってましたから、

イヤでも「自分自身にフォーカスしてしまう」というか、
そういう時って、自分と内部対話し続けてしまうんですよね。

でも、そういう時の内部対話って、自分を責めるほうにいったり、
先の不安とかばかり浮かんでくるじゃないですか。

元々、人って、「足りない部分」に意識が向きやすいですから。

なので、今にして思うと、その引きこもっていた頃の私って、
まさに為末さんの言う、

「私でい続けることは苦しい」

って状態を味わってたんだと思うんです。

引きこもっていても、何かをやっていれば、
自分以外のものにフォーカスする時間もあったかもしれないのに、

何もせず、ただひたすら自分と向き合っちゃった、みたいな。

なので、

「人は、自分と向き合い続けるのってツライんだな。
 だから、自分からフォーカスをずらすために、
 何かに夢中になりたいんだな」

っていうのは、感覚として、すごくわかるんですよね。

あ、なので、よく

「心が落ち込んだ時、散歩するといい」

なんて話があるのは、

散歩すると、景色が移り変わっていきますから、
意識を向ける対象が、

自分 → 目に見てくる景色やモノ

に変わるからなんですよ。
そうすると、「自分でい続けなく」ても、よくなるわけで。

あ、でも散歩しても、目に見てくる景色やモノを見ずに、
内部対話し続けちゃう方もいらっしゃると思うんですけど、

そういう方は、散歩というより、
もう少し息が上がる運動したほうが良いと思うんです。

だって、たとえば登山をしている間って、
息があがるので、

「ふぅ、息が苦しい」

「よし、ここを登ったら休もう!」

みたいなことは浮かんでくるけど、

「なんで自分はダメなんだ。ウォー!」

みたいなことを、

登山中ずっと考え続けるのは難しくなりますよね。(笑)

要は、息が上がる運動すると、
「自分の思考」にかまってられなくなるというか、

強制的に自分からフォーカスがずれるわけですよ。

なので、よく仕事がつらくなった人が、
マラソンとか、トライアスロンとか始めてみたら、元気を取り戻した、

 

なんて話を聞くと、なるほどなと思うんです。

マラソンとか、トライアスロンとかの長時間息が上がるスポーツって
長時間、自分からフォーカスがずらせますよね。



あ、で、そうそう、ちょっと話が飛ぶんですけど、
この「自分でい続ける」って話ですけど、

先日、やりたいことをやって、充実した生活をおくっている
Aさんとお話した時、

そのAさんが、

「何がしたいかわからない」って言っている人って多いけど、
 そういう人は、一度、本当に追い込まれるいいと思う。
 そんなこと言ってられなくなるし、イヤでも「行動」しないといけなくなるから。
 でも、そうこうしているうちに、やりたいことも見えてくる」

なんて言っていて、

「たしかにそうだよな。私もそうだったし」

って思ったんですよ。

あ、このAさんも私も、現在に至るまで紆余曲折があったタイプで、

たとえて言うなら、船が沈没して水中に放り出されて、
もがいている状態の時って、

「んー、なんで自分てダメなんだろう」とか、
悠長に自分と向き合っている余裕なんてなくて、(笑)

何かつかまるものがないかと、
必死に水中で手を振り回すじゃないですか。

そんな時、その必死に振り回している手が、たまたま木材を掴んで、

その木材に必死につかまって揺られていたら、
すごく居心地の良い船(やりたいこと)にたどり着けた、

そんな感じが、Aさんや私に起こったことなんだと思うんです。

なので、このAさん、

「よく 「どうしたらAさんみたい行動できますか?」
 みたいな質問を受けるだけど、
 そういう質問になんと答えていいかたいかわからなくて・・・。
 結局、「やるしかない」としか言いようがない」

なんて言ってたんですけど、

Aさんにそういう質問をするのって、

安全な陸にいる人が、船が沈没して水中に放り出されて、
もがいたことがある人に、

「どうしたら、そんなに手を振り回せるようになるんですか?」

って聞いているようなものだと思うんですよ。(笑)

きっと水中に放り出されて、もがいたことがある人は、
「そうするしかないでしょ!」って思うし、

でもその答えを聞いても、安全な陸にいる人にとっては、

「(陸にいるのに、水中に放り出されて、もがいている時みたいに)
 必死に手を振り回せ、なんて言われても無理でしょ!」

って思うと思うんですよね。

あ、なので、このAさんや私に起こったことというのは、
もし先ほどの「自分でい続ける」という言葉使って言うなら、

「自分でい続けるヒマがないほど追い込まれたら、
 逆に行動できて、救われることもある」

なんて言えるし、このブログ的な言葉で言うなら、

「クマが走ってきたから、自分でい続けるどころではなくなった」

って言いえば良いでしょうか。



あ、で、話がいろいろ飛んでしまいしたが、

私、この「自分でい続ける」って、おでんに付いてくるカラシみたいに、
「適量」があるなって思うんですよ。

毎日バタバタしすぎて、自分を振り返る時間がないという方には、
だんだん自分のことが訳わからなくなってくるので、

「自分でい続ける時間」というのは人生を豊かにすると思うし、

でも、過去の引きこもっていた頃の私のように、
時間がありあまっている人は、

「自分でい続ける時間」は、逆にツラくなるんでしょうね。
カラシに覆われたおでんを食べるみたいに。(笑)


さぁ、ということで、今、悩んでいるあなた、

あなたは、「自分でい続ける時間」が短すぎてツライのでしょうか?
それとも、「自分でい続ける時間」が長すぎてツライのでしょうか?



それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう。

 

 

ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ


「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。


 

 

551の「豚まん」を

食べたことあるあなたも
食べたことないあなたも

こんにちは。

ホテルの部屋に豚まんじゅうの匂いがじゅうまんし杉田です。

1週間お疲れさまでした!



えーと、みなさん、551の「豚まん」ってご存知ですか?

あ、私、生まれも育ちも東京なので、
長い間、551の「豚まん」に触れたことがなかったんですけど、

ある時、クライアントさんが、
お土産に買ってきてくださったのを食べてみて、

「この豚まん、ウマ杉る!!!」

って感動したんですよ。

他と全然違うというか。

なので、先日、大阪に出張した時、
思う存分食べたいなと思って、

ホテルの部屋で、「豚まんフェス」をしたんです。(笑)
 

 

 

いやぁ、ホント、おいしかったなぁ。

あ、で、翌日は、大阪でワークショップ開催だったんですけど、
私のワークショップって、ほとんどの方が

「心理系のワークショップに行くのは、初めてです」

って方ばかりなんですよね。

でも、今までワークショップを受けた方の中には、
 

ワークショップを受けたことをキッカケに心理に興味を持って、

そこから勉強して・・・なんて方も多くいらして、

実際、セラピスト・カウンセラー・コーチとして
開業した方が何人もいらっしゃいますし、

この業界で、私なんかより全然有名になった方も
何人かいらっしゃるんですよ。

私としては、そういう方たちのキッカケになれたことって、

やっぱりウレシーんですよね。


さ、ということで、今回は、

そんななにかの「キッカケ」になるワークショップ

「悩みとうまく付き合う方法」

開催のお知らせです。
(私の2017年最後のワークショップになります)

あ、ちなみに、このワークショップに参加していることが、

★「はじめての催眠ワークショップ」
★「自分の心の声を聴く フォーカシグ・ワークショップ」

の参加条件になりますからねー。

正しいネガティブのススメ

それでは、ワークショップの内容をチラリとだけどうぞ。(チラ~ン)


 悩みとうまく付き合える人が、無意識に自分にしている質問とは?

 あなたの中に「すでにある」2つの機能を使うと・・・

 リアル「デヘノート」体験。キャー!

 なんちゃってセラピスト体験。 「本当の自分と対話する」には、まず体の・・・

 結局、元気になるのは「●●状態」

 あなたが英雄になるには、次に●●をすれば・・・


と、他にもまだまだ盛りだくさん、
フルスロットルの内容でおおくりします。

私がワークショップをするにあたって、いつも意識していることは、
「腑に落とす」ということ。

たとえば、「悩みには、<自分を許す>ことが大切です」
なんて言われても、

<自分を許す>って、言葉として、頭でわかっているのと、 
「あー、そういうことなのか!」って体でわかっているのとでは、

全然違うと思うんですよ。 

「100個知ってる」より、「1個できる」の方が、
人生を変えると思うんだけどなぁ。

このワークショップは、そんな「腑に落とす」ための「体験」がメインです。 
このブログだけでは説明できないことを 「体験」を通じて学んでいきます。 

正しいネガティブのススメ

正しいネガティブのススメ


それでは以下、ワークショップの詳細です。

 

 

「悩みとうまく付き合う方法」ワークショップ in 東京

 
■ 日時 2017年11月25日(土) 12時30分~18時30分
   (進行状況により、終了時間が若干前後することがございます)
 
■ 場所 渋谷駅周辺 (詳細はご参加いただく方にのみご連絡いたします)
 
■ 懇親会 
 
ワークショップ終了後にご希望の方のみ、
渋谷駅周辺の居酒屋で懇親会を予定しています。(予算4000円程度)
(「飲み放題」でお店を予約しますので、出欠は正確にお願いいたします)
 
お申込み、料金その他の詳細はコチラからどうぞ

 

 



最近の「ワークショップ参加者の声」はコチラからどうぞ



最後に杉田からメッセージ

昔の私は、「あいつは死んでしまうのではないか」
とまわりから心配されるほど、元気のない生活をおくっていました。 

当時の36歳の私は、仕事が見つからず、
仕方なく印刷工場でアルバイトしていました。 

ドンくさい私は、そこでも役に立てず、他の金髪の20歳代前半のバイトから
「バカ!」とか、「帰れ!」とか言われていました。

でも何も言うこともできず、ションボリと働いていました。 

そんな私が、ラジオに出演したり、出版ができるようになったのは、
私の能力が高かったからとか、すごく努力したからとかではありません。 

私の学んできた、心理セラピー理論・手法が優れているからです。 
どうにも動かなかった私を動かしてくれました。

このワークショップでは、20年生きづらかった私が、
立ち直っていく過程で何を学び、今、悩みとどう付き合っているかを、

心理セラピーの理論・手法をベースにして、お話させていただきます。

私の普段やっている、心理セラピーの技法をペアを組んでやったりもします。
(レジュメを差し上げますので、帰ってから自分用のセラピーに使えます)

もしあなたがこの記事にピンとき方なら、
ワークショップであたたかく、やさしい時間をご一緒に過ごしましょう! 

ワークショップ参加ご希望の方は、下記のページからお申し込みください。

「悩みとうまく付き合う方法 」お申込みページ



それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう。

 

 

ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ


「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。


 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


「普通であることを認められない」

と悩んでおられたクライントさんから、

心理セラピーの個人セッションの後にいただいた感想です。

(ご本人の許可をいただいて掲載しております)

 

 

 

こんばんは。
一昨年のカウンセリング、
そして今年△月のWSでお世話になりました○○です。
はい、あの懇親会でだいぶ飲んだくれていた者です。笑
その節は本当にありがとうございました!

このように連絡が遅くなってしまったこと、申し訳なく思っています。
ただ、今が杉田さんにご連絡をする絶好のタイミングのような気がしたので
その気持ちに従ってみました!(自分の心も少し整理されたので・・・)

まず、結論から言うと・・・

「私、やっと誰とも変わらない、
 普通の自分を受け入れることができましたーっ!」

急に何だと思われるかもしれませんが、
今まで普通の自分を認めることができずにいて
苦しかったからなんです。

長い間ずっと、何か特別なことがしたい!人と違うことがしたい!
あなたは違うね(良い意味で)と思われたいって気持ちで一杯だったんです。

そしてそんな人と違うことをする自分に誰か注目してほしい!
っていう欲にまみれて生活していました汗

そういった欲求が良い方向に向かうこともありましたし、
また、人と違うことをして幸せな人生を生きている方も
たくさんいると思います。

ですが私の場合、特別であろうとすればするほど
人と違うことをしようとすればするほど、
自分の欲や人と違う人生を生きてる優越感のようなものが満たされる一方で、
どんどん本当の自分が見えなくて、
なんだかわからなくなっていました。

今になって気付いたことなのですが、
私が人と違うこと、特別でありたいと人一倍願っていた理由は
両親の影響が大きいのかもってことです。

今では仲良く暮らしていますが
過去には母が他の男性を好きになったり、
父が隠れて不倫を続けていたりして、
当時子供ながら家族のもろさというか、
夫婦愛の不完全さというか、
言葉に表せない感情にさらされる時期がありました。

普段は勝ち気な父も仕事のストレスと
バラバラになった家族の中に居場所を見つけられず、
心が弱り、自殺未遂をしたこともありました。

大人になった今でも、
私の記憶の中にその光景とその時の感情がまだ残っています。
人間って、強そうに見えてもとっても弱い生き物なんだと
思い知りました。

だからなのか、
私は普通でいることの一種の恐怖があったのかもしれません。
人と違う、何か光るものがないといつか飽きられてしまう・・・
最初は好きで想い合っていても、
時がたって一緒にいることに慣れてしまえば
ありがたみも愛情も薄れて、お互い外へ目を向けてしまうんだろうと。
相手も、そして私自身も。

原因は両親のことだけではないとは思います。
特別な存在、人と違うことを望むのは
自分の目立ちたがり屋な性格もあるのでしょうが笑

今、転職活動を始めるにあたって
もう一度杉田さんのブログを読みながら自問自答をしています。

そして今日の夜、ふと外の空気が吸いたくなって
好きな音楽を聴きながら歩いていたら、
心の中で「もう特別になろうとしなくていい。
誰とも変わらない、普通な私でいいんだ・・・」と
なぜかそんな声が聞こえて、その瞬間涙が出てきました。

今まで長い間散々無視し、受け入れず、
こんなの私じゃない!と拒否していた平凡で、
普通な自分自身の声に耳を傾けることが、やっとできました。
(普通って意味もいろいろ解釈はあると思いますが・・・
私は長い間それがつまらないもの、個性のないものだと思っていました)

何か人と違う特別なことをしてこそ私なんだ!って思っている限り、
そうじゃない、特別でもなんでもない自分を否定することになっていたんですね。
ひゃー、自分何様!?笑

まぁ、今も相変わらず、人と違うことをしたい!
注目されたい!って願望はだいぶ強めではありますが笑
まず、なんてことない平々凡々な自分の存在を受け入れられて、
なんだかとても心が軽いです♪

これから仕事も、恋愛も、人間関係も
前より楽しく考えられそうです(^^)v

頭を整理するきっかけを与えていただき、
また本当の意味で自分を見つめ、そして大切にすることを
杉田さんの手を借りつつ、自分で実体験することができました!!

心から、感謝しています!ありがとうございます!

これから自分の人生どうしていきたいか、そしてどうなっていくのか、
まだわからないことも多いです。

でもだからこそこれからは、自分の中にある
特別でもない、かっこよくもない自分の
手をしっかり握って一緒に歩いて行こうと思います!!

また悩んだり迷ったりするんだろうなぁ~
それも・・・人生の味なのかなぁ~

杉田さん、またどこかでお逢いしましょう!
その時までに私のレベルが上がっていることを願って・・・笑

そして、
ここまで私のまとまりのない乱文&長文に
目を通していただき、ありがとうございました。

ブログの更新楽しみにしています♪

 

 

 

人は、生きている中で、いろいろな「思い込み」を持ちます。

 

> 人と違う、何か光るものがないといつか飽きられてしまう・・・

 

↑こういうのも、1つの「思い込み」なわけですが、

 

そう思っている本人は、

 

他人からいくら、「そんなことないよ」と言われても、

 

全然そうは思えなくて悩むんですね。

 

もちろん、「思い込み」というのは、人を苦しめるだけではなく、

 

役に立つこともあって、

 

たとえば、

 

「人と違う、何か光るものがないといつか飽きられてしまう」

 

という思い込みは、

 

「他の人とは違ったユニークことができる」


みたいなことでは力を発揮するかもしれません。

 

また、もし「優秀じゃないと、居場所がなくなる」
 

という思い込みを持っているとしたら、

 

実際、いつも優秀であろうとガンバって、

 

たくさんの達成があったかもしれません。

 

でも、年月がたてば、自分でも気づかない間に、

 

人は変わっていったりもするので、


昔は役立っていた「思い込み」が、

 

だんだん昔のように役立たなくなってくるんですね。

 

「今の自分に合わなくなってくる」というか。

そんな時、人は違和感を感じて、悩んだり、苦しくなったりします。

 

セラピーは、そんな苦しくなったタイミングで来られた方の

 

「思い込み」を緩めることで、その方が楽になるサポートをします。

 

 

ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ
 


「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。


コメント(0)  |  リブログ(0)