正しいネガティブのススメ

正しいネガティブのススメ

「心の病気じゃないけど、なんだかツライ」あなたに贈る、悩みとうまく付き合う方法


テーマ:


先月アップした、「弱がり」という記事を

覚えているあなたも
覚えていないあなたも

こんにちは。

東横インの朝食をモリモリ食べ杉田です。

1週間お疲れさまでした!



えーと、先月アップした「弱がり」という記事、
覚えていますでしょうか?

(まだお読みでない方は、コチラからどうぞ)
弱がり

この「弱がり」という記事、

いつも以上にたくさんの方にシェアしていただいて
なかなか反響が大きかったんですけど、

今回は、その「付け足し」のような感じでお話したいと思います。


えーと、前回のブログでもお話しましたけど、

「弱がり」の人って、自分が傷つかないように、

「とにかく行動をしない」

ってことをするんですよね。

で、私がそういう方の子供時代のお話をお聴きすると、

・親が過保護だったり、

(自分から何かしようとしなくなる。

自分でやってきた経験がないので「自分はできない」と感じる)

・親が、「ああしろ、こうしろ」みたいに指示的・支配的・否定的で、
本人の中で「自分で選んでやる」という体験がとぼしかったり、
(どうせわかってもらないので、自分ですることをあきらめてしまう)

・親が心配性だったり、
(「自分がダメから、心配される)だと思って、自尊心が育たない)

なんてことが多いんですよ。

(そういう人が、必ず「弱がり」になるということではありません)

で、そういう子供時代を過ごすと、

「自分はダメだ」
「自分はできない」
「自分は間違っている」
「自分は失敗したら終わりだ」
「自分のことに責任をとれる気がしない」

みたいに思いがちになるんですよね。
「自分に対する信頼がない」というか。


で、そういう「弱がり」な人のセラピーって
どんな感じでやるかというと、

 

私の場合、

 

その人が、「弱がり」になってしまった「原体験」を扱う

 

んですよ。

具体的には、

 

「子供の頃の自分や親兄弟など、いろいろな人の立場や

 第3者的な立場に立ってみて、子供時代の状況を眺める」

 

ってことをするんですけど、

 

そうすると、

「私の親は、子供に「大人と同レベル」になることを求めている。
 でも大人と比べたら、子供はできないに決まってるから、
 私じゃなくても、この親の子供になったら、ダメ出しされまくるはず。
 そうか、私が特別ダメなわけじゃないんだ!」

「親が心配性なのは、私が生まれる前からの親の性格であって、
 私が特別ダメだから、親が心配しているじゃないんだ!」

「親を怒らせたり、悲しませないように、自分を抑えているだけで、

 むしろこっちが親に気を使っているじゃないか。

 子供の頃の私、ダメじゃなくて、むしろ一生懸命やってるよ!」

「親は、私の世話をするのを生きがいにしている。
 私が子供のまま、「できない自分」のままでいないと、
 親が私の世話をできなくなってしまう。
 私が「できないまま」でいてあげないと!」

みたいに、

「なぜ自分が「弱がり」になってしまったのか」

 

ってことがわかるし、いろいろ気づきがあるんですよ。

で、同時にその方に、当時の自分になって

 

「気持ちを言葉にする」

「感情を感じてみる」

 

ってことをして、

 

「痛みとなっている感情」を減らしていく

 

んですね。
「痛みとなっている感情」も、ちゃんと感じれば消えていくんですよ。


でもですね、私の経験から言えるのは、「弱がり」の人って、

セラピーをしても変わりたがらない人が多いんですよ。(笑)

というのは、前回の記事でもお話しましたけど、

「弱がり」の人が、変化する時は

「何もしていない → やることやる」ですから、
 

「力を抜いて楽な道に行く」というよりは、

 

「よっしゃ!やるぞ!」ってほうの道を選ばないといけない

 

わけですよね。

つまり、「ガンバろうぜ!」なんです。

 

でも、そうするのは大変だから、変化するのを渋るし、

それ以外にも、「弱がり」の人が感じる「怖さ」という点から

変化を渋る理由をお話しますと、

人は、何かをする時、特に、

・やったことないこと
・慣れていないこと
・過去に痛い目を見たこと

をする時って、

よっぽどポジティブな人以外は、
誰でも多少は「怖い」って感じると思うんですよね。

でも、「弱がり」の人って、そういう「誰でも感じる怖さ」にプラスして、
先ほどお話したような、

「子供の頃に刷り込まれた自信のなさからくる怖さ」

があるわけですよ。

なので、弱がりの人って、何かをする時って、

「誰でも感じる怖さ + 子供の頃に刷り込まれた自信のなさからくる怖さ」

って感じになって、「怖さ倍増」なんですよね。

 

なので、何かしようとすると、すごく怖く感じるので、

変化するのを渋るんですよ。


あ、で、実際の「弱がり」の人のセラピーの進み方って、

どんな感じになるのかというと、


1回のセラピーでスコーンと元気になってしまう方もいらっしゃいますけど、

多くの方は、セラピー後も、

 

「一瞬でもいいから勇気出して行動しようぜ!」をコツコツ続けて、

自分で自信を積み上げていかないといけないので、(自信はやらないとつかない)

 

やっぱりその分、回復には時間がかかります。

(その過程で何度かセラピーを受ける方もいらっしゃいます)


なので、1回のセラピーでスコーンと元気になれるわけでもないんですけど、

それでも「弱がり」の人がセラピーを受ける価値があると思うのは、

「このままじゃマズイ!」

「自分、情けない!」


ってちゃんと「実感」したクライアントさんて、
やっぱり「変ろう」っていう気持ちは強くなるからなんですよ。

「弱がり」の人って、「苦痛」で動きますから、
そういうことをリアルに感じる体験て、実は必要だったりもするんですよね。

 

ふだん本人は、そういう気持ちを誤魔化して

あまり見ないようにしてますから。

 

それと、セラピーに、ブログを読み込んでから来る方の中には、

「杉田さん、私、「成長が止まっている人」です!」

なんて最初から言われることがあるんですけど、

 

私から見ると、「いや、そうではないと思うのですが・・・」

というケース多いんですよ。

なので、「弱がり」だと勘違いしている方も結構いらっしゃるので、

この「弱がりシリーズ」を読んで、なんか気になる方は、
セラピーにいらしてくださいねー。



それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう。


 

ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ
 
 

「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。

 

Cafe LOSER ホームページ




テーマ:


「毎週末の恋人と別れが、今生の別れと思うくらいつらい」

と悩んでおられたクライントさんから、

心理セラピーの個人セッションの後にいただいた感想です。

(ご本人の許可をいただいて掲載しております)


 

杉田さま

○○です。
先日はありがとうございました。

セラピーは本当にすごかったです。
母親への怖さを感じて、怒りをぶつけまくって
(あの後しばらく筋肉痛になりました)、
悲しくて泣いて、本当は好きだったことを思い出して、
めちゃくちゃ感情の嵐が吹き荒れて大忙しでした。

辛くてもつい笑顔を作ってしまうのが、
不機嫌な母親に本当は笑っていてほしかったから、
という気づきが一番の衝撃でした。

セラピーの後、頑張らなくても息を簡単に吸えて、
肩が軽杉田ので驚愕でした。
生きてるだけで相当頑張っていたんですねぇ。

あの後家に帰り、部屋にゴミが落ちているのを見て、
ふと「あ、母親はスタンプカードみたいに怒りポイントを貯めて、
ある日突然、それこそゴミ一つがきっかけで突然キレるから、
地雷を踏まないよう全て完璧にしておかないといけない、
と緊張し続けていたんだ」と気づきました。

スタンプカードのポイントの大半は全く私に関係ないものだったし、
ゴミを落とすことは重罪じゃなかった笑
だからそんなに完璧を見張らなくてもいいんだ、と気づきました。

それから昨日、
数年間絶縁して必死で避け続けていた母親に、
食事をしようと連絡できました。
その際、ずっと引っかかっていたことを言えました。

自分はもっともっと強く戦っていなきゃいけない、負けちゃいけないとか、
自分は親の期待に応えなきゃいけなくて、
でも応えられなくてダメだと思っていたとか、
私は母親に憎まれたり嫌われてるんじゃないかとか、
そんなことを考えていたと伝えたら、謝ってもらえました。

色々ひどい言動で八つ当たりしてしまい、ずっと申し訳なかった、
○○ちゃんは何も悪くない、優しい子で大好きだよ
という言葉を聞くことができました。
ずっと握りしめていたものが、ようやく緩んだ感じです。

今日、無事に穏やかに食事出来ました。
「○○ちゃんに会えるのが嬉しくて、
昨日は遠足前みたいに眠れなかったの」と言われて、
また泣きそうでした。

セラピーのおかげで、本当はずっと母親を愛していたし、
愛されていたんだとわかったからこそ、
今日こうして向き合う勇気が出たように思います。
本当にありがとうございました。

 

 

 

人は感情をその場で表現せずに、抑圧すると、

その感情は「未完了」ということになり、その人の中に残ります。

そして、その「抑圧した時と似たような状況」になると、

その「未完了の感情」は出てきます。

特に子供の頃の「未完了の感情」は、その人の一生を左右するとも言われています。

 

セラピーをしていると、親に対してネガティブな感情があるのに、

「あの頃、親は忙しくて大変だったから、
 かまってもらえなかったのは、しょうがない」

「母子家庭だから、お母さんは仕事に行くしかないから、
 いっしょにいてくれないのは、しょうがない」

のように「頭で」納得させている方っていらっしゃるんですね。

でも、そういう方が、今、(身近な)人から「かまってもらえない」とか、

「いっしょにいてくれない」という状況になると、

 

なぜツラくなってしまうのかというと、

かまってもらえないのが、「悲しかった」、
いっしょにいてくれなくて、「さびしかった」、

という「感情」のほうは、それを感じない限りは、

いくら頭で納得させても「消えはしない」からなんですね。

 

なので、大人になっても、その感情を抑え込んだ時と似たような状況になると、

 

何度もその「悲しかった」「さびしかった」という、

 

「未完了の感情」が襲ってくるわけです。

セラピーでは、そんな子供の頃の「未完了の感情」を

「その時その場に」戻って感じることで終了させ、

引っ張られないようにサポートしていきます。


 

ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ
 
 

「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。

 

Cafe LOSER ホームページ



 

このブログのことを身近な人に、

 

話せるあなたも
話せないあなたも

こんにちは。

ホテルの部屋にあるドライヤーが多杉田です。

1週間お疲れさまでした!



えーと、今回の記事は、

「悩みとうまく付き合う方法」ワークショップ開催のお知らせ

です。

(参加資格がない、どなたでもご参加いただけるワークショップとしては

 今年最後の開催です)

あ、このワークショップ、コンセプトは、

「自分で自分のセラピストになる」

 

なんです。

あ、ほら、悩んだ時って、「対処法」がわかってないと
ただ悶々としているだけで苦しいし、

かといって、毎回毎回カウンセラーところにも行くのも大変だし、

って感じじゃないですか。

なので、このワークショップでは、そんな時に役立つ

「セルフケアの方法」

を、たくさんご紹介しています。

 

私が特に力を入れているのは、「アタマとカラダをつなぐ練習」です。

 

自分を感じられないと、自分がどうしたいか、

訳がわからなくなっちゃいますからね。


あ、それから、このワークショップに参加することの

プラスアルファとしては、


「このブログ、「正しいネガティブのススメ」の読者に会える」

ってことじゃないかと思っているんですよ。


このブログって、人に読んでいることを内緒にして
こっそり読んでいる方も多いとお聞きしますので(笑)、

このブログのことを思いっきり話せる仲間を持てると、
悩みの話もできるので、ホッとできると思うんですよね。

実際に、私のワークショップで出会って、
親友になった方もいらっしゃいますからね。


さ、ということで、今回は、

 

セフルケアの方法を学べるだけでなく、ブログ仲間も作れる、

「悩みとうまく付き合う方法 in 東京」

のお知らせです。


あ、このワークショップに参加していることが、

「自分の心の声を聴く フォーカシグ・ワークショップ」(11月開催予定)

「はじめての催眠ワークショップ」(12月開催予定)

の参加条件になりますからねー。

それでは、ワークショップの内容をチラリとだけどうぞ。(チラ~ン)


 悩みとうまく付き合える人が、無意識に自分にしている質問とは?

 あなたの中に「すでにある」2つの機能を使うと・・・

 リアル「デヘノート」体験。キャー!

 なんちゃってセラピスト体験。「本当の自分と対話する」には、まず体の・・・

 結局、元気になるのは「●●状態」

 あなたが英雄になるには、次に●●をすれば・・・


と、他にもまだまだ盛りだくさん、
フルスロットルの内容でおおくりします。

私がワークショップをするにあたって、いつも意識していることは、
「腑に落とす」ということ。

たとえば、「悩みには、<自分を許す>ことが大切です」
なんて言われても、

<自分を許す>って、言葉として、頭でわかっているのと、 
「あー、そういうことなのか!」って体でわかっているのとでは、

全然違うと思うんですよ。 

「100個知ってる」より、「1個できる」の方が、
人生を変えると思うんだけどなぁ。

このワークショップは、そんな「腑に落とす」ための「体験」がメインです。 
このブログだけでは説明できないことを 「体験」を通じて学んでいきます。 



それでは以下、ワークショップの詳細です。

 

 

 

「悩みとうまく付き合う方法」ワークショップ in 東京

 
■ 日時 2018年11月3日(土) 12時30分~17時30分
   (進行状況により、終了時間が若干前後することがございます)
 
■ 場所 渋谷駅周辺 (詳細はご参加いただく方にのみご連絡いたします)
 
■ 懇親会 
 
ワークショップ終了後にご希望の方のみ、
渋谷駅周辺の居酒屋で懇親会を予定しています。(予算4000円程度)
(「飲み放題」でお店を予約しますので、出欠は正確にお願いいたします)
 
お申込み、料金その他の詳細はコチラからどうぞ

受付終了いたしました

 

 


最近の「ワークショップ参加者の声」はコチラからどうぞ



最後に杉田からメッセージ



昔の私は、「あいつは死んでしまうのではないか」
とまわりから心配されるほど、元気のない生活をおくっていました。 

当時の36歳の私は、仕事が見つからず、
仕方なく印刷工場でアルバイトしていました。 

ドンくさい私は、そこでも役に立てず、他の金髪の20歳代前半のバイトから
「バカ!」とか、「帰れ!」とか言われていました。

でも何も言うこともできず、ションボリと働いていました。 

そんな私がこの数年の間に、ラジオに出演したり、
出版ができるようになったのは、

私の能力が高かったからとか、すごく努力したからとかではありません。 

私の学んできた、心理セラピー理論・手法が優れているからです。 
どうにも動かなかった私を動かしてくれました。

このワークショップでは、20年生きづらかった私が、
立ち直っていく過程で何を学び、今、悩みとどう付き合っているかを、

心理セラピーの理論・手法をベースにして、お話させていただきます。

私の普段やっている、心理セラピーの技法をペアを組んでやったりもします。
(レジュメを差し上げますので、帰ってから自分用のセラピーに使えます)

もしあなたがこの記事にピンとき方なら、
ワークショップであたたかく、やさしい時間をご一緒に過ごしましょう! 

ワークショップ参加ご希望の方は、下記のページからお申し込みください。

受付終了いたしました
「悩みとうまく付き合う方法 」お申込みページ



それでは今回はココまでにします。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
また次回お会いしましょう。

 

ちょっと前に進みたくなったら、以下のリンクからどうぞ
 
 


「悩んでいない人の悩み相談 メンタルトラベル」サービス一覧


杉田隆史公式ホームページ


杉田隆史著書 「正しく悩む技術」

杉田隆史オススメの本

杉田隆史ツイッター
プリーズ・フォロー・ミー!

杉田隆史フェイスブック
ブログの読者さんのお友達申請ウエルカムです。
「正ネガ読者です」とメッセージを添えてくださいね。

 

Cafe LOSER ホームページ