たかしのブログ

たかしのブログ

ティーチングプロゴルファーたかしのお気楽でゆるーいブログです。

NEW !
テーマ:

 

だいぶ涼しく過ごしやすくなってきました。

ゴルフもこれからがシーズン本番!

ラウンドも、この季節は気持ちいいですよね(o^-')b

ベストスコア目指して“ゴルフの秋”を満喫したいですね。

 

 

最近のレッスンでなんですが、

生徒さんから「練習してると指が痛いんですけど。。」と言われました。

 

私もゴルフを本格的に始めたころ、左手中指が“バネ指”になってしまい、治療で痛い思いをしました。

 

身体の使い方だったり、力の入れすぎ、リズム、練習過多・・・

原因はいろいろありますが、

 

まずは身体とクラブを繋ぐグリップ。

ここのチェックが一番大事だと思います。

その生徒さんにも、もう一度グリップの確認をしてもらいました。

 

 

今回はこのグリップのおさらいをしたいと思います。

 

 

グリップの形は!

 

 

手のひらの方で握り過ぎないようにします。

 

上からグリップを見て、左手の人差し指と中指の関節(ナックル)が見える向きで握ります。(赤●)

 

右手の親指と人差し指の付け根でできるY字形(矢印)は、首筋の右側を指すようにします。

 

左右の手をしっかりと合体(密着)させ、両手が一体となり握るバランスをうまく保ってスイングします。

 

 

グリップの位置は!!

 

 

グリップの位置は大体、左目の下におろした位置になります。

(アドレスの中心軸よりやや左側)

 

クラブ、スタンス幅、ボールの位置が変わっても、

グリップの位置は同じで、この位置になります。

 

 

グリップと身体との間隔は!!!

 

 

前傾の姿勢から両腕をだらんと下に垂らしたところからグリップを握ります。

 

グリップの位置と身体の間隔は、こぶしが楽に入るくらいが目安となります。

(写真の左は近すぎ、右は離れ過ぎとなります。)

 

 

 

グリップは身体、腕の動きや力をクラブヘッドに伝える、重要な役割を担っている部分です。

振っているうちに、どうしても握りやすい形、楽な位置になってしまいがちです。

 

グリップを基本に戻すだけで、

ボールのつかまりが良くなったり、球筋が暴れなくなったり、

スイングも安定してきます。

 

グリップの形や位置もちょくちょく確認しながら練習してみてください。

 

グリップ直しただけで、ベストスコア出ちゃうかも・・・ヾ(@^▽^@)ノ

 

 

今日も1日、お疲れ様でした。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス