南浦高志 DAYS

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

冬シーズン








久しぶりのブログ更新です。
今年は雪不足やコロナウィルスで大変なシーズンでしたが、無事に冬シーズンを終える事ができました。

当たり前に普通にあった事が普通でなくなると、これまで与えられていた事の有り難みを感じます。大きな地球の流れなのか、それとも人類が地球に与えてきた自然へのインパクトの反動なのか、大きく気候も変化していて、その流れを止める為の地球の免疫的なコロナウィルスなのか、改めて自然に謙虚に生きてい行く事の大切を感じています。
そんな中でのスノーシーズン。いろんな方々とセッションしていただいたり、撮影したり新しいラインを開拓したり撮影した写真がカタログに使っていただいたりとても良い流れに導いていただいて良いシーズンがおくれました。

またこれからも自然が自然のままであり続け皆が幸せに暮らせますように。

ありがとうございます。

雑誌ホワイトマウンテン



アウトドア雑誌 ホワイトマウンテンに昨シーズンに撮影した五竜菱を滑った時の様子が6ページの記事になりました。

思い入れのある場所での撮影、数年ごしのタイミングでの成功でした。

今回は文章も書かせていただきましたので是非、読んでいただければ嬉しいです。

エイ出版 朝比奈さん

一緒に体験してくれた仲間ライダー橋本貴興
フィルマーRANRAN
スチール伊藤剛

優しく受け入れてくれた大自然

流れ導きに感謝します。

ありがとうございます。

稲村ヶ岳







奈良大峰山の稲村ヶ岳に登りました。

先日、芸術家の前田先生の絵の舞台になった山と聞きその場に行って自分の感覚で感じてみたいと思い登りました。隣の山上ヶ岳は女人禁制ですが女性も登れるようにしたのが稲村ヶ岳と聞きました。

晴天の中 歩きやすい道を進んで行くと、見覚えのある絵と同じ場所にたどり着きました。20年位前の絵だと思いますが今も変わらず同じ景色がそこにありました。時空を越えた想像が頭の中を巡ります。

そして山頂からは素晴らしい景色が私達を楽しませてくれました。前に登った山々が顔を見せてくれ少しずつ私達のマップが広がっていくのが楽しかったです。
そして下山の時に前田先生が私達に会わせたいと紹介していただいた芸術家の赤井正人さんが登ってきていて偶然のタイミングでまたお会いできました。赤井さんファミリーは稲村ヶ岳の山小屋を営んでおられ、麓には翠嶺館という素敵なお宿を営んておられます。是非 吉野の洞川に行かれる事があれば是非ご利用していただければと思います

今回も素晴らしい山のなか貴重な体験をさせていただけました。

流れ導きに感謝します。

ありがとうございます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>