集中する話 | 堀江貴文オフィシャルブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」
2009-01-16 12:47:36

集中する話

テーマ:頭の体操
受験の話でもコメントにありましたが、14時間集中なんて出来っこない、とか。そんなの。
それは普通にできるものなのか、できないものなのか、検証というか頭の体操をしてみましょう。

私、現在と会社を立ち上げて間もない頃、集中に関して邪魔が入るケースが非常に多い(多かった)です。それは何かというと、郵便物や宅急便。たとえば、こうしてブログを書いているときに宅急便のピンポンがなると、「イラ」っとします。が、無視も出来ないし再配達とかになるとさらにうざいので(特に郵便局の特別送達とか内容証明とか最悪)、さっさと受け取るわけですが、こういうのがない環境にいるというのは集中するには最低限必要なわけです。

基本的にうちでは一人なので、郵便物系以外で邪魔をされることは殆どないのですが、皆さんはどうなんでしょうか?郵便物とかで一々イラっとしたりしないんだろうか?そんなんで集中できるんだろうか?

もう一つは、会社がそれなりに大きくなったときの話。社長は色々な仕事を頼まれたり、仕事の事で質問されたりします。社員は別に悪気はないのでしょうが、私がメールを書いていたり、プログラミングをしている時にもお構いなしに質問をしてきます。集中を乱されるので非常に嫌で、機嫌が悪いと怒っていたりしたんですが、結局メールに質問を集約してもらうようにしていたわけです。何かのメディアで、隣に座っている秘書との会話もあまりせずメールで、みたいな話が出たのもこのせいです。

別に会話が嫌なわけでもないんですが、集中している時に、別の事で時間を取られるのが非常に嫌なんですよね。だから、書いているメールやプログラムがひと段落するまで、会議の時間をずらしてもらったり、そのせいで遅刻したりということも良くありました。まあ、先方からしたら迷惑な話で非常に申し訳ないんですが、集中するってことはそういうことではないかと。

話は、変わりますが、National GeographicのDNAゲノム解析診断に参加しました。私の先祖がアフリカからどのようにして来たのか、の道程を探るという解析なんですが、$99.95でキットを購入します。キットが送られてきたら、Y染色体での父系調査かミトコンドリアDNA解析による母系調査かを選択します(女性は母系のみ)んで、口腔内の粘膜細胞を専用の棒でえぐりとって試験管のようなものに入れて送り返します。

そうすると専用ウェブサイトで先祖がどういう道筋で、アフリカからやってきたのかがわかります。私は父系の解析をやってもらいました。まあ、結果はいたって普通でアフリカからアラビア半島、そしてアジアの沿岸部、いわゆる海の道を通り東南アジア、沖縄方面から日本に入り縄文時代に定住するという結果となりました。大体日本人の50%はそんな感じらしい。

なんか母系の解析もしてみたくなったなあ。。まあ、結果はあんまり変わらないんだろうが。こういう遊び心のあるサービス好きだなあ。

アダムの旅―Y染色体がたどった大いなる旅路
スペンサー ウェルズ
バジリコ
売り上げランキング: 228204


Yの真実-危うい男たちの進化論
スティーヴ ジョーンズ 岸本 紀子 福岡 伸一
化学同人
売り上げランキング: 132794


takapon(巷ではホリエモンと呼ばれています)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース