この前の日曜日は今年2回目のヒラマサチャレンジに宗像沖ノ島に行って来ました。


今回は単独じゃなく強い味方3名の4人で瀬上がりの予定。


早めに港に行って車で爆睡。



朝2時ぐらいに起きて準備して荷物を積み込み3時20分ぐらいに出船しました。




1時間20分ぐらいで沖ノ島に到着。


すでに恵比寿丸がつけていて上がる瀬があまりない。


しかも北東からのウネリが残っていてまあまあ危険な感じ。


シケシラズに2組。ワレヨコに1組。


次に私達がヒデサキに上がる予定。しかし、ウネリ瀬付けが難しい状況。何とかタイミングを見ながら常連様のお陰で上がる事ができました。


右も左も大サラシ。


とりあえず荷物を高い場所まで上げて様子を見るが大きなウネリがドッカンドッカン来るのでめちゃくちゃ怖い。




とりあえずクエ仕掛けを作り安全な場所で投げてみるがウネリで真っ白の中に投げても釣れる気がしない。

そのまま明るくなってきたのでクエは諦めてグレ狙いします。



潮は9時半が満潮なんで本命の下げ潮が動き出すのが昼間ぐらいと思い、それまでにグレとイサキのお土産を釣ろうという作戦。




中バナにホームグランドに御門のタカリには恵比寿丸がお客さんをたくさん上げていました。







風はそこまで強くないですがたまに大きなウネリが来るので高い場所から海を見ながら釣り開始。


潮は右前から当てて左に流れています。


開始1投目にイサキ。30オーバーなんでお土産に持って帰ります。


しばらくすると口太グレ。


40から45ぐらいが6枚釣れてくれました。


11時までフカセで遊んで潮が下げになり右沖に流れてだしたんでカゴ釣りに。


ヒラマサ天剛IIのHに道糸は10号でハリス6号。


これが大失敗。


1発掛けるも止めきれず糸を出したら100m以上走られて瀬に巻かれラインブレイク。


しばらくすると一緒に上がっていた友安くんにヒット。







一気に巻き上げて取り込んだのは良型のヒラマサでした。

これなら7.4キロ。


さらに山田さんが






ヤズを釣り上げました。


チャンス到来かと思って

でハリスを12号にしてみるが雰囲気は良いが当たりがない。


たぶん居るのは居るがハリスを見切られていると思う。



13時を過ぎてそろそろタイムリミットが迫ってきたので痺れを切らして仕掛けをチェンジ。


竿はヒラマサ天剛IIのフカセにしてリールはレマーレ8000番にマスラードII5号にブラックストリーム5号。

ウキはデージ。 スルルーの仕掛けで沖に大遠投。

マキエは足元にボイルを絞って巻いたら流れに乗って沖の潮目に流れていきます。


14時過ぎにバチバチとアタリ。


掛けた瞬間一気に右の中バナの沖に向かって走られます。


ドラッグはいっぱい締めてましたが引き摺り出されます。


この時点で取れないかもと弱気になってしまいました。


30mぐらい出たとこで止まってゴンゴンと首を振りながら寄ってきます。少しずつ間合いを詰めながら寄せてくると今度は左に回り込もうと左に走ります。これを行かせたら確実にラインが瀬に当たると思ったので強引に止めると魚は右に向きを変えて右に走ってくれました。

姿が見えるまで気が抜けないので必死にリールを巻いて浮かせにかかりますが足元の深い場所でなかなか浮きません。 ラインが瀬に当たらないように魚が走らないようにテンションを掛けながら浮かせるとまあまあの型でした。ウネリもあり何度も何度も突っ込むので苦労しましたが赤座さんにギャフを打ってもらい無事に獲る事ができました。赤座さんありがとうございます。




ラストのチャンスでとれたので一安心の1匹でした。


5号ハリスでは今までで1番大きいサイズです。


場所と運が味方してくれました。







7.5キロの良型でした。


この魚を最後に納竿しました。


最後に




世界遺産の沖ノ島をバックに友安さんと記念撮影。


よい思い出になりました。


魚は確実に居ると思いますが太いハリスは見切られるみたいでなかなか食わせるのが難しいです。潮とタイミングが合えば食ってくるみたいですが、なかなか辛抱できません。今回はたまたま運良くとれたのですがやっぱり10号以上掛けとかないと獲れないと思います。


赤座さん友安さん山田さんありがとうございました。お世話になりました。


また機会があれば是非行きましょう!


今回の魚は






刺身とお寿司にしてもらいみんなで食べました。


そろそろ寒グレの最盛期ですね。


シケてなかなか海に行かれませんが早く海に行ってリフレッシュしたいですねー。