昨日は世界遺産の島である宗像沖ノ島に行って来ました。


毎年この時期に通っている場所です。


ヒラマサを始め真鯛に尾長に口太にイサキがよく釣れる場所です。




アクアシャインで2時から積み込みして3時に出港。

前日までの予報では1mになるという事でしたが北からのウネリと南西の風で荒れていました。




上がったのは避難港の入り口のテトラです。

ここはケーソンとの水道になっていて流れもあり以前口太をクーラー満タンに釣った場所です。

ただ足場があまり良くないので気をつけないと道具を落としてしまえば取れないのが難点です。😵

磯に上がって湯を沸かしコーヒータイム

寒い時はいいですね。







朝日が水平線から上がってきます。

いつも思いますがこの瞬間が1番ワクワクする時ですね。😊




ケーソンもたくさんの人が上がっています。

大型のヒラマサが釣れてるみたいです。

私はフカセでクロ狙いです。

エサは


ヒラマサや真鯛もいるのでボイルも用意しました。



沖を流していたら竿引きのアタリ。

デカイイサキでした。🐟

良く肥えてました。

1人だったので写真がありませんが。マキエを撒くと手のひらから足の裏サイズがバチャバチャ😵

良型を釣るのに一苦労です。

遠投してマキエとズラしながらエサを落としてようやく40オーバーが釣れました。

イサキもポツポツ釣れました。


とりあえずクーラー満タンです😊

本当は40オーバーだけで満タンの予定でしたがまだ少し時期が早いみたいです。

来月中旬ぐらいからが良いかと思います。

まだまだお腹は小さいです。



ケーソンの西のテトラでは50オーバーも釣れてました。

今からが楽しみですね。

またチャレンジしたいと思います。🎣