こんにちは。デトックスの方法を色々模索している吉田です。

タイトルにもありますが、よく、寛大な処置を取った人に『器が大きい』などの賞賛が与えられることがあります。
鷹揚な心がある、大人な対応・・・といわれますが、危険も孕んでいます。

ほとんどの人間はただの凡人なので、人の振りを見て自分の事のように捉えることはできません。
それができるのは一部の賢者だけです。

一般的な人間は自分の身体で体験(経験)してやっと重要性に気づくのです。

大概の人は、昔、親に『○○のようなことをやっていると○○になるわよ』みたいなことをよく言われたことがあるはずです。
しかし、子供ということもあり、『親の言う事なんか聞いてられるか』といったスタンスで好き勝手にしますが、
大概、親の言った通りの結末になることが多いです。

これは結局、人の助言やアドバイスを受け入れる難しさを物語っています。

このことからも真に気づきを得るには自分の身体で経験することが一番手っ取り早いということになります。

そんな中、例えば従業員が社会モラル的な部分で何かやらかしたとします。

そこで俗に言う寛大な処置(注意程度)で終わってしまうと、
事の重大性に気づけぬまま真の意味で反省することもない可能性が高まります。
むしろ、重い罰を受けたわけでもないので『何が悪いのか?』と悪びれることもなく日々を過ごすことになりかねません。

これは本人とっても社会にとっても百害あって一利なしです。

寛大な処置をとるということは、相手が重い罰を受けたぐらいの意味を感じて猛省するという前提のもとに成り立っています。

しかし、昨今はインターネットの弊害の部分もあるのか、親や学校の教育もうまくいかず
身体だけ大人になったケースが増えて教養やモノの分別が身に付いていない人が増えています。

要は社会や会社が代わりに今まで以上に教育を施さないといけない時代に突入したのです。

このような状況での寛大な処置は勘違いを助長するだけになる可能性が高まってきたのです。

最近は例えば、バイトのTwitterの風評被害対策として企業も法的手段に出るようになりました。
要は注意するだけでは本人の身体に刻まれないと判断しているのです。

自分の身体を以てして自分の言動や行動の責任を取らせるわけです。
(そこでやっと気づく)

企業は本当に大変な責任を負って運営することになるのですが、上司も仕事の作業だけでなく、
人づくりという重大な役目もあることを理解して業務に取り組む必要があるのでしょう。


PS、イギリスはやはりプログレの聖地でもあって芸術家と呼べるアーティストが多く輩出されます。
  その中でporcupine tree(ポーキュパイントゥリー)を是非とも一聴してほしいです。
  ピンクフロイドの再来などとも言われ、天才スティーブンウィルソンのプロジェクトとして始まりましたが、
  キングクリムゾンでも関わるドラムのギャヴィンハリソンも加わってバンドとしての魅力が出てきました。
  元々はアンビエント(空間音楽)系でしたが、徐々にプログレッシブなアプローチやヘヴィなギターリフも加わってきました。
  (とは言えドリームシアター的なテクニカル全面押しのような楽曲ではない)
  今は、各メンバーもソロ活動等で忙しくなり、活動休止のような状態ですが、名盤『Dead Wing』はまさにメランコリーな
  楽曲が目白押しです。メランコリーなだけに秋に聞いたら抜け出せなくなるでしょう。
  『Shallow』のサビのバッキングのギターリフのクールさに始まり、
  名バラード『Lazarus』(風景がセピアに染まります)、12分という長尺をまったく感じさせない『Arriving Somewhere But Not Here』
      世界観を作る為の変拍子とは?に答える『The Start of something Beautiful』と、天才の妙技を味わうには十分な楽曲の数々です。

  下記に『Lazarus』のyoutubeのURLを貼っておきます。
 
  https://youtu.be/mENmbZ5Ikto

こんにちは。NETFLIXでウィッチャーが始まったので、楽しみにしている吉田です。

タイトルにもありますが、よく、成功した人が『私がの睡眠時は平均3時間程度』と答える人や
『私の睡眠時間は8時間』などと、同じような規模で成功しているのに生活習慣が異なっていたりすることを耳にすることがあるはずです。

そう・・・実は成功パターンは正直人それぞれ持っています。
重要なのは自分の哲学、価値観をどこまで高いレベルで貫き通せるか・・・ということです。
これがとことんまで突き抜ければ成功の領域に入っていくわけです。

しかし、逆に失敗のパターンは意外に同じような案件を耳にすることはありませんか?

数字で嘘をついた・・・本業以外で変なお金の使い方をした・・・最高責任者がケツを拭かない・・・
等々・・・よくどこかで耳にするような案件で会社がおかしくなる話を聞いたことがあるはずです。

これ、実は非常に重要で『勝ちに行くと負ける可能性が出てくるが、負けなければ実は勝っている・・・』
この本質に繋がるのです。

失敗と本質からズレていることは似て非なるモノです。

失敗は非常に重要な体験です。しかし、本質からズレている行動は身を滅ぼします。

これを真の意味で理解していない人間の何と多いことか・・・

おバカな行動で無駄な時間を浪費するようなことだけは避けましょう。

その上で挑戦を心がけて成長を促していけば結果が伴っていきます。


PS、先日、カナダの3ピースプログレッシブバンド・・・ラッシュのドラマーである、ニールパートが死去しました。
  脳腫瘍系の病気と闘っていたのですが、享年67歳でした。
  私が非常に好きなドラマーの一人で、恐ろしいほどのテクニックだけでなく、壮大な世界観からの歌詞を紡いだりと
  非常に才能豊かなアーティストです。
  このニールがラッシュに参加したのは2枚目のアルバムからですが、これによってラッシュが飛躍したと言っても過言ではありません。
  名曲インスト『XYZ』に続き、『Tom Sawyer』『Lime light』壮大な組曲『2112』
  といった後世に残る作品を生みだしてくれました。
  嫌味がない変拍子を叩かせたらトップクラスでしょう。
  当分は名盤『Moving Pictures』『Permanent Waves』を聴きまくります。

こんにちは。隣の芝生は青く見える・・・だけ・・・なのにと思う吉田です。

タイトルにもありますが、先日、東海(名古屋)の忘年会を開催してきました。
 


これでようやく、当社の忘年会は終了となります。

トピックスとしてはやはりK副店長の年末表彰3冠達成でしょう。

今まで2冠(岸M)はありましたが、3冠は初となる快挙です。

Nさんもようやく自覚?が芽生えてきたのかな?という感じです。

兎にも角にも濃いメンバーの東海なので、これをより一層実績に繋げていきましょう。

PS、さすがに来年の忘年会は会場を変えましょうか・・・

こんにちは。年末になるとヘパリーゼの偉大さに敬意を表さないといけないと感じる吉田です。

 

先日、弊社の関東忘年会を行いました。

 

以前に型落ちの海賊船のようなもので忘年会を行ったのですが、今回はワンランク上のクルーズ的な船を用意しての忘年会を試みました。

いやー、ある程度の人数になってくると何かしらの問題が起こるのでしょう・・・
常務のパリピ―ぶり?が披露されたのか、『大学生の新歓コンパじゃないのだから』的な展開がありました。

上司には監督責任があります。部下が深く考えずに行動したとしても想像力を働かせて先回りをしなければいけません。

常務自身も非常に勉強になったでしょうし、周囲も反面教師的な気づきを得たでしょう。

そういえば、CM2人が表彰を受けていましたが、リーダー的な動きが伴ってきた証拠だと思います。

来年春には大型な動きがあるので、是非とも組織として一丸となって成功させましょう。

PS・・・12/15でメロデス界隈を牽引してきたチルドレンオブボドムが事実上の解散となったのですが、理由としては色々あるでしょうし、
    真実は結局本人たちにしかわかりません。何十年連れ添っても袂を分かつ時は分かれます。
    しかし、また新たな出会いがあることも真実です。
    変化が起きない人生など存在しません。
    重要なのは変化が起きても『生きていかなければいけない』ことには変わりありません。
    その為に変化に対してどのように付き合っていくか(順応)が重要なのです。
    グズッていても何も変わりません。さすが、アレキシライホです・・・新たなメンバーを用意して動き出す準備を整えています。

こんにちは。年齢のせいもあるでしょうが、歳を重ねるたびに年末の実感が薄れていく吉田です。

タイトルにもありますが、先日、関西に引き続き北関東の忘年会を行ってきました。

 

 

 



新人のAさんとも色々話せたし、Wさんの謙虚すぎる姿勢に少々戸惑ってしまいましたが、
やはりクセ(Yさんは相変わらず)のあるメンバーだらけだということが実感できました。

各表彰もあと少しというスタッフがいたので、来年こそはブッチギリで賞を獲得できることを期待しています。

兎にも角にも3人の店長陣がしっかり切り盛りしてくれているので、来年もより一層の活躍をしてくれるはずです。

PS、宿泊先のホテルが喫煙で予約されていたのはショックで鬱になりそうでした。H室長の罠かと勘ぐったほどです。
  このブログを使ってもう一度言いますが、私は煙草が大っ嫌いです。

こんにちは。ubereatsの商品価格が実店舗より盛り気味で、配達料も知らないうちにちょくちょく値上げしているのが気になる吉田です。

タイトルにもありますが、先日、関西エリアで弊社の忘年会を開催しました。

いやー、さすが関西、想像を超えるオチを用意されて非常に楽しませてもらいました。
(Sさん、Iさん幹事ありがとうございました)

世の中、大概計画通りにいきません。(色んな要因で邪魔されたりするものです)
そこで、嘆くだけで終わるのか、次なる一手を打つ為にすぐに頭を切り替えて行動するのか・・・これが結果に対する分かれ目です。
そういう意味では良い経験だったはずです。

年末表彰も盛り上がり、有望株が多くいることにも安心しました。

それにしても、K店長の安定感は超高校級です。来年は次の役職ステージにも挑戦してくれることを期待しています。
Sさんの怒涛の快進撃もお見事でした。

来年も今年に負けないくらいの若手の活躍を期待しています。

PS、そういえば、難波で芸人のアキナの山名さんを見かけました。
   あの身体から怒涛のボケが生まれてくるのかと思うとまさに驚愕です。

こんにちは。寒くなってきた時の朝風呂に幸せを感じている吉田です。

タイトルにもありますが、先日、関東の2020年の新卒内定会を含んだ食事会を行ってきました。

2020年新卒組のSさん、Vさんと共に叙々苑での食事会でしたが、非常に2人とも明るく、
同席した現場の上司とも打ち解けていました。

Sエリアマネージャーは仕事内容も伝えたりしていましたが、Kキャリアマネージャーは常に斜め上過ぎる回答で
良い意味で緊張感が走っていましたが・・・。

他にもVさんと常務は大学のOB繋がりということもあり、『大学あるある』で盛り上がっていました。

関西の新卒の方も直属の上司に惚れて(プロとして)入社を決意したという話も聞いているので
来年の新卒組は非常に楽しみです。

既存のスタッフも先輩としてのスキル、振る舞いを身につけて、しっかり新卒スタッフを牽引できるようにしてほしいです。

PS、常務の食いしん坊ぶりは健在でした。

こんにちは。Drスランプアラレちゃんの134,135話で人の活用の仕方をしみじみ味わった吉田です。

さて、タイトルにもありますが、

これが中々できそうでできない・・・のではないかと感じています。

私からすればこれほど無駄にエネルギーを使わずに能力を高められる方法はないと思っていますが。

結果には原因(要因)がある。
ということは、結果に繋がるプロセスを経ているから必然的に結果が出て当然・・・ということです。

芸術の世界ではよくパクリが横行していますが、ビジネスではパクってもなんの問題もありません。

なので、結果が出ている人を研究してまずはとことんその通りに行動してみる。
その後、また自分なりの手法が思いつけば試していってブラッシュアップすればよいだけです。

実は守破離と一緒です。

結果が出ていない人ほど独学で悶々と悩むだけ・・・という生産性のかけらもない行動を取っています。

ビジネスは芸術ではないので、自分のやり方を通すことが目的ではありません。
結果を得るための手段を身につけることが目的です。

常に周囲の人の結果に着目して、『何故あの人はあんなに結果を出しているのだろう?』という疑問を常に抱くべきです。

PS、今年の年末表彰の題目も考えないと。MVPは誰になるのか?(K店長の2連覇なるのか)

PPS、ビックリマンチョコの派生版のガンダムマンが100円もするとは驚愕以外の何物でもありません。
   (ビックリマンチョコも昔は30円だということを知っている人はいるだろうか)

 

こんにちは。最近はプラスチック廃棄問題が取りざたされていますが、プラモデル好きとしては複雑な心境になる吉田です。

タイトルにもありますが、先日、関東の新人スタッフへのスキル研修を行いました。
K本部長に講師役を依頼しましたが、参加者の6名とも色々気づきを得たのではないでしょうか。

 

その後も懇親会が催されたようですが、直属の上司とも接することができて
緊張感も多少ほぐれたかと思います。
(K本部長の向かいには・・・大丈夫なのか?)



今後も研修に参加したスタッフ同士で連絡を取り合ったりして、お互い刺激を与えあって早く即戦力になることを期待しています。

PS、関西もそうですが関東も個性的なスタッフが増えたので、忘年会でのセッションが非常に楽しみです。

こんにちは。当社の常務が変なお酒にハマりだして心配している吉田です。

タイトルにもありますが、よく『○○さんていい人だよね』といった言葉を聞くことがあるでしょうが、
この言葉を要は何も個性、魅力がないから体のいい言葉で濁しているだけです。

仕事でも、プライベートでも『○○さんは決断が早いよね』
『計画性が高いよね』『寛容だよね』『部下を守ってくれるよね』『気配りが上手だよね』
といった具体性を持つ表現をされるような人間にならなければ結果は伴わないです。

その具体性がその人の価値となってプライベートでも仕事でも自分をバックアップしてくれる要因になるのです。



では恒例のブレイクタイムですが、
最近、大根を使った料理のレパートリーを増やそうとしているのですが、
大根は最強の根菜ですね。
だし汁を染み込ませたら敵う食材はありません。
今のところ、鰤大根、おでんは作っているので、他に大根を使ったおすすめ料理があれば教えてほしいです。

PS、何故か包丁で切る時は厚さが均一にならずバラバラになるので、コツがあるのでしょうか?