高野 愛のブログ

高野 愛のブログ

高野愛 official blog


ここ最近なにをしていたかといいますと

昨年公演した

「異ノ邦ノ人へ」を

新たに稽古して
撮影をしていました。

舞台のままの臨場感で
撮影ならでわの良さも取り入れつつ
舞台なのに映画の様に
カタチにできたらいいなあと思っています。


短い時間でのハードな撮影を終えて
ほんの一息。
つきたいところなのですが
今週末は
渡辺が講師をつとめる
北とぴあ演劇祭の中の
「北区演技塾」の発表公演もありますし
サポートとして毎年お邪魔している高野は
今日もこれから
北とぴあで仕込みからの稽古であります。


文化庁さんからの
いろいろな助成を支えに
いまできることを
9PROJECTとして
できうることを
いま全力でしようと
そんな日々です。



そしてもう一つ。

その合間に、
私ね、北区のアーティストバンクに登録を
させていただいていて
そちらの方でも動画を制作しています。

まもなく提出して
そしたらみなさんにもみていただけます。



渡辺さんの北区AKTSTAGE児童教室時代の教え子ちゃんで、私のことも応援してくれているんだと出会った1人の女の子。

初めてしゃべった時から
「なんてキラキラとした笑顔なんだろう」
と、すごく強く思っていて
彼女のことを知るたびにものすごく惹かれて
どんどん一緒に何かをつくりたくなって
今回、彼女の力を借りて
一つの短い物語を撮影しました。


ここ数年での彼女の変化を目の当たりにして
眩しくてかわいくて羨ましくて弱くて強くて。
悲しいわけじゃないのに、涙が出そうになる。

彼女の笑顔がキラキラとしているのは
その裏にいろんな苦しみやもがきがあって
それもひっくるめて
愛をたくさん抱えて
笑いかけてくれているからなのだと
だからこんなにも
虹色に輝くのだと

そんな瞬間を切り取りたい。

その一心でつくりました。


ものすごく素敵な映像になっているはずです
(全力編集中)


時間のない中、私の無茶振りに
全力で応えてくれた彼女に
心からのありがとうを。

ゆいちゃん、ありがとう。



撮影前のリハーサルで
台詞を交わしたときに
号泣したのは私です。

つきささりました。
こんな瞬間があるから
芝居は面白い。

もうわたしには出せないのかもしれないけど
でもわたしは
あの日のゆいちゃんみたいな
まっすぐな言葉を
投げかけ続けたい。







つぶやいたりしてたので

同じことの繰り返しのようになりますが


今週は唯一
友人と過ごす時間が
重なって

もちろん感染の不安は常に持ちながらも
気をつけて
対策して
あってきました。



小川の麻琴。
とても久しぶりで
もうたまりにたまった話を
するのに一晩かかりました。
それでも足りず。
麻琴とはもう10年の付き合いですが
私にとってはずっとかわいい妹のような
大切な存在です。
彼女が頑張る姿をいつも励みにしているし
決めたら突き進む
そんなところを尊敬しています。

麻琴に会うと、元気もらう。
ありがとーう



翌日は
これまた10年来の友人たちが
お誕生日祝いをかねた
ご飯会をしてくれました

久しぶりすぎる
サムギョプサル!!


こういう外食自体とても久しぶりで
しみた…
美味しかった…
みんなで今の状況の意見を交換したり
そんなことで安心したり
がんばろうと思えることもたくさん

ああ、元気出た一日でした。


そしてさらに数日前には
江ノ島の水族館にいってまいりまして。



大変なことがあった一学期を振り返って
夏には楽しいことしたいねーと
話していた高校生のお友達と
その家族をお誘いして
えのすいへ



ハワイアンなカフェで(江ノ島だけど)
パンケーキ食べたり
魚を見ながら
いろいろしゃべったり
くだらないことで笑ったり

幸せでした。


この1週間に予定が集中していたけど
今後の活動のことを考えても
ベストなタイミングだったし
とても幸せな1週間だったな!

パワー貯めたので
これからの怒涛の日々に備えます!
(はじまるのですよ…いろいろ)


みなさんも
いろんな心配、不安の中
毎日ほんとうにお疲れ様です。

気をつけていても
もうどこで感染するかわからない
世界。生活。社会。


きちんと対策をして
心を強く生活できるように
わたしもがんばります!







8月5日に

38歳の誕生日を迎えました。

たくさんの
お祝いのメッセージをいただいて
幸せな1日。

いつも応援してくれるみなさん
気にかけてくれているみなさん
ありがとうございます。

高校卒業したての18歳の小娘が
演劇の世界に足を突っ込んで

駆け抜けて早19年。
来年には20周年な訳ですが

あっという間です。



がむしゃらに
やってきたこの19年

ともに歩む仲間を得て

9PROとしても
わたし個人としても

ようやく肩の力をぬいて
歩けるようになってきた
感じがします


まだまだ
未熟な人間ですが

演じることに関しては
妥協なしで
これからもやっていきたいと思います

でもまあ
力が抜けてるくらいが
いいんだと
仲間に言ってもらったので

それを信じて。



本当につい最近の写真(最初に載せたやつ)と

こっちは劇団入団して1年目、2年目くらいの高野。


どっちも同じわたしだけど
それでも
今の自分の方が好き

明日も今日の自分より
前に進めているように

年を重ねることが
いいことなんだと
思えるようになって

今後はどんな
毎日になるのだろうと

楽しみが増えています


苦しいことの多い
毎日の中で
そう思うことができるのも
いつも支えてくれる
寄り添ってくれる人たちの
おかげです。

応援してくれている
みなさん
仲間
先輩がた
後輩
家族
友人

つかさん


ありがとう


これからもよろしくお願いします!


2020年の8月になりました。

あれ、いつの間に夏なんだ。

2月から止まってしまっているような毎日のなかで

ふと季節を感じることができた今日は
いい一日だったのだと思います。




昨日は本州の空を国際宇宙ステーション(ISS)が通過するところが見られるということで(今夜も見えたらしい)
空を見上げました。

満月手前の月がものすごく綺麗で明るいのに
星もたくさん見えて
ISSもしっかり見ることができました。

宇宙にあるISS
あの中に人が働いてるんだなあとか
思ったら
なんか純粋に感動してしまって
宇宙を目指している人たちの
でっかい想いってすげー!と
こどものように。

今夜は満月。
綺麗に光ってますよ。


ぜひ見上げてみてください。


明日は
この先の活動に向けた
撮影をちらっと。

少しずつ
じょじょに
動いてます。

お楽しみに。



今日は甥っ子たちと
ベランダプールしました。

わたしは完全に監視員ですが
太陽の下にいたら
体力奪われたー!笑

太ってばかりもいられんばい

しかしなかなか
気力がおいつかない

動き出せば
きっと戻ると信じて
少しゆるーく
そんな夏の一日。

あ、もうすぐ誕生日だ


今朝

起きて一番にみたメッセージで

梅雨が明けたと思われる空も
目に入らないくらい

心配なことがあった

今すぐそのこのところへ走って
抱きしめてあげたくなるようなことが
あった



また別で
私たち9PROJECTを頼ってもらうような
大切な連絡もきていた


先の見えない
毎日の中で
いまがんばっているあのこたちに
どんなカタチで
区切りをつけてあげることができるのだろうか

その心配も
ずっとある


今朝

一人でそれに向き合っていたときは
大きな不安になって
大きな心配になって
ずーんとしていた


それでも
わたしにできることを
するしかないと

今日の教室にむかった


生徒たちに
たっくさん
笑顔をもらった

毎週しびれるくらい幸せな時間だと思う

帰りには
仲間三人で
今後の話をした

そして
今朝不安に感じていたことを

三人で話したら

前向きな方向に
変えられた

そしてそれが
実現できるなと
確信した


心配だったあのこは
ものすごく
大きな変化で
自分で解決する姿を見せてくれた


なんて
うれしい夜なんだろう





わたしのお誕生日をおもって
作ってくれた素敵なプレゼント

その子の目に映る
素敵な景色を
お裾分けしてもらって
また幸せだ

来年の7月が今から楽しみで仕方ない。
7月の写真は
大好きな子が撮った
大好きなその子の大切な妹で
その撮影をした日のことも
知ってるから
来年この写真をどんな気持ちで見るのだろうか

たのしみ