色々と大変

テーマ:
今日から次のイベントに向けて練習をし始めて、ホルンにも沢山の種類があって大きく2つの部類に分かれていてコンサートホルン・マーチングホルンに分かれています。





コンサートホルンには、一番代表的でカタツムリ🐌の形をしている「フレンチホルン」・とても希少価値のある「メロホン」・金管バンドでは欠かせない「アルトホルン」・ユーホニウムとアルトホルンの中間の音域である「テナーホルン」・世界ギネス記録として認定され世界ギネスブックに載った「イングリッシュホルン」があります😙






コンサートホルンだけでもこんなにたくさんの種類があってビックリぽんや‼️




マーチングホルンの種類はとても少なくたった一つのマーチングホルンと使用されている「マーチングホルン」という名前も普通で何も変わらない‼️‼️
ただ、トランペット🎺の形をしていてトランペット🎺よりもサイズが大きくなっているのが違う点ですね〜😗






で、やっと本題になるんですけど😅マーチングホルンで演奏するのは人生初めてで、大変そうだなと思っていたのですが運指は一緒だし、お手入れも知ってたので案外…てか超〜〜簡単でした😆






しかしマーチングなので当然ステップ・カーブするとき・ターンはするし、動きながら演奏しなくてはいけないので、基本動作を学んだらとても複雑で、コツがいるし、慣れるまでが大変そうで、マーチングリーダーは笑顔で教えときながらも結構スパルタで怖そうだし、すぐ忘れそうで正直ビビってます😱だけど、慣れたら自然に出来るようになれるので、張り切って1週間でパーフェクトにするぞ〜〜😊



ファーイトー❗️オ〜〜〜😄