Takamitechnos Blog

Takamitechnos Blog

タカミテクノス代表タカミと申します。
企画開発テスト釣行、製作日誌。

こんばんは

 

ここ最近で、オンラインショップへ完成品を2度入荷させていただき、

本数が少ないこともありますが、ほぼほぼ即完売となり感謝いたします。

毎日お昼12時に、入荷していないかチェックして頂いてる方様も多いようで、

お手数かけておりますが、もうしばらくはこの流れで生産し完成品を入荷いたします。

 

タカミテクノスは、新しい社屋に引っ越しが決定しており、

12月初旬には新しい社屋での生産業務を再開できる予定です。

 

MOZをリリースさせていただいてから7年は過ぎているかと思いますが、

沢山のユーザー様に支えられ、評価して頂き、

今に至ることが出来ております。

 

いつまでもこのような沢山ご注文を頂けるとは思ってはいませんが、

沢山のお客様をお待たせしている状況をなんとかしたいと考えまして、

もう1段階、勇気を出して生産体制の増強することを決断いたしました。

 

まだまだ国内も海外もバックオーダーが沢山ございまして、

海外は1年待ちとなってますので、生産本数アップした分は、

当面の間は海外分の生産となりますが、

国内分も今以上の供給が可能となりますので、

少し落ち着いたタイミングで、

現在ストップしている弊社直接のセミカスタムオーダーをオープンしたいと考えております。

以前のように常時オープンにできるよう目指します。

 

来年は、ラインナップにも一部変更があったりします。

現在の620LMと620LightZEROシリーズは、

現在のニーズと少しズレてきている感が出てきました。

マニアックで面白いラインナップではあるのですが、

リリースから7年を超えますと、海域に回ってくる魚種も変われば、

アングラーのアプローチの仕方にも変化が出てきます。

 

今のニーズに合わせた新しい620シリーズ(630になるかも?)の展開を予定しておりますので、

620LMと620LightZEROシリーズをお求めの方様は、

来年半ばあたりまででご購入いただけると間違いなく製作し納品可能です。

その後も廃盤ではなく、材料(ブランク)常時ストックしないだけですので、

またどこかのタイミングで、受注生産することも予定しておりますが、

納期はずいぶん掛かる事になってしまいます。

 

このニーズに合わせた転換は、進化ではなく変化ですので、

今の620LMと620LightZEROシリーズよりスペックが大幅にアップするわけではないです。

ただ、「これこれ!」となる方様が多くなるようなブランク設計に変化するだけと

御認識頂いて問題ございません。

 

別のプロジェクトで、MOZは「進化」します。

詳しくは今後お伝えさせていただく内容となりますので、

今のMOZで「もう少しこうだったら、、、」「もっとパワーと強度を!」「もっと扱いやすく感度よく!」

などなど、期待して頂いて良いと思います。

 

 

最後に、

申し訳ございませんが、

しばらくの間はメールの返信が数日遅れとなる場合がございます。

必ず返信しておりますので、返信が無い場合はフィルターにかかり受信できてないものだと思います。

お問い合わせを頂きまして、返信させて頂いても、

送れずに帰ってくることが良くあります。

お問い合わせの返信は必ずできておりますので、受信できるようにフィルターの設定をお願いいたします。

 

 

ではまた。