高松宮記念の予想2018|登録馬・出走馬・軸馬データ速報

高松宮記念の予想2018|登録馬・出走馬・軸馬データ速報

「第48回高松宮記念(GⅠ)」に関する予想やデータ分析を掲載。出走馬に関する情報や見解などお役立ち情報が満載!


テーマ:

3/25(日)に中京11R・芝1200m(定量)にて
《高松宮記念》が開催されます。

 

 




春のスプリント王者の座を賭けた
速さと強さの電撃戦。

新興勢力の台頭も珍しくないだけに
伏兵馬にも注意が必要だ。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

============
高松宮記念の出走馬
============


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 セイウンコウセイ 57.0 松田大作
1 2 リエノテソーロ 55.0 吉田隼人
2 3 ブリザード 57.0 K.ティータン
2 4 スノードラゴン 57.0 大野拓弥
3 5 ノボバカラ 57.0 武藤雅
3 6 レッドファルクス 57.0 M.デムーロ
4 7 ナックビーナス 55.0 三浦皇成
4 8 レッツゴードンキ 55.0 岩田康誠
5 9 ファインニードル 57.0 川田将雅
5 10 ダイアナヘイロー 55.0 松山弘平
6 11 ダンスディレクター 57.0 武豊
6 12 ネロ 57.0 F.ミナリク
7 13 レーヌミノル 55.0 和田竜二
7 14 ラインミーティア 57.0 西田雄一郎
7 15 ジューヌエコール 55.0 福永祐一
8 16 シャイニングレイ 57.0 北村友一
8 17 キングハート 57.0 北村宏司
8 18 ラインスピリット 57.0 森一馬


以上、出走馬18頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


レッドファルクス

スプリンターズS連覇を成し遂げ
スプリント界を引っ張る存在。

昨年の高松宮記念は敗れてしまったものの
香港スプリントからのぶっつけ本番だった
のが影響した点は否めない。

それと比較すると今年は阪急杯からの
ステップとあり、順調そのもの。

春秋スプリントG1連覇の偉業達成にむけ
リベンジを果たしたいところ。

鞍上はM.デムーロと再コンビ結成。


レッツゴードンキ

2015年の桜花賞馬も6歳。

近年はスプリント路線に活路を見いだし
昨年の同レースとスプリンターズSで2着と
着実に実績を積み重ねてきた。

香港スプリント(6着)も経験し
さらにたくましさも増している。

ここで約3年ぶりとなるG1制覇を
果たすことが出来るか注目だ。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ファインニードル

前走シルクロードSで重賞2勝目。

内枠を最大限に利したとはいえ
前半600m通過で34秒0の平均ペースを
2馬身突き放した内容は強いのひと言。

いよいよ充実期に入ってきた感さえある。

今回の課題は初めての左回りという点だが
癖のあるタイプではないので心配ないだろう。

18kg増と余裕残しだった前走から上積みも
十分で不安よりも期待の方が大きい。


セイウンコウセイ

昨年の高松宮記念では道悪の中で
直線を突き抜けG1初勝利。

その後は思うような成績を残せてないが
前走のシルクロードSで2着に好走。

ここにきて勢いがあった昨年の
走りやムードに戻ってきた。

上り調子は間違いないだけに
“連覇”の可能性は十分にある。


ダンスディレクター

昨年12月の阪神Cで2着以来の実戦。

ただ、前哨戦を使わずに
本番に直行するのは陣営が予定していた
プラン通りであり仕上がりは万全だ。

8歳馬となり、残された時間も多くない。

脚元の故障で2年連続出走が叶わなかった
同レースで悲願のG1制覇といきたい。

鞍上には武豊騎手を確保。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-1-4-2】
2番人気【1-3-0-6】
3番人気【3-1-3-3】
4番人気【2-1-0-7】
5番人気【1-1-0-8】
6番人気【0-2-0-8】
7~9番人気【0-1-0-29】
10番人気以下【0-0-3-84】


上位人気の信頼度は高く、
勝ち馬は5番人気内から出ている。

ただ、相手選びが非常に難しく
穴馬の激走が2回に1回はあるので
注意しておく必要がある。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

※中京改修後の過去6年データ。

1枠【0-0-1-11】
2枠【2-1-0-9】
3枠【2-1-0-9】
4枠【0-0-2-10】
5枠【1-0-1-10】
6枠【1-1-0-10】
7枠【0-1-1-15】
8枠【0-2-1-15】


最初のコーナーまで距離があるのと
カーブも緩いので枠による影響は少ない。

データでは2,3枠が2勝ずつを挙げており
内枠がやや優勢な傾向となっている。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-0-1-5】
先行【5-2-2-16】
差し【1-3-3-41】
追込【0-1-0-27】


脚質は先行有利なので
逃げ・先行を中心に選ぶのがベター。

また、追込みはほぼ決まらないので
迷ったら馬券から外すのが吉。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========

 

西でさえまだ寒さを感じることもある中
春のGIシリーズ開幕。


まずは4週連続G1の一番手である
高松宮記念がスタート。


同レースはスプリント王者の座を賭けた
究極のスピート勝負ではあるが、

G1ともなれば、ただ速いだけでは
勝ち切れないのは周知の事実。


過去の1200m戦でのG1の傾向を見ると、
1400mで勝ち負けできるくらいの素質が
必要となってくるのが分かる。


そして、この傾向はこれからも続くはず。


同時に、道中で複雑な駆け引きをする
時間がない短距離戦だけに、
持っている力通りの結果になる事も少なくない。


出負けや不利などのアクシデントさえなければ
比較的わかりやすいレースといえるだろう。


このような事情から、
~~~~~~~~~~
必然的に近走好調な馬を上位に据えるのが
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
馬券作戦の基本となる。
~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【レッツゴードンキ
=============

完全に短いところの上位常連となった。

中央6FのG1では連続2着中で
そろそろ1着が欲しいところ。

前走のフェブラリーSで5着した内容からも
能力の高さは変わってないと言える。

負けたとしても馬券内の可能性が高い馬だ。


対抗は【レッドファルクス
=============

スプリンターズSを連勝中のチャンピオン。

昨年のココでは人気を裏切る
カタチになってしまったが、
まったく衰えることなく戦い続けている。

前哨戦を3着でクリアしたココは
引き続き有力な存在だ。


そして【ダイアナヘイロー
=============

北九州記念まで4連勝したが
G1とG3で連続大敗という不本意な状況に。

しかし、前走1400mの阪急杯で後続の
強襲をクビ差で抑える好内容。

ココは期待をかけられる。


最後に【ダンスディレクター
==============

1200mが若干短いかもしれない。

しかし、重賞2勝はともに
1200mのシルクロードS。

年齢は経験の強みでもあり
ココでの突っ込みも十分。


以上を加味した馬券戦略は

◎ 8.レッツゴードンキ
○ 6.レッドファルクス
▲10.ダイアナヘイロー
☆11.ダンスディレクター



上記4頭の馬連ボックスで勝負予定。
オッズ次第ではワイドも視野に。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSにて

最新の競馬ニュースを無料配信しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス