“まっとうな政治”

テーマ:
希望の党の原点は『都民ファースト』で、
言葉も注目を集めました。
その後、“排除”、“リセット”という言葉がさらに大きく
注目されました。

希望の党が失速するなかで、今度は立憲民主党へと
関心が移ったかのようにおもいます。
枝野代表は必ず『まっとうな政治』の実現を訴えられています。
果たしてどういう意味なのでしょうか?

立憲民主党を立ち上げられた中心メンバーといえば、
菅直人元首相、枝野幸男さん、福山哲郎さんです。
あの3.11の時、正に政治がもとめられていたときに
ヘリコプターで原発視察をされた元首相。
最高指揮官は、つぎつぎと集まる情報から判断や決断を
することが求められており、
わからない状況下でヘリコプターを出して見に行くのが
仕事ではありません。
そして、それを許し、後押しした官房長官が
立憲民主党の枝野代表です。
幹事長の福山哲郎参議が、当時の官房副長官です。
果たしてあの混乱を煽った行動が“まっとうな政治”なのでしょうか。
立憲民主党に一票を託すということは、菅直人政権の
再復活を望むことになるのではないでしょうか。

菅政権の外交、安全保障、子ども支援、有事対応などに
立ち返りたい、
とは、どうしても思えません。

きっと経験がない中で、最大限の頑張りをされていたことと
思います。
しかしながら、
あの時の不安ばかりの混沌とした空気感、雰囲気を思い出すとき
政権選択の場である衆議院選挙では
たしかな政治力を見極めなくてはいけない、と
強く思うものです。