日商簿記2級について

テーマ:
某校に通い、昨年6月の日商簿記2級に1発合格しました。
社労士をやるにせよ何にせよ財務諸表が読めない士業は説得力がないと考えますので、最終的に税理士5科目合格を目指すかどうかは別にして、現在税理士の財務諸表論と簿記論の科目合格を目指しております。

個人的なことは置いといて、現在の日商簿記2級試験について考察してみます。

日商簿記2級は昔からコスパがいい資格と言われてきました。しかし、平成28年度から30年度に掛けて試験範囲の大幅な拡大が段階的に進行中であり、一概にそうとは言えなくなってきています。
メジャーな資格では、旧司法試験から当時の新司法試験への変化に次ぐ大改革が日商簿記2級検定試験において現在も行われており、従来1級の範囲だった分野がどんどん2級の範囲に入ってきて、今年の6月試験から試験範囲が過去最大となり改革が終了します。
昨年6月の試験では暫定的に連結会計は出題しないと発表されていたことで、自分は運よくそこで合格したため連結会計を勉強せずに滑り込みで合格しましたが、連結会計は商業簿記のテキストの4分の1くらいボリュームのある大論点です。難易度の差を別にすれば、社労士試験で言うと例えば憲法だとか行政不服審査法など1科目丸々増えるレベルのボリュームアップになります。

税理士の簿記論や財務諸表論を勉強する上で連結会計は避けては通れないため、合格した上で今勉強を進めていますが、少なくとも簿記2級はかつてより遥かに範囲が広がったことは間違いないと思われます。来年度さらに範囲が追加されるため、一からやるには従来の簿記2級の商業簿記の勉強量の1.5倍程度の労力が必要になると考えます。

ただし、範囲が広がるのに合格率は下がらないと見込まれるため、試験問題自体は難易度が下がると予想されます。
自分も本試験では、過去問や演習問題に比べると基礎的なことしか問われないなあと思いながら解いた記憶があります。

つまり、範囲が広がるために記憶しなければならない分量がかなり増え、その代わり奇問難問が減るために勉強すればするほど報われやすい試験になるものと予想されます。

2級はコスパがいい、というこれまでの評価から、真面目に勉強したことの証明という評価に変わるかも知れません。

それはさておき、日商簿記の3級については自分は無視していきなり2級から取りましたが、マンション管理士の財務会計の問題で3級の知識が必要だったため既に知ってる内容でした。
3級はビジネスをやる上でほぼ一般常識、共通言語と言えますし、資格を取るかどうかはともかく、個人で士業をやるつもりの方、就職をする方は絶対勉強するべきです。3級の知識がないと2級の商業簿記はさっぱりわからないでしょう。
履歴書に書いて評価されるのは2級からと言われますが、3級の知識は事務系ならばどんな職業であれ必須です。3級の資格自体に魅力はほとんどないと思いますし簿記の入門書を読む程度でも大丈夫でしょうが、手を動かさないと簿記は身に付かないので、3級の試験も受けるべきだったなあと個人的に思いました。知識はあっても慣れてないと2級の逆仕訳問題で最初はかなり手こずります。

なお、自分の合格証書はこちらになります。
{A809BD02-3396-42D1-8A81-19859B4DD273}


とりあえず財務諸表の基礎的な読み方はわかるということの証明書ですね。