一般に「○○すべき」と表現する場合、

仮にそれが個人的な意見であっても、

“客観的な結論“であることを示そうとします。

妥当性を裏付けたいわけです。

 

いろいろな示し方があると思われますが、

「メリット、デメリットの評価」や

「他の案との比較」が典型的です。

いずれにしても、

妥当性の根拠は、“量“です。

“損得“です。

 

客観性をアピールしたいわけですから、

定量化や他との比較が重要になってきます。

 

では、

相手が自分だったらどうなんでしょう?

自分のことでも

「毎日勉強すべきだ」

「家族との時間を大事にすべきだ」

「好きなことを仕事にすべきだ」

・・・

という「すべきだ」発想は適しているのか?

 

・自分が何かを選択するのに、客観性は重要なんだろうか?

・自分が自分を説得する必要があるんだろうか?

・自分の選択基準は“損得“なんだろうか?

 

もちろん、自分が選択することは多様ですから、

“選択すること次第“という見方もできます。

 

では、

「試験取得(あるいはそのための対策)」はどうでしょう?

「仕事」はどうでしょう。

 

客観的な判断を前提にすることでしょうか?

 

「資格取得をしよう」とどうやって決めました?

「いまの仕事」はどうやって決めました?

 

主観は排除したほうが、選択は妥当なものになるでしょうか?

 

少しでも気になったら、

時間をとって、検討してみましょう。

 

自分に対する理解が深まることが期待できます。