茜色ときょうの色

茜色ときょうの色

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!
半年ぶりのブログ更新★

前回の投稿の時はまだ産まれてなかった我が子も、気づけばもうすぐ6ヶ月!


毎日があれよあれよと過ぎてきます。

出産は、想像以上でした。

ちょうどその日は旦那さんがお休みで、
一緒に妊婦健診へ行って、帰ってきて、
痛みがあったから旦那さんがご飯作ってくれて、昼ご飯食べてる辺りから陣痛の間隔が短くなってきて。

体力つけておいたほうがいいって何かで見たから、とにかく食べねば!と思ってかなり必死に食べたのを覚えてます。

でももう無理ーってなってすぐまた病院へ。

旦那さんがずっとそばにいてくれてよかった。

1時間後くらいに両親がきてくれて、母親の力強い言葉がけとさすってくれた手が、本当に心強かった。
お母さんは3人産んでるから、この痛みと3回も戦ってきたんだなって心の中で勇気付けられ、

なんとか陣痛の痛みに耐え、叫ぶこと4時間。

やっと分娩台にのせてもらい、早く痛みから解放されたいがためにもう必死。

2回のいきみで出てきてくれました。

初産婦なのにちょースピード安産で褒められたけど、あの痛みを私はあれ以上耐えられない。

これより時間かけて産んでる人もいるんだと思うと、頭が上がらない。
壮絶です。

出産が奇跡だと言われる所以がわかった気がする。

どんな痛みかはもう忘れちゃったけど。笑

平成30年4月16日16時16分、2,546gの小さな可愛い女の子。

言葉では言いあらわせられない。

五体満足、元気に泣いてくれて、ふにゃふにゃしてて

出産直後は、痛みからの解放と
無事出産を終えたことの安堵とで

我が子との対面も、なんだか他人事のような。笑

自分が産んだ子なのに、あれ、思ったより涙出ないみたいな。

でも一晩たち、初めての慣れない授乳とか、隣でスヤスヤ寝てる表情とか見て

あぁ、私は母親になったんだ
この子は私が産んだ子なんだ

って、徐々に、徐々に実感が湧いてきて

夜中に大号泣。

嬉しくて、感動して、可愛くて、愛おしくて、幸せで、

泣けた。
すごく泣けた。

自分の人生振り返って


また泣けた。

辛いこと、沢山経験したけど

こんな大きな幸せが待っててくれたんだね。

色んな人が会いに来てくれて、退院したら旦那さんがおかえりって、ケーキ用意しててくれて

また泣いた。笑

あの日のこと、忘れないでいよう。
この子がどんな風に産まれてきたか。
どんな気持ちだったか。

こうやってブログで書くことで、思い出せた。

そんなこんなで、あんな小さかった娘も、今では6,800gのたくましい赤ちゃんになってきました😊

毎日見せてくれる表情、どんどん成長していく姿

子育ては大変なこともあるけど、

喜びと幸せが盛りだくさん。

本当に可愛いです。
時間が止まって欲しいくらい、毎日があったかい。

ありがとう😊


娘の成長や日常のこと、インスタでちょくちょくあげてるので、よかったら♪♪

@akanegisan  でやってます✨