言葉を遊ぶ国語迷人?のおじさん

言葉を遊ぶ国語迷人?のおじさん

長年の塾屋経験を活かしつつも、ほとんど勉強とは関係のないアホらしいことばかり書いております~。

 

62歳、下級国民にして言葉を遊ぶ国語迷人?

 

のブログにお越しいただきまして、

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九州を襲った豪雨(人工?)は、観測史上最大

 

の降水量をもたらし、全国各地にも大きな被害を

 

与えそうです。

 

新型ウィルスの感染も続いており、なんチャラ

 

キャンペーンとやらで、「旅行に行きましょう」

 

などと言ってる場合じゃありません。

 

まして、

 

 

「来年は五輪だ!」

 

 

なんて、

 

 

「バカも

休み休み

にせんかい!」

 

 

です!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてきょうは、

 

”勘違い・間違い一発勝負!!” です。

 

ちょっと(かなり?)残念な勘違い・間違いが

 

登場しますので、ほんの少しだけお付き合い

 

いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<勘違い・間違い

 一発勝負!!>

 

 

たしか中学の頃だったと思います。

 

ある雑誌で、あの名ギタリスト

 

 

「ジミ・ヘンドリックス」

 

 

が、

 

 

「ジミヘン

 ・ドリックス」

 

 

になっているのを見たことがあります。

 

「・」がちょっと残念でしたね~~。

 

普通は「ジミヘン」で通っちゃってますしね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またもアホらしくて失礼いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、

 

誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

62歳、下級国民にして言葉を遊ぶ国語迷人?

 

のブログにお越しいただきまして、

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら?

 

 

再選されちゃた都知事のおばさんが、

 

 

「コロナに勝ち

    五輪を!」

 

 

などとのたまわったそうです。

 

 

「はあ?」

 

 

ですよね~~。

 

だいたいが、ウィルスなんて勝つとか負ける

 

っていう相手じゃなくて、

 

 

共存する

しかない!

 

 

んですよね~。

 

インフルエンザだって、

 

 

毎年の

お客さん?

 

 

になっています。

 

そして、経済的なことも含めて、日本はもちろん

 

さらに世界も

 

 

五輪どころ

じゃない!!

 

 

状況にあるんです。

 

「何言ってんだか」 と思うのは塾屋だけ?・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてきょうは、

 

”なぞなぞ一発勝負!!” です。

 

相変わらずのしょうもない「なぞなぞ」ですが、

 

ほんの少しだけお付き合いいただければ

 

幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<なぞなぞ

 一発勝負!!>

 

 

”五輪無理君”が”緑おばさん君”に言います。

 

「食器棚の中から鳴き声が聞こえるん

 だけど、どんな動物かな?」

 

「食器棚の中?動物の鳴き声?・・・」

 

さあ、どうですか?

 

答えは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

”犬” です~。

 

*「茶ワン」や「おワン」が入ってるってか~~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またもアホらしくて失礼いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、

 

誠にありがとうございました。

 

62歳、下級国民にして言葉を遊ぶ国語迷人?

 

のブログにお越しいただきまして、

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公約を一つも

果たさず

 

 

学歴も怪しく

 

 

感染対応も

あれ

 

 

だった緑のおばさんが、なぜだか圧勝

 

してしまいました。

 

ただただ呆れるばかりです。

 

東京都民って、

 

 

そんなに

アホなんか?

 

 

と言いたくなるところですが、いやいやそうでは

 

なくて、おかしいのは開票システムなんじゃ

 

ないの?って思えちゃいますよね。

 

 

頼りになる?

開票マシン

ムサシ」君!

 

 

大活躍なのかな?

 

あ、あくまで個人的な妄想ですので・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてきょうは、

 

”似ている?言葉一発勝負!!” です。

 

似ている?けれどちょっと違う言葉が登場

 

しますので、ほんの少しだけお付き合い

 

いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<似ている?言葉

 一発勝負!!>

 

 

”春夏秋冬”

 

 

に似ている?言葉で

 

 

”俊がシュート!”

 

 

俊君が見事なシュートを・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またもアホらしくて失礼いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、

 

誠にありがとうございました。

 

62歳、下級国民にして言葉を遊ぶ国語迷人?

 

のブログにお越しいただきまして、

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

九州で川が氾濫し、もう大変なことになって

 

います。

 

永田町あたりのお偉いさんは知ってるの

 

かな?

 

保身(逮捕されないように?)とかの相談の

 

ために、高級料亭とかで他のお偉いさんと

 

 

飲み食い

してるような

場合じゃない!

 

 

ですよ~。

 

一度ぐらい?

 

 

国民のために

死ぬ気になって

働こう!!

 

 

って思ったらどうですか~。

 

金儲けや権力の集中ばかりが仕事じゃ

 

ないんですよ~~~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてきょうは、

 

”この言葉きちんとわかっていましたか?”

 

です。

 

語源や由来の怪しそうな言葉が登場します

 

ので、ほんの少しだけお付き合いいただければ

 

幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<この言葉きちんと

 わかって

 いましたか?>

 

 

”摂氏(せっし)

 

 

一気圧下の水の凝固点を零度、沸点を百度と

 

した 「摂氏温度」 の略で、「摂」 は人名の

 

頭文字です。

 

摂氏温度の考案者は、スウェーデンの

 

セルシウスという人物で、中国語で 「摂氏」

 

はセルシウス氏のことです。

 

それが 「摂氏○○度」 のように使われる

 

ようになったんですね~~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、

 

誠にありがとうございました。

 

62歳、下級国民にして言葉を遊ぶ国語迷人?

 

のブログにお越しいただきまして、

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本・鹿児島では、

 

 

誰かわざと

降らせて

いるんと

ちゃう?

 

 

と言いたくなるような大雨となり、被害が心配です。

 

そんな中、迷惑なウィルスの感染は続き、

 

 

無能無策

政権!!

 

 

による国民の苦しみも継続中です。

 

それでも、なんとしても生き抜きましょうね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてきょうは、

 

”消えそうな言葉一発勝負!!” です。

 

いつの間にかあまり耳にしなくなった言葉が

 

登場しますので、ほんの少しだけお付き合い

 

いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<消えそうな言葉

 一発勝負!!>

 

 

”老いらく”

 

 

「老ゆらく」 の変化したもので、「老楽」 

 

とも書き、

 

「年をとること、老年」

 

「老後の楽しみ」

 

「老後の安楽な生活」

 

といった意味があります。

 

平安時代からある言葉ですが、もう

 

「老いらくの恋」 なんていうのは耳にしなく

 

なりましたね~~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後までお付き合いいただきまして、

 

誠にありがとうございました。