耐震診断・耐震補強・改修工事の一般財団法人耐震総合研究所のブログ

耐震診断・耐震補強・改修工事の一般財団法人耐震総合研究所のブログ

耐震総合研究所は、耐震診断・耐震補強・改修工事を低コストで行い、構造的に優れた補強はもちろん、デザイン性も重視した改修を提供する専門家集団です。耐震診断・耐震補強のお問合せはお気軽にどうぞ。日本全国対応、見積りは最短1日での提出も可能です。 

2019年12月より着工しておりました耐震補強工事が、2020年10月15日に完了いたしました。

 

新型コロナウイルスの影響で、4月に一時工事を中断することなり、7月の完了予定が約3か月延長となりましたが、無事故で無事工事を終えることができました。

 

コロナ禍で大変な時期に、多大なるご協力をいただきましたオーナー様、施工者様、そして耐震補強工事に関わっていただいた全ての方々に心より感謝申し上げます。

 

南海トラフ、首都直下など大地震が発生する前に、人命と財産を守る備えを行ってください。

耐震補強に関するご相談は、耐震総合研究所へお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

2019年12月より北海道の耐震補強工事をおこなっております。

営業しながらの耐震補強工事で音や振動を伴う作業は時間指定をおこなっております。

 

オーナー様のご協力もあり、宿泊のお客様からの苦情もなく4月までは順調に進んでいましたが、

新型コロナウイルスの影響で、ホテルの営業および耐震補強工事をストップすることとなりました。

現在ホテルの営業はストップしたままですが、オーナー様のご理解もあり耐震補強工事は再開させていただいております。

 

耐震スリット工法

 

耐震壁

 

ピタコラム工法

先日、福岡県で静岡県熱海市の宿泊施設で使用するADブレースの製品検査を行いました。

今月中に神奈川県に搬送し、最終の組み立てを行い、現場で設置する予定です。

※ダンパー及び免震装置は使用しておりません。

 

工事は営業しながら行い、工事の期間は平成30年11月から平成31年5月末を予定しています。

 

今後、出来るだけ工事中の写真等を掲載したいと思っています。

茨城県那珂市にて戸建住宅の設計を行うことになりました。

 

現在作成中の建物プラン図です。

 

配置図

 

平面図

 

立面図

※あくまでも現在のプラン図となりますので、実際に販売される建物とは違いがある可能性があります。

 

一区画あたりの面積が、300㎡以上ありますので、平屋をお考えの方にもお勧めです。

 

販売戸数は、7区画の予定となっておりますので、ご興味がある方はお問い合わせ下さい。

 

本日、安震ブロック(RM耐震補強工法)の施工現場を株式会社新井組様の計らいで、視察させていただきました。

 

現場は、兵庫県西宮市内にある某食品メーカーの事務所兼研修所

 

安震ブロックの特長として、施工時の振動や騒音が抑えられるため居ながら施工が可能で、施工スペースは約1mほどです。

実際、写真の左側の壁が仮設養生で、その裏では通常通り事務作業が行われていました。

 

工期も在来工法と比べ3分の2程度に短縮することが可能になるとのことです。

 

施工実績は、京都鉄道博物館や小田原城天守閣、駅舎、学校などでの耐震補強工事に採用されています。

 

また、平成26年11月26日付けで、(一財)日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得済み。

 

詳しい内容は、RM耐震補強工法協会様にお問い合わせください。