耐震診断・耐震補強・改修工事の一般財団法人耐震総合研究所のブログ

耐震診断・耐震補強・改修工事の一般財団法人耐震総合研究所のブログ

耐震総合研究所は、耐震診断・耐震補強・改修工事を低コストで行い、構造的に優れた補強はもちろん、デザイン性も重視した改修を提供する専門家集団です。耐震診断・耐震補強のお問合せはお気軽にどうぞ。日本全国対応、見積りは最短1日での提出も可能です。 

SDGs(Sustainable Development Goals)は、「持続可能な開発目標」と訳され、2015年の国連サミットで採択された、持続可能でより良い社会を実現するための2030年までに達成すべき17の目標です。

私たちは、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

 

 

耐震でできるSDGsとは?

17の目標のうち、11番・12番・13番・14番・15番・17番が該当します。

11.住み続けられるまちづくりを

12.つくる責任つかう責任 

13.気候変動に具体的な対策を

14.海の豊かさを守ろう

15.陸の豊かさも守ろう

17.パートナーシップで目標を達成しよう

 

耐震強度が不足している建物を耐震改修することにより、建て替えをせずに建物の寿命を延ばすことができ、建て替えと比べ工事工程が少なく資材の削減、工事車両の排気ガス削減にも繋がります。

資材を削減することにより伐採を減らすことができ、森林を守ることで豊かな海も守ることができます。

建物所有者、設計事務所、施工会社で持続可能な開発目標を達成することに取り組んでいます。

 

また、当方が取り扱っている光触媒コーティングは、外壁1,000㎡にコーティングすることで、ポプラの木約70本分の空気浄化作用があり、セルフクリーニング効果でメンテナンス時に石油系溶剤や洗剤の使用を抑えることができます。

 

耐震改修は、大切な命を守るだけではなく、持続可能な開発目標にも貢献することができます。

巨大地震に対する備え、持続可能な開発目標の達成に賛同していただき、是非ご一緒に取り組んでいただきたいと思います。

光触媒で抗菌・抗ウイルスができることをご存じでしょうか?

 

光触媒は、光と酸化チタンが化学反応を起こし、活性酸素をつくることによって、その活性酸素が細菌やウイルスを繰り返し抑制することができます。

 

現在、感染症予防対策として、アルコール消毒や空気清浄機等の設置が常識となっていますが、光触媒をコーティングすることによって、さらに感染予防効果を発揮することができます。

 

アルコール消毒や空気清浄機は目に見える安心・光触媒コーティングは目に見えない安心を提供することができ、人体にも無害で、小さなお子様やペットがいる環境でも安心して使用することができます。

 

また、コーティング膜が存在し続ける限り効果を発揮し続けますので、ランニングコストを抑えることができ、アルコールによる清掃作業の負担を減らせます。

 

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

http://www.sri-nano.jp

 

耐震に関するホームページ

http://www.taishin-sri.or.jp

 

外壁調査に関するホームページ

http://www.i-rc.jp

2019年12月より着工しておりました耐震補強工事が、2020年10月15日に完了いたしました。

 

新型コロナウイルスの影響で、4月に一時工事を中断することなり、7月の完了予定が約3か月延長となりましたが、無事故で無事工事を終えることができました。

 

コロナ禍で大変な時期に、多大なるご協力をいただきましたオーナー様、施工者様、そして耐震補強工事に関わっていただいた全ての方々に心より感謝申し上げます。

 

南海トラフ、首都直下など大地震が発生する前に、人命と財産を守る備えを行ってください。

耐震補強に関するご相談は、耐震総合研究所へお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

2019年12月より北海道の耐震補強工事をおこなっております。

営業しながらの耐震補強工事で音や振動を伴う作業は時間指定をおこなっております。

 

オーナー様のご協力もあり、宿泊のお客様からの苦情もなく4月までは順調に進んでいましたが、

新型コロナウイルスの影響で、ホテルの営業および耐震補強工事をストップすることとなりました。

現在ホテルの営業はストップしたままですが、オーナー様のご理解もあり耐震補強工事は再開させていただいております。

 

耐震スリット工法

 

耐震壁

 

ピタコラム工法

先日、福岡県で静岡県熱海市の宿泊施設で使用するADブレースの製品検査を行いました。

今月中に神奈川県に搬送し、最終の組み立てを行い、現場で設置する予定です。

※ダンパー及び免震装置は使用しておりません。

 

工事は営業しながら行い、工事の期間は平成30年11月から平成31年5月末を予定しています。

 

今後、出来るだけ工事中の写真等を掲載したいと思っています。