【タイ雑貨屋 店主のマニアックな呟き】泰国屋 社長 ブログ

【タイ雑貨屋 店主のマニアックな呟き】泰国屋 社長 ブログ

泰国屋-タイのアイテム専門店- 
泰国屋 合同会社 社長のブログ
since 2016/04~
※公式ブログは taikokuya.net に移転しました
※2012/4-2013/9の旧公式ブログ内容も参照OK


テーマ:

 

 

「宇宙と地球と人間」

 

というテーマでブログを書いてみようと思う。

 

写真の女の子は良い笑顔をした人間である。

 

 

科学に疎く。

 

スピリチュアル「ヲタク」ではない。

 

新興宗教とも無縁。

 

オカルト染みたものは距離を置いている。

 

私個人を評価した際、

 

一般的な日本人の倫理観、

 

宗教思想にて行動している。

 

初詣は神社。

 

お盆にお墓参り。

 

家族でクリスマスを祝ったり。

 

 

 

最近、後ほど紹介する宇宙のYoutube動画を発見。

 

衝撃を受け 繰り返し見ている。

 

自分一人の楽しみにしておくのも悪くないかな。

 

しかしながら、折角なので

 

もし必要な人がいるのならば、

 

「シェア」する事が意味のある事なのかもしれない。

 

そう感じブログ記事とした。

 

 

 

【宇宙のスケール 自分のスケール】

 

 

 

宇宙のスケール感を

 

私自身 現時点では

 

正確につかむ事が出来ない。

 

 

おそらく死ぬまで。

 

死んでからですらも「宇宙のスケール感」を

 

正確に把握する事は不可能であると思う。

 

 

万物を全て知ろうとすること。

 

コントロールする事が

 

不可能であるという事だと。

 

紹介する宇宙の動画を

 

繰り返し視聴後、理解する事が出来た。

 

 

紹介する宇宙の動画。

 

自然と鳥肌が立つことも多い。

 

 

もし宇宙について

 

人生について

 

悩みについて

 

興味がある方がいれば

 

視聴をオススメしたい。

 

 

一方で万人への視聴をお勧めしない。

 

何故ならばテレビで流れる

 

バラエティ番組や

 

ワイドショーのような盛り上がりの質とは

 

根本的に異なるからだ。

 

周波数がまるで違う。

 

そのため退屈なクソ動画という解釈も出来ると思う。

 

 

故に あくまでも興味がある方限定。

 

 

【宇宙の動画の活用方法のススメ】

 

この動画の面白い使用方法を考えた。

 

 

例えば自分の存在。

 

今の最大の悩みなどを

 

この宇宙の動画に投影して考えてみる事。

 

 

具体例では

 

 

地球の抱えている深刻な問題。

 

個人的な悩み。

 

連日の話題のニュースでも良い。

 

 

宇宙の動画に当てはめて見て

 

考えてみて欲しい。

 

宇宙の中でその「悩み」は

 

どの程度の意味を成すものなのか。

 

ここの世界の中に自分という存在の中の

 

その悩みがどの尺度のものであるのか。

 

宇宙動画の基準は

 

「地球」が物差しの基準になると思うのだが。

 

地球規模をゼロとして。

 

 

自分の凝り固まった思考

 

「常識」の壁を壊すことが

 

痛快である。

 

 

 

【宇宙の動画】

 

 

〇視聴時のポイント

 

「小→大」

 

→月→地球→太陽系→天の川銀河(ミルキーウェイ)→∞

 

メモ:動画中の英語

  

LY=1光年

 

一年間に進む光の速度という意味。

 

   LY(light year):1光年 ,  Nebula:星雲  ,  Galaxy:銀河

 

 

 

 

 

 

【思う事】

 

自分に出来ることがあるとすれば。

 

それは自分らしく生きる事。

 

悔いのない毎日を過ごすこと。

 

一分一秒を自らの意思で選択する事。

 

 

悩みや不安。

 

それをこの動画にぶつけてみて欲しい。

 

 

万人に向けてではなく

 

もし共感できる方がいれば

 

シェアできれば幸いである。

 

シェアする相手を間違えると。

 

遂に頭が逝ってしまったのかと

 

言われかねない。

 

 

シェアする相手にはご注意下さい。

 

 

・・・・・・・・・・・・

 

 

 

という 大袈裟な独り言。

 

 

 

今日もタイ雑貨 梱包出荷します!

 

 

良い1日を!

 

Have a nice day!

 


テーマ:

楽天スーパーセールでタイ雑貨がお得に買える!

 

泰国屋(たいこくや)楽天市場店

 

楽天スーパーセールに参加中。

 

日本とタイ王国との友好を願い

本場タイのアイテムを2012年より日本の皆様にお届け中!

 

バンコク市内の橋 この橋ご存知でした?

 

 

泰国屋(たいこくや)楽天市場店

セール会場

 

楽天カード、楽天スーパーポイントなど併用で更にお得です

 

 

裏話:

 

それにしても楽天さん気合入っています。

 

アマゾン、ヤフーショッピングも勢いありますので

 

負けじとセール期間もいつもより長い気がします。

 

それにしてもポイント41倍ってさらっと書いてありますけど

 

凄まじいですね。

 

・・・ポイント41倍

 

 

↓楽天市場店でポイントザクザク

 

 

2018/6/15

 

泰国屋(たいこくや)

 

テーマ:

【原点回帰】 -プミポン前国王陛下火葬の儀を終えて-

 

タイ雑貨web通販 泰国屋 社長(店主)でございます。

 

ありがとうございます。

 

 

ブログ記事も久しぶり

 

結果、長文となってしまいました。

 

文章も長いのでお時間の無い方は

 

画面を閉じて下さいませ。

 

 

 

 

 

 

-----------------------

 

 

ありがとうございます。

 

 

早速、

 

タイのアイテム専門店という事でございまして。

 

ここ数日ニュースを見聞きするたびに

 

色々と考えることが多いです。

 

またタイへ思いを馳せることも。

 

 

そのニュースとは昨年崩御された

 

タイのプミポン前国王陛下の葬儀、そして火葬

 

 

 

当店は2012年春の創業来

 

タイのアイテム専門店、

 

名前も泰国屋(たいこくや)と言う事で、

 

タイ王国とは切っても切れない関係でございます。

 

 

本日

 

タイ滞在中に撮影した写真を見ておりました。

 

 

ふと、マウスが止まりましたので掲載を致します。

 

 

タイ・バンコクの友人のお店で撮影

 

 

 

 

 

天皇陛下ご夫妻、プミポン国王ご夫妻、世界の王族の皆様方。

 

 

 

当店は創業来

 

タイの王室に尊敬と敬意を込めて

 

王室関係のステッカーをお取り扱いしております。

 

日本ではおそらく当店でしか取り扱いしていないアイテムも

 

数多くございます。

 

 

小物タイ雑貨類が中心でありますが

 

それらのアイテムを日本全国の皆様にお届けすること。

 

傲慢であるかもしれませんが

 

それは代えの利かない、当社の使命であると考えるようになりました。

 

その使命に本日も携われる事は

 

「泰」(Thai)の文字を冠した当店の誇りでもあります。

 

 

 

タイ王国を象徴する王室。

 

タイ国旗の中央の紺色(青)は王室を表しています。

(赤は国家、白は仏教を表す)

 

 

 

各web通販店舗(本店HP、楽天市場店、ヤフーストア店、アマゾン店)にて

 

使用しているバナー。

 

バナー中に使用している風景写真、

 

主に首都バンコクなどで撮影したものも含まれます。

 

 

 

私は日本人ですが

 

葬儀関係のニュースを目にするたびに

 

悲しく寂しいという思いです。

 

 

人間ですのでいつかは命が尽きるわけですが

 

ご高齢であったとはいえ

 

この世から旅立たれてしまうのは

 

寂さを感じます。

 

 

 

国父としての存在。

 

 

ましてやタイ王国

 

政情が乱れた際、

 

プミポン前国王陛下がバランサーとして、

 

暴走にブレーキをかけ

 

事態を仲介し沈静化をされたていたという

 

唯一無二の役割を担われていました。

 

ひとえに、タイ国民、国を思い行動をされていたのだと。

 

世界にはたくさんの王族がありますが

 

高潔な人格者であられたと感じております。

 

天皇陛下の柔和で慈悲深い人格に共通するものを

 

個人的には感じております。

 

 

もちろん過剰に神格化することは

 

別の問題を生んでしまいますのでデリケートな部分であります。

 

 

御自身の生まれ持った使命を

 

全身全霊で人生を賭して全うされた。

 

私はそのように思います。

 

 

タイの人々の精神的な柱であったことは

 

間違いありません。

 

 

国王陛下が崩御されてから

 

一年が経とうとしていた頃。

 

 

タイについて初心に帰る。

 

原点回帰をするという意味を込めて。

 

 

当店の魂でもあります商品。

 

商品のバナーに思い込めて作成しました。

 

 

 

 

使用写真は古都チェンマイ  ワット・ドイステープに鎮座する仏様

 

※ワットはタイ語でお寺の意

 

 

 

 

チェンマイのガソリンスタンドにて撮影

 

タイの街中の景色の一部

 

 

 

 

 

同じくチェンマイのガソリンスタンド。

 

手前にはpttのロゴ、

 

奥には赤色の乗り合いバス「ソンテウ」が写りこんでいます。

 

pttというロゴは個人的には

 

タイ王国を象徴するアイコンでもあります。

 

 

タイを訪れた事がない方も

 

タイの空気感や熱を

 

視覚から伝播することが出来ればと。

 

 

 

これまで何千というたくさんのお客様が

 

タイのアイテムをご注文頂いて売上となり。

 

その売上を新商品の買い付けにも充当し、

 

商品数も100種類、200種類と階段を上るように増え。

 

 

店舗も増え。

 

法人組織に改定し。

 

 

常日頃から感謝という気持ちは持ちつつ。

 

しかしながら、慢心や怠惰、謙虚な姿勢が

 

自らから欠けていたのではないか。

 

日々省みているものの

 

 

創業時の原点の気持ち

 

同じピュアな気持ち

 

無心の心境で過ごせているだろうか。

 

断言できるだろうか。

 

 

創業時から現在に至るまで

 

僅かなりとも驕りや慢心は無かったのかと。

 

 

この節目に際し自問自答している次第です。

 

 

全てにおいて完璧でいることは不可能であると思う反面、

 

サービスの低下はお客様や創業理念への裏切りともなる。

 

気を引き締めて全力で取り組まなければと。

 

サービスを常に改良し進化を。

 

退化というのはあってはならない事であると戒め。

 

 

 

情熱の炎に持ちうる薪をくべ、

 

一層の大きな火炎とする。

 

自らの発する火が世間の

 

無数のローソクにまだまだ灯っていないということは

 

現状の課題でもあります。

 

 

 

この節目に自らを省み 再認識を致しました。

 

 

泰国屋という名前は

 

タイのアイテムなどを通じ

 

日本とタイ王国との架け橋として

 

友好、交流、相互理解を更に発展させるという

 

創業理念を持っております。

 

 

タイ国旗の紺色が王室を表すが如く、

 

プミポン国王陛下の火葬の儀の節目を迎えた

 

このタイミングでこの記事を書こうと思いました。

 

 

現在はタイの小物雑貨類という事で

 

現時点での影響力は極めて限定的であるというのが

 

率直な所ではございます。

 

世間的な知名度もまだまだ

 

スタート地点にも立てていないものであると。

 

 

しかしながらタイの雑貨類を通じて

 

草の根活動のように

 

お客様との一期一会を大切に

 

出来ることを精一杯の気持ちを込めて

 

励んで参りたいと存じます。

 

 

 

それにしても的を得ない文となっております。

 

しかし、それはそれでいいと思います。

 

自然体であるべきが本望であります。

 

 

 

最後のバナー

 

 

当店のポリシーを表現するのに適任だと考え

 

マスコットの「タイぞう君」も登場させました。

 

 

各ストアページや商品個別などに

 

随時挿入刷新しております。

 

 

 

 

 

I love Thailand.

 

Pride of Thailand

 

 

よろしければ

 

各店舗にてチェック下さいますと幸いです。

 

 

I love Thailand. Forever !


 

2017/10/30

 

泰国屋 合同会社 代表 飯塚 篤史

 

 

泰国屋本店

泰国屋楽天市場店

泰国屋ヤフーストア店

泰国屋アマゾン支店

 

皆様のお陰で4店舗体勢にて販売をさせて頂いていります。

 

2012年春時点ではゼロでした。

 

感謝に尽きません。

更に精進して参ります。

 

ありがとうございます!

 

泰国屋Twitter

泰国屋Facebook

 


テーマ:

 

決算。

 

 

2017年2月末が当社(泰国屋合同会社)の

 

第一期、決算日でした。

 

と言う訳で、

 

今日(2017/3/1)は第二期のスタート日です。

 

 

お蔭様で、2012年春に

 

屋号 泰国屋(たいこくや)を創業して満5年。

 

商売は春で6年目となります。

 

また、法人化して

 

今年は二年目という格好です。

 

 

法人成り後の

 

当初の個人的な理想やビジョンでは、

 

正直、もっとカッコイイ感じを描いていました。

 

ビジネスも拡大し、サービスをより多く

 

世の中に提供できている。

 

業容も拡大している。

 

 

そんな姿とは、

 

現在、少しギャップがあるのかもしれませんが。

 

 

ただ、こうして商売が続いている。

 

そして、先月も売上がある。

 

本当に、そういう当たり前な事が

 

実は当たり前ではなく、

 

感謝すべき点、

 

ありがたい点なのだなと感じます。

 

 

 

当初は、

 

自分のビジネスというのは無かったわけですし、

 

売上というのも、当然ゼロでありました。

 

 

ところで、

 

店主の私、飯塚は

 

最近、数年ぶりに黒くなっていた髪の毛を明るくしました。

 

いわゆるブリーチ(脱色)というやつです。

 

 

原点回帰しようかなと。

 

 

???

 

 

という感じですが、

 

2012年の春に、

 

仕事で初めてタイに行った際に

 

安いホテル(ゲストハウス)の一室で、

 

悶々としている、自分の殻を破りたくて、

 

ドラッグストアで買った現地タイのブリーチ剤を

 

ユニットバスの小さな浴室でブリーチを使用したのです。

 

学生以来の茶髪でした(笑)

 

それが、自分の中で

 

何か吹っ切れた感じになりました。

 

それから、数年間は同じような髪型で、ヒゲを蓄えてという

 

ビジュアルだったのですが。

 

お蔭様で徐々にビジネスが軌道に乗りつつある頃から、

 

「髪の毛の色」を放置するようになり、

 

結果的に黒髪に戻りました。

 

・・・・はい。

 

地毛は黒いので。

 

 

外見に心、心理状態というのは反映されるのかなと

 

今思えば感じます。

 

 

創業当初の、攻める姿勢というか、

 

ほとばしるエネルギー感というのが、

 

少し薄まっていた気が正直します。

 

 

仕事をいかに、スムースに毎日行うか。

 

また、守り気味の計算をするようになったのも

 

あると思います。

 

 

最近、気づいたのですが、

 

屋号で創業したときもゼロからのスタートで

 

あったわけです。

 

 

同時に

 

法人としては、

 

スタートはしたものの、

 

まだ何も達していないなと。

 

これは、屋号 泰国屋と何も変わっていないと。

 

結局、最初の一期目は「準備」で

 

終わってしまったなという印象。

 

もちろん、毎日ベストを尽くして

 

悔いは微塵もないですが。

 

ただ、それも一年。

 

 

背水の陣という言葉が好きで。

 

後が無いぞと。

 

 

創業当初の

 

髪を染めたり、ヒゲを蓄えるのは

 

再就職という選択肢で「逃げる」のを

 

防止する意味合いがありました。

 

そのビジュアルだと、

 

面接はだいたい弾かれますので。

 

 

「決算」を経て、

 

第二期目がスタート。

 

 

自分なりに、

 

どんなサービスを世の中に提供できるか。

 

「泰国屋」という組織を用いて、

 

原点回帰して、精力的に行動して参りたいと存じます。

 

第二期のテーマは

 

お客さんに、世の中にどんな貢献が出来るか。

 

そんなサービスを私なりに考えて、

 

引き続き、ベストを尽くし、

 

汗をかいて参りたいと思います。

 

 

ありがとうございます!

 

2017/3/1

 

泰国屋合同会社 代表兼店主  

 

  

 

【ブログ記事 好評配信中】

 

泰国屋公式ブログ

 

時事・コラムページ

 

【泰国屋のスタンプ。特に「日本以外」でよく使われています】

 

LINEスタンプ販売中

 

 

ありがとうございます

 

 

 


テーマ:

 

2017年、あけましておめでとうございます!

 

 

早いもので、一月も残すところ10日少々。

 

 

お正月気分も抜けきらない1/9。

 

ひっそりと、当店の公式ブログは

 

FC2の無料ブログサービスを利用していましたが、

 

(旧ドメイン taikokuya.blog.fc2.com )

 

思い切って、独自ドメイン化しました。

 

 

ドメイン名も

 

taikokuya.net」です。

 

どやっ。

 

LINEスタンプの販売もスタートしました。

 

 

販売済みスタンプの使用数を見ると、

 

台湾やイラン。また、東南アジアなどでの使用も多いです。

 

「和物」なスタンプも特に海外で人気なのが面白いです。

当アメブロでも、ゆるい感じで発信して参ります。

 

 

本年も宜しくお願いいたします!

 

2017/1/19

 

泰国屋 店主 飯塚

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス