「ことば」をヲシテ文字で解釈したらすごかった! | 母に愛されたかった想いを解放して、人生変える!あめなるヒーリング【名古屋・愛知】

母に愛されたかった想いを解放して、人生変える!あめなるヒーリング【名古屋・愛知】

自分が変わろうと意識して行動すればマインドもボディも現実も大きく変容するんだなと気づき、楽しい人生を歩みだしました♡
苦労してきた私もありがとう!楽しい人生をデザインしませんか?^^


テーマ:
こんにちは(^^)
魂が望む人生を歩む、あめなるヒーリングの平尾泰子です。

昨日の「祈りをヲシテ文字で解釈したらすごかった!」はフェイスブックでシェアして下さったり、多くの人に読んで頂きありがとうございました。

さてさて「世界は最初に言葉ありきだった」と色んな古代文献に載っているようです。
ではそもそも「ことば」とはなんでしょう?

ヲシテ文字(ホツマ文字)で「ことば」と書くとこうなります。
{F3FDFF05-9043-4CC0-8DB6-9161D00317FD}

基本的にヲシテ文字は濁点は打たない方が良いみたいです(諸説あり)

まず「こ」は
「神の光を固めたもの」です。
真ん中の「I」は「神の光」を表します。

そして「と」は「それを受け取りさらに固めたもの」
との「Y」みたいなものは「両手を広げて、天から受け取る」を表します。
{BF705581-B200-45CF-99A9-4FDC2EE2F639}


「は」は、「アメノミオヤ(ホツマツタエ上の創造主)が天から地に降ろす」
真ん中の「II」は「天から地に降ろす」「光の粒が降りて開いていく」を表します。
{FADB25F5-97F7-4D35-A0EA-690E35621B3A}

つまり「ことば」とは
神の光の粒を固めて、地上に降ろして広げたもの」になります😍
(わたしの解釈です)

{06922976-1D69-48AD-95BD-F0B2B0C07B88}

神の光の粒が地上に広がってるのをイメージしたら、ワクワクしませんか!?

この宇宙は、言葉ありきで言葉が宇宙を作ったとも言われています。
汚い言葉とかは、最初はなかったんじゃないかなぁ。
あなたは、どう思いますか?(^^)

神の光の粒がキラキラ輝くような言葉を使って行こうと思いました💖

愛を込めて

【愛知・名古屋】あめなるヒーリング 平尾泰子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス