今日から中国の旧正月、春節が始まりました。

帰省や旅行をする人が延べ30億人規模ともいわれ、日本を訪れる旅行者も多いのではないかと思います。日本に来てたくさんお金を落としていってくださいね。新型コロナウィルスは勘弁してほしいけど。武漢地区閉鎖で食料供給などは大丈夫なの?

いま訪日観光客が増えているのは、政府がなんちゃらジャパンと銘打ってキャンペーンを広げているからではないでしょう。一番の理由は物価が安いから。なにせ30年前と同じ物価だからね。30年ほど前、日本はバブルの絶頂期で円高の恩恵を受け、海外に行ってブランド品を爆買いしていましたが、いまはそれの逆なだけです。今どきワンコイン以下の300円台で牛丼の食事が出来たりするような国は日本だけ。この30年間で中国の経済成長率は約10倍、米国でも約1.8倍あるといわれているのに、日本のそれは僅かに2%程度らしい。ようするに他国の人達の所得が上がって物価の安い日本に来やすくなったということ。日本は財務省のプライマリーバランス黒字化なんてアホなこだわりで30年前から成長なしの停滞しっぱなし。いろんな分野で他国に逆転されているんです。順調に成長していたなら今頃給料は恐らく昭和から平成に変わった当時の2倍、最低時給だって軽く1,500円は突破していたことでしょう。もちろんランチの値段や諸物価もそれに応じて上がっているでしょうが、それって健全な成長の証ですよね。今みたいに給料が上がらないのに小麦粉やガソリン等諸物価が高騰している異常事態にはならなかったでしょう。

1989年に初めて消費税3%が導入され、5%8%を経て今は10%

日本の停滞の歴史は完全に消費税と一致する。消費税をゼロにすれば我々国民の所得は一気に10%増えて購買意欲が高まり景気も良くなる。

財源がないというのは嘘。消費税上げた分は法人税がほぼ同額減税されている。経団連と大企業べったりの自民党政治はやめさせよう!真顔

 

消費税を廃止にすれば新発売のフライロッドだって1万円以上も安くなるんです!

消費税廃止を政策にする政党を支持して気分よくフライロッドを買おう!

浮いた分でラインを購入しよう!

(そのとおりだ!!拍手

 

あ、今週の管理釣り場の話しですよね?

春節のことを書いていたのに、いつもながら前置きが長くてすみません。

今日は宇都宮にある鬼怒川フィッシングエリアです。

実は、存在は知っていましたが訪れるのは初めてです。どんなフライが良いのでしょう?

 

長方形と変形のポンドがあり、開放的なロケーションのポンドです。

遮るものがないので強風時は難儀しそう。

人気のポンドだけに平日でも結構混んでいて土日は凄いんだろうなと思われます。

奥のほうにスペースを見つけたのでそこに立つ。

最初は5番のロッドでいつものようにマーカーを付けて釣り開始です。

ここんとこワドナで激シブ環境には鍛えられているので、ここならたくさん釣れるだろうと些かゆる~い気分で臨んでいる。

予想どおりというか、フライへの反応はすこぶる良い。

この調子なら後で引っ張りの練習も出来るかな。

マーカーニンフィングでひと通り釣ったので、ラインを入れ替えてシンキングラインで引っ張り開始。苦手な引っ張りも練習しなければシーズンインの本番で痛い目に合う。引っ張り用にソフトハックルを準備してきた。

さてランチ後は3番ロッドに変更、ミッジングの世界へ。

ユスリカハッチの時間帯もあったが、極小レベルのハッチなのか、手持ちのフライにはタマにしか食ってこない。

午後になって湖面が静かになってきた。湖ではないので湖面じゃあない池面か?

イケメンだと加納英孝の滑りギャグみたいだな。ポンドなのでポンメンか?これも麻雀みてえだな。

水面が静かになって釣れない時間突入。ティペットを細くしてマーカーからのタナを伸ばしてゆ~っくり沖めから岸際まで移動させていたら、あることに気付く。

岸から5メートルくらいの駆け上がりで反応がある。

この時間、太陽が背中寄りに移動して身体全体の影が水面に映るようになってきたため、岸から下がり、5メートル付近から岸までを狙うと、これがまた大当たりで一投一匹。フライはライトオリーブに好反応。

そのうちすぐお隣に水面を叩きながらSTで遠投するフライマンが立ち、岸際のアタリも終了。ワタシの貸し切りポンドではないし個人の釣りのスタイルに物申す権利もないので仕方がない。

そんな飛ばさなくてもすぐ目の前にいっぱい溜まってるよ~と、心の中で呟いておきましたがニヤリ

 

これで納竿。

 

マーカー付けても引っ張っても水面直下のユスリカピューパでも良く釣れる。

今日から中国でいう春節ですが、鬼怒川フィッシングエリアスタッフの皆さん方には、

 

ごシュンセツにしていただき、どーもありがとうございました。

 

お後がよろしいようでm(__)m

皆さま、遅ればせながら明けましておめでとうございます。

さて、ワタクシこと台風カレー、慣れない年末の大掃除なんてやったせいか暮れから風邪を引き、予定が大幅に狂ってしまった年末年始休暇。公私の公では、年初は一年で一番忙しい時期でなかなか釣りに行けない日々でしたがやっと一段落して2020年の初釣りです。

 

今年の大間産黒鮪の初セリは19千万円、サクランボが80万円ですか?

サクランボ1粒でいくらなの?

この「初モノ」というのは、日本人にとっては大好きなようで縁起の良いものとして昔から珍重され、初物を食べると寿命が75日延びるなんて云われていたようです。

初釣りは1匹ごとに75日分長生き出来ますかね?爆  笑

 

今年の冬は、暖冬を通り越して大暖冬というらしいですね。これ「おおだんとう」なのか「だいだんとう」なのか読み方が分かりませんが、大寒波がだいかんぱと読むので「だいだんとう」が正解ですかね?

確かにワタシの地元でも氷点下になったのはほんの12回あったかどうかという程度です。雪不足でスキー場や雪まつりも雪の確保が出来ず大変なようです。反面ゴルフ場は活気があるようで。

世界に目を向けると、オーストラリアやカリフォルニア州では森林火災が止まらず困っています。緑が失われて酸素不足にまではならないでしょうが、大気汚染による呼吸器系疾患の増加や、CO2排出が抑えられずさらなる温暖化に拍車がかかってしまうのではないかと心配です。

日本が亜熱帯気候になっちまったらトラウトが棲めなくなって、フライフィッシングも失業だわ。

 

ということで(どういうことで?)今日は、WaDoNaにやって来ました。

事前に仕入れた情報では激シブらしい。といっても、他の管理釣り場もあまり良い情報は入ってこないので、だったら通いなれたところが一番ということです。

釣り支度をして釣り開始。

水温は、コーヒークリームの2てへぺろ

コーヒークリームパウダーは、クリープ・ブライト・ニドと数種類ありましたよね?

いまでも売っているんでしょうか?

そういえば昔、喫茶店でグアテマラ、モカやブラジルなどとストレートコーヒーの始まりの頃、ワタシの故郷で初物のウィンナーコーヒーというのが流行って、コーヒーの上にホイップした生クリームがお洒落で、生クリームを上唇でちょいと押しのけて下のコーヒーだけすすったら熱くて唇を火傷した、なんていうウィンナーコーヒーあるあるもウインク

(これ実話です→)ある行きつけの小さな喫茶店で、たまたまマスターが外出していたときにお客が入って来てウィンナーコーヒーを注文、たまたま留守を預かっていた女の子が、これまたたまたまウィンナーコーヒーという存在そのものを知らなかったため、その娘がサイフォンでポコポコとコーヒーを入れながら、やにわにウィンナーソーセージ二本を炒めて、コーヒーカップに入れよった!!!ポーン

見ていたワタシびっくり

おいおいちょっと待って、それ違うから!

いま思い出しても面白すぎて腹がよじれてしまうゲラゲラ

懐かしいですね。

 

水温2℃のワドナ、朝イチなのにフライに喰いつかない。

いつものニンフが全くダメ、サイズダウンを繰り返してやっと初バイト!

 

ワタシの初バイトは、高校生の時の酒販卸業だったなあ。初給料は1日働いて1,800円だったなあ。時給換算だと1,800÷8225円!今ならブラックだ…真顔

当時昼食の焼肉定食が360400円位だったので残るのが1,400円。夏休み中3週間分くらい貯めて旅行に行ったっけ。

 

話しを戻そう。

バイトするも食いが浅いのでバラシが多い。

ワドナの魚はデカいくせにフライは小さくしないと食わない、というよりかベタ底まで行ってる筈なのに何にも食わない。

マーカー釣りでやっと食わせた魚は全部20番以下のフライだった。

初釣行は、激シブで苦労しました。

釣果は、初物75日でいえば寿命約1000日分、いつもの半分でしたチーン

 

 

フィッシャーマンの皆さまにとって2020年は自己記録更新の良い釣果となりますようお祈り申し上げます。

 

年末ジャンボ宝くじは購入されましたか?

どこの売り場も凄い行列でした。列の長さが不況を如実に物語っているような気がします。

 

イルカさんの「なごり雪」という曲はご存知の方も多いかと思います。

フライフィッシャーでもある伊勢正三さんの曲です。

♪汽車を待つ君の横で僕は時計を気にしてる…

もう何十年も歌い継がれている名曲ですね。

歌詞の中に、去年よりずっと綺麗になった、というのがありますけど、まさに私の財布の中は、去年よりずっと綺麗になった~。去年よりずっと諭吉が減った~、です笑い泣き

日本語を知らない馬鹿首相が財布の紐を開いて、とおっしゃいましたが、紐は「絞める」か「緩める」だからね。アイツは官僚が書いたルビ付きの原稿がないとすぐにボロをだす。

 

子供の頃に面倒を見ていた養育係のばあやが「晋三坊ちゃんは、勉強はしないし宿題やったか聞いてもやったといってノートは真っ白、案の定学校へ白紙のノートを持ってゆくと怒られ罰としてノート1冊全部埋めてこいと宿題を出されてもそれでもやらない。仕方ないのでばあやが左手でノートを全部埋めることに。勉強はまったくしない、平気で嘘をつくどうしようもない子供だった」とか。

今でも嘘を嘘で固めるくらい平気なんだよね。已むも云々も杉原千畝も読めない、ものの例えも知らないこんな馬鹿が宰相であるという今の日本の不幸をもっと皆認識したほうがいい。それとメディアはもっとそういったことを国民に伝える義務があるのに各メディアの社長連中は安倍としょっちゅう高級寿司を食ってベッタリの仲なので忖度して何も言わない。

 

やはりこの不況の中で増税となった消費税10%の威力は凄まじいものがあります。

皆さん、2%の増税と言ってはいけません。確かに税率は2%アップですが、8%から10%になったということは、10÷81.25で、税金が実に25%もアップしたということなんです。

だから皆さんも消費税アップを口に出すときは、史上最悪税の消費税をよりによって25%も上げやがって…と言ってください。

たかが2%ではありません。某熱烈中華H高屋の餃子は210円が230円と20円上げですが割り返すと約10%の値上げ、チャーハンは約5%の値上げ。収入が上がらないので、こういう値上げがじわりじわりとボディブローのように効いてくる。今よりもっと年が明けてからのほうが景気は落ち込んでくるでしょう。東京五輪後はさらに悲惨な状況にあるでしょう。

国民が口々に怒りを声に出していかないと政治家にますますやりたい放題にやられます。それぞれが政治に物申し出鱈目な政治家は落とす時代にしましょうよ。でないと、消費税20%で年金支給開始年齢が70歳、後期高齢医療保険も3割自己負担なんて時代が近いうちに本当に到来してしまいますよ。

「何もいわない」「投票にもいかない」と、これ冗談ではなく本当になるよ。

なってからでは遅いからね真顔

 

さて今日は久しぶりのホーム釣行でワドナに来ています。

この時期のワドナはベタ底で口を使ってくれないので苦戦必至なのだが、年末のゴタゴタで忙しいため、たぶんこれが今年最後の釣りになりそうなので顔を出さないと、という思いでやってきました。

水質クリアー、やや減水気味で水温5℃前後。

今日は、水面直下のミッジングがダメな時用の新作フライを巻いてきた。

この前アトムさんが来て、午前は良いが午後は激シブ状態だったようで、今日もまったく同じパターンだったけれど、午後のシブい中このフライがマッチしたようで連発でした。

残念ながら60cm超えはならずとも、55cmオーバーが6本。他多数拍手

 

今日はこの新作フライが功を奏し、年の最後を締めくくるような良い釣りが出来ました。

え、どんなフライかって? それ聞きます?

 

今日爆釣したフライは、

 

冒頭の伊勢正三さんの作品で「ささやかなこの人生」という歌詞の一部にこんなのがあります。

  

♪誰にも心の片隅に 見せたくはないものがあるよね

 

 

お後がよろしいようでm(__)m