生きる。

テーマ:

太平洋戦争末期、日本は特攻という戦法で、アメリカ軍を震撼させた。
 
 
 
 
 
 
この事実についての善悪をつけるわけではなく、若くして命を散らしていった若者たち。 
 
 
 
 
 
戦後およそ30年後にフィリピンでのゲリラ作戦から帰還した小野田氏は、戦後30年後の日本国民について、生きることへの執念が全く感じられないと述べた。
 
 
 
 
 
死ぬ気でやるということを知らない私たち。
 
 
 
 
 
 
世界と、人との距離が近づいた今、私たちは思いついたら何だってできます。
 
  

 
 
 
あなたは何をしますか?何ができますか?