看護研究の取り組み

 

東京衛生アドベンチスト病院看護部では毎年

①病棟で取り組む看護研究

②卒後2年目の看護師がロイの看護理論を用いた事例研究を行っています。

看護研究を計画している病棟スタッフ対象の勉強会には、三育学院大学の市川光代教授をお招きして、看護研究の進め方について講義をしていただいています。講義では、研究デザインや論文の書き方まで丁寧に教えてくださり、研究を行っているスタッフには具体的なアドバイスをいただき、とても有意義な時間となりました。卒業後も大学の先生に教えていただく機会があり、とてもうれしく思っています。

卒後2年目は対象者が多かった為、オンラインにて系列の三育学院大学の本郷久美子先生に講義をしていただきました。看護研究委員会のサポートを受け、現在研究を進めているところです。

本来であればこの看護研究発表会は秋から年末にかけて行っていましたが、今年はコロナの影響で来年に行う予定となっています。

コロナ禍で業務も大変な時期ですが、病棟も2年目も自分のできる範囲で看護研究を進めているのでどのようなテーマを選択し、まとめて行っているのか大変楽しみです。

 

東京衛生アドベンチスト病院看護部モバイルサイトはこちら   http://tokyoeisei.gdd.jp/   音譜


東京衛生アドベンチスト病院ホームページはこちら    http://www.tokyoeisei.com/     もみじ