田吾作「今回は田吾作ファームで栽培中のキャベツの種まきを紹介する。」



「本来夏のキャベツ栽培は7月に種まきをするが、日照不足で育苗ができなかったため、苗の植え付け時期に直まきすることにした。」



「またプランターで結球させるために、品種はミニサイズのキャベツを選んだ。」



「キャベツは1種類を栽培している。」



「品種は甘乙女である。」





甘乙女








田吾作「これがキャベツの栽培スケジュールだ。」



「夏のキャベツ栽培は7月中旬に種まきをして、8月中旬から9月中旬に苗を植え付け、11月中旬から12月上旬に収穫期を迎える。」



「日照条件は日当たりが良くて風通しが良い場所が適している。」



「水やりは多湿に弱いため控えめに与える。」



「肥料は本葉が約10枚になった頃に、液体肥料を1週間ごとに2~3回くらい与え、その1ヶ月後に更に追肥を行う。」









田吾作「これがキャベツを栽培するためのプランターだ。」



「事前に堆肥と土壌改良剤を土に混ぜて連作障害対策をした。」



「連作をすると土の中の悪玉微生物が増えて、植物が病気になりやすくなってしまう。」



「つまり土の中に善玉微生物を増やすことによって、悪玉微生物が駆逐されて連作障害が発生しにくくなるのだ。」



「そのため事前の土作りの段階で善玉微生物を増やして、連作障害になりにくい環境を整えることにした。」









田吾作「キャベツの栽培に適した酸度は5.5~6.5pHだ。」



「酸度は苦土石灰を使ってアルカリ性に傾けた。」



「農薬はベニカXガード粒剤を使って虫と病気の対策をした。」



「肥料は苗の植え付け2週間前に遅効性の有機肥料、1週間前に緩効性の化学肥料を使った。」



「酸度の調整についてはサカタのタネの家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信、植物に必要な栄養素については住友化学園芸の肥料成分の働きを読んでほしい。」









田吾作「種は事前にメネデール100倍液に30分くらい浸した。」



「これによって種は栄養を補給できて生育を向上させることができる。」



「メネデールは植物活性剤でサプリメントのような効果を発揮してくれるのだ。」



「そのため一般的には植物に元気がないときに、葉面散布や灌水して使うことが多い。」



「希釈倍率の計算は、農家の味方の農薬希釈 自動計算を使うのが便利だ。」








田吾作「次に種をジベレリン50ppm液に30秒くらい浸した。」



「ジベレリンは植物自身が生長する際に分泌する成長ホルモンだ。」



「通常は植物の生長を促進させるために生育途中に使われることが多い。」



「種にジベレリン処理をすると、休眠打破の作用を発揮して発芽率と生育を向上させることが可能だ。」



「希釈倍率の計算は、住友化学園芸のジベレリン協和粉末を参考にしてほしい。」










田吾作「次に種に酸化チタンの粉末を散布した。」



「種に酸化チタンの粉末を散布すると、太陽光に敏感になって発芽しやすくなるという研究結果がある。」



「田吾作ファームは日照不足のため普通に種まきをしてもなかなか発芽しない。」



「そこで種に酸化チタンの粉末を散布して発芽を促進させることにした。」



「ただこれは商品化されたわけではないので、興味がある場合は自己責任で試してほしい。」









田吾作「こうしてキャベツの種まきが終わった。」



「昨年は種まきの時期が遅すぎたため、全く発芽することはなかった。」



「したがって今回は一般的な秋の栽培より、早めに種まきをして発芽適温に合わせることにした。」



「まだしばらくはベランダに直射日光が入ってこないので、投光器の光を照射して発芽を促進させたいと思っている。」



「田吾作ファームのキャベツの栽培は続く……。」

















人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォローしてね…

読者登録



如月祐介のブログ 「東方零式幻想歌」


LINE公式アカウント 「ハムスター通信」


歌詞の通信販売 「ジャパネット如月」


植物の通信販売 「ジャパネット田吾作」



日用品の通信販売 「ジャパネット花子」


如月祐介のキッチン 「花子クッキング」











田吾作「今回は田吾作ファームで栽培中のキャベツの土作りを紹介する。」



「キャベツは甘乙女という品種をプランターで栽培することにした。」



「おいしいキャベツを収穫するには栽培に適した土作りをすることが大切だ。」



「適正酸度は5.5~6.5pHなので、石灰を使ってアルカリ性に傾ける必要がある。」



「土作りは3週間かけて行うことにした。」





甘乙女








田吾作「まず苗の植え付け3週間前に連作障害ブロックWを土に混ぜた。」



「連作障害は土の栄養バランスが崩れて悪玉微生物が増えることで発生する。」



「この連作障害ブロックWには光合成細菌と天然ゼオライトが含まれている。」



「土に長く善玉微生物を生息させることを可能にして連作障害を防ぐ効果があるのだ。」



「根の周りや株元にばら撒くだけで悪玉微生物を寄せ付けない環境を作ることが可能だ。」








田吾作「次にハイパワーたい肥を土に混ぜた。」



「ハイパワーたい肥はいろんな微生物を繁殖させることで連作障害を防ぎ、作物の根張りを良くして保肥力を向上させ生育を促進してくれる。」



「成分の配合は米ぬかや酒かすやバークといった良質有機原料、腐植酸、鉄やマンガンやホウ素などの微量要素だ。」



「作物の土作りの際に使うことによって、病害虫の被害を受けずに栽培に適した土にしてくれる。」



「田吾作ファームでは、連作障害ブロックWとハイパワーたい肥の組み合わせで連作障害の対策をした。」









田吾作「苗の植え付け2週間前には酸度調整のためにハイパワー苦土石灰を土に混ぜた。」



「ハイパワー苦土石灰は、土のバランスを整えて酸度をアルカリ性に傾ける苦土石灰が主成分だ。」



「また実付きを良くするようりんと、土をふかふかにする腐植酸と、旨味を向上させるホウ素やマンガンなどの微量要素が含まれている。」



「この他に石灰には消石灰や有機石灰などがあって、それぞれの効果と植え付けまでの期間に違いがある。」



「酸度の調整については、サカタのタネの家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信を読んでほしい。」









田吾作「次にぼかし完熟有機100%肥料を土に混ぜた。」



「ぼかし完熟有機100%肥料は完熟した発酵肥料で、根を痛めたりなどの障害が少なくなる。」



「また有機質が微生物の餌になって働きが活発になるため、土がふかふかの団粒構造になる。」



「成分の配合はジュースの搾りかすなどの加工残渣や魚粕や卵殻などである。」



「豊富なアミノ酸が野菜の甘味と旨味を引き出して花は色鮮やかになる。」






田吾作「苗の植え付け1週間前には農薬のベニカXガード粒剤を土に混ぜた。」



「ベニカXガード粒剤は粒タイプの殺虫殺菌剤で、土に混ぜるだけで虫と病気を同時に予防できる。」



「従来の農薬が虫だけを予防するのに対して、ベニカXガード粒剤は病気も予防できるのが特徴だ。」



「殺虫成分が植物全体に行き渡って効果が続き、菌の力で病気への抵抗力を高めて、虫と病気を同時に対策することができる。」



「家庭菜園でおなじみの花や野菜や観葉植物など幅広く使うことが可能だ。」







田吾作「次に土壌改良剤のバーミキュライトを土に混ぜた。」



「バーミキュライトは蛭石という鉱物を焼いて膨張させたもので、保水性や排水性や保肥力が良い土にしてくれる。」



「雑菌の心配がないため種まきや挿し木にも適している。」



「また中が空洞になっているため断熱性があり、夏の暑い時期でも土の温度が高くなりにくく、冬の寒い時期には土の温度が冷えにくくなる。」



「土作りの配合は培養土が約60%、堆肥が約20%、バーミキュライトが約20%くらいだ。」









田吾作「次にマイガーデンベジフルを土に混ぜた。」



「このマイガーデンベジフルは緩効性の化学肥料で、植物の生育に必要な栄養素がバランス良く配合されていてゆっくりと効くのが特徴だ。」



「肥料成分は樹脂コーティングされていて、土の温度変化や植物の生育に合わせて溶け出す量が調整される。」



「また植物が肥料を吸収しやすくなる働きや保水性と通気性を高めるなど、土に活力を与える作用がある腐植酸を配合している。」



「植物に必要な栄養素については、住友化学園芸の肥料成分の働きを読んでほしい。」










田吾作「以上がキャベツを栽培するための土作りだ。」



「キャベツの土作りのポイントは、元肥と追肥をしっかりと施して結球を促すことにある。」



「土が栄養不足だとキャベツは結球せずに開いたままになってしまうのだ。」



「プランターの栽培で結球させるのは難しいが、可能な限り丸くて大きなキャベツを収穫したいと思っている。」



「田吾作ファームの土作りへの探究は続く……。」






















人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォローしてね…

読者登録



如月祐介のブログ 「東方零式幻想歌」


LINE公式アカウント 「ハムスター通信」


歌詞の通信販売 「ジャパネット如月」


植物の通信販売 「ジャパネット田吾作」



日用品の通信販売 「ジャパネット花子」


如月祐介のキッチン 「花子クッキング」











田吾作「今回は田吾作ファームで栽培中のキャベツの品種を紹介する。」



「キャベツはヨーロッパが原産でアブラナ科の植物である。」



「野生種は海岸の崖の上に自生しているヤセイカンランで、元々は現在のように丸く結球する性質を持たなかった。」



「古くから薬用の野菜として品種改良が繰り返され、13世紀に入って丸く結球する品種が生まれたと言われている。」



「アメリカ大陸にはヨーロッパ人によって持ち込まれ、先住民がキャベツ栽培をしていたという記録が残っている。」










田吾作「日本には江戸時代前期にオランダ人によって持ち込まれたが、食用として広まることはなく、観賞用として一部で栽培されるにとどまった。」



「キャベツが一般的に食べられるようになったのは戦後になってからで、それまでは甘藍 (かんらん) と呼ばれて洋食で使われる程度だった。」



「なおキャベツはトンカツに千切りとして添えられることが多いが、これは明治時代に東京の洋食店で始めたことが広まったと言われている。」



「それまではキャベツの生食もトンカツも一般的ではなかった。」



「ちなみにシュークリームのシューとはフランス語でキャベツのことで、直訳するとクリームの入ったキャベツという意味になる。」










田吾作「キャベツは古くから品種改良が繰り返されており、現在ではいろんな種類の品種が存在している。」



「冬系キャベツは加熱しても煮崩れしにくく、春系キャベツはみずみずしくて柔らかいためサラダに適している。」



「紫キャベツはアントシアニンが豊富に含まれていて、キャンディーやゼリーなどの着色料としても使われている。」



「グリーンボールは肉厚の割に柔らかいミニキャベツである。」



「芽キャベツはベルギーが原産の変種で、ほろ苦い味をしていることから、バター炒めやシチューなど洋風の煮込み料理に適している。」








田吾作「甘乙女はミニサイズで緑色のキャベツである。」



「重さは約500g前後で、定植後約50~60日で収穫できる極早生種だ。」



「甘味があるため生食でも炒め物でもおいしく食べられる。」










田吾作「このようにキャベツは意外にも日本での歴史は浅いが、トンカツの付け合わせとして庶民的な野菜になった。」



「ちなみにトンカツには元々ブイヨンスープで煮込んだキャベツが添えられていた。」



「ところが1904年に日露戦争が勃発して、男性従業員が徴兵されたため人手不足になってしまった。」



「そこで手間がかからない生のキャベツの千切りを出したところ、客に喜ばれて定番の組み合わせになったという。」



「田吾作ファームのキャベツの栽培は続く……。」















人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォローしてね…

読者登録



如月祐介のブログ 「東方零式幻想歌」


LINE公式アカウント 「ハムスター通信」


歌詞の通信販売 「ジャパネット如月」


植物の通信販売 「ジャパネット田吾作」



日用品の通信販売 「ジャパネット花子」


如月祐介のキッチン 「花子クッキング」











田吾作「今回はジャパネット田吾作の経営危機について紹介する。」



「田吾作ファームでは植物の苗をメルカリで販売している。」



「特にミニトマトの苗は主力商品としてたくさん売ることができた。」



「まだ在庫はたくさんあるので、しばらくは売り物に困らないと思っていた。」



「そんなジャパネット田吾作に突如として危機的な状況が訪れた。」










田吾作「なんとミニトマトの苗にうどんこ病が発生してしまったのだ。」



「それもわずか数日で一気に広がって、ミニトマトの苗に壊滅的な被害をもたらした。」



「うどんこ病とは糸状菌と呼ばれるカビが原因で、植物に感染すると葉や茎が小麦粉のようなカビに覆われ、光合成ができなくなって枯れてしまう病気だ。」



「ジャパネット田吾作では十分に病気の予防をしていたのだが、秋になってカビが繁殖しやすい時期になったこともあって大発生してしまったようだ。」



「まさかこんなに短期間にうどんこ病が発生して広がるとは思いもせず、弱ったミニトマトの苗を見つけたときは大きなショックを受けた。」










田吾作「うどんこ病は5~6月、9~11月に発生しやすい病気で、それぞれの植物によって原因となる糸状菌は違っている。」



「つまりナス科のトマトのうどんこ病は、他の植物には感染しないのだ。」



「例えば田吾作ファームでは他に菊芋がうどんこ病になっているが、トマトのうどんこ病とは違う糸状菌が原因だ。」



「確かに秋はキノコがプランターにも生えるので、うどんこ病のリスクは考えられたのだが、経験不足から今回の事態を招いてしまった。」



「ここで病気の予防と治療に効果的な農薬を紹介しよう。」








田吾作「ベニカXネクストスプレーは液体タイプの殺虫殺菌剤である。」



「世界初の5種類成分配合で、即効性と緩効性を兼ね備えているため、効果がすぐに表れて持続する。」



「殺虫殺菌成分は害虫の退治と予防、病気の治療と予防に効果がある。」



「薬剤抵抗性を持った害虫や病気にも効果的で、植物全体に浸透するため雨にも強い。」



「スプレーボトルは軽い引き心地のロングトリガーを採用しており、様々な使用シーンに合わせて散布パターンを変えることが可能だ。」






田吾作「ベニカXガード粒剤は固形タイプの殺虫殺菌剤である。」



「ベニカXガード粒剤は粒タイプの殺虫殺菌剤で、土に混ぜるだけで虫と病気を同時に予防できる。」



「従来の農薬が虫だけを予防するのに対して、ベニカXガード粒剤は病気も予防できるのが特徴だ。」



「殺虫成分が植物全体に行き渡って効果が続き、菌の力で病気への抵抗力を高めて、虫と病気を同時に対策することができる。」



「家庭菜園でおなじみの花や野菜や観葉植物など幅広く使うことが可能だ。」










田吾作「このように今回は育苗の経験不足から、うどんこ病の大発生を招いてしまった。」



「メルカリは副収入としては十分な売り上げがあっただけにダメージは大きい。」



「ただトマトは多年草なので、秋や冬の時期も温度管理をしっかりすれば育苗は可能だ。」



「失敗は成功のマザーと長嶋茂雄は言ったが、今回の失敗を教訓にして新たにミニトマトの育苗を始めようと思っている。」



「ジャパネット田吾作の成長戦略は続く……。」

















人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォローしてね…

読者登録



如月祐介のブログ 「東方零式幻想歌」


LINE公式アカウント 「ハムスター通信」


歌詞の通信販売 「ジャパネット如月」


植物の通信販売 「ジャパネット田吾作」



日用品の通信販売 「ジャパネット花子」


如月祐介のキッチン 「花子クッキング」











田吾作「今回は田吾作ファームで栽培中の唐辛子の生育を紹介する。」



「唐辛子も他の夏野菜と同様に日照不足の影響を受けていたが、投光器の光を照射するようになってから元気に育っていった。」



「そして白色の花を咲かせた唐辛子は、結実して辛味を感じさせる赤色に染まっていった。」



「唐辛子は1種類を栽培している。」



「品種は鷹の爪である。」





鷹の爪





鷹の爪の花





田吾作「唐辛子の花はピーマンやパプリカの特徴とほとんど同じである。」



「何故ならピーマンやパプリカの祖先は唐辛子だからだ。」



「ピーマンやパプリカは辛味が少ない唐辛子の一種と言うことができるだろう。」





鷹の爪の未熟な果実





田吾作「そして花が枯れて結実すると緑色の果実を付ける。」



「このときに唐辛子は環境によって、完熟したときの辛味が変わってくる。」



「唐辛子は暑い地域では辛くなり、寒い地域では辛くならない性質があるからだ。」





鷹の爪の完熟した果実





田吾作「そして完熟するとお馴染みの赤色に染まる。」



「唐辛子が辛味の主成分であるカプサイシンを含んでいるのは身を守るためだと思われる。」



「果実を食べた動物が辛味に驚いて吐き出し、そこに種が落ちて発芽するという仕組みなのだろう。」










田吾作「このように唐辛子は数は少ないながらも収穫することができた。」



「試しに鷹の爪を食べてみたら、未熟な緑色の状態で想像を絶する辛さになっていた。」



「完熟した赤色の状態は、ブート・ジョロキアやキャロライナ・リーパーを感じさせるほどだった。」



「日照不足で唐辛子本来の辛味を引き出せたのは、土作りが良かったからだと思われる。」



「田吾作ファームの唐辛子の栽培は来年に続く……。」
















人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォローしてね…

読者登録



如月祐介のブログ 「東方零式幻想歌」


LINE公式アカウント 「ハムスター通信」


歌詞の通信販売 「ジャパネット如月」


植物の通信販売 「ジャパネット田吾作」



日用品の通信販売 「ジャパネット花子」


如月祐介のキッチン 「花子クッキング」











田吾作「今回は田吾作ファームで栽培中のニガウリの生育を紹介する。」



「ニガウリも日照不足で発芽不良と生育不良に陥っていたが、投光器の光を照射するようになってから旺盛に生長するようになった。」



「そして雄花と雌花が次々に咲いたので、受粉させて結実を促すことにした。」



「ニガウリは2種類を栽培している。」



「品種は緑せんぼん、白せんぼんである。」





緑せんぼん


白せんぼん





緑せんぼんの雄花





田吾作「緑せんぼんは緑色のミニニガウリである。」



「これが緑せんぼんの雄花で、花の中心部分に花粉が付いているのが特徴だ。」



「この雄花を取って雌花に花粉を付けると、受粉して結実するということだ。」





緑せんぼんの雌花





田吾作「これが緑せんぼんの雌花で、花の下の部分が膨らんでいるのが特徴だ。」



「雌花は受粉すると、この部分が肥大していって食用になる。」



「受粉しない場合は、肥大せずに黄色くなって完熟してしまう。」





緑せんぼんの果実





田吾作「これが十分に肥大した緑せんぼんの果実だ。」



「緑せんぼんはミニサイズなので大きさは大体これくらいだ。」



「白せんぼんは残念ながら発芽不良でまともに育たなかった。」











田吾作「このようにニガウリは緑せんぼんをいくつか収穫することができた。」



「今回の栽培で日照不足であっても、投光器で人工的に光を照射すればニガウリは育つことが分かった。」



「来年は西側のベランダで育苗するか、早めに種を直まきして投光器の光を照射しようと思う。」



「そうすれば通常サイズのニガウリでも栽培することができるはずだ。」



「田吾作ファームのニガウリの栽培は来年に続く……。」

















人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォローしてね…

読者登録



如月祐介のブログ 「東方零式幻想歌」


LINE公式アカウント 「ハムスター通信」


歌詞の通信販売 「ジャパネット如月」


植物の通信販売 「ジャパネット田吾作」



日用品の通信販売 「ジャパネット花子」


如月祐介のキッチン 「花子クッキング」











田吾作「今回は田吾作ファームで栽培中のピーマンの生育を紹介する。」



「今年のピーマン栽培ではミニサイズの品種を栽培することにしたが、日照不足で育苗に失敗して、まともに育たない状態に陥っていた。」



「ところが投光器の光を照射して日照不足を補ったところ、ピーマンは元気に発芽して育つようになった。」



「ピーマンは1種類を栽培している。」



「品種はピー太郎である。」





ピー太郎





ピー太郎の花





田吾作「ピー太郎は緑色のミニピーマンである。」



「このようにピー太郎は唐辛子に似た白色の花を咲かせた。」



「元々ピーマンは唐辛子が先祖なので、植物としての特徴がよく似ている傾向がある。」





ピー太郎の果実





田吾作「そして開花した後に小さなサイズのピーマンが結実した。」



「ピー太郎は苦くない品種のばずだが、田吾作は土作りが良いせいか、スーパーのピーマンより青臭くて苦かった。」



「田吾作ファームのピー太郎の味は、子供はもちろん大人も好き嫌いがはっきり分かれると思う。」










田吾作「このようにピーマンは収穫量は少なかったが、土作りがうまくいったせいか本来の風味を引き出すことに成功した。」



「正直なところピー太郎は、何がこどもピーマンだってくらい青臭くて苦かった。」



「したがって子供に無理やりピーマンを食べさせるのは止めた方がいいだろう。」



「ピーマンやビールやコーヒーの苦味を楽しめるのは大人の味覚である。」



「田吾作ファームのピーマンの栽培は来年に続く……。」















人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォローしてね…

読者登録



如月祐介のブログ 「東方零式幻想歌」


LINE公式アカウント 「ハムスター通信」


歌詞の通信販売 「ジャパネット如月」


植物の通信販売 「ジャパネット田吾作」



日用品の通信販売 「ジャパネット花子」


如月祐介のキッチン 「花子クッキング」











田吾作「今回は田吾作ファームで栽培中のナスの生育を紹介する。」



「ナスは日照不足で育苗に失敗したため、プランターに種を直まきして栽培することになった。」



「そして投光器の光で日照不足を補ったところ、何とか発芽して旺盛に生長するようになった。」



「ナスは1種類を栽培することにした。」



「品種はうす皮味丸である。」





うす皮味丸






うす皮味丸の花





田吾作「夏野菜の栽培に苦戦する中で、ナスは最も早く紫色の花を開花させた。」



「同じナス科のトマトに花の特徴がよく似ている。」



「性質もトマトと同じなので、トマトトーンを使えば受粉しなくても結実する。」



「トマトトーンはオーキシンという植物ホルモンが主成分で、トマトやナスの花に散布すると受粉したのと同じ状態になるのだ。」



「トマトやナスは受粉するとオーキシンを分泌して結実するため、人工的に与えることによって簡単に結実させることができるというわけだ。」





うす皮味丸の果実





田吾作「そして開花した後にナスの果実ができた。」



「うす皮味丸は小さなサイズのナスなので、生長してもこれくらいの大きさだ。」



「ナスの花はたくさん咲いて次々に結実した。」



「味は一般的なナスとそれほど変わらなかった。」



「投光器まで使って何とか収穫しただけに嬉しかった。」










田吾作「このようにナスは夏野菜の栽培で苦戦する中で何とか収穫できた。」



「今年は小さなサイズの夏野菜を収穫することが目標だったので、日照不足の中ではまずまずの結果だと言えるだろう。」



「来年は育苗の場所を見直して、無理そうなら早めに種を直まきして投光器の光を照射するつもりだ。」



「ナスは9月に入ってから開花しなくなったので撤収しようと思っている。」



「田吾作ファームのナスの栽培は来年に続く……。」















人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォローしてね…

読者登録



如月祐介のブログ 「東方零式幻想歌」


LINE公式アカウント 「ハムスター通信」


歌詞の通信販売 「ジャパネット如月」


植物の通信販売 「ジャパネット田吾作」



日用品の通信販売 「ジャパネット花子」


如月祐介のキッチン 「花子クッキング」











田吾作「今回は田吾作ファームで栽培中のジャガイモの生育を紹介する。」



「秋ジャガイモは8月20日に種芋を植え付けたが、その後に雨の日が続いてしまったため、種芋が腐ってしまうのではないかと心配していた。」



「ところが種芋はほとんど全ての品種が発芽して、驚くほど早く生長していったため、このタイミングで1回目の芽かきと追肥と土寄せを行うことにした。」



「ジャガイモは14種類を栽培している。」



「品種は農林1号、デジマ、普賢丸、さんじゅう丸、とうや、オホーツクチップ、ながさき黄金、ニシユタカ、アイユタカ、アイマサリ、アイノアカ、アンデスレッド、レッドムーン、ドラゴンレッドである。」





農林1号


デジマ


普賢丸


さんじゅう丸


とうや


オホーツクチップ


ながさき黄金


ニシユタカ


アイユタカ


アイマサリ


アイノアカ


アンデスレッド


レッドムーン


ドラゴンレッド










田吾作「ジャガイモは種芋から発芽して、茎が約10cmくらいになったら芽かきという作業をする。」



「種芋からは複数の茎が伸びてくるため、そのまま放っておくと葉と茎に栄養を取られて、地中の芋が肥大しにくくなるのだ。」



「つまり地中の芋を肥大させるには、育ちの良い茎を2~3本残して、他の余分な茎を全て抜いた方がいい。」



「この作業は芽かきと呼ばれていて、ジャガイモ栽培にとって必須なプロセスである。」



「こうして余分な茎を抜くことによって、種芋は地中に新たな芋を作って肥大させることができるのだ。」










田吾作「芽かきを終わったら追肥にカリという化学肥料を使うのが一般的である。」



「ただカリには塩化カリと硫酸カリの2種類があるので注意してほしい。」



「何故なら硫酸カリを使うとでんぷん質のホクホクした芋になるが、塩化カリを使うと繊維質のパサパサした芋になってしまうからだ。」



「したがってジャガイモの追肥に使うのは硫酸カリが正解である。」



「硫酸カリは即効性のため、芋の肥大期に最も適した化学肥料と言えるだろう。」










田吾作「次に茎の周りに盛り土をする土寄せという作業をする。」



「新しい芋は種芋の上にできるため、土寄せをしないと日光に当たってしまうのだ。」



「ジャガイモは日光に当たると青くなってソラニンという毒を生成する性質がある。」



「よく学校で栽培したジャガイモを食べて食中毒になった話を聞くが、あれは土寄せが不十分だったことが原因だろう。」



「また土寄せをすることによって追肥の効果を向上させることもできる。」










田吾作「こうして秋ジャガイモの1回目の芽かきと追肥と土寄せが終わった。」



「アイノアカという品種だけ休眠中なのか発芽していなかったが、種芋の植え付け時にジベレリン処理をして休眠打破したので大丈夫だろう。」



「冷蔵庫で長期保存して休眠打破したとうや、オホーツクチップ、レッドムーンという品種も発芽したので大丈夫そうだ。」



「やはりジャガイモ栽培が始まると、家庭菜園を楽しんでいるという気持ちが強くなる。」



「田吾作ファームのジャガイモの栽培は続く……。」


















人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォローしてね…

読者登録



如月祐介のブログ 「東方零式幻想歌」


LINE公式アカウント 「ハムスター通信」


歌詞の通信販売 「ジャパネット如月」


植物の通信販売 「ジャパネット田吾作」



日用品の通信販売 「ジャパネット花子」


如月祐介のキッチン 「花子クッキング」











田吾作「今回は田吾作ファームで栽培中のジャガイモの種芋の植え付けを紹介する。」



「今年は全国的に春ジャガイモが不作だったため、秋ジャガイモの種芋があまり出回らなかった。」



「そこで春に購入した種芋を長期間保存したり、食用のジャガイモを自分で農薬処理して種芋を作った。」



「ジャガイモは14種類を栽培している。」



「品種は農林1号、デジマ、普賢丸、さんじゅう丸、とうや、オホーツクチップ、ながさき黄金、ニシユタカ、アイユタカ、アイマサリ、アイノアカ、アンデスレッド、レッドムーン、ドラゴンレッドである。」





農林1号


デジマ


普賢丸


さんじゅう丸


とうや


オホーツクチップ


ながさき黄金


ニシユタカ


アイユタカ


アイマサリ


アイノアカ


アンデスレッド


レッドムーン


ドラゴンレッド
田吾作「これがジャガイモの栽培スケジュールだ。」



「秋ジャガイモは8月下旬から9月中旬に種芋を植え付け、収穫時期は11月中旬から12月上旬である。」



「日照条件は日当たりが良くて風通しが良い場所が適している。」



「水やりは乾燥に強くて過湿に弱いため、基本的には他の植物のように頻繁に与える必要はない。」



「肥料は草丈が約10cmと約30cmの頃に硫酸カリを与える。」










田吾作「これがジャガイモを栽培するプランターだ。」



「事前に堆肥と土壌改良剤を土に混ぜて連作障害対策をした。」



「連作をすると土の中の悪玉微生物が増えて、植物が病気になりやすくなってしまう。」



「つまり土の中に善玉微生物を増やすことによって、悪玉微生物が駆逐されて連作障害が発生しにくくなるのだ。」



「そのため事前の土作りの段階で善玉微生物を増やして、連作障害になりにくい環境を整えることにした。」










田吾作「ジャガイモの栽培に適した酸度は5.5~6.0pHだ。」



「酸度はピートモスと硫酸カリを使って酸性に傾けた。」



「農薬はベニカXガード粒剤を使って虫と病気の対策をした。」



「肥料は苗の植え付け2週間前に遅効性の有機肥料、1週間前に緩効性の化学肥料を使った。」



「酸度の調整についてはサカタのタネの家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信、植物に必要な栄養素については住友化学園芸の肥料成分の働きを読んでほしい。」









田吾作「種芋は事前にメネデール100倍液に30分くらい浸した。」



「これによって種芋は栄養を補給できて生育を向上させることができる。」



「メネデールは植物活性剤でサプリメントのような効果を発揮してくれるのだ。」



「そのため一般的には植物に元気がないときに、葉面散布や灌水して使うことが多い。」



「希釈倍率の計算は、農家の味方の農薬希釈 自動計算を使うのが便利だ。」










田吾作「こうしてジャガイモの種芋の植え付けが終わった。」



「今年の秋はちょっと早めに種芋を植え付けて、冬の寒さが本格的になる前に、地下の芋を十分に肥大させることにした。」



「事前に種芋の芽出しをしっかりと行ったため、すぐに萌芽して元気に育っていくはずだ。」



「特に春に種芋を購入した冷蔵庫組の品種が、どのように育っていくのか非常に興味深いと思っている。」



「田吾作ファームのジャガイモの栽培は続く……。」






















人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


フォローしてね…

読者登録



如月祐介のブログ 「東方零式幻想歌」


LINE公式アカウント 「ハムスター通信」


歌詞の通信販売 「ジャパネット如月」


植物の通信販売 「ジャパネット田吾作」



日用品の通信販売 「ジャパネット花子」


如月祐介のキッチン 「花子クッキング」