生き物いっぱい

テーマ:
無農薬・無肥料の自然農&あうんユニットのエナジー水&アートテン農法のうちの田圃と畑。
 
いろんな生き物がいっぱい。
 
 

 
 
黒アゲハがヒラヒラ。
 
実に優雅に飛び回る。
 
 
 
 
カラスもうるさいくらい、おしゃべりしていて隣の作業小屋からいつもじっと見てる。
 
三羽ほど、あーしたこーしたと、まるで会話しているみたい。
 
 
 
 
イナゴもビョーン。
 
凄い跳躍。
 
 
 
 
カエルも、ちょっとどいてって言うほど。
 
それを狙うヘビちゃんも。
 
 
 
 
稲の間には、ひっそりと蜘蛛が。
 
朝露に濡れてキラキラ光る蜘蛛の巣を張る。
 
 
 
 
花には必ず、様々な蜂ちゃん。
 
受粉の為の重要な存在。
 
 
 
 
だけど、コヤツだけはちょっと勘弁してほしい。
 
お米の汁を吸って黒い斑点米にしてしまう、クモヘリカメムシ。
 
味まで苦くなるので、毎日カメ虫捕り。
 
お願いだからあんまり来ないでね。
 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ    
にほんブログ村  田舎暮らしランキング

 

AD

オームユニゾン

テーマ:
サウンドヒーリングの施術を受けに京都へ。
 
メタトロンSAKURAでの修復と前回のサウンドヒーリングの施術で、悪くなっていた腎臓の左はかなり良くなっていた。
 
ホッ。
 
右側はあと一息という感じ。
 
ベッドに横たわってチャイムや音叉の響きに包まれるとすぐにトロトロン。
 
周りの気配は分かっているのに身体は寝ている様な状態であっという間に気持ちの良い時間が過ぎた。
 
功刀さん、中野さん、山本さん、ありがとうございました。
 
 

 
 
前回セルフケア用に音叉を注文していたのが、オームユニゾン。
 
宇宙の中心の響きだとか。
 
使い方を教えて頂いてさっそく、ビィーンビィーン。
 
身体に心地よい響きが伝わる。
 
 

 
 
施術の後は街中に出て行く気になれなくて、近くの六角堂にだけ参拝。
 
如意輪観音様にご挨拶して早々に帰宅。
 
 

 
 
おうちちゃんにまずはただいまの御挨拶をして、さっそくビィーンビィーン。
 
各部屋、須弥壇、床の間、押し入れ、お風呂、トイレにビィーンビィーン。
 
水やバナナ、お米に調味料、浄水器、その他もろもろにもビィーンビィーン。
 
 

 

 
 
もちろん、身体にもビィーンビィーンしておいた。
 
頭の天辺に当てるとすごく気持ちいい。
 
 

 
 
明日は、あうんユニットの菌ちゃんや糠床ちゃんにもやってあげよう。
 
みんな喜んでくれるかな。

 
 
 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ   
にほんブログ村  田舎暮らしランキング
 
AD

赤米もち米

テーマ:

台風が過ぎて、カラリと晴天。

 

今回の台風、崖が崩れて通行止めになったり、電柱が倒れたりと被害が出た。

 

 

 

 

稲刈りしてない近所の田圃の稲はバタンバタンと倒れている。

 

うちの自然農の田圃は密に植えてないので、想像したより被害は少なかった。

 

 

 

 

だけども、強い風が渦巻いたのか部分的に倒れているところがある。

 

そのままにしておけないので、せっせと倒れた稲を持ち直す。

 

「ごめんねぇー、大変だったねぇー」って。

 

 


 

赤米のもち米もだんだんと穂が垂れて来ていて綺麗。

 

古代米なのでノギが長く出ていて、まるで麦みたい。

 

 

 

 

獣が食べた時に喉に引っ掛かって食べづらいそうで、被害の出る田圃では重宝。

 

うちではイノシシが入らないので被害はないが、風邪に揺れる赤い稲穂が美しいので毎年植える。

 

 

 

 

品種改良をされていないので、素朴な味わい。

 

だけど、生命力やエネルギー数値はめちゃめちゃ高い。

 

 

 

 

今年の暮れにはこの赤い餅米で餅を搗き、赤いお供え餅を作る。

 

白米に混ぜて炊いても綺麗。

 

今から楽しみ。

 

 

 

 

穂全体が、しっかり黄色くなって米粒が熟してから稲刈り。

 

まだまだ田圃で成熟中。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ   
にほんブログ村  田舎暮らしランキング

 

AD

ニラ味噌

テーマ:

禅寺の山門の脇には、「不許葷酒入山門」(葷酒山門に入るを許さず/くんしゅ さんもんに いるをゆるさず)と書かれた戒壇石といわれるものがある。

 
お酒や五葷(ねぎ・にら・にんにく・らっきょ・あさつき)は持ち込むことを許さないということ。
 
葷酒は、修行の妨げになるとされているかららしいが、現代ではほとんどが問題視されず。
 
お酒も、般若湯(はんにゃとう)と言って、折に触れて飲まれているし。
 
ちなみに、ビールは泡般若(あわはんにゃ)。
 
うちのお寺には、戒壇石さえないので出入りOK。
 
ニラ大好き。  
 
 
 
 
一度種を蒔いて栽培すると、自然にこぼれた種で毎年勝手に生えて来てくれる。
 
売っているニラよりも細いけれど、香り高く、力強い味。
 
 
 
 
秋になると、白い可憐な花を咲かせる。
 
味に似あわず清楚な花。
 
 
 
 
ニラはザクザク切ってニラ味噌に。
 
ご飯のお供に最適。
 
もうこれだけで、十分。
 
スリごまと醤油とごま油を入れた、ゴマにらも好きだけど、ニラ味噌も大好き。
 
 
 
 
炒めて火を入れたニラ味噌は保存には向くけど、生ニラと生味噌のニラ味噌の方が好き。
 
作るのも簡単、刻んで混ぜるだけ。
 
 
 
 
香りと味が何とも言えなくて、食べると身体がカァーッと熱くなる。
 
元気出るーって感じ。
 
 

彼岸花

テーマ:
かぼちゃ畑の中にすっくと伸びた彼岸花。

群生したのも綺麗だけど、一本すっと伸びたのも又、美しい。

凜としていて、咲いている姿にはっとする。





別名、曼珠沙華(まんじゅしゃげ)。

サンスクリット語で天界に咲く花という意味。

おめでたい事が起こる兆しに赤い花が天から降ってくる、という仏教の経典から来ているらしい。








その反面、土葬していた昔、もぐらや野ねずみ避けに近くに植えたことから、死人花(しにびとばな)とも。

どんな名前でも、綺麗は綺麗。








根には毒があって食べられないけど、田圃の畔に植えるともぐら避けになる。

炎症を抑える効果があって、膝に水がたまった時にすりおろしてして湿布する。

毒と薬の両方を併せ持つ花。





見ていると不思議な気持ちになる赤い花。

あぁもう秋なんだなぁ。

ちょっと切ない。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ    
にほんブログ村  田舎暮らしランキング