TAG・StaffBlog

TAG・StaffBlog

ログハウス・北欧住宅を建築中♪

TAG・Staffブログをご覧の皆様、こんばんは( ^o^)ノ

 

すっかり寒くなりました。

 

風邪引かないように気をつけましょうねウインク

 

 

 

今年の初め、まだ世の中がコロナ騒動になる前、

 

家狭いな~

 

荷物増えたな~

 

子供ができたらこの家には住めないな~

 

なんてことを思うようになり、新居探しをスタートしました。

 

今の住まいと同じエリアで、今よりも広くすると、

 

駐車場一台を含め月々12万円前後~13万円くらいの

 

賃貸マンション情報がヒットしました。

 

今より4万円~5万円UP汗

 

 

 

待てよ。この額支払い続けるなら家買おうかな。

 

我が家のマイホーム計画はこんな感じでスタートしました。

 

 

 

持ち家、賃貸、どちらの場合でも新しい住処を考える理由は

 

各ご家庭それぞれ違いますよねビックリマーク

 

 

 

我が家の場合は『せまい』がきっかけでした。

 

 

 

そんなこんなで土地探しを初めて6ヶ月、

 

エリア広さ、なにより大事な予算

 

全ての要望をバランス良く叶えてくれる土地に出会えました恋の矢

 

 

 

ちなみにですが、気に入った土地がみつかってからは

 

スピードが勝負!!

 

これは、本当に本当。

 

 

 

今回の土地に出会う前にも、

 

気に入った土地が2つありました。

 

2つとも予算の不安があり、

 

二の足を踏んでいたら、あっという間に他に先を越されました。

 

その甲斐もあって、3度目の正直、

 

これは絶対に逃さないビックリマークって思えたのは良かったことです。

 

 

 

気に入った土地が見つかった=他の人も気に入っています。

 

誰かに買われないためにも、とにかくスピード勝負。

 

この土地でいいのか否か、即決するためには、

 

いい土地に出会う前に沢山の土地を見て、

 

いざという時に土地の善し悪しを判断できるだけの

 

知識武装をしておきましょうね。

 

 

 

そんなこんなで一喜一憂しながらも楽しみながら

 

土地探しをすることが出来ましたグッ

 

 

 

8月下旬に土地の決済を迎え、

 

元々建っていたお家を壊したり、

 

境界塀を建てたり、

 

造成工事を経て、ようやく地鎮祭お祝い

 

 

 

 

これまでの経験を生かし、

 

いいお家が完成するよう

 

色々と考えていかなくてはいけません合格

 

がんばります。

 

 

 

工事中の様子は随時公開していきますので、お楽しみにルンルン

 

 

 

 

誤字にはご注意をパー

 

 

 

それでは、また!

 

小山でした

TAG・Staffブログをご覧の皆様、こんにちは( ^o^)ノ

 

ScanDHOMEの特徴である木製窓やドア、

 

そして木製サイディング(内装の壁に貼る木の板)や階段材が

 

港に到着しましたキラキラ

 

 

国内の商社や問屋さんを介さず、

 

直輸入しているのでコスパ良しグッ

 

そして何より、高性能で、かつ、デザイン性に富む。

 

 

コスパ良し、 性能良し、 デザイン良し。

 

3拍子揃った輸入材をご提供できるのは、

 

直輸入しているからに他なりませんウインク

 

色選びも自由なので、夢が広がりますね。

 

 

 

是非、ご検討ください。

 

それでは、また!

 

小山でした

TAG・Staffブログをご覧の皆様、こんばんは( ^o^)ノ

 

久々に気っ持ちのいい天気合格

 

昼過ぎまで現場にいたら顔が真っ赤になる程の日焼けをしました。

 

今夜は寝苦しそうだ。

 

 

さて、何を植えてはいけないのか。

 

それは、です。

 

 

竹林に行けば和を感じ、心が安らぎます。

 

昔から建築資材として用いられ、

 

今でも足場や仕上げ材として使われます。

 

竹を使った多くの伝統工芸品もあり、

 

それはそれは日本を代表する植物の1つです。

 

 

 

しかしですね、住宅街に植えてはいけません。

 

地中を縦横無尽に這い、お隣さんの敷地にも浸入します。

 

成長期には1日に1m以上も伸びるんですって。

 

 

 

無知なまま、ただただ雰囲気がいいからって植えてしまうと

 

ご近所トラブルになるし、最悪の場合、家や道路を壊してしまいます。

 

 

 

そんなこんなで無知な方が植えた竹の根の処理へ。

 

 

これは恐らく、細い種の竹だと思います。

 

想像通りというか、それ以上に地中を侵していましたね。

 

 

 

結論から言うと根を張った竹を根絶するのは不可能です。

 

根が地中に少しでも残れば、またそこから成長するんです。

 

そんな土地を買ってしまった場合は、

 

春にタケノコが出たら刈っての繰り返し。

 

根を枯らす方法もあるみたいなので、

 

根気強く根を絶やす戦いをするしかありません。

 

 

 

マイホームを買ったら竹を植えようと思っている方。

 

今なら間に合います。

 

絶対にお止めください

 

必ず後悔しますよ。

 

 

 

タケノコは好きだし、竹を否定するものではありません。

 

住宅街に植えるのはやめようって話しです。

 

悪しからずお願い

 

 

 

それでは、また!

 

小山でした

TAG・Staffブログをご覧の皆様、こんにちは( ^o^)ノ

 

台風も東に逸れてくれ、大事には至らず何よりです。

 

それにしても急に寒い・・・。

 

が、しかし、今日の私はポロシャツで過ごしておりますウインク

 

家を出るとき妻に「その格好で大丈夫?」と聞かれましたが、

 

「肉ジャン着てるから大丈夫」と軽口を叩いたのを後悔中です叫び

 

昨日は1日外出しており、台風の影響もあってか

 

気温は低いながらも少し蒸し蒸しと感じたので、

 

今日も同じような体感だろうと思ったのが間違い!

 

このご時世、風邪も引きにくくなったので、十分に気をつけよう。

 

 

 

さて、昨日の外出は、久しぶりにショールーム巡りをしてきましたビックリマーク

 

コロナ禍以降、どこのショールームも完全予約制なので、

 

なかなか予約が取れません。

 

まっ、仕方ありませんね。

 

 

 

東京への外出も久しぶりで、普段車移動の私は、

 

今年初のSuicaチャージ¥

 

どれだけ電車に乗るのが久しぶりなのか得意げ

 

 

 

10:00~ リリカラ (カーテンや壁紙)

 

12:00~ 平田タイル

 

13:30~ 名古屋モザイク (同じくタイル)

 

15:00~ ルイスポールセン (照明)

 

16:00~ コイズミ照明

 

いま思い返してみてもなかなかハードな移動でしたグッ

 

 

 

それにしても、実物をみるのはいいことですね。

 

カタログではわからない、色や艶、質感を確認することが出来ます!

 

検討する全ての素材を見て回るのは大変かもしれませんが、

 

結果、すごく楽しいし、後悔のない家づくりには欠かせませんOK

 

 

 

行くのを1番楽しみにしていたルイスポールセン

 

こちらはデンマーク生まれの照明メーカーであります上差し

 

代表的な商品はPH5

 

または、スノーボール

 

どんな商品か気になる方は、↑商品名をクリック!

メーカーの製品ページに飛びます。

 

 

↑ 新色

  モノクローム・ホワイト PH5とPH5ミニ

  モノクローム・ブラック PH5ミニ

  モノクローム・ブルー PH5

 

 

↑ 同じく モノクローム・ブラック PH5

       モノクローム・ブルー PH5

 

 

↑ その他現行カラー達

 

 

↑ 少し小振りなPH達。

 

ね?ね? まじでかわいくないですか???

 

この照明って北欧とかに全く興味ない人にも絶対おすすめ。

 

完全に主観ですが、誰にでもハマるというか、

 

どんなお家にも1つあればそれだけでかわいくなるし。

 

そんな照明器具だと思っています照れ

 

 

 

何色買おうかな~キラキラ

 

こればっかりは本気で考えよ!

 

 

 

それでは、また!

 

小山でした

TAG・Staffブログをご覧の皆様、こんにちは( ^o^)ノ

 

涼しくなりましたニコニコ

 

とても良い季節です。

 

この4連休、飛行機も新幹線も高速道路も利用者が増え、

 

コロナ前よりはまだ少ないみたいですが、徐々に徐々に

 

活気ある日常を取り戻していきましょうグッ

 

 

今年は台風が少ないですね。

 

まだ油断は出来ませんが、災害は少ないに越したことはありません。

 

台風が少ないってのも異常気象になるのかな???

 

 

さて、以前にご案内をしておりました

 

ScanDHOMEの新しいプラン集も大方方向性が決まり、

 

各方面の作業に着手しております。

 

予定より完成は遅れそうですが、年内にはなんとかねウインク

 

 

外観イメージパースの作成をお願いしている設計事務所さんが

 

新しい外観イメージの提案方法を紹介してくれました。

 

プラン集に掲載予定でもあり、

 

弊社の施工例でもある物件をモデルに、






動くパースを作ってくれました。


見える化がどんどん進んでいることを痛感しますニコ


動くパースはどんな方法でお客様にご覧いただくかは


検討段階ですが、新しいことはどんどん試して行こうと


思ってますチョキ


それでは、また!


小山でした