テコンドー 烈蹴会のブログ / 愛媛県四国中央市 武道 格闘技 習い事

テコンドー 烈蹴会のブログ / 愛媛県四国中央市 武道 格闘技 習い事

烈蹴会(れっしゅうかい)は、愛媛県四国中央市にあるテコンドー道場です。

テコンドーは韓国の国技で、蹴り技主体の打撃系格闘技です。

スピーディーなステップと多彩な蹴り技が最大の特徴で、2000年 シドニーオリンピックから
オリンピック正式種目となっています。

2017年6月12日(月) 17:53~19:00 放送

南海放送 「News チャンネル 4」 にて

「福大テコンドーOB 初・烈蹴会  その1」の続きです。(*^-^)b


スパー中、OB2人にも相談しつつ、子どもたちに現在足りないものを要所要所でアドバイスしました。




そして、スパーを続けます。



スパー。



スパー。



スパー。



余談ですが、後でOBのAさんに撮ってもらった写真を見て気づいたんですが、遥のスパーを見ているときの僕、こんなに目付きが悪いんですね。(笑)



上の写真のアップ。

ホントに目付きが悪い。(^_^;)(笑)



さて、子どもたちの練習後は軽くミット蹴りだけして、その後はファミレスで深夜2:00頃までいろいろ話していました。

大学時代の話、これからの烈蹴会の話、仕事の話......。


時間が経つのはあっという間で、とても楽しかったです。(*^^*)


翌日は朝から香川県に行き、3人でうどん屋巡りをしました。\(^o^)/





あとは高松市の玉藻公園を散策し、15:00頃にOB2人はJR高松駅から、それぞれ愛知県と兵庫県に帰っていきました。



本当に久しぶり(17年ぶりとか)に一緒に練習したり、深夜までファミレス(それも福岡大学の近くにもあったジョイフル)でいろいろ話したり、昔話をしながら一緒にうどん屋巡りをしたり......。

とても楽しくて、2人が帰った後、なんだか寂しい気持ちになりました。


人は、いつまでも同じ場所には居られません。

どんなに仲が良くても、離れ離れになればなかなか会えなくなりますし、何年かに一度会えていたとしても、いつかは「死」という形で永遠の別れが来ます。


百歩譲って、僕がもし大学時代にもっと強くて全日本チャンピオンやそれ以上の選手だったとしても、人との縁を大事にしないような男であれば、今回のように大学時代の仲間が遠路はるばる来てくれることも無かったと思います。

僕は現在、道場長代理であるTくんという良き協力者を得て、大学時代もすばらしい師匠や仲間たちに恵まれました。

幸せ者だと思います。


道場の子どもたちには強さを追い求めると同時に、人と人との「縁」を大事にしてもらいたいと思います。

そういったことを教えていくのも、我々大人の役割の一つなのかなと、今回思いました。


すばらしい2日間となりました。

OBのお二人、本当にありがとうございました!(*^^*)



 
 
 
 
 
 
モッピー!お金がたまるポイントサイト