言葉が未来をつくる

テーマ:

みなさんごきげんよう、

素敵印象コンサルタント吉井妙でございます。

 

あいさつの言葉が夏本番に向かうものが増えてきましたねnikoniko

 

けれども、今日の名古屋は風が気持ち良い一日でしたト音記号

 

窓から見える森の木々が

右に左にとゆったりと揺れ、

おひさまの光をたっぷりと浴びながら

もっと緑をゆたかにしていくよ〜と

口ずさんでいるようでした。

 

青くどこまでも澄みきる空にはひこうき雲が。

そして今まさに作られて行きながら果てしなく進むひこうき雲。

行くはずもないのだけど、

頭を反らして見ていたから

まるで宇宙に向かっているようでした。

 

わたしにとって今日一日は、

風が気持ちよくて過ごしやすい、良い一日でした〜。

 

 

「良い一日」

 

みなさんはこの言葉を一日の中でいつ、そしてどれくらいお使いになりますか?

 

我が家では朝の出勤、登校の時に

      

       「いってらっしゃい、良い一日を〜kirakira

 

帰宅時に

      「おかえりなさい、良い一日だったね〜kirakira

 

食事の時間に

     

     「今日はどうだった?今日も良い一日だったね〜kirakirakirakirakirakira

 

お風呂の時間に

     

     「気持ちよかったね〜nikoniko今日も良い一日だったね〜kirakirakirakirakirakira

 

眠る前に

     「今日も良い一日だったね〜kirakirakirakira良い夢を〜〜kirakirakirakirakirakira」と

 

毎日このような感じで声がけをする際に使っています。

また、他には午前中に人にお会いするときやメールを送る際にも使います。

 

 

 

 

「良い一日を!」

 

 

意識を持って、宣言するように伝える!

 

伝えた側は宣言をすることで、脳は良い一日を創り上げようと、

そのために必要なことを見つけはじめます。

何気なく聞いた側もその言葉がより脳の奥(潜在意識)へと入り込み

、その言葉通りの現実を創るために良いこと探し=「素敵探し」を始めるのです!

 

 

仮に一日を振り返ったとき、

嫌なことがあった、思うように行かなかったとしても、

「良い一日だったね〜」から始めます。

 

そうではない理由がたくさん並んだとしても、

伝える側は最後には良い一日だったねkirakira」と伝えるのが大切です。

そうすることで、伝える側もとことん素敵探しが続いていき、

脳はしつこさにダマサれやすいので、

なんだか良い一日だったな〜と落ち着いてしまうのですムキッ

 

「良い一日」と何気なくだけど聞き続ける夫や子どもたちや友人、そして自分。

この一日が、

ささやかな一言で良いものになるのなら

この言葉をどんどんかけていきたいですね!

 

 

人は言葉でできています。

 

そして未来も言葉で創られていきます。

 

一度立ち止まって

ご自分の日常に流れる言葉に意識を向けてみてはいかがでしょう。

 

素敵学では脳科学(潜在意識)からのアプローチもしています。

人間の脳98%を司どると言われている潜在意識。

通称 自動成功装置とも呼ばれ、

夢を実現したり、人の未来づくりにおいて最も大切な脳の部分なのです。

 

 

 

 

それではみなさん

     「良い一日を〜kirakirakirakira

 

 

 

手羽先ではなく焼き鳥屋さんに行きましたheart

今年の夏はレモンサワーにはまりそうです♪

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

kumasanお知らせ

kirara「素敵学」による「美女講座」開催決定kirara

テーマ「印象をアップし自己肯定感を高め、夢を見つけ叶えよう!」

 

   5月24日(水)10時30〜 (120分)

   6月14日(水)10時30〜 (120分)

      各定員4名様 

      受講料12000 (カラー骨格診断、お茶・スイーツ付)

 

お申込み・お問い合わせ

     info@world-t-elegance.com

               05052414031

World T Elegance代表 吉井 妙

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜