2023年の工場立地件数・県外企業立地件数で、茨城県が日本一を達成しました!


67日に、茨城県立地推進課より、昨年の工場立地に関しての発表がありました。県外企業立地件数は47件、工場立地件数は75件で全国第一位、工場立地面積は165haで北海道に次いで全国第二位を達成という、大きな成果を上げております。

これもひとえに、県当局や各市町村のご尽力の賜物で、高く評価されるべきものです。

工場、及び事業所の立地は、その立地地域にたくさんの雇用や税収を生み、経済的活力の源泉となります。


茨城県を東西に横切る国道50号線を、アメリカ大陸を東西に横切る幹線道路であるルート66号のように、産業の基盤ロードと位置づけ、ここに工場や商業施設・事業所等を誘致し、集積させることにより大きな産業の基盤が構築できます。


古い話ですが、かつて岩上県知事は「農工両全」をスローガンに、鹿島地区に住友金属や石油コンビナートを誘致したことによって、大きな工業の核が形成されました。

いわゆる鹿島開発により、周辺の農業も発展し、全国一の生産量を誇る「ピーマン」の大産地も出来ました。


国道50号沿線に工業・商業等の産業基盤が形成されることにより、その周辺の農業の発展にもつながることが期待されます。

この地域は美味しいお米の産地であるばかりか、こだまスイカや栗、柔甘ネギ、古内茶等の特産品があります。商工業と農業の持続的発展、地域の魅力発信を叶えたいものです。

(ふるさと通信員より)



 看護問題対策議員連盟 総会が開催されました。日本看護連盟、公益社団法人 日本看護協会よりご要望を頂き、議員との意見交換が行われました。

 看護問題対策議員連盟に所属する議員として、全世代の健康を支える看護機能の強化、専門職としてのキャリア継続の支援、地域における健康と医療を支える看護職の裁量発揮、地域の健康危機管理体制の構築を図ってまいります。

 

 

 

 

 

 

 

選挙区内の水田も、田植えから1ヶ月が過ぎ、水稲の成長に合わせて、水面が緑一色になってきました。この景色は日本の原風景とも言える牧歌的な美しさがあります。これから、大きく成長して黄金に実り、美味しい米が収穫されることが期待されます。


さて、水田には、私たちの主食であるお米を生産してくれる機能のほかに、雨水を一時的に貯留して洪水を防ぐ役割があります。日本全国の水田に貯留できる水の量は、約50億㎡になると言われています。

この量は、東京ドーム(124万㎡)の約4000杯に相当します。畦畔に囲まれた水田は、大雨の際、雨水を一時的に貯留し、時間をかけてゆっくりと下流に水を流します。


過度な開発が進めば、雨水の浸透が減少するとともに、降った雨が一挙に水路や河川に流れ込まないような緩衝効果が失われ、水害の危険性が高まることになります。


その意味でも、長い年月をかけて代々受け継がれてきた田んぼの多面的機能に着目し、農業の持続性を考えなければなりません。改めて、美しい田園風景から農業の豊かさに思いを馳せたいものです。

(ふるさと通信員)





道の駅グランテラス筑西は、屋外ステージで様々なイベントが行われていて、いつも賑わいを見せています。

今回は下館グローリーチャペルの主催で、ゴスペル&バンドの歌唱・演奏が行われていました。

全国的な活躍をされているゴスペルクワイアの皆さんの日本語のオリジナルゴスペルが披露され、大勢のメンバーの魂の叫びに感動が広がっていました。

また、下館工業高校ジャズバンド部の皆さんの演奏も、日頃の練習と各地のイベントに参加して鍛えた迫力のあるものでした。


道の駅グランテラス筑西で、非日常の文化に浸って、暑さを忘れるひと時を楽しむことができます。また、美味しいものもたくさんありますので、是非お訪ねください。ゴスペルとジャズの調べ


道の駅グランテラス筑西は、屋外ステージで様々なイベントが行われていて、いつも賑わいを見せています。

今回は下館グローリーチャペルの主催で、ゴスペル&バンドの歌唱・演奏が行われていました。

全国的な活躍をされているゴスペルクワイアの皆さんの日本語のオリジナルゴスペルが披露され、大勢のメンバーの魂の叫びに感動が広がっていました。

また、下館工業高校ジャズバンド部の皆さんの演奏も、日頃の練習と各地のイベントに参加して鍛えた迫力のあるものでした。


道の駅グランテラス筑西で、非日常の文化に浸って、暑さを忘れるひと時を楽しむことができます。また、美味しいものもたくさんありますので、是非お訪ねください。





筑西市関城地区・明野地区から、下妻市の騰波江にかけて広がっていた鳥羽の淡海という湖が、現在の肥沃な水田地帯になったと語り継がれています。

「つくばねのもみじちりしく風吹けばとばの淡海に立てる白波」と万葉の歌人に歌われ、霊山 筑波山とともにたいへん美しい景色であったと思われます。


また、この近くの旧明野町猫島が陰陽師 安倍晴明の生誕の地という説があります。

今般、この安倍晴明にスポットライトを当てましたが、紫式部の物語とともに平安時代がいかにあったかに注目が集まっている中で、たいへんタイムリーです。


鳥羽の淡海と安倍晴明の逸話を可視化した観光案内版を設置設置したことは、地域の歴史をより強く訪れる人に印象付けるものとなります。


安倍晴明をドラマなどで見た人が、その生誕の地を一目見たいと訪れる、聖地巡礼の現象が生まれることを期待したいものです。

それが、筑波山とその麓に広がる水田地帯の美しさのPRにもつながると思います。


地方創生の要諦は地域の価値を「今だけ、ここだけ、私だけ」という意識を持つ人々が、さらに伝達してくれるところにあります。


この事業のためにご尽力された、梨想の会の、皆様に感謝申し上げます。







「早くも初夏の訪れを告げる

        ブルーベリーの季節到来!」

 

 今年も、とっ~ても大粒で、甘くておいしい、そのまま生で食べて良し、ジャムにして良し。そしてアントシアニンたっぷりで目の疲労回復に効果を発揮すると言われる「ブルーベリー」の季節が到来しました!      

   しかも、今年のブルーベリーもすばらしい出来栄えです。

    スマホやパソコン等で日々「目」を酷使している方々には朗報と言えるかもしれません。

  

   水戸市に隣接する那珂市戸の那珂西大橋近くの堤防沿いでブルーベリーを栽培している安島さんを紹介します。


エージェイ・ブルーベリーファーム」 

那珂市戸 安島能亮 さん(水戸市在住)

所在地:那珂市戸文殊院下7207

初めてご来園される場合、開園日時・場所等の確認のため、ご一報いただければ確実です。

ホームページ:ajblueberryfarm.jimdo.com

開園期間:6月7日(金)~9月上旬まで。

茨城県内でもっとも早く、すでに極早稲種スパルタン130本にてオープン!  


    約4500㎡の広大な農園には、45種1800本のブルーベリーが植栽されており、早稲の品種、晩生の品種、大粒のもの、たくさんの実をつけるもの、味も微妙に違い、品種は千差万別。摘み取り園ならではの品種の食べ比べが可能です。

    安島さんが、この地にブルーベリーを植栽したのは、ちょうど19年前。順調に栽培面積を拡大してきました。今では、シーズンの幕開けを待ち焦がれる常連さんも多くなり、遠方のお客様も来園し、開園期間内に何度もお気に入りの品種の摘み取りを楽しんでおられます。


   戸村観音文殊院と那珂川の間の畑の中を貫く広い道路沿いで、農園近くには随所に看板が設置されていますのでわかりやすいと思います。

 

 なお、私の選挙区内では、水戸市のほかに、城里町、笠間市、桜川市、筑西市でも、ブルーベリーの摘み取り園がオープンしています。

皆様、お近くのブルーベリー園を訪れてみてはいかがでしょうか。

(農事通信員)







 今日も地元選挙区から水戸市立小学校3校、笠間市立小学校1校、筑西市立小学校1校の小学生の皆さまが衆議院参観(国会見学)に来られました。今日の衆議院総参観者数は約7,800名、全国から多くの小中学生が来られました。暑いなか国会議事堂内は見学者で数珠繋ぎになっていました。お疲れさまです。

 

 

 

 

 

 

 全国街路事業促進協議会総会後、地元茨城県の𠮷成 日出男 日立市副市長はじめ関係市町村の代表が来られ、ご要望をお受けしました。

 街路は、都市の骨格として円滑な都市活動と安全・快適な生活を支えるとともに、賑わいと活力の創出により、社会全体に豊かさをもたらす重要な社会基盤です。

 激甚化・頻発化する自然災害に的確に対応する強靭なまちづくりを進めるとともに、サステナブルでゆとりとにぎわいのあるまちづくりの実現に向けて最善の努力をいたします。

 

 

 

 

全国高等学校農場協会・(公財)全国学校農場協会 73回全国大会、農林水産高校を応援する会に参加しました。


我が国には農場のある学校が365校あり、6万8千人が学んでいます。この学校と生徒は難しい環境にある日本の農業を守うえでたいへん重要です。


我が国の食料自給率が38%というのは先進国の中では最低水準で、まさに食料防衛という点では脆弱としか言いようがありません。その危機感に拍車を掛けるのがウクライナ侵略やパレスチナ紛争で、いつまでも食料を安定的に輸入できると考えてはならないということです。


世界の安全保障環境が悪化していることにより、食料のみならずエネルギーや各種資源の貿易が滞ることにより、世界的な物価高騰がおきており、農業の分野においても燃油や資材が高騰し、農家の経営を直撃しています。


現在、政府の政策として物価上昇に負けない賃上げを実現して経済を活性化しようとしています。その結果、各産業間に賃金の格差が生じることにより、人材の争奪戦の様相を呈しています。農業も先進技術の活用などによる生産性向上を図らなければ、後継者の育成ができません。


このような背景にあって、農業高校における地域に根ざした優れた人材の育成がたいへん重要です。現実に地域の特産品を生かした6次産業化などで、柔軟で斬新な発想で新境地を拓いており、大きな可能性を感じさせられます。


農業教育は、食料防衛と地方創生のためにたいへん重要なことを強く感じ、今後とも強力に応援したいと思った次第です。






 リハビリテーションを考える議員連盟 総会に出席しました。日本理学療法士協会、日本作業療法士協会、日本言語聴覚士協会の皆さまより処遇改善等に関するご要望を頂き、厚生労働省からの現状報告、意見交換、そして議員連盟としての決議が行われました。

 急激な高齢化における健康寿命の延伸のために、リハビリテーションがたいへん重要になっており、リハビリ三団体の皆さまの労働生産性を高める必要があります。質の高いリハビリテーションが実現のために、人への投資である法定研修や告示研修が有効で、費用対効果という面でも優れています

  健康的で活力のある国づくりのために、リハ三団体が持てる力を十分に発揮できるよう応援してまいります。