ハム中田、

残留3年10億円 

主将続投も意欲

「全うしたい」

会見で、FA権を行使せず残留することを
語った中田(撮影・高橋茂夫) 
Photo By スポニチ

 

 プロ野球のフリーエージェント(FA)権行使の申請期間が13日で終了。申請手続きを行った選手は、14日にFA宣言選手として公示され、15日から全ての球団との交渉が可能になる。日本ハムの中田翔内野手(29)は保有する海外FA権を行使せず残留を表明。3年で総額10億円の大型契約で合意し、今季から就任した主将の続投にも意欲を見せた。 

 無数のフラッシュを浴び、表情が引き締まった。札幌市内のホテルでの会見。来季から総額10億円の3年契約で球団と合意したことを明かした中田は「まだまだファイターズでできていないことがたくさんある。この3年は(仕事を)全うしたい」と決意を語った。

 昨年も国内FA権を行使せず残留した。今季は自身初の主将を任され、打率・265、25本塁打、106打点。2年ぶり4度目の100打点に到達し、3位に貢献した。昨年と同様、今季終盤には球場外野席に「お前が必要 中田翔」の横断幕が掲げられるなど多くのファンが残留を願い、球団も複数年契約を用意。3年ぶりのV奪回を狙う来季へ、中田は「もっともっと上を目指したい」と意気込み、主将についても「引き受けてあげてもいいかな」と話した。

 23年3月に北海道北広島市に新球場が完成予定。吉村浩GMから「(23年になっても)先頭で頑張ってもらいたい」と声を掛けられた中田は「この目で(新球場を)見てみたい。ワクワクしている」と5年後も主砲として活躍する姿を思い描いた。 

(山田 忠範)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日本ハム 

ロドリゲスと来季も契約へ 

レアード、マルティネスとは

長期化か

日本ハムのロドリゲス 
Photo By スポニチ

 

 日本ハムがブライアン・ロドリゲス投手(27)と来季も契約する方向であることが13日、分かった。 

 来日1年目の今季は開幕投手も務めたが、クイックやけん制など課題も多く、前半戦は大半が2軍暮らし。それでも地道に努力を重ね、8月下旬から先発枠に入り3勝を挙げた。レアード、マルティネスとの契約交渉は長期化の見込みだ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日本ハム栗山監督

「チーム壊す」キャンプ

打ち上げ

13日、沖縄・国頭での秋季キャンプを打ち上げ、日本ハム栗山監督が来季に向けた進歩を実感した。

西村&宮台の1年目投手コンビらの成長を確認。「来年は(チームを)壊す。ずっと我慢するシーズンじゃないから」と優勝へ、なりふり構わない姿勢を強調した。「(今年は)生きる力、血の強さみたいなのが足りなかった。そういう意味では意味のあるキャンプだった」とかみしめた。

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

旗昨日は...船橋市「健康診断」を!病院での診察で...

半日を費やす。年1回、必須健康第一の診断です。

夜は!日米決戦:第五戦は....侍J、連夜の逆転勝利!

甲斐が決勝打 驚異の粘りで日米野球勝ち越し決定!

見事ですね。

今日から、鎌スタ秋季練習クールです。今日は鎌スタに!

陽気は最高です。

晴れ鎌スタ秋季練習!

荒木監督

小田コーチ

飯山&紺田コーチ

森本選手

トライアウト!

テーマ:

48人が参加 

プロ野球合同トライアウト

/詳細

<12球団合同トライアウト>◇13日◇タマホームスタジアム筑後

12球団合同トライアウトに48人(投手29、野手19)が参加。西岡剛内野手(34=阪神)や成瀬善久投手(33=ヤクルト)らが現役続行目指しプレーした。当初参加予定だった大山暁史投手(30=オリックス)と伊志嶺忠捕手(33=楽天)が参加をとりやめ、新たに吉村裕基外野手(34=ソフトバンク)、城所龍磨外野手(33=ソフトバンク)、山下亜文投手(22=ソフトバンク)の3人が参加した。今年は初めて有料観覧席が設けられ、スタンド(内野のみ)は5536人、ほぼ満員のファンで埋まった。

〔日刊スポーツ)

新垣勇人(33=日本ハム)右腕

国士舘(甲)-横浜商大-東芝→12年ドラフト5位

今季成績=1試合、0勝0敗0S、防御率9・00

通算成績=12試合、1勝3敗0S、防御率7・96

今季推定年俸=820万円

河野(巨人) 四球

城所(ソフトバンク) 139キロ打ち上げ中飛

中井(巨人) 138キロ打って三ゴロ

最速は141キロ

「独特の緊張感だったけど、今まで培ってきたことを出せた。独立よりも社会人からの話を優先したい」

高良一輝(24=日本ハム)右腕

興南(甲)-九産大→16年ドラフト3位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=1軍登板無し

今季推定年俸=840万円

菅原(元ロッテ) 132キロ打って右飛

松沢(巨人) 132キロ打って中前安打

吉村(ソフトバンク) 133キロ高め直球空振り三振

最速は133キロ

今成亮太内野手(31=阪神)

浦和学院(甲)→05年高校生ドラフト4位で日本ハム。12年から阪神

今季成績=1軍出場無し

通算成績=470試合、1039打数275安打、6本塁打、68打点、打率2割6分5厘

今季推定年俸=3000万円

第1打席(コラレス) 146キロ空振り三振

第2打席(成瀬) 120キロ変化球打って二ゴロ

第3打席(玉村) 138キロ打って左飛

第4打席(オスカル) 135キロ打って左飛

鵜久森淳志外野手(31=ヤクルト)

済美(甲)→04年ドラフト8位で日本ハム。15年オフ戦力外、トライアウトを経て16年からヤクルト

今季成績=19試合、17打数5安打、0本塁打、3打点、打率2割9分4厘

通算成績=256試合、481打数111安打、11本塁打、47打点、2割3分1厘

今季推定年俸=

第1打席(須田) 140キロ打って大きな中飛

第2打席(廖任磊) 初球150キロをファウル。120キロスライダー空振り三振

第3打席(塚田) 四球

第4打席(関) 四球

乾真大(29=元巨人)左腕

東洋大姫路(甲)-東洋大→10年ドラフト3位で日本ハム、16年途中巨人移籍、17年戦力外

今季成績=BC富山でプレー

通算成績=74試合、1勝2敗0S、防御率5・65

枡田(楽天) 140キロ打って左越え二塁打

比屋根(ヤクルト) 141キロ打ち上げ中飛

辻(巨人) 四球

最速は140キロ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

中田 FA宣言せず

日本ハム残留へ 

13日、球団と最終交渉

日本ハムの中田 
Photo By スポニチ

 

 日本ハムの中田翔内野手(29)が保有する海外FA権を行使せずに残留することが12日、確実となった。13日に札幌市内で球団と最終の残留交渉を行い、出来高など細かい条件面で合意すれば正式に表明する。 

 昨オフもFA権を行使せずに残留。今季は自身初の主将も務め、打率・265、25本塁打、106打点だった。今月上旬に同市内の室内練習場で自主トレを行った際に「そういう(他球団の話を聞いてみたい)気持ちはあるけど、まず球団と話すのが筋」と揺れる胸中も語っていたが、複数年も含め好条件を提示するなど誠意を持って残留を要請している球団への恩義は強い。

 今季は夏場まで優勝争いを演じながら終盤に失速して3位。3年ぶりのV奪回を目指す来季もチームを引っ張る姿が見られそうだ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

札幌大谷 マー君イズム

受け継いだエース西原 

夫人・里田まい母校V導く

スポニチアネックス

 

 

 ◇明治神宮大会高校の部・決勝 

札幌大谷2―1星稜(2018年11月13日 神宮)

 札幌大谷が逆転で星稜を下し、初出場初優勝を飾った。北海道勢の優勝は田中将大(現ヤンキース)を擁した駒大苫小牧以来。

 1点を追う7回に1番・北本壮一朗内野手(2年)が逆転の2点適時打。投げては西原健太投手(2年)が1安打に抑え、1失点で完投した。

 西原は「ずっと楽しかった。1人ずつ、1回ずつ投げていたらあっという間に終わっていた。実感がない」と夢中だった今大会を振り返った。

 学校は違えど、偉大な右腕の魂も受け継いでいる。札幌大谷の五十嵐大部長は駒大苫小牧が04、05年夏の甲子園連覇を果たした時の三塁手。「五十嵐さんに田中将大さんはとにかく気持ちの強い投手だったと聞いた。それを糧に練習してきた」と西原は言う。

 船尾隆広監督は「何が起きたか、わからない」と実感がわかない様子で苦笑いしたが「投手がしっかりと全員で良い投球してくれた」と称えた。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

札大谷高、神宮野球V 

センバツ出場 道内2校に

 

 明治神宮野球大会は13日、神宮球場で高校の部の決勝を行い、北海道地区代表の札大谷が星稜(北信越)を2―1で下し、初出場で優勝を果たした。道内勢の優勝は2005年の駒大苫小牧以来、13年ぶり2度目。

 札大谷は五回に1点を先制されたが、七回に北本の2点打で逆転。投げては西原が緩急を駆使し、1安打しか許さず完投した。

 優勝校が所属する地区には来春の選抜甲子園大会の「神宮大会枠」が与えられ、北海道勢は秋季全道大会で優勝した札大谷を含め2校の出場が確実に。もう1校は同大会準優勝の札第一が有力。選抜出場校は、来年1月25日の選考会で決まる。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

イチロー「翔平、おめでとう」

大谷の新人王を祝福 

“有言実行”のタイトル獲得に

「実は思いのほか難しい」

2001年に新人王を受賞したイチロー外野手が13日、大谷の新人王獲得について談話を出した。選手復帰に向けて現在は日本で自主トレを行っている。食事をするなど交流のある大谷に対し「翔平、おめでとう」と祝福した。 

 身をもって本場でのタイトルの重みを知るだけに「獲得して当然の立場で実際にそれを達成することは実は思いのほか難しいもの」という。

 日本のトップ選手が渡米しても、プロ野球と同じレベルで活躍する者は少ない。だが、大谷は1年目から投打の「二刀流」で好結果を残した。シーズン中に、全米を騒然とさせる大谷について「翔平は(新人王を)取らなきゃいけない」と熱っぽく語ったこともある。「翔平にとっては獲得したいタイトルというより“獲得しなくてはならないタイトル”というスタンスであったのでは」と推測もする。

 自身は今季、現役のままフロント入りする異例のシーズンを過ごした。「この先、どれくらい同じ時間を共有できるかは僕次第ですが、この歴史的にも希有な存在の選手と渡り合うべく、励んでいきたい」と意欲を示した。

 

旗チョイ!寒さが気になる日....自宅でのんびりと!

*大谷選手新人王 *中田選手残留 *札幌大谷選抜に

*メジャーに逆転勝利etc話題が豊富!

今日は、恒例年1回も「健康診断(船橋市)」で、病院に!

16日は、「現役時代の会社:幹部OB会」が!田町で...

年2回開催!話題は「元旦新春実業団マラソン」に!

予選好成績でした。母校シード出場「箱根駅伝」も!楽しみ。

晴れ鎌スタ秋季練習ショット!

石川直・新垣&斎藤佑樹投手

中村&松本選手

田田中瑛投手

難波&浦野投手

堀&高山投手

頭部CT検査を!!

テーマ:

日本ハムが2軍スタッフ発表 

荒木監督が投手コーチ兼務

 日本ハムは12日、来季の2軍のコーチ陣を発表し、荒木大輔2軍監督が投手コーチを兼務することになり、総合コーチに原田豊スカウトが就任した。スタッフは次の通り。

 監督兼投手 荒木大輔(54)=早実高 背番号85

▽総合 原田豊(59)=東海大 72

▽投手 加藤武治(40)=東京学芸大 82

▽打撃 吉岡雄二(47)=帝京高 87

▽同 小田智之(39)=興誠高 77

▽バッテリー兼打撃補佐 高橋信二(40)=津山工高 78

▽内野守備 飯山裕志(39)=れいめい高 71

▽外野守備走塁 紺田敏正(38)=国士舘大 76

▽育成 島崎毅(51)=国士舘大 83

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

日本ハム、原田スカウトが

2軍コーチに プロ経験なし、

異例の就任


 日本ハムは12日、原田豊スカウト(59)が2軍総合コーチに就任することを発表した。原田氏はプロ野球経験がなく、異例のコーチ就任となる。 

 原田氏は巨人・原辰徳監督(60)と東海大時代の同級生で、社会人の協和発酵で選手、監督として活躍。その後、母校の柳井高監督を務めた後、14年に日本ハムスカウトへ転身した。

 また、前2軍総合コーチの伊藤剛氏(41)がチーム統轄本部GM付特命スカウトに、今季限りで現役を引退した矢野謙次氏(38)がチーム統轄本部特命コーチ、石井裕也氏(37)がチーム統轄本部チーフスタッフ(打撃投手)に、それぞれ着任することも併せて発表した

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

輝星よ、歩め“松坂の道” 

栗山監督“衝撃デビュー”

期待

高橋2軍バッテリーコーチ兼打撃コーチ補佐(左)と
練習を見守る日本ハム・栗山監督 
Photo By スポニチ

 

 日本ハムの栗山監督が、今秋ドラフトで1位指名した吉田(金足農)に高卒1年目で16勝を挙げた西武・松坂(現中日)のようなデビューの道を期待した。 

 「壊さないことが大原則」と前置きしながら「松坂は衝撃的なデビューをした。ある程度実戦を積みながらいった方がいいと踏めばいく。年齢は関係ないし、チームが勝つために必要ならいってもらう」と話した。

 横浜高からドラフト1位で西武に入団した松坂は1年目の99年、春季キャンプ、オープン戦で結果を残して開幕ローテーション入り。デビュー戦となった4月7日の日本ハム戦(東京ドーム)では初回に155キロを記録するなど勝利し、16勝で最多勝、新人王などのタイトルを総なめにした。栗山監督も投球だけでなくフィールディング、けん制を含めて吉田の総合力を高く評価。「早い時期から頑張ってくれると思う」と期待しており、順調に調整が進めば、2月中旬の1、2軍合同の紅白戦が実戦デビューとなる。結果を残していけば、開幕1軍の道も開ける。

 指揮官はその紅白戦で清宮と対戦させる可能性も示唆。「(実現すれば)俺も楽しみ」と話した。清宮斬りから開幕1軍へ。1年目に「リベンジ」で流行語大賞を獲得した松坂のごとく、「金足農旋風」が今年の同賞の候補に挙がる吉田が、松坂の道を歩む。(東尾 洋樹)

 ▽松坂のプロ1年目 99年2月の高知・春野キャンプは1軍スタート。同16日にフリー打撃に初登板し、同28日のオープン戦・阪神戦(春野)で実戦初登板を果たし2回1失点、3奪三振だった。3月11日の巨人戦(西京極)では4回8失点も、オープン戦最終登板となった同28日の横浜(現DeNA)戦で6回2失点、11奪三振などオープン戦は2勝1敗。公式戦は4月7日の日本ハム戦(東京ドーム)で8回2失点、9奪三振でプロ初登板初勝利を挙げた。

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

清宮 ロングティーで

バックスクリーン越え!

桁外れのパワーに

ハムナイン仰天

ロングティーで打ったボールが中堅の
カゴに入り、ガッツポーズする日本ハム・清宮 
Photo By スポニチ

 

 日本ハム・清宮が沖縄・国頭での秋季キャンプ最終クール3日目の12日、ロングティーでバックスクリーン越えの規格外のパワーを見せつけた。 

 ともにロングティーを行っていた大田から「バックスクリーンを越してみろ」との号令を受け、「オリャ!」と気合を入れてフルスイング。それでも中堅122メートルの後方にあるバックスクリーン上部には当たるものの越すことはできず「アー!」と悔しがっていると、杉谷から「こっちの気持ちになってみろ!こっちはフェンスまでも届かないんだから!」とヤジが飛んだ。

 それでも最後にフルスイングでかち上げた打球は、スコアボードの最上部に当たって場外へ。周囲のナインからも驚きの声が上がっていた。

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆

旗5日前の眉間&額の打撲!7月の前頭額部の転倒!

脳内血腫を懸念....CT検査受診で病院に!

撮影結果、脳内血管の流れに気懸かり箇所が!!

午後から「精密専門医の診断」を!

1ヶ月間、医薬品で....再検査を!止血効果役&

頭痛効果の漢方五苓散を!12月10日に再検査。

12日企画の「蟹三昧バス旅行」もキャンセルを!残念!

今日の鎌ケ谷は...終日、曇りでしょう。

明日は、休日かな!

晴れ鎌スタ秋季練習ショット!

斎藤佑樹投手

新垣・佑樹&浦野投手

中村投手

田中瑛投手

高山投手

石川直投手

堀投手

北浦投手

立田投手

森山&鈴木投手