3位・日ハム、

ファイナルS進出ならず 

田尾氏「反発力を…」

無断転載禁止
6回、ソフトバンクの本塁打にリクエストするが
判定は覆らず、さえない表情の日本ハム・栗山監督
(中央)=ヤフオクドーム(C)KYODO NEWS IMAGES
 
福岡ソフトバンクホークス 5 終了 2 北海道日本ハムファイターズ
ヤフオクドーム

パCSファーストステージ第3戦
○ ソフトバンク 5 - 2 日本ハム ●
<10月15日 ヤフオクドーム>


 3位・日本ハムは、2位・ソフトバンクに2-5で敗れ、ファーストステージで敗退した。

 日本ハムの先発・杉浦稔大が1-1の4回にデスパイネに勝ち越しソロを浴びると、2番手・井口和朋も松田宣浩に一発を食らった。1-3の6回に近藤健介の適時打で1点を還したが、その裏にこの回からマウンドにあがったトンキンがデスパイネ、中村晃に連続被弾。2-5の9回に二死走者なしから鶴岡慎也が右安を放つも、田中賢介が二飛に打ち取られ試合が終了した。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファーストステージ第3戦 ソフトバンク-日本ハム戦』で解説を務めた田尾安志氏は「接戦でやられたということもなく、ある意味完敗ですよね。ホームラン5本打たれて、それに反発できることなく終わってしまった。特に今日のゲームに関しては反発力を感じませんでしたね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

CSパ第3戦は継投勝負! 

ハム杉浦4回途中2失点、

鷹東浜5回途中1失点で降板

ソフトバンクと日本ハムが戦う「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージは15日、ヤフオクドームで第3戦を行われた。ソフトバンクは勝つか引き分け、日本ハムは勝てば、ファイナルステージ進出が決まる一戦。両チームとも先発を早々に諦め、継投勝負の展開となった。

先発したソフトバンク・東浜巨と日本ハム・杉浦稔大(左から)【写真:編集部】
先発したソフトバンク・東浜巨と
日本ハム・杉浦稔大(左から)【写真:編集部】

杉浦は2被弾、

東浜は5回無死一、二塁

とされて降板

ソフトバンク – 日本ハム(15日・ヤフオクドーム)

 

 ソフトバンクと日本ハムが戦う「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージは15日、ヤフオクドームで第3戦を行われた。ソフトバンクは勝つか引き分け、日本ハムは勝てば、ファイナルステージ進出が決まる一戦。両チームとも先発を早々に諦め、継投勝負の展開となった。

 日本ハムの先発・杉浦は初回に明石に先制のソロ本塁打を被弾。2回、3回と無失点に抑えていたものの、4回にデスパイネに勝ち越しソロ本塁打を浴びた。続く中村晃は、遊撃・中島卓の好守によって打ち取ったが、栗山英樹監督はここで交代を決断。2番手に井口を送り、杉浦は3回1/3で3安打2本塁打2失点で降板した。

 ソフトバンクの先発・東浜は1点のリードをもらった2回に横尾にソロ本塁打を浴びて同点に。味方打線に2点のリードをもらった直後の5回、先頭のアルシアに右前安打、続く横尾に四球を与えると、ここで工藤公康監督も継投を決断。東浜を諦め、2番手に石川を投入した。東浜は4回0/3を投げ、4安打1失点だった。

(Full-Count編集部)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日ハムファン、

最後まで声援 

CSファイナル逃す

 

四回、ソフトバンク・松田選手のソロ本塁打で2点差に広げられ、落胆する左翼席の日ハムファン(小川正成撮影)

 リーグ戦3位からの下克上はならなかった。プロ野球北海道日本ハムは15日、パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージの最終第3戦で、ソフトバンクに2―5で敗れた。2年ぶりのファイナルステージ進出は逃したものの、試合が行われた福岡市のヤフオクドームでは、ファンが最後まで声援を送り続けた。

 日ハムの田中賢介選手が内野フライに打ち取られて試合が終了すると、左翼スタンドに陣取ったファンからはため息がもれた。その後、グラウンドであいさつする選手たちに「ありがとう」「よく頑張った」と大きな声を掛けた。

(北海道新聞)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

第15回 みやざきフェニックス・リーグ

試合結果

10/15(月) 日本ハムvs阪神(西都)

T 001 201 100 5
F 000 002 001 3

【バッテリー】

○阪神
投手:石井(6回)―尾仲(2回)―守屋(1回)
捕手:長坂

○日本ハム
投手:中村(3回)―白村(2回)―田中豊(2回)

―高山(1回)―宮台(1回)


捕手:郡―黒羽根

【本塁打】

○阪神:板山(6回①)
○日本ハム:なし

3回表 植田のタイムリーで阪神が1点を奪うと、続く

4回表には森越の併殺打の間にランナーが返り1点、

坂本のタイムリーでさらに1点を追加。
6回表には板山の本塁打で4-0とした阪神に対して、日本ハムは6回裏 姫野の犠飛で1点、森山のタイムリーで1点を返した。


7回表 植田のタイムリー三塁打で1点を追加した阪神に対して、

9回裏 日本ハムも阪神3番手・守屋の暴投で1点を返したが反撃もそこまで、5-3で阪神が勝利した。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

旗CSシリーズ...2敗でピリオド!今シーズン終了。

ソフトバンクの実力&底力に、脱帽ですね。

杉浦投手、良く頑張った!懸念の中継ぎ陣....

長打力に屈したですね。レアード欠場も大きかった。

オフの時期に楽しみました。

最下位・5位の開幕時!予想!!覆して3位は、立派です。

 

ヤフオクの「ビジター応援席の狭さ」に...びっくり!

通常応援席の、半分!?よく、声が出ての熱烈応援に

感動しました。札幌ドームよりも!虐げられていました。

応援ファンの皆様....お疲れさま!ありがとう!

 

今日こそ!!必勝...

テーマ:

日本ハム・大田V打!

“兄貴”ユニ着て

お立ち台「矢野さんの

分も頑張りたい」

パ・リーグCSファーストS第2戦   

日本ハム4―2ソフトバンク 

( 2018年10月14日    ヤフオクD )

<パCSファースト ソ・日2>
引退した矢野のユニホームを着てお立ち台に
上がる大田(撮影・篠原岳夫) 
Photo By スポニチ

 

 パ・リーグCSファーストステージ第2戦が14日、ヤフオクドームで行われ、レギュラーシーズン3位の日本ハムが2位のソフトバンクに4―2で勝利。1勝1敗としファイナルステージ(S)進出へ逆王手をかけた。8回に大田が殊勲の勝ち越し打を放った。 

 2―2の8回。2死から西川が二塁打で出塁すると、大田がフルカウントから左中間を抜ける二塁打を放ち勝ち越した。続く近藤の3連続二塁打で追加点を奪い試合を決めた。

 大田は今季で引退する矢野のユニホームを着てお立ち台に。矢野は巨人時代からの先輩で、ともにトレードで移籍した日本ハムでは「兄弟」のような関係性。大田は「昨日電話してアドバイスをもらった。兄貴分の矢野さんが引退したので、矢野さんの分も頑張りたい」とコメント。

 崖っぷちの一戦での快打に「追い込まれるまでボールに手を出してしまった。何とか食らいついて打ったらいいところに飛んでくれた。勝つことだけを考えて全員準備していた。勝ててよかった」とホッとした表情を見せたが、すぐに顔を引き締め「明日もあるので準備して、一生懸命必死になって頑張りたい」と強い意気込みを語った。 
試合速報

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日本ハム、ファイナルS

進出へ逆王手!

大田V打!ソフトBにタイ勝

パ・リーグCSファーストS第2戦   

日本ハム4―2ソフトバンク 

( 2018年10月14日    ヤフオクD )

<ソ・日2>8回2死二塁、左越え適時二塁打を
放つ大田(撮影・岡田 丈靖) 
Photo By スポニチ

 

 パ・リーグCSファーストステージ第2戦が14日、ヤフオクドームで行われ、レギュラーシーズン3位の日本ハムが2位のソフトバンクに4―2で勝利。1勝1敗としファイナルステージ(S)進出へ逆王手をかけた。15日の最終第3戦で、ソフトバンクが勝つか引き分ければ5年連続で、日本ハムが勝てば2年ぶりのファイナルステージ進出が決まる。 

 0―0の3回1死、8番・横尾がソフトバンク先発・千賀の2球目変化球を強振し、左翼ポール直撃のソロアーチ。近藤が本塁打を放った第1戦に続き、2戦連続で日本ハムが先制点を奪った。4回1死一、三塁では5番アルシアの技あり右前適時打で加点した。

 先発マルティネスは、昨季までソフトバンクに在籍した鶴岡のリードに導かれ好投。カットボールやチェンジアップが効果的に決まり、序盤から凡打の山を築きゴロアウトは15個。4回に中村晃、7回に高田に適時打を浴びたが、7回2失点と先発の役目を果たしてマウンドを降りた。

 同点に追いつかれた直後の8回、2死から1番・西川が二塁打で出塁。2番・大田の二塁打で勝ち越すと、続く3番・近藤も二塁打を放ち貴重な追加点を奪った。

 8回は宮西、9回は石川がリードを守り抜き、ソフトバンクとの接戦を制した。

 ソフトバンクは千賀が苦しみながらも6回3安打2失点と粘投したが、打線がつながらなかった。 
試合速報

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

日本ハム・石川直、

CS初登板セーブ

「初球からいい球を

投げられて良かった」

 

投球する日本ハム・石川直=ヤフオクドーム

(撮影・門井聡)【拡大】

 (パ・クライマックスシリーズ・ファーストステージ第2戦、

ソフトバンク2-4日本ハム、1勝1敗、14日、ヤフオクD)

日本ハムの石川直がCSで初登板しセーブを挙げた。4-2の九回を完璧に抑え「緊張感がある中で(しっかりと)投げることができた」と胸を張った。

 最速155キロの直球と落差の大きいフォークボールでデスパイネ、グラシアルから連続三振を奪い、松田宣は左邪飛に仕留めた。一発のある3人を封じ「いい打者が並んでいたけれど、初球からいい球を投げられて良かった」と笑顔だった。

日本ハム・吉井投手コーチ(石川直に)

「開幕のころに比べればしっかり投げている。頼もしく感じた

試合結果へCS日程へ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

第15回 みやざきフェニックス・リーグ

試合結果

10/14(日) ソフトバンクvs日本ハム(サンマリン)

F 200 000 000 2
H 000 000 200 2

【バッテリー】

日本ハム
投手:西村(6回)―高梨(2回)―立田(1回)


捕手:黒羽根

 

ソフトバンク
投手:吉住(4回)―椎野(1回)―モイネロ(2回)

―松田遼(1回)―髙橋純(1回)
捕手:谷川原

【本塁打】

○日本ハム:なし
○ソフトバンク:真砂(7回①)

 

1回表 森山の2点タイムリー二塁打で日本ハムが先制、その後は両チーム投手陣の好投で試合は

7回裏に。
真砂の本塁打でソフトバンクが1点を返すと、川瀬にもタイムリーが出て同点に追いついた。

試合はそのまま2-2で終了。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

*今日の予告先発投手

福岡ソフトバンクホークス

東浜 巨

17試合7勝5敗 防御率3.32 WHIP1.19

対F 3試合1勝1敗 防御率3.72 WHIP1.10

 

VS

 

北海道日本ハムファイターズ

杉浦 稔大

3試合2勝0敗 防御率2.84 WHIP0.71

対H 1試合1勝0敗 防御率0.00 WHIP0.00

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

旗朝から...雨&曇り空に!

必勝の「第2戦」負ければ終わりに..

午後から、TV観戦....

マルチネス投手好投!打撃陣の奮闘

同点に追いつかれ....

突き放す!大田選手の勝ち越し打!

&近藤選手も連続タイムリー!最高

 

決戦は今日に!初戦勝利の有利さ

ジンクスを破っての!ファイナルに!

大役の、杉浦投手に期待を!

祈念!!!投打の活躍を....

VS

 

 

上沢3回7失点KO 

追い込まれたハム

栗山監督「明日取れば、

何の問題もない」

日本ハムが崖っぷちに追い込まれた。13日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージ第1戦。初回に近藤のソロで先制したものの、その裏に先発の上沢が5点を失って、早々に劣勢に立たされ、そのまま押し切られた。試合後、栗山英樹監督は「全てがうまくいかなかったことも明日に繋がっていくんでね、こういう悔しい思いをしたんで、またあした精一杯やるだけ。明日取れば、なんの問題もない」と悔しさを押し殺し、第2戦に視線を向けた。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

初回に1点先制するも、

その直後に右腕が大量5失点

ソフトバンク 8-3 日本ハム(13日・ヤフオクドーム)

 

 日本ハムが崖っぷちに追い込まれた。13日、敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンクとの「パーソル クライマックスシリーズ パ」ファーストステージ第1戦。初回に近藤のソロで先制したものの、その裏に先発の上沢が5点を失って、早々に劣勢に立たされ、そのまま押し切られた。試合後、栗山英樹監督は「全てがうまくいかなかったことも明日に繋がっていくんでね、こういう悔しい思いをしたんで、またあした精一杯やるだけ。明日取れば、なんの問題もない」と悔しさを押し殺し、第2戦に視線を向けた。

 右腕は初回、上林の打ち取った飛球が左翼線に落ち二塁打に。明石に四球を与えると、中村晃のゴロはアンラッキーな形で内野安打に。ファウルゾーンへ切れると見送った上沢だったが、塁線上からフェアゾーンへと戻ってきた。これで満塁となると、柳田には右前適時打を許して同点に。続くデスパイネには右翼スタンドへ満塁弾を浴びた。

 頼みの上沢は3回9安打7失点でノックアウト。「なんとか丁寧に投げようという感じはあったけど、特別(違いは感じなかった)」とこの日の右腕の出来を語った指揮官。「誰が悪いわけではないので、ナオ(上沢)が頑張って抑えるときもあるし、いろいろな試合がある」と、右腕をかばった。

 初戦を落とし、ソフトバンクに突破へ王手をかけられた。「結果に関してはこっちの問題なんでね。もしどこかで終わるようなことがあれば、それは俺がしっかり受け止めて考えるけど、そんなこと考えてる暇もない、今は明日勝って明後日勝つだけのことなんで」と語り、巻き返しを誓っていた。

(Full-Count編集部)

【次の記事】日本ハムいきなり先制! 

初回2死から近藤が左中間へソロ本塁打

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<パCSファーストステージ:

ソフトバンク8-3日本ハム>

◇第1戦◇13日◇ヤフオクドーム

クライマックスシリーズ(CS)

ファーストステージが開幕。

◆一球速報

 

チーム
1 0 0 2 0 0 0 0 0 3
5 0 2 0 0 1 0 0 × 8

 

【日】上沢、公文、井口、加藤、トンキン、堀

【ソ】ミランダ、武田、石川、加治屋、森

【本】近藤(日)デスパイネ(ソ=満塁)甲斐(ソ)

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

第15回 みやざきフェニックス・リーグ試合結果

10/13(土) 日本ハムvs四国IL(日向)

IL 200 000 002 4
F  000 400 10X 5

 

【バッテリー】

○四国IL
投手:伊藤(徳島・3回)―石井(高知・1回)

―加藤(高知・1回)―河津(愛媛・2回)―

クインティン(愛媛・1回)
捕手:福田融(愛媛)―安藤(高知)

○日本ハム
投手:吉田(7回)―田中豊(1回)―玉井(1回)


捕手:郡

【本塁打】

○四国IL:岸(徳島・1回①)、谷田(徳島・1回①)、

ヘイドーン(愛媛・9回②)
日本ハム:森山(4回②)

1回表 岸(徳島)、谷田(徳島)の連続本塁打で四国ILが先制。
4回裏 日本ハムは姫野のタイムリー二塁打で1点差とすると、

森山の2点本塁打で逆転、郡のタイムリー二塁打で1点を追加した。


7回裏 石井一のタイムリーで1点を追加した日本ハムに対して、

9回表ヘイドーン(愛媛)の本塁打で四国ILも2点を返したが試合は5-4で日本ハムが勝利した。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

背水のハム 次こそ勝利 

CS黒星スタート

一回、上沢投手がデスパイネ選手に勝ち越しの

満塁本塁打を打たれ、沈んだ表情の栗山監督

(後列左から2人目)ら(中本翔撮影)

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが13日に開幕し、パ・リーグ3位の北海道日本ハムはヤフオクドーム(福岡市)で、2位ソフトバンクに3―8で敗れた。先発の上沢直之投手が一回にデスパイネ選手に満塁本塁打を打たれるなど3回7失点と崩れ、打線も相手のリリーフ投手陣に反撃を阻まれた。日本ハムは14日の2戦目で勝たなければ、敗退が決まる。

 レギュラーシーズンの2位と3位が争うファーストステージは3試合制。2勝を挙げたチームがリーグ王者の西武と対戦するファイナルステージへ進む。1勝1敗1引き分けで終わった場合は、規定により2位チームが勝者となる。(木津谷学)

(北海道新聞)

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

旗CS第一戦は、レギュラーシーズンの「二の舞」...

先発の大乱調で!早々に勝敗が決まる。

救いは....中継ぎ陣の健闘かな!!

チャンスの攻撃陣も!脆さが...勝負にならなかった!

鎌スタPVにも、雨模様&寒さが!自宅で観戦を...

今日は、朝から雨模様です。ワクワク勝利を期待。