小豆島で生きる!

各種SNSやってますフォローしてくださいニコニコ

Facebookhttps://www.facebook.com/tad55kawasaki

Twitterhttps://twitter.com/tad55kawasaki

Instagramhttps://www.instagram.com/tad55kawasaki/



ロケ地巡りや小豆島観光のお問い合わせは↓


メールtad55kawasaki@gmail.com まで

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-10-18 07:40:01

10/21 小豆島オリーブマルシェが開催されます!

テーマ:小豆島

おはようございます!

小豆島小豆島晴れ時々くもりです。

予想最高気温23度です。

 

少し前まで毎週のように台風で悩まされていた初秋とは打って変わって、

すっかり秋晴れが続く毎日となりましたニコニコ

 

今日は昨日紹介したオリーブ大収穫祭の関連イベントです↓

 

 

2018年10月21日(日)10:00~15:00

道の駅 小豆島オリーブ公園(第三駐車場他)

 

オリーブ植栽110周年記念

小豆島オリーブマルシェ

 

香川県自慢のオリーブにまつわる商品が勢ぞろい!!

小豆島に、美味しくておしゃれなマルシェが1日限りでやってきます。

 

主催 さぬきうまいもんプロジェクト実行委員会、香川県

共催 小豆島オリーブ公園  協力 小豆島町、土庄町

 

 

香川県自慢のオリーブを使ったさまざまな商品が揃う、おしゃれで、美味しいマルシェが開催されます。摘みたてのオリーブの実を使った新漬けオリーブ、オリーブを餌に育ったブランド食材、オリーブ牛、オリーブ夢豚、オリーブ地鶏、オリーブハマチ、オリーブ車海老などを調理した絶品グルメが登場!小豆島でしか作られていないオリーブ素麺や、オリーブ牛とうどんがコラボしたオリジナル肉うどんなども、この機会にぜひ味わってみたいご当地グルメです。さらに、オリーブの木を素材にした木工製品、かわいい雑貨などが購入できるコーナーも。小豆島オリーブ公園「オリーブ大収穫祭」と共同開催のためオリーブ餅投げや、オリーブ収穫体験などのイベントもあって、一日たっぷりと楽しめます。

 

 

小豆島では生産していない、オリーブハマチや、オリーブ夢豚、オリーブ地鶏、オリーブ車海老など、オリーブを使った香川県産の食品がどんどん増えていますね。

この機会に色々と食べてみたいですね。

 

オリーブ大収穫祭とともに大きなお祭りになりそうな小豆島オリーブ公園です。

 

今日も1日がんばりましょう。

 

No.3990

2018-10-17 07:49:54

10/21 オリーブ大収穫祭がオリーブ公園で行われます!

テーマ:小豆島

おはようございます!

小豆島小豆島晴れのちくもりです。

予想最高気温21度です。

 

今年は、小豆島にオリーブが植栽されて110周年になります。

オリーブ公園で開催されるオリーブ収穫祭も盛大にやるようです↓

 

 

10月1日から収穫祭イベントは続いており、10月21日は大収穫祭です。

 

この扉、広告用なのかな?

実際にオリーブ畑の中にあると楽しいだろうな~

 

 

 

こちらはオリーブ祝祭110周年について書かれています。

 

 

 

10月21日(日)オリーブ大収穫祭2018

<オリーブ植栽110周年>

 

色んなイベントがありますよ!

 

 

 

また大収穫祭以外の日程でも、いろいろと体験出来るコースもあります。

(一部すでに終わっているものもあります)

 

10月21日(日)は大収穫祭に合わせてマルシェも同時開催されます。

こちらについては明日のブログで紹介しますね!

 

昨日ちらっとだけオリーブ公園を訪れましたが、オリーブの実が

 

このように青い実から、熟した色に変わっている木も見られました。

 

今は、新漬け用の収穫中ですが、これからオリーブオイル用の収穫も始まっていきます。

収穫体験もできますので、この週末はオリーブに触れにオリーブ公園に行きましょう!

 

 

今日も1日がんばりましょう。

 

No.3989

2018-10-16 08:45:20

葺田八幡神社秋祭り 小部獅子舞奉納の写真!

テーマ:小豆島

おはようございます!

小豆島小豆島くもり時々晴れです。

予想最高気温22度です。

 

今日は池田亀山八幡宮の秋祭りです。

昨年は15日、16日と雨でしたので、今年は良い天気で、みなさんお祭り楽しめそうでよかったです。

 

さて、今日のブログは、前回、葺田八幡神社の秋祭りをさらっと紹介したので、

今回は小部獅子舞の写真をしっかりと紹介したいと思います。

 

IMG_20171007_135610432.jpg

 

現在葺田八幡神社の毘沙門堂に展示されているこの獅子舞

寛永3年(1626年)に小部の獅子舞が奉納されたという記録が神社に残っており、宝物殿に保管されていた獅子舞です。

 

寛永3年に初めて奉納されたと書いてあるわけでは無いので、その前から獅子舞が奉納されていた可能性は高いですね。

400年前から続く伝統文化です。

 

運営は小部獅子若連中という青年団が行っています。

 

しかし、この獅子舞、今のものと良く似ています。

幕のテイストも400年前から引き継がれています↓

 

 

この日は朝5時から福田地区の家を廻り、10時半頃にいったん終わります。

 

神社の馬場で昼から獅子舞を行います。

 

 

舞い込み

 

雨ですがいつもと変わらない走りでした!

 

 

普通の獅子舞は2人入って頭と後ろの人に分かれますが、

小部の獅子舞は、”幕持ち”と言って、大きな幕をみんなで持ちます。

しかも隠れてません。顔出しです。

このようなスタイルの獅子舞は珍しいのではないでしょうか?

 

 

頭を交代する時には神社の階段で獅子が寝ますぐぅぐぅ

 

 

大きな幕に引っ張られますが、両サイドの幕持ちが頭が動きやすいようにサポートしています。

 

 

泥濘の中をダッシュ!

 

 

なかなか勇ましいです!

 

 

こちらは足がかわいいニコニコ

 

 

小部の暴れ獅子

 

 

子供の獅子せかしはいませんが、大人が周りで獅子をせかしているような感じでしょうか?

 

 

獅子舞の太鼓は、大太鼓の中から叩いています。

大太鼓の中で叩くと、外が見えないのでどうなってるのか?

今何人目なのか分からなくなります。

 

 

雨でぬかるむ中、ほぼ例年通りの獅子舞が行えました。

 

 

カメラマンたちも迫ってくる獅子舞を撮ってました。

 

 

このあと、波止場の御旅所にて、最後の獅子舞を行い葺田八幡神社の秋祭りが終わります。

 

 

400年続く獅子舞ですが、普通なら町の無形文化財ぐらいになっていてもおかしくない歴史があります。

しかし、獅子舞をやってるのは、土庄町の住民で、神社は小豆島町の葺田八幡神社です。なので、どちらの町も認定出来ないでしょうね。

よく、なんで小部は土庄町なのに、葺田さんへ行くの?と聞かれますが、

まず、距離は伊喜末八幡神社よりも、へんろ道で山を越えると近いです。

また、江戸時代や、もっと前に、土庄町も小豆島町も存在しませんから今の行政区分になる遥か昔から葺田八幡神社の氏子なのです。

これも両町が合併したら、誰も気にしなくなる問題だと思います。

 

太鼓台の奉納は、担き手や、乗り子の問題で、祭りに出さなくなる時は近いと思いますが、この獅子舞だけは継続していかなくてはいけないものです。

 

葺田八幡神社の秋祭りには4つの獅子舞が奉納されます。

それぞれに自分所が一番だと思ってやっています。

なので、葺田八幡神社では太鼓よりも獅子舞が命なのです。

少し小豆島の他の地域とは違った、一番小さな神社の秋祭り、

みんなで輪になって獅子舞を見る風景はこれからもずっと続いて欲しいと思います。

 

今日も1日がんばりましょう。

 

No.3988

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス