地方公務員(県庁職員)の生き様

地方公務員(県庁職員)の生き様

某県庁職員が、日々の閉塞感に思い悩みながらも、なんとか前に進んでいく過程を綴っていきたいと思います。
現在の目標は働きながら司法試験合格。
同じ公務員の方、資格試験勉強中の方、公務員を目指す学生さんなどに見ていただければ幸い。。。

こんばんわ、たくのすです。

 

気軽にどんどん投稿していきます。

 

あいかわらず民間で仕事してますよ。

 

標題ですが、昔『公務員、辞めたらどうする?』って本がありました。

 

 

これです。

 

著者は「役人廃業.com」っていうサイトで役所辞めた人用の転職支援をしていたようですが、現在は公務員プラスって形で情報提供サイトになっているようですね。

 

結構読み物としてはおもしろかったので、公務員の方はぜひ読んでみてください。

 

さて、民間に行ってるからか、最近公務員辞めたいとか、実際に辞めた等の相談?自慢?を受けることがあります。

 

たくのすは基本的に公務員だから絶対的に転職に不利になるとは考えていないので、別にいーんじゃん?(´∀`*)くらいにしか思いません。

 

もったいないとも特段思わないし、、、

 

好きなようにしてくださいって感じです。

 

あ、そうそう『好きなようにしてください』って本もありましたね。

これです。

 

これ、キャリア考えるには超おすすめです。

 

なにせ、質問の回答の大半が「好きにしてください。」なのでw

 

面白いですよ。

 

脱線しました。

 

えーと、困るのは、彼ら彼女ら、公務員を辞めることが、なにかとてつもないすごいことのように考えていることなんですよね。

 

『公務員辞めようとしている俺すごい。』とか

 

『公務員辞めて独立あるいは民間で食えている私超優秀。』とか

 

はっきり言わないまでも完全にその意識が漏れ出してます。

 

もう気分は外資系コンサルタントです。

 

特に辞めてそれなりに食えている人は、もうそれこそ鬼の首とったように上から目線です。

 

そして、「絶対公務員の仕事はつまらない、将来がない。前例踏襲。」とつづく。

 

最後に、「いまは好きなことをして生きる時代だ」と。(高確率で彼らはホリエモンの本を読んでいます。)

 

いや、もう分かった。君は天才だ。分かったから好きにやってくれ。

 

いちいち話さないでいいから。そのまま頑張って続けて、幸せになってくれ。

 

特に飲み会とかでは勘弁してほしい。

 

周りの人たちはけっこうこう思ってます。

 

大半が自己評価がすごい高いんだよなあ。。。

 

大体この人たちは、役所の中で、人材的に中の上~上の下くらいのゾーンに多いような気がします。

 

そんなこといってるおまえも何様だって話ですがね(爆)

 

ふー、さて勉強するかな。