おはようございます。立花です。

ただただ一日も早い収束を祈り願います。

今年の研修の事前レクチャーが始まりました。
風通しよくし席を離し直接会議室で行うところ
在宅勤務のためオンラインで行うところなど、様々です。

以前からデバイスやアプリなど、新しいものは意識して触れるようにしてきました。
週次の定例会議もオンラインに切り替わっています。
そのためオンラインミーティングの新しいアプリを使うことも出てきました。

Facebook Messenger、LINEはもちろんのこと
ZOOMやWhereby、Microsoft Teamsなど
以前は使っていて最近はあまり使うことがなくなったGoogleハングアウト、Skype
用途や参加人数、画面の操作性、通信の安定など、それぞれ一長一短ある、と感じています。
当然ながら、利用者のために常に進化しつづけ
バージョンアップし続けるソフト/アプリがやはり支持されされています。
震災を契機に、SNSが急速に普及した時のように、今オンラインでの勤務・仕事が普及しつつあります。
収束後は元に戻ってしまいそうではありますが、長い目で見て変化の兆し、契機の年にはなりそうです。

また、この厳しい状況であっても
支持されるお店は支持され、支持される会社は支持される。
不謹慎ながら、必要とされるということはこういうことなのか
何が本物か、本質は何か、必要か否か、など
顕著に浮かび上がる時でもある、と感じています。