No.995


おはようございます。立花です。

先週お会いした恩師お二人からお話を頂きました。
先祖への感謝です。

今の自分があるために、何人の先祖がいてくださったのか。
両親2人、祖父母4人、曽祖父母8人・・・さかのぼっていくと
両親から数えて
10代前は2,046人
20代前は2,097,150人、なんと200万人以上となります。
200万人の先祖の繋がりがあって自分がいる
一人がかけても自分が生まれてこないという奇跡的なことです。

先祖に手を合わせることで何かを感じることがあります。
親はこどもには幸せになって欲しいと思うも、
先祖というものは我々をこの世に生み出してくれた人々ですから当然かもしれません。

先祖というものは目に見えませんが、感謝すると応援してくれ、
先祖を大切にする事から愛を学び、未来を繁栄させるエネルギーを頂ける、といいます。
また、命は先祖から引き継いだものであり、この命を何に使うのか
そして未来へ伝達伝承する、自分の本当の使命とは何か
という自分自身への問いかけに繋がる、と恩師から教えて頂きました。


お知らせです。

『ひとりの力を信じよう』英治出版
Amazon、全国書店にて発売
https://www.amazon.co.jp/dp/4862762395/
印税は全て公益社団法人MORIUMIUSに寄付されます。

ブログ http://ameblo.jp/tachibana87

「MORIUMIUS(モリウミアス)」 森と海と明日へ。
公益社団法人MORIUMIUS
http://www.moriumius.jp
https://www.facebook.com/moriumius.ogatsu