たちばな鍼灸整骨院のブログ

たちばな鍼灸整骨院のブログ

ブログの説明を入力します。

メッセージ欄

 

こんにちは。

 

 

墨田区整体なら別人のように元気になると評判の「たちばな整体院」

 

ご祝儀を包むときは

 

 

ふつう奇数にこだわります。

 

 

とくに結婚祝いでは偶数は「割れる」に通じるため

 

 

敬遠されます。

 

 

そのため二万円包むときには

 

 

 

一万札円を一枚、五千円札二枚の計三枚にして

 

 

 

 

包むのが礼儀とされています。

 

 

 

偶数よりも奇数を吉数とするのは

 

 

 

中国の陰陽思想の影響。

 

 

 

中国では奇数は陽数、

 

 

 

めでたい数字とされ

 

 

 

そのため一月一日の正月、

 

 

三月三日の桃の節句、

 

 

 

五月五日の端午の節句

 

 

 

などもすべて奇数に関係しています。

 

 

 

一方偶数は陰数とされ

 

 

 

これらの考え方が日本に伝わって

 

 

 

祝いの席では偶数を避けるようになりました。

 

 

 

 

偶数の避け方は地方によって違い

 

 

 

二万円のご祝儀を包むときは五円玉を足して

 

 

 

二万五円にするという地方もあります。

 

 

五円が「ご縁」に通じ

 

 

しかも偶数を奇数に変えるためです。

 

 

 

親戚や友達のお祝い事のとき

 

 

 

悩むのがいくら包むかではないでしょうか。

 

 

 

まあ無難なのは

 

 

相場と同じかそれ以上を包むのが無難ですね。

 

 

 

僕の家では毎年正月に

 

 

神主様におはらいをしていただいていたんですが

 

 

 

毎年大変だから

 

 

 

いつもよりお祝いを半分にしました。

 

 

そしたら翌年から来ませんでした。

 

 

 

大切な友達でしたらケチってはいけませんね。