こんにちは~☆

 

先日のろくもん2号の旅は、

終点の軽井沢駅に到着した後も

ちょっとしたお楽しみがありました。

 

 

 

10月に新しくなった しなの鉄道・軽井沢旧駅舎口

 

 

 

乗車中に「飲み物引き替え券」を頂きました。

軽井沢駅舎内の

桜井甘精堂のカフェ

駅待合室

ろくもんラウンジ 

こちらのいずれかで、飲み物(コーヒーまたはリンゴジュース)のサービスを頂けます。

 

 

桜井甘精堂にて、飲み物を受け取り

向かいますは、2階の

「ろくもんラウンジ」です 

 

 

 


 

 

旧軽井沢駅舎記念館の貴賓室を改装して作られたそうで、

当時の貴重な木材はそのまま使われているそうです。

 

しかも、利用できるのは食事プランの乗客のみなので、

今回は、私たち2人だけで、完全なる 貸し切りでした!!! 

 

 

 

ラウンジ入ります♪  。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚

 

 

ドアの扉は旧駅舎時代の物のようでした。開き方が違います。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

部屋の外の廊下も椅子が置いてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

超豪華というわけではありませんが、

木がふんだんに使われた

素敵な空間で、ろくもん号の余韻を楽しめます。

:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

こちらの家具や絵もすべて、 

ろくもん号のデザイナー水戸岡氏が手がけています。

 

 

 

 

 

 

 

ショーケース右に飾ってありました

 

 

「ろくもん膝掛け」 なのですが、

ろくもん車内で販売しておりました。。。  

とても気に入りました!:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

しかし・・・

お値段をみて、ビックリ  (☆。☆)

 

ろ・ろくせんえん! 

6000円なのです・・・ 

ろくもんにちなんで値をつけたのでしょうか?(^◇^;)

 

しかたなく諦めましたが、

ラウンジでは、数カ所に置いてあり、w川・o・川w

掛け放題でした!

 

 

 

手触りも良いし、やっぱり素敵です。

ああ、

持って帰りたい思いを裁ち切り、写真に納めました。

 

     

 

 

 

椅子もそれぞれ柄が違い、どれも素敵でした:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

ろくもん号よりシックな落ち着いた配色です。

           

 

 

          

 

 

  

        

 

 

 

 

こちらのラウンジ、

軽井沢発では、出発の前に利用できるそうです。

 

今回は、ほとんど貸し切り状態の

「ろくもん」。。。 ゆったり、楽しく、贅沢な想い出の旅となりました。