呑気な頼さん

呑気な頼さん

磐余の里(いわれのさと)は桜井市の南西部一帯の古き地名。日本書紀・古事記・万葉集などに数多く登場し十二代もの宮都が置かれた国のまほろばです。神山『三諸の神奈備(三輪山)』の麓に開かれた日本最古の『海柘榴市(つばいち)』『山の辺の道』があります。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス