こんにちは。竹谷とし子です。

 

朝8時より、超党派成育医療等基本法成立に向けた議員連盟総会。

 

一般社団法人「にんしんSOS東京」の代表理事中島かおりさんと副代表理事の土屋麻由美さんにお話をしていただきました。

 

お二人とも、助産師です。

 

日本では、妊娠が分かり、母子健康手帳が交付された時から、保健師との面談や妊婦健診の公費助成などの「切れ目のない支援」が受けられます。公明党として力を入れて取り組んで来た結果、昔に比べて、充実してきました。これはとても良いことです。産後ケアや日本版ねうぼらを、ますます充実させていかなければなりません

 

しかし、産むと決める前段階の、妊娠したかもしれないという時期からの支援の充実もまた必要、ということをにんしんSOS東京さんから教えていただきました。

 

東京都23区の妊産婦の異常死の実態調査によると、妊婦の自殺は2ヶ月目が多いとうことです。

 

また、児童虐待死で多いのは、出生ゼロ日目に実母に殺害されることです。

 

とても、痛ましいことです。

 

自殺や心中では、母子二人の命がなくなり、子に手をかけた母親は犯罪者になります。

 

この悲惨な事件の背景に、母親に相談相手がいなかったという事が推察されています。

 

一方、ドイツにおいては、妊娠の相談制度と匿名出産が法律で認められており、日本のゼロ日虐待死や妊婦自殺のように、望まない妊娠をした妊産婦が追い詰められて事件にいたることを防ぐ手立てがあることが、現地調査をした中島さんから紹介されました。

 

説明の後、与野党の国会議員から多くの質問が寄せられ、医師会の先生方も参加し、活発な意見交換が続きました。

 

 

議員連盟の総会後、佐々木さやか参議院議員も同席し、竹谷事務所でさらに議論しました。

 

にんしんSOS東京の取り組みは、産後ケアの第一人者である松が丘助産院の宗祥子先生からご紹介いただき、2016年12月に公明党女性委員会で話を伺いました。

 

今回は、超党派の議員連盟で広く、問題を共有していただく貴重な機会となりました。

 

今後も調査と議論を続けて、真に切れ目ない支援を充実させられるように、取り組んでまいります。

 

こんにちは。竹谷とし子です。

 

西日本豪雨被災者の方々の救援のため、各地で募金活動が行われています。

 

東京都青梅市では、7月豪雨被災者救援の会が15日13時半から1時間にわたり募金活動。

 

私も一緒に、募金へのご協力を呼びかけさせていただきました。

 

炎天下にもかかわらず、多くの方から、沢山の真心が寄せられました。

 

ご協力下さる皆様に心から感謝申し上げます。

 

全額、日本赤十字社に寄託され、被災地に届けられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公明党でも義援金口座を開設しています。

 

 

 

 

竹谷とし子です。

 

西日本を中心とした豪雨により亡くなられた方々のご冥福を祈り、被災された方々にお見舞い申し上げます。

 

報道によると、13府県で犠牲者が158人、心肺停止が1人、行方不明や連絡を取れない方が72人に上っています。

 

甚大な被害に胸が痛みます。

 

行方不明になっている方の救助と、被災者の方々の生活再建に、全力で取り組んでまいります。

 

公明党は現地議員を中心に、各地の被害状況把握につとめ、現場からの要請を迅速に政府に伝えて、対応を前に進めるよう取り組んでいます。

 

最前線で対応にあたる方々に配慮しつつ、7月10日には衆議院会館で、山口代表出席のもと、対策本部を開きました。

 

現地に入った国会議員らから、「ライフラインの復旧を早くしてもらいたい」「被災自治体の財政負担が減る『激甚災害』指定を早期に行うべきだ」など、政府への要望が相次ぎました。


また、被災者の方々の避難所としてフェリーの手配準備や、今後発生する可能性がある土砂崩れへの準備等、先手を打って対応すべきとの声が続きました。

 

避難者は1万人にものぼり、道路や水道などのライフラインの復旧に時間がかかる地域もあるとのこと。

 

まだ被害が広がっており、実態が把握しきれていない状況もあると思います。

 

猛暑の中、被災された方々と、救援にあたる方々の、熱中症や二次被害を防いでいかなければなりません。

 

現地の方々が、落ち着いた生活を一刻も早く取り戻すことができるように、力を尽くしてまいります。

 

 

救助活動が続く災害現場(公明新聞

 

現地で話を聞く山本ひろし参議院議員

 

山口代表出席のもと党対策本部