竹谷とし子です。今朝の東京は冷たい雨模様でした。

 

8月12日に復興副大臣拝を拝命して早4ヶ月。

原子力災害からの復興・再生、福島復興局担当し、週一日くらいのペースで福島県へ。

原子力災害があった浜通りと呼ばれる地域に集中的に通っています。

復興が遅れている原発被災地域での課題は多様化・複雑化している、といわれています。

容易に解決しない課題が残されていると感じます。

だからこそ、解決に向けて関係者が知恵を出し協力してとりくむ必要があります。

そのためには、現地の事情をできるだけ理解することが求められます。

忌憚のない意見交換ができるようふだんからの勉強と関係づくりにつとめています。

 

現地・現場へ。

本日で26日間延べ105カ所の訪問となりました。

受入れてくださる皆さま、支えててくださる方々に感謝いたします。

 

これまで下記を訪問しました。

 

104ふくしま心のケアセンター

105環境省福島地方環境事務所

福島復興局(自席もいただいておりますが初訪問となりました)

(2022.12.13 福島市)

福島day26

 

97浜風きらら

98常磐興産

99東日本計算センターながとイノベーションセンター

100新常磐交通いわき営業所

101いわき鹿島ステーション

102カネセン水産

103ASEAN-Japanスマートシティ会合レセプション

(2022.12/5-6 楢葉町、いわき市)

福島day24-25

 

96ふるさと創造学サミット(双葉郡の学校)

この後東京にて国際女性会議WOWレセプション

(2022/12/2-3 富岡町)

福島day22-23

 

88ベルグ福島

89スマイルファーム

90川俣町との意見交換

91広野町IGCC発電所

92二ツ沼総合公園バナナ栽培

93広野町文化交流施設ひろの未来館

94相双スマートエコカンパニー

95バイオマスレジン福島

(2022.11/29川俣町、広野町、南相馬市)

福島day21

 

76田村市との意見交換

77テラス石森移住ワンストップセンター

78ホップジャパン

79佐久間牧場

80HANERU葛尾

814Rエナジー浪江事業所

82震災遺構浪江町立請戸小学校

83福島高度集成材製造センター

84浜通り地域デザインセンターなみえ

85いこいの村なみえ

86浪江町の復興加速に向けた協議会

87福島工業高等専門学校

(2022/11/23-24田村市、葛尾村、浪江町、いわき市)

福島day19-20

 

73一般社団法人とみおかワインドメーヌ

74日本原子力研究開発機構 楢葉遠隔技術開発センター

75Jヴィレッジ e復興サッカー選手権決勝戦・表彰式

 

61YO-TASHI

62川内村移住・定収支援センター(かわうちラボ内

63川内村役場 意見交換

64かわうちワイナリー

65遠藤きのこ園

66川内小中学園

67かつらお胡蝶蘭合同会社

68復興交流館あぜりあ・移住・定住支援センター

69野行地区 特定復興再生拠点

70道の駅なみえ 

71浪江町と意見交換

72双葉町合併70周年記念式典

福島day16-18

(2022/11/3-5川内村、葛尾村、浪江町、双葉町)

 

58IHI相馬事業所

59そうまIHIグリーンエネルギーセンター

60小高産業技術高校視察

福島day15

(2022/10/26相馬市、南相馬市)

 

51長泥行政区「心の復興事業」記念式典

52秋祭り・道の駅までい館視察

53南相馬市との意見交換

54松月堂菓子店 四ツ葉店

55トレ食

56南相馬市産業創造センター

人機一体

57福島水素エネルギー研究フィールド

福島day14

(2022/10/23飯舘村、南相馬市)

 

48スマートシティAiCT

アクセンチュア(株)イノベーションセンター福島

AiCT交流棟内 あゆむcafe

49観光に関する意見交換

会津若松観光ビューロー

東山温泉観光協会       

芦ノ牧温泉観光協会         

50会津大学視察

福島day13

(2022/10/14会津若松市 公明党視察)

        

42大川原地区視察(大熊町大川原地区)

43新町(滑津橋ゲート)特定復興再生拠点区域外

44大野駅周辺、下野上地区視察

45双葉町産業交流センター視察

46石熊地区(双葉町石熊)特定復興再生拠点区域外

47双葉駅(双葉町長塚町西)特定復興再生拠点区域

福島day12

(2022/10/13双葉町、大熊町)

 

35福島大学 意見交換・視察

36福島県立医科大学

37環境創造センター国立環境研究所 福島地域協働研究拠点JAEA廃炉国際共同研究センター(CLADS)

38新妻有機農園

39とみおかくらし情報館

40双葉地方町村議会議長会との意見交換会

41とみおかアーカイブミュージアム

福島day10-11

(10/4-5福島市、三春市、広野町、富岡町)

 

28大熊分析・研究センター開所式

29福島県立ふたば未来学園視察

30Jヴィレッジ

31楢葉町と意見交換

32笑ふるタウンならは

33甘藷貯蔵施設・育苗施設

34廃炉環境国際共同研究センター

福島day8-9

(2022/9/25-26大熊町、広野町、楢葉町)

 

21環境再生事業視察(飯舘村長泥地区)*帰還困難ゲート

22福島ロボットテストフィールド視察

23ネクサスファームおおくま

24ふたばワールドオープニングセレモニー

25ふたばワールド会場内視察

26東日本大震災・原子力災害伝承館視察

27東京電力福島第一原子力発電所

福島day6-7

(2022/9/22-23 飯舘村、南相馬市、双葉町、大熊町)

 

17新地町役場大堀町長への就任挨拶

18権現堂地区公有施設(仮事務所候補物件)

19川添地区(本施設候補地)視察

20福島県庁 県知事との意見交換

福島day5

(2022/9/9新地町、浪江町、福島市)

 

12飯舘村役場 村岡村長への就任挨拶

13川内村役場 遠藤村長への就任挨拶

14田村市役所 白石市長への就任挨拶

15葛尾村役場 篠木村長への就任挨拶

16双葉町役場いわき事務所 伊澤町長への就任挨拶

福島day4

(2022/8/2912市町村への就任挨拶)

 

11福島復興再生協議会

福島day3

(2022/8/27福島市)

 

4遠藤広野町長表敬

5 松本楢葉町長表敬

6山本冨岡町長表敬

7吉田大熊町長表敬

8吉田浪江町長表敬

9門馬南相馬市長表敬

10藤原川俣町長表敬

福島day2

(2022/8/2212市町村へ就任挨拶)

 

1 内堀知事表敬

2 鈴木副知事・井手副知事表敬

3 渡辺議長表敬

福島day1

(2022/8/19福島県へ就任挨拶)

 

 

 

 

大熊町

 

双葉町 再生賃貸住宅 浜田昌良元復興副大臣が移住されています。

 

広野町 新妻有機農園

 

とみおかくらし情報館

 

とみおかアーカイブ・ミュージアム

 

双葉郡議長会のみなさまとの懇談会

 

 

 

日々、現場第一主義で、できるだけ浜通りの市町村を回り、お話を伺っています。

 

10月13日には秋葉大臣に随行し、双葉町と大熊町の特定復興再生拠点区域外をつぶさに視察しました。まだ立ち入りが制限されている地域です。復興が着実に進む一方で、残された課題は多様で、複雑化しています。今後も、現場に寄りそった支援が必要です。

(福島大学)

 

(福島県立医科大)

 

(福島県環境創造センター)

 

秋葉復興大臣に随行し、福島県内の大学・研究機関における研究内容を伺いました。

 

福島大学では、東日本大震災以降、ゼロから環境放射能研究に取り組んでこられたことや、県内大学で初の農学群をたちあげたこと、また、高校生を対象にOECD東北スクールを開催してこられたことなどご紹介いただき、来春設立される福島国際研究教育機構への提案について説明をしていただきました。

 

福島県立医科大学では、治療用放射性核種を生成できるサイクロトロンで、近年、核医学治療用のアルファ線放出核種として注目されるアスタチン-211(211At)を製造できることや、タンパク質マイクロアレイを用いた抗体評価などの研究について説明をしていただきました。

 

福島県三春町の県環境創造センターでは、森林の放射線セシウムの状況や除去土壌の有効活用、山菜の放射線低減などの研究を伺いました。 尚、環境創造センターでは通常は一般公開していない施設の周遊や職員との交流、体験を行うイベントが時々開催されています。ご関心ある方はぜひホームページをご覧下さい 

https://fukushima-kankyosozo.jp

 

お話を伺い、研究によって難題を解決していく可能性にワクワクしました。国づくりは、人づくり。学生が自由闊達に学び、研究者の方々が創造性を発揮し、のびのびと研究できる環境を支えていかなければならないと思いました。