徳島の矯正歯科治療専門医院 (徳島県板野郡) 藤崎矯正歯科クリニック 院長ブログ  

     平成21年6月5日(金) 徳島県板野郡北島町鯛浜に

      歯列矯正治療専門医院を開院


          藤崎矯正歯科クリニック

                     ハナラビハヨイ 
      フリーダイヤル 0120-872841

        TEL:088-698-0919 

          FAX:088-698-0989 

  http://www.fujisaki-kyousei.com ←ホームページへはここをクリック

 

               日本矯正歯科学会認定医・専門医

                歯学博士

               院長   藤﨑臣弘


         771-0204 徳島県板野郡北島町鯛浜字大西153-6  
              
             徳島の矯正歯科治療専門医院-map
※ 駐車場4台有り

                 ●徳島駅より車で9分
                 ●徳島インターより車で6分
                 ●鳴門インターより車で20分
                 ●藍住インターより車で12分
                 ●板野インターより車で18分
                 ●JR高徳線吉成駅徒歩11分

  • 15Oct
    • 34年ぶりに復活した母校 富田中学校のブラスバンド部演奏会に参加しました。

      皆さん、こんにちは。すっかり秋めいてきましたね。私も風邪をひいてしまいました。寝込むほどではありませんが、早く治さないといけません。さて、今回の院長ブログは、以前ご紹介した中学校の演奏会がついに34年ぶりに復活し、その本番を迎えましたので、そのご報告です。私は演奏での参加ではなく、裏方スタッフの立場での参加です。朝8時に母校に集合して、現役と一緒にトラックに楽器などを積み込みから始まりました。会場は文化の森です。看板なども、スタッフの手作りです。朝9時半からは会場のセッティングです。これもOB.OGが総出でやります。演奏者たちのリハーサルです。合計で8回ほどの合奏。それも参加できない人も多くて、数回の練習で本番の人もいます。でも、そこは昔取ったなんとかで、ちゃんと演奏になっていますから、たいしたもんです。午後1時半から本番です。多くの観客が集まりました。懐かしい先輩や後輩に出会えました。このような復活演奏会がなければ、絶対に合わなかったでしょうね。変わっていない人もいれば、変わった人もいます。やっぱりいいですね。最後は、富中の応援歌をみんなで歌い締めとなりました。来年の開催も期待したいですね。私の同期も3名が演奏していました。それを見ていると、私も演奏に加わっているような錯覚も感じます。あの頃の思い出も蘇ります。先輩方や、中学校の協力なくしてはあり得なかったイベントです。永遠に記憶に残さないとと一生懸命聞き入りました。私も中学校を卒業して40年です。中学校の3年間は、毎日ブラスバンドの練習と言っても過言ではないぐらいに練習してました。朝と夕ですから、それは凄かったですね。昔ですから上下の規律の厳しさは、今の比ではありません。理不尽な事は日常茶飯事。小学生から中学生になったばかりには、衝撃的な事でした。苦しい事や嫌な事ももちろんありましたが、楽しい事や嬉しい事ももちろんあります。卒業まで頑張った同期は、戦友みたいな感じで、今も仲良く付き合えます。あの経験を共有した仲間は、連帯感がでますね。今でもちょっと前の出来事のように感じられます。皆さんはどんな中学生時代を過ごされたのでしょうか。それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆さん、お元気にお過ごしください。次回の院長ブログは、24日からアメリカへ出張します。そのご報告です。ご期待ください。それでは。

      NEW!

      3
      テーマ:
  • 27Sep
    • 毎年開催の富中ブラスの同期会旅行で東京・横浜へ行きました。

      皆さん、こんにちは。一気に秋になりました。もう半袖は寒いですね。さて、今回の院長ブログは、毎年開催している中学校のクラブ活動の同期会が開催され、今年は東京で、横浜観光もしてきたので、その報告です。今年も顧問の糸谷先生ご夫妻も一緒です。77歳ですが、お元気で我々と一緒に最後まで歩いて旅行を楽しみました。徳島空港から朝一便に乗り、電車を乗り継ぎ、四ツ谷にある赤坂迎賓館のお庭と本館内部の見学から始まりました。裏庭の噴水で記念写真です。晴れて気持ちがよい一日でした。残念ながら内部は写真撮影禁止なので、パンフレットの写真です。総大理石でフランス製のシャンデリア、金をふんだんに使用した装飾、天井画、壁の飾りなど、もうため息ばかりです。見学したのは大きな部屋が4つほどでした。最初は明治天皇の自宅用に建てられたそうです。今は、国賓などを迎えてパーティーや調印式、記者会見場などに使用しています。トランプ大統領と安倍首相が並んで会見している写真があるのですが、バックに写っているのは、この場所です、みたいな展示があちこちに。天皇陛下がここに座って他国の王様と歓談してる写真などがあります。ここで、こんな人が使っているんだと実感しました。その後は丸の内に移動して、ステーキハウス ウルフギャングで豪勢にステーキランチです。名古屋、松山からも合流してくれた同期とも楽しい昼食の時間でした。ステーキも柔らかくておいしくて、なかなか徳島では食べられないと思いました。お腹一杯になり、この後はお芝居を見に行きました。丸の内からメトロで東銀座へ行き、新橋演舞場で中村芝翫と壇れい主演で、シェ-クスピアの4大悲劇の一つ、オセローを観賞しました。恥ずかしながら、ストーリーを知らないので、パンフレットを読んで、前半部分のあらすじを頭に入れて臨みました。やはり、プロの演技は凄いの一言ですね。しかも前から6列目。もう役者の汗粒までみえます。すっかり場面に入りこんでしまいます。さすがシェークスピアは、喩が長いですね。セリフが長くて役者さんは大変だろうななんて思ってしまいますが、でもとてもロマンティックで、叙情的で、言葉の魔力にかけられたような雰囲気を味わえて、もう皆大満足でした。2回の休憩をはさんで3時間45分。でも凄く短く感じました。お芝居はいいですね。夜は銀座のイタリアンで食事となりました。銀座の夜景を見ながらの美味しい食事と、先ほどのお芝居で感動した事などで盛り上がり、楽しい時間を過ごせました。翌日は築地の場外市場へ朝食を食べに行きました。海鮮丼のお店に行きました。私は炙り海鮮丼をたのんでみました。初めての体験でしたが、これが美味しかったです。炙った香ばしさと、ほんのり温かい感じがとても新鮮でした。朝食後は東京駅へ向かい、はとバスツアーで横浜へ向かいました。山手の洋館めぐり、横浜タワー、中華街、赤レンガ倉庫などを楽しみました。私も長く横浜市民でしたが、初めて行く所が多くて、新鮮でした。わいわいがやがやの、修学旅行みたいで楽しいですね。何時何分までにこの駐車場に戻ってきてください、なんてセリフは個人旅行ではないですから。東京駅に戻ってきたら、あとは羽田空港へ向かい、最終便で徳島へ戻りました。皆はもちろん、先生ご夫妻も最後まで食欲衰えず、お元気に自宅までお送り出来ました。今年も楽しい旅行となりました。また心機一転で働きます。今回の院長ブログはこれまでです。皆様また大きな台風がきそうです。飛びそうな物は固定するか、中に入れましょう。今度はうちの植栽は大丈夫か不安ですが。それでは。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      8
      テーマ:
  • 17Sep
    • 台風で傾いたスカイロケット(植栽の木)を修復しました。

      皆さん、こんにちは。 台風が今年はよくきますね。しかも強力です。これからは被害があった時にどうするかを真剣に考えておかないといけませんね。めったにそんな心配いらないだろうと、今まで感じていましたが、改めないと強く思っています。今回の院長ブログは、先日の20号で植栽が傾いていしまっていたのを、修復したのでそのご報告です。こんな感じで大きく傾斜していました。ここは今までの台風でもそんなに傾いた事が無かった部分なんです。この3本はだいたい真っすぐですが、いつもここが傾いていたんです。ですので、ここは紐で補助していました。後ろの手すりに麻紐で縛っていました。ですので、こっちはOKだったんですが、今まで被害のない部分も影響が出ました。ホームセンターで長さ150センチの棒を購入し、地面に杭打って、3本を結ぶ作戦にしました。こんな感じです。やや、傾斜は残りましたが、まあ素人仕事でお許しください。それでは、今回の院長ブログはこれまでです。ブドウや梨が美味しいですね。季節の変わり目ですので、風邪などひかないようにお気をつけください。それでは。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      6
      テーマ:
  • 05Aug
    • 母校・富田中学校ブラスバンドの定期演奏会の復活の練習に行ってきました。

      皆さん、こんにちは。夏真っ盛りですが、今年は暑すぎです。体調はいかがでしょうか。夏休みに入り診療予約はほぼ満杯で、予約がとりにくくご迷惑をおかけしますが、ご容赦ください。さて、今回の院長ブログは、私の母校、富田中学校のブラスバンド部の定期演奏会「吹奏楽の夕べ」が、途絶えて久しかったのですが、この度、富田中学校校長先生や、顧問の先生、私より上のOB・OGの方たちのご尽力で、復活となりまして、その練習がありましたので、それに参加してきたご報告です。久しぶりに母校に足を運びました。40年ぶりぐらいです。もう音楽室の場所なども変わっていますが、ちょっと覗いてきました。作曲家の写真が並ぶのは昔と同じです。私はパーカッションでしたので、ボンゴ懐かしいです。私は股に挟んで座ってたたいてました。課題曲の楽譜でしょうか。模範演奏のCDなどもあり、あの頃を思い出しました。練習は苦しいから、このようなポスターになるんだなと思ってしまいました。後輩たちの写真も、自分たちの頃の写真のように思えてきます。当日の練習は第二音楽室でした。まずは、OB・OGが先に集まってそれぞれ練習していました。20名ぐらい集まりましたね。みんな私より上の人ばかりで、私より下は2名だけでした。もちろん名前も顔も分かりませんが、皆楽しそうに集まってきました。当時の顧問の糸谷先生もやや緊張気味の様な、嬉しそうな感じで見守っていました。現役部員20名ほどが加わり全体練習です。糸谷先生の指揮と、現顧問の小山先生の指揮で2時間半ほどの練習でした。みんな、初めて楽譜を見てやっているので、ばらばらですが、でも何とか曲にはなっていました。上手な人もいれば、そうじゃない人も交じっています。レベルは今回目をつぶっての、失敗してもいいから、合わなくてもいいから、頑張って最後まで演奏しましょう、みたいな雰囲気でしょうか。私は一番後方で座って聞いていましたが、糸谷先生の指揮を見て、実際に各楽器の奏でる演奏を聴いていると、現役時代の合奏練習や、大会や、演奏会の思い出が蘇ってきますね。あの時代にタイムスリップしたような不思議な感覚です。貴重な幸せな時間を過ごせました。私は今回お手伝いで、演奏はしないので、校舎内をぶらぶら歩いていましたが、やはり色々思い出します。ここは3年生の時に自分の教室だったな~とか、あの人はあの教室で、確か友人とここで、こんな話をしたとか、思い出せそうで出せない感じもあって、ノスタルジックな感傷に浸れますね。中学時代に感じてた空間は、こんなに小さかったっけ?と感じる場所も多かったですね。多感な頃の思い出は良いですね。本番は、10月14日(日)に文化の森で行います。残念ながら会場が狭く、誰でも参加ができません。関係者とその親族、友人関係のみとなりそうでですが、いい思い出になりそうな気がします。それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆さん、夏バテしないように頑張りましょう。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      11
      テーマ:
  • 10Jul
    • 中四国矯正歯科学会 岡山大会に参加してきました。

      皆さん、こんにちは。梅雨も明けたそうですが、先日の西日本の豪雨による被災地は復旧作業が今度は暑さで大変そうです。我慢強い日本人とはいえ、かなりつらい状況が待っているような気がして心が痛みます。早く普段の生活が戻ることをお祈りします。さて、今回の院長ブログは、その大雨の日に、岡山県岡山市で中四国矯正歯科学会が開催され、何とか参加したので、そのご報告です。私は学会の執行部に現在所属しており、本当は7日から行かねばなりませんでしたが、瀬戸大橋も明石大橋も通行止めで、あきらめ、8日日曜日に、高速道路が開通したので、車で向かいました。JRは運休でした。会場は、岡山大学医学部・歯学部キャンパス内にある福武書店が寄付したホールでの開催でした。壁がガラスという建物でした。会場はやはり参加者が少ない状態でした。しかし、岡山大学の先生方の準備を無にするわけにもいかず、開催されました。商社ブースもあり今年もCTについて色々説明をうけました。財務関係なので、パンフレットの販売を担当で、クロークの席に陣取っておりました。参加者少ないながらも、久しぶりの先生ともお会い出来たり、情報交換したり、楽しい時間を過ごしました。日帰りの学会参加でしたが、今後の診療の糧にしていきたいと思っています。今回の院長ブログはこれまでです。皆さん、お元気にお過ごしください。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      13
      テーマ:
  • 25Jun
    • 徳島県歯科医師会主催の「いきいき健口フェア」が開催されました。

      皆さん、こんにちは。暑い日が増えてきましたね。サッカーワールドカップも毎日熱戦が繰り広げられています。期待されていなかった日本代表も、すごい頑張っていて、予選最終戦が楽しみです。さて、今回の院長ブログは、前回でもご報告したいきいき健口フェアが開催されましたので、そのご報告です。私は、実行委員の副委員長で、スタッフのネームプレートつけて、イベント担当で一日頑張りました。隣に写っているのは、徳島県歯科医師会のイメージキャラクター、阿波踊りよ坊さんの風船版です。かなりの大きさでしょ。手に持っているのは、ミッフィーです。これも可愛いです。毎年、歯の健康週間にあわせて、募集するポスターと標語の表彰式も兼ねています。こんな感じで、優秀者の作品の展示も行っています。最優秀賞者のみ表彰式があります。お子様の記憶に残る表彰式になるように、色んな趣向を凝らして、行っています。今年も無事、5名の方に表彰状をお渡しできました。みんなとても緊張していましたが、私の指示通りに動いてくれて、ばっちりでした。ご家族の皆さんもいい笑顔で、とてもいい表彰式でした。その後には、満員のお客さんの前で、ハブラシの指導があり、それからミッフィーのステージです。今年も超満員、通路の立ち見も凄く、盛況のステージでした。子どもたちも大興奮でした。続いては、阿波踊りの菊水連のこども連、こぎくによるショーです。最後には、観客の子どもたちにも加わってもらい、輪踊りでした。参加型のイベントは、初めは恥ずかしがってた子どもも、段々ノリノリになっていくのが楽しいです。その後には、先ほどの風船を作成してくれた、風船匠じょにぃさんによる風船アートと家族で楽しむ風船アート教室でした。子どもも大人も一緒に楽しめる楽しいイベントでした。最後は、創設70周年を迎える山口バレエスクールのお友達によるキッズバレエでした。3~5歳が中心で、もうカワイイの一言でした。高度な技術はできませんが、バレエの基本の動作を一生懸命あわせている姿は微笑ましいです。私は、ステージイベント担当で、一日こちらに張り付きでしたが、別の場所では、歯科のイベントも行われておりました。各種の無料検査、相談、それに楽しく食育のことを学んだりするコーナーもあり、多くの人が来場してくれました。今年も無事終了出来て、ほっとしております。準備も大変でしたが、計画がうまく遂行されるのは充実感がいっぱいですね。このイベントで、歯やお口の健康に関心を持ってもらえるとうれしいです。それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆様、お元気におすごしください。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      13
      テーマ:
  • 16Jun
    • 今年も「いきいき健口フェア」開催します。

      皆さん、こんにちは。6月に入り梅雨真っただ中ですが、元気に過ごしたいですね。さて、今回の院長ブログは、毎年恒例の徳島県歯科医師会が主催する、いきいき健口フェアが北島町のフジグランで開催されますので、そのご報告です。今年も実行委員会の副委員長の立場で参加しております。これが、今年のチラシです。県下の小学校や幼稚園、保育園に配られております。お手元にあるかもしれませんね。6月24日の日曜日です。朝の10時~午後4時まで行っております。歯科に関する相談や各種の無料検査、歯みがきの相談や指導、歯科衛生士や技工士のお仕事体験など、歯科にかかわる内容はもちろん、今年は、消費者庁が徳島にサテライトオフィスを構えたこともあり、消費者庁の方にも加わって頂き、子どもの事故防止の啓発のためのコーナーも設営しました。家庭内の浴槽で溺れるとか、電池を飲み込むなど、ニュースにはならないけれども、家庭内事故で多くの子どもの命が失われています。そのような事を理解してもらい、予防につなげようという狙いがあります。その他にも、栄養士会さんから、子どもの食育に関するコーナーも今年はございます。ご期待ください。また、ステージがあり、ミッフィー劇団のショーがあります。これ目当てに県下遠くからも来場されます。その他にも、阿波踊りの菊水連の子ども連「こぎく」のショーや、クラシックバレエの子供たちによるキッズバレエのショーもあり、それぞれ飛び入りでのミニレッスンも開催されます。ぜひ、踊り手の気分を味わってもらいたいと思います。そして、風船アートのじょにぃさんによる、バルーンアートの世界も楽しめるショーもあります。盛りだくさんですので、是非お越しください。私は当日朝から動きまわっております。もし見かけたらお声かけてくださいね。今年も楽しいショーやイベントになって、子どもたちの笑顔や笑い声、歓声に包まれる一日になると思います。それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆様、体調にお気をつけてお過ごしください。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      10
      テーマ:
  • 13May
    • 初夏の医院菜園

      皆さん、こんにちは。季節の変わり目というのでしょうか、暑い日もあれば結構寒い日もあり、体調管理が難しいです。さて、今回の院長ブログは、初夏の医院菜園のご報告です。緑がどんどん勢いを増してきました。水やりが欠かせなくなってきています。今年も苺が収穫できています。甘くておいしいです。レタスも可愛らしくくるっと回りながら大きくなってきました。これはたまねぎです。6月ごろに収穫よていです。玉が大きくなりつつあります。これはじゃがいも。花が咲いています。これが散って、茎が枯れ始めたら収穫です。キュウリも実がつき始めました。これはピーマンの子ども。どんどん大きくなってくるはずです。ワイルドな感じですが、パクチです。タイ料理やベトナム料理に出てくる匂いの強い香草です。これもワイルドですが、ルッコラ。サラダでおいしいですね。ニラ。もうこれはガンガン伸びてきました。畑の全景ですが、右側の軽トラックがいる部分、実は3月までは田んぼだったんです。でも後継ぎもいないため、ここは宅地になることになり、コンクリートの囲いが作られ、土砂が入れられ更地になりつつあります。診療室からの田んぼの風景にどれだけ癒されたか。残念ですが、仕方ありません。時代の流れでしょうか。それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆様体調に気をつけてお過ごしください。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      12
      3
      テーマ:
  • 24Apr
    • 徳島大学ボート部の新入生試乗会にOBとして参加してきました。

      皆さん、こんにちは。4月も後半となり、新入生もちょっと慣れ始めた頃でしょうか。さて、今回の院長ブログは、母校、徳島大学のボート部の新入生試乗会があるということで、差し入れを持参して参加してきましたので、そのご報告です。 場所は北島町の今切川です。私の診療所のすぐ近くなんです。挺庫は少し離れた所にあり、移動が大変なので、川岸の個人所有の空き地に置かせてもらっています。今日は新人の試乗会とのことで、OBにもお誘いがあったので、お茶やお菓子の差し入れを持って参加しました。部員が担いで土手を登り、川岸の広場に運びます。こうやって見ると全長が長いことがよくわかります。経験者もいれば、初めての人もいます。顧問の先生や、OBが初めての人に説明している所です。もう30年ぶりぐらいでしょうか。久しぶりにシェルフォアーに触れました。なんか懐かしい感じです。座席がスライドするのを確かめたりしていると、大学時代の苦しかったことや、楽しかったことの思い出がよみがえりますね。オールもカーボンファイバーでしょうか、私達は木でしたから。ブレードの形もなんか違います。変化しているんですね。左が顧問の歯学部口腔解剖第二講座の講師をしている寺町先生です。彼がいてくれてボート部が復活しました。白いTシャツの方は、東京からわざわざ来てくれた、同窓会会長の田中さんです。同窓会まで立ちあげてくれて、感謝しております。出来る限り参加して、後輩を応援したいと思います。私達は隣の旧吉野川で練習しましたが、今はこの今切川です。波もなく穏やかな水面です。遠くに眉山も見えます。天気も最高で、夏を思わせるぐらいの暑さでした。新人が漕ぎだす様子は、おっかなびっくりで何とも初々しい感じでいいですね。18歳の時に、自分も初めて漕いだ時の映像が蘇ります。その時は夕暮れでとても水面が穏やかで奇麗で、水の上に腰かけている錯覚なんです。川の水面から見る景色など見たことが無く、感動した覚えがあります。同じ様に感じてくれているのでしょうか。今の大学生は、あまりスポーツ部には属さないと聞いています。しかし、スポーツの素晴らしさは、言うまでもありません。特に部活動で苦楽を共にした仲間は、一生の宝になります。嫌な苦しい事ばかりを気にしていないで、是非、外に飛び出して青空のもと、ボート部で素晴らしい体験をしてくれることを祈っています。今回の院長ブログはこれまでです。皆さん、季節の変わり目です。ふとんなどその日の気温で、まめに変えましょう。それでは。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      7
      2
      テーマ:
  • 07Apr
    • 日本大学歯学部矯正科 清水典佳教授の退官記念パーティーおよび当医療法人への顧問就任のご報告

      皆さん、こんにちは。いよいよ4月、平成30年度が始まりました。先日、ツイード研究会などで昔から大変お世話になっていた、日本大学歯学部矯正科の清水典佳教授が退官されることとなりました。退官記念パーティーが東京の帝国ホテルで開催され、それに参加してきましたので、そのご報告です。 さすが帝国ホテルは広々としています。天井がとても高く、伝統のある雰囲気でした。 次期教授の本吉先生の挨拶から始まり、海外の先生からのビデオメッセージ、多くの来賓からの祝辞が続きました。出席者は300人を超えたとても大きなパーティーでした。そして最後には、  アメリカ、オクラホマからツイードのボスのクロンツ先生が何とこの日のためにサプライズで来日してくれました。それを知らなかった清水教授は、もう壇上で泣いてしまうほど感激していました。私もうるっと来てしまいました。写真はピンボケしてますが、帝国料理のおいしい食べ物にご満悦になりながら、 ツイードのボスは、私達ツイードインストラクターグループのテーブルとなり、皆緊張しながらも楽しい雰囲気でひと時を過ごしました。日本中から多くの矯正の先生たちが集まり、久しぶりに会う同窓会のような雰囲気でした。真ん中の先生が清水教授です。左から2番目は徳島大学の田中教授です。いつも地元で大変お世話になっている先生です。最後は清水先生からの挨拶で締めとなりました。大学教授は退官となりますが、これからの日本の矯正歯科界のためにも、まだまだ尽力して頂きたいと思っています。実は、清水先生には、無理なお願いではありましたが、4月より医療法人 藤崎矯正歯科クリニックの顧問を引き受けて頂くこととなりました。私としては非常に心強く思っています。矯正のことだけではなく、人生の先輩としての指導もお願いしたいと思っています。改めまして、清水先生から顧問就任のご挨拶を頂いておりますので、略歴と合わせ掲載させて頂きます。前日本大学歯学部矯正科教授前日本矯正歯科学会理事長     清水典佳就任挨拶この度、平成30年度から医療法人 藤崎矯正歯科クリニックの顧問に就任させていただくことになりました。患者さんに最善の矯正歯科治療を提供するという基本理念を有したクリニックの顧問を拝命する重責を感じておりますが、大学病院での長い臨床経験を活かし、より良い矯正歯科治療の環境づくりに尽力したいと考えております。患者さんにとって人生の中でも大きなイベントの一つである矯正歯科治療を、安心して受診でき、常に満足できる治療結果を提供できるようにしたいと考えております。<略歴>氏名 清水典佳(しみず のりよし)1977 日本大学歯学部卒業1982 日本大学松戸歯学研究科修了1985 日本大学講師 松戸歯学部歯科矯正学1986 カナダトロント大学MRC group 研究員(~1988)1999 日本大学助教授 歯学部歯科矯正学2003日本大学教授 歯学部歯科矯正学2004日本大学歯学部付属歯科病院副病院長(~2007)2006 日本矯正歯科学会専門医取得2007日本大学歯学部付属歯科病院病院長(~2012) 2012 日本大学歯学部次長(~2014)2014 日本大学歯学部附属歯科技工専門学校校長(~2015)2014 東京矯正歯科学会会長(~2016)2016 日本矯正歯科学会理事長(~2018)それでは、新年度、清水先生を顧問に迎えお力添えを頂きながら、心新たに、チャレンジ、飛躍の年にしたいと思います。皆様もお元気にお過ごしください。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      14
      テーマ:
  • 25Mar
    • 岐阜県大垣市へプチ同窓会&美術鑑賞に行ってきました。

      皆さん、こんにちは。春休みに入り、診療室は子供たちでいつもいっぱいとなってきました。さて、今回の院長ブログは、先日岐阜県大垣市で知人が開催している個展に日帰りで行ってきたので、そのご報告です。臼井千里さん、この方は実は36年前、私が大学1年生の時に、世界青少年交流協会が主催するアメリカへの旅行(20歳前後の20数名のグループ)のリーダー、まとめ役だった方です。それ以来のお付き合いですが、英語の同時通訳が仕事なのですが、書道家でもあります。小学校で習うような書道ではなく、もう芸術作品です。書いているのは字なんですが、もはや私には抽象画みたいなものです。毛筆独自の、墨の濃淡や、かすれ、しずく、たらし、太細、空間の使い方、曲線と直線、筆の太さも違えば時にはその筆さえも特注だったりします。白に黒字だけではありません。黒に白字や、赤色が出てきたり、アルファベットもでてきます。臼井さんのテーマは、コスモス、小宇宙を表現したいとのことです。人の持つ喜怒哀楽、さまざまな気持ち、感覚、エネルギーを書で表現したいとのことです。理系の私は、もうお話し聞いていてもスケールとパワーに圧倒されるばかりなんです。たまに臼井さんは個展には参加しますが、今回は同じ旅行の大阪のメンバーも加わり、プチ同窓会の雰囲気で臼井さんの住む大垣へ行きました。実は、偶然にも私の母の実家が大垣市で、私が子供の頃は良く連れられて行ったんです。その時に良く買ってもらった金蝶饅頭のお店がまだ残っていたので、写真をとって母にお土産で買って帰りました。大層喜んでもらえました。お昼に待ち合わせで飛騨牛のお店でランチとなりました。飛騨牛初めてでしたが、とでも美味しいですね。濃尾平野を見渡せる場所に連れて行ってもらいました。平野をバックに記念写真です。大垣市は木曽川、長良川、揖斐川が形成した三角州・濃尾平野の北西の端にあります。ですから西側には山があり、いび茶の生産が行われているそうです。茶畑が静岡みたいに並んでいて奇麗でした。まだ桜には1週間ほど早かったみたいですが、桜の時期にはこの辺は大渋滞になるとのことでした。いよいよ美術館へ行きました。これはLIFEというアルファベットを無数に書き重ねた作品です。見ていると文字が躍っているような、また浮き出てくるような、やはり何とも言えない錯覚、エネルギーを感じました。写真では絶対に伝わらない、実物の凄さを感じました。二つ並んだ作品の左側は、COSMOSという字を書いているのですが、縦にしてみると夢という感じにも見えるような狙いもあるとのことです。白い染料のたれ具合などは、偶然の産物です。もう数えきれない程書いた内の一つらしいです。美術館は広いのに作品は寂しくぽつんとあるのですが、圧倒的な存在感、アピールを感じられて、芸術って感性に共鳴するような、頭では理解できないものなんだって実感しました。上野の博物館や美術館で人ごみの中で名画を見るのとは、全く別世界です。実はこの美術館、この時はもう一つ別の人の展示もあり、それも見ました。作者本人の解説付きです。色の細い板が規則的に並べている作品です。この人は色を駆使して表現する現代アート作家でした。色には人を興奮させたり、暗い気持ちにさせたり、落ち着かせたり、色んな効果があり、一見ランダムに並べているように見えながら、配置や順番を考えているそうです。ビビッドなピンクは明るい気持ちにさせるけど、東日本大震災の後は、その色は使えなくなってしまったそうです。深い青色が支配するような作品になっていく。この人は黒が好きらしいです。黒はマイナスイメージがあるけれど、これが根幹をなす色のようにとらえているそうです。背景の白色とのバランス、息が詰まらないような、飽きないような、いろんな事を静かに一人考えながら、並べていくそうです。朝日が昇る時に配置していると、とても高揚すると言ってました。「何」を表現しているとか言葉ではなく、見る人がそれぞれに何か感じてもらえれば、それでいいらしいです。お話しを聞いていると、これもかなり奥深く、底が見えないような、無限に広がっていくような感覚になりました。とても非日常な感性に触れて、貴重な体験の日でした。それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆さん春を楽しみましょう。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      7
      テーマ:
  • 11Mar
    • 30歳 女性 上顎前突&凸凹が主訴 小臼歯4本抜歯にて治療が終了しました。

      皆さん、こんにちは。卒業シーズンになりました。当院の患者さんも、私の姪っ子も、もうすぐ卒業式です。皆それぞれの思い出を胸に、次のステップへ踏み出します。これから色んな困難もあるでしょうが、素晴らしい経験もすることだと思います。何があっても長い目で見れば、自分を高めることになるから逞しく頑張れ、とエールを送りたいですね。さて、今回の院長ブログは治療終了の患者さんがいらっしゃいますので、そのご報告です。そのご報告の前に、実は、今までこの院長ブログ、7年半で120名近くの患者さんの治療終了の報告を行ってきました。多くの方が、ブログを見て当院で矯正を始めよう、と思って来院してくれました。それに応えるべく全力で治療を行い、そしてその結果をまたブログで報告して、自分自身の通信簿的なひとり発表会のような気持ちで長く継続してきました。そのことが自分の治療結果のレベルを上げるモチベーションにもなっておりました。しかし、昨今、健康食品や健康器具または医療機関のホームページや広告に載っている施術前後の写真を見て、自分も同じように健康でかつ奇麗になると信じ、健康関連の商品を購入したり、美容医療や矯正治療などを受けたのに、結果は思っていたものとは大きく異なり、トラブルになることが頻発し問題となってきました。もちろん当院ではそのようなトラブルはございませんが、消費者庁が国民からのこれらのクレームに対する対応として、治療前後の比較写真を載せた広告は認めないという方向になってきました。まだ正式な決定ではないのですが、ほぼ決まりとの情報です。大学などの大きな医療研究機関は対象外とのことですが、小規模の医療開業医は認められません。今までホームページは広告とは認めないとの解釈でしたが、今後はホームページも広告とみなすようになります。ですので、これが正式に決まれば、治療終了のブログはホームページにはリンクしない、つまりボタン一つでブログに飛ぶことができなくして、単独の個人のブログとして継続していくつもりです。ブログのアクセスは毎日数百、時には1000を超える日もありますが、そうなると大幅にアクセスは減るとは思いますが、仕方がありません。この個人のブログさえも抜け道にあたるとして認めない、という可能性さえあります。ホームページは、医院の方向性・雰囲気や術者の技量、人間性までもが自由に表現でき、情報を知りたい患者さん達には、知る権利が行使できる素晴らしい技術ですが、人の使い方で誇大広告的に利用され、それを信じてだまされる被害がでてしまえば、利用者保護の名目で閉鎖されるという時代の流れでしょうか。いくら表現の自由が侵されたと思ってもどうにもなりません。私自身としては残念ですが、従わないわけにはいきません。ということで、今回はいつもより詳しく途中経過なども載せながらの特別バージョンです。長いですが、よろしければ最後までお付き合いください。初診時年齢30歳の女性です。上顎前突や凸凹を気にして来院していただきました。お顔の写真です。口元の盛り上がり感があり、閉じずらそうで、笑顔での前歯の突出も気になります。歯の凸凹は全体に及んでいます。上の前歯の前方傾斜は強いことがわかります。歯の大きさを計測した結果は、平均範囲を大きく超えて大きい事も分かりました。横の歯は奇麗に咬んでいましたが、前歯は凸凹で磨きにくく、将来虫歯や歯周病の発症リスクが高いわけです。口も閉鎖できず、乾燥により風邪がひきやすいなどのリスクもあります。パノラマレントゲン写真です。左上の前から数えて5番目の歯が神経が無いことがわかります。横顔のレントゲン写真です。骨格的には問題はありませんが、前歯は上下ともかなり強く前方へ傾斜していることがわかりました。治療方針としては、上顎は前から数えて5番目の歯を左右で2本、下顎は前から4番目の小臼歯を左右で2本、計4本の抜歯を行い、ミニスクリューを4か所打って、ブラケットを用いて治療することとしました。以下に治療経過をお見せします。治療開始6カ月上顎は全部の歯にブラケットをつけて凸凹を改善しています。下顎は前歯は付けずに横の歯を後方移動しています。抜歯スペースはやや少なくなっています。治療開始1年上顎は奇麗に並んだので太いワイヤーでスペースを閉鎖している途中です。抜歯スペースも半分ぐらいまで減りました。下顎も前歯部にブラケットをつけて、前歯の深い咬み合わせの改善を行っている所です。治療開始2年上下とも大分スペースが無くなってきています。わずかに残ったスペースを詰め切りにいっています。スクリューも1箇所だけになってきました。閉鎖後には細部を咬ませる仕上げを行いました。治療期間2年9カ月で終了となりました。以下に治療前と治療後をお見せします。        治療前                治療後治療後は上下の真ん中もぴったり一致し、前歯も垂直の壁のように立ちました。横の歯も奇麗に咬み合っています。何でも良く咬めます。        治療前                治療後咬み合わせの面です。抜歯スペースも完全に閉鎖し、歯並びも奇麗なカーブを付与できました。これから親知らずを抜く予定です。これは治療後のみの写真です。内外側的にも適切に配列できました。        治療前                治療後お顔の比較です。別人のようにエレガントな口元に変化したと思います。唇も楽に閉鎖でき、笑顔の時の歯の見え方も非常に改善したことがわかります。        治療前                治療後斜めの写真でも立体的な変化がわかります。鼻が高くなったような錯覚さえ感じます。口を閉じた時、術前にみられた下唇の下側の梅干しの種みたいな嫌な凸凹は奇麗に消失しました。横顔のシルエットです。とてもチャーミングな口元になりました。歯の位置の変化だけで、口元だけでなく鼻の感じに至るまで大きく改善できることがお分かりになるかと思います。治療前    治療後    パノラマ写真です。根の吸収なども認められませんでした。        治療前                治療後横顔のレントゲン写真です。上下の前歯が大きく後方移動したことがわかります。シルエットも美しくなりました。治療の感想を書いて頂きました。治療終了おめでとうございました。感想を読んだ時に、治療開始のきっかけが、あまりに赤裸々な告白でしたので、ブログに出してもいいのかと戸惑ってしまいましたが、奇麗になる覚悟がよくわかりました。初めは辛かったりしんどいですが、皆慣れます。そして徐々に改善していくのが楽しくなってきます。私も来院ごとに行う、その日の治療内容を写真で説明する時に、改善してきている状況報告を楽しみながらやっています。とても美しくなったと思います。周りがきれいになったと言うのもわかります。これからは自信を持って写真にも写って頂けますし、笑顔も全開でハッピーになってください。まだ親知らずも残っていますから、リテーナーをしっかり使って守っていきましょう。お疲れ様でした。患者さんからの感想を読んで、それまで知らなかった昔からの悩みなどを知ります。私は不正咬合に対して歯を移動して正しく咬むようにしているのですが、このことが、実は顔つきの変化にも大きく関与し、ひいては患者さんの気持ちにも変化をもたらします。ただ、これは正しい方向に歯を移動することが前提です。つまりこの患者さんを、例えば非抜歯で並べて歯を咬ませたとしても口元は改善しません。これが矯正治療の難しい所で、答えは一つではない。つまり治療方針は色々あると言えます。ドクターにより治療方針が異なることはありえます。癌の治療方針がドクターにより分かれるのと同じことです。矯正治療を受けようと考えている方は、行う医師を安易に選ばずに、矯正治療も結果によってはまずいこともありえる、このことを忘れずに慎重にしてほしいと思います。うまい話には落とし穴がある、つまりいいことばかりを並べる医師には、気をつけなさいということです。注射も手術も痛いもので、お薬もまずいものなんです。矯正もいつも手軽に治るものではないと心して頂きたいと思います。それでは、長くなりましたが今回の院長ブログはこれまでです。春が待ち遠しいですね。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      9
      テーマ:
  • 06Mar
    • 28歳 女性 凸凹が主訴 非抜歯にて治療が終了しました。

      皆さん、こんにちは。3月になり大分暖かい日が増えてきましたね。さて、今回の院長ブログは治療終了の方がいらっしゃいますので、そのご報告です。28歳女性で、凸凹が主訴で来院されました。横の歯は奇麗に咬めていますが、前歯は凸凹で咬みにくそうでした。咬み合わせの面の写真です。前歯部が上下とも凸凹でした。お顔の写真です。笑顔での歯の見え方が明るい部分と暗い部分が混ざっているのがわかります。横顔には大きな問題は認められませんでした。横顔のレントゲン分析値にも大きな問題は無かったので、ブラケットを用いて非抜歯にて配列することとしました。治療期間は1年10カ月でした。以下に治療前と治療後を並べて表示します。         治療前                治療後正面、横からも奇麗に配列ができました。         治療前                治療後凸凹を改善するためにアーチを外側へ並べます。前歯部を前には出したくないので、横を拡大することとなります。これは治療後のみです。接触関係は適切にとれました。お顔の変化です。         治療前                治療後前歯の位置に大きな問題はありませんでしたので、変化もわずかです。笑顔での歯の見え方も均一になりました。    治療前        治療後斜めと横顔です。歯の見え方は変わりましたが、それ以外は変化はありませんでした。治療前     治療後     パノラマ写真です。根の吸収なども見られませんでした。         治療前                治療後横顔のレントゲンの比較です。大きな変化ははやり認めません。感想を書いて頂きました。治療終了おめでとうございました。いっぱい書いて頂き恐縮です。思春期は親に勧められても、あの装置がいや、って拒絶する人が多いです。でも徐々に悪くなってくるんです。大人の人はモチベーションが違います。まだ20代で出来たから良かったですよ。途中出産で半年ほどブランクがありましたが、予定内で終わって良かったです。人の歯は一生動いていこうとします。今後も長く守っていきましょう。お子様の歯並び悪ければ、喜んで治療させていただきます。悪くないことが一番ですが・・・。治療お疲れ様でした。花粉症も出始めたようです。季節の変わり目ですので、体調にはご注意ください。それでは。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      3
      テーマ:
  • 16Feb
    • 中学のクラブの同級生 住友紀人君の音楽プロデュースの映画を見てきました。

      皆さん、こんにちは。 寒い日が続きますが、体調は大丈夫でしょうか。さて、今回の院長ブログは、中学時代のブラスバンド部で同級生だった住友紀人君の音楽プロデュースの綾瀬はるか主演の映画「今夜 ロマンス劇場で」が封切られましたので、それを観に行った内容です。住友君は、徳島の皆はよく知っているように、徳島県が生んだ音楽界のスターです。日本アカデミー音楽賞を2度授賞など、同級生の誇りです。同窓会でも気軽に参加してくれて、偉そうな態度などみじんも無く、いつも昔話に花が咲きます。映画館はフジグラン北島の3階のシネマサンシャインでした。北島に開業以来実は映画は見ていませんでした。初めての一歩でした。入場券も人がいるのかと思えば、機械が並んでいるだけ。思わず近くのスタッフに声をかけ一から操作を教えてもらいました。指定席でしたが、平日という事もあり5名の観賞でした。もう貸し切りです。私は2階席の最前列でしたが、他の人は私の後ろ側なので、前はだれもいないという状況。さて、映画ですが、本日の徳島新聞にも偶然に記事がのっていました。映画の中のお姫様に恋した純情な青年と、スクリーンから飛び出してきたお姫様との甘くて切ない恋物語です。ラストの部分は感動で涙腺緩みっぱなしでした。この年になって映画で泣けるのには自分自身も驚きましたが、こういう感情も悪くないですね。たまには映画もいいですね。恋愛物は昔の純粋だった頃を思い出しますね。皆さんも是非見てください。お勧めです。それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆様お元気にお過ごしください。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      9
      テーマ:
  • 12Feb
    • 矯正医専門医3名で矯正勉強会を行いました。

      皆さん、こんにちは。この冬は徳島でも雪が多いですね。足元の寒さはこたえますね。さて、この寒い中、矯正の専門医院開業の3名が徳島の私の診療所で勉強会を行いましたので、そのご報告です。いきなり刺身の盛り合わせの写真ですが、神奈川から高橋先生ご夫妻が朝一便の飛行機で徳島に来て頂き、尼崎の朝井先生も駆けつけてくれました。朝からやっているびんび家で朝食となったわけです。3連休の真ん中の日で、朝から混みこみでした。 お腹をいっぱいにして、勉強会の開始です。3名がそれぞれテーマを持って自分の症例について発表というか披露して、他のドクターの意見を聞きます。普通の学会等の発表では他の人の目もあり、当たり障りのない質疑が多く、時間の制約もあり、なかなか本音で聞けないことも多いんです。しかし、こういう内々の勉強会は、ぶっちゃけトークが出来て、症例の裏側のことまで話しあえます。今回私は、苦戦している症例の原因や打開策などの意見を聞くことがテーマでしたが、さすが思いもつかない解決案を提示してくれたりで、収穫は大でした。昼食を食べずに6時間余りを矯正のことだけ話しあっていました。まったく矯正おたくの集まりといえます。でもこれがとても大切な機会なんです。お勉強の後は、美味しい徳島の食べ物を堪能していただきました。朝井先生の弟君も参加して、鳴門のお鮨屋さんでの懇親会でした。徳島の魚介類に舌鼓を打ってもらえました。年に2回行っている勉強会ですが、今度は夏の予定です。臨床は一生勉強です。ハイテク機器の登場で、歯科の資料類にもどんどん変化が起きており、ついて行くのが大変です。貴重な勉強会を長く継続したいと思っています。それでは、今回の院長ブログはこれまでです。皆様体調管理には万全を期してください。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      5
      テーマ:
  • 04Feb
    • 第2回食育フェスタが開催されました。

      皆さん、こんにちは。2月に入りました。寒さもピークでしょうか。本当に毎日冷えますね。インフルエンザも流行っていて、手洗いうがいはかかせませんね。さて、今回の院長ブログは、先日徳島市の佐古駅の裏側にあるJA徳島で、徳島県主催の第2回食育フェスタが開催され、その歯科相談に参加しましたので、そのご報告です。昨年も開催されましたが、同じ場所です。当日は、寒波来襲で雪でした。幸い昼ごろから晴れて雪も溶けましたが、最初は帰れるのか皆心配したほどでした。まだ始まる前に写真撮影したので、写真は閑散としていますが、ご容赦ください。本館と別館に分かれての開催でした。こちらが別館の歯科ブースです。歯周病検査や、細菌数の測定があったり、口臭測定も行いました。歯科衛生士会はその人に合った歯ブラシを指導します。参加者には、歯みがき剤のプレゼントやハブラシのプレゼントがあります。私は歯科相談でこんな感じで担当しました。その他には、調理実習みたいなイベントもありました。本館では野菜のクイズや直売も行われます。子供たちが野菜でアートしていました。その他には、料理研究家の講演やシンポジウム、キッチンカーを使ったスープの提供などもありました。徳島県は海の幸、山の幸が豊富ですが、県民はなぜか野菜を食べないそうです。糖尿病も依然多い県なので、食の大切さを県民に訴えていこうという趣旨で行われました。私も先日血液検査で中性脂肪が適正範囲を超えてショックを受けましたが、思えば甘いものを食べることが多かったと思います。数値は説得力があります。その結果を見てからは、甘いお菓子はやめて、せめてフルーツにしようと頑張っています。今度の血液検査では、適正範囲に戻したいですね。それでは、皆さん寒さに負けずに元気に過ごしていきましょう。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      6
      テーマ:
  • 19Jan
    • 平成30年も藤崎矯正歯科クリニックを宜しくお願いします。

      皆さん、こんにちは。平成30年となりました。来年は元号が変わる年となります。平成として1年があるのは今年だけという事です。あっという間に、3週間になろうとしております。皆様にとりまして、どのようなお正月でしたでしょうか。昨年は当院には、1年間で202名の方が初診相談で来院いただきました。ありがとうございました。治療開始は130名でした。毎月400名以上の患者さんの治療を行い、1年間トータルは5284名と、今までで最大人数となっています。多くの患者さんに来院いただき、本当にありがとうございました。今年も私はもちろんのこと、スタッフ全員で一丸となり全力で治療を行っていく所存です。今年はどのような年になるのでしょうか。国際的にはアメリカ大統領の言動が色んな方面に影響を与えており、目が離せない状態ですし、北朝鮮の軍事行動も偶発的に現実にならないか心配です。中国の軍事活動や経済活動も活発になってくると思われます。自国の利益のみを考えずに、世界的な見地に立って、各国のリーダーは行動してほしいと切に思います。核爆弾の唯一の被爆国である日本が、率先的に核の問題には取り組んでほしいですが、いままで核の傘に頼っている政府には、土台無理な話なのでしょうか。過去のしがらみを払拭して、改革断行とは、選挙の時にはよく聞くフレーズですが、当選してしまうとどうなった?という気がします。日本国内は、消費税の増税が来年に控えており、増税後の不況が心配です。景気は回復していると経済指標の数字を語るニュースでは聞くものの、ITやAIの普及により便利になることも多そうですが、産業構造に大変革の波が押し寄せて来て、現状の産業、自分の仕事がどうなるのか、漠然とした不安も世間を覆っているような気がします。仮想通貨に関するニュースも毎日のように聞きます。今までの常識や知識が役に立たなくなる未来が来るのかもしれません。急速な変化に対応できなければ、取り残される不安でしょうか。でも、今まで日本人は、鎖国をやめて西洋文化を取り入れて、近代国家へ生まれ変わる明治維新の大変革を乗り越えてきて、また第二次世界大戦の敗北で焦土と化した状態から、想像もできない回復発展をとげてきました。その伝統・精神を受け継ぐ我々にできないことはないと信じています。一人ひとりがやるべきことをして、皆で協力して、知恵を働かせて、一途に行動をすれば、必ず明るい未来がくるように世の中できていると信じています。平成30年が、後から振り返ればいい年だった、と思い返せるような年にしたいと切に思います。さて、ここでお知らせです。人手不足が叫ばれる昨今、歯科界では歯科衛生士が不足しております。歯は人々の健康を握る重要なパーツです。それを守り抜く仕事が歯科衛生士の仕事です。徳島県の4つの専門学校が合同で相談会を行う予定です。将来の仕事を何にしようかと思っている人は是非ご参加ください。高校生のみならず、中学生や小学生の方もOKです。ご都合の合う方は是非ご参加ください。それでは、今回の院長ブログはこれまでです。今年も藤崎矯正歯科クリニックを宜しくお願いします。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      12
      テーマ:
  • 27Dec
    • 35歳 女性 上顎前突&咬めない が主訴 小臼歯4本親知らず2本抜歯で治療しました。

      皆さん、こんにちは。いよいよ平成29年も終わりですね。今年最後のブログとなりました。治療終了の患者さんの報告となります。35歳女性で、上顎前突と咬むところがわからないということで来院されました。口元は盛り上がって閉じにくそうでした。かなり人工物が多くて、上顎前歯が前方へ傾斜しています。下から見た写真でも上顎が横幅も大きくて、右でも左でも前でも咬めるような状態でした。神経の無い歯も多い状態でした。分析の結果、小臼歯を上下2本ずつ、右側の上下の親知らずを抜歯して、ミニスクリューも用いながら、マルチブラケットで進めることとなりました。治療期間3年8カ月で終了となりました。以下に治療前後の写真を供覧します。         治療前               治療後正面と下からの写真です。治療後僅かに前歯部の接触は無いのですが、時間の経過とともに接触してくると考えています。         治療前               治療後横の歯の写真です。こちらは内外側の位置関係も適切になりました。         治療前               治療後上下の面です。抜歯スペースは完全に閉鎖して、奇麗に並びました。         治療前               治療後正面からの写真です。前歯が下がって口も楽に閉鎖できるようになりました。笑顔もとても良い感じです。     治療前          治療後斜めも横も、とても奇麗にバランスのとれた状態になりました。治療前治療後パノラマ写真です。根の吸収なども見られませんでした。         治療前               治療後横顔のレントゲン写真です。前歯が大きく後退して、口元がとても奇麗に変化しました。感想を書いて頂きました。治療終了おめでとうございます。4年ぐらいかかるかとお話ししておりましたが、想定範囲内で終われてよかったです。最初は咬む位置が大きくずれていたので、確かに大変だなとは思いましたが、少しずつ良くなって、今日の日を迎えられて私も嬉しいです。驚くほど咬み合わせが良くなったと感じてもらえるのは、私にとっても喜びです。まだこれから被せものの治療や、インプラント治療になっていくと思いますが、しばらくはリテーナーで頑張っていきましょう。お疲れ様でした。今年も多くの患者さんに来院して頂き、ありがとうございました。私も精一杯治療をしてまいりました。来年も全力で頑張る所存です。どうか藤崎矯正歯科クリニックを来年も宜しくお願い致します。年末は12月29からお休みに入り、1月5日から診療開始となります。皆様よいお年をお迎えください。それでは失礼します。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      9
      テーマ:
  • 19Dec
    • 26歳 女性 受け口が主訴 上顎犬歯前歯計3本欠損で、大臼歯2本と前歯1本抜歯した症例

      皆さん、こんにちは。クリスマスが目の前ですね。我が家は子供も大きくなって、ケーキも無くなりましたが、あの頃が懐かしいですね。皆さんは、どんなクリスマスをお過ごしなさるのでしょうか。さて、今回の院長ブログは、久々に症例報告です。成人女性で、受け口が主訴でした。上顎の犬歯を2本と下顎の前歯を1本すでに抜歯で無い状態でした。口の中のお写真です。後方の歯は奇麗に咬めています。ただ犬歯から前方は連続してひと固まりで受け口です。咬み合わせの面です。上顎は犬歯が無いのですが、前歯の4本が内側にズレ気味の程度でした。下顎は前歯が1本無いのですが、時間の経過とともに閉鎖され奇麗に並んでいました。ただ黄色の矢印の歯の根っこが虫歯でやられていて、歯茎に膿がでてきている程でした。また緑色の矢印の歯も、根っこの状態は悪い事が分かりました。お顔の写真です。下顎前突の特有の顔つきでした。笑顔でも下の前歯が大きく見える状態でした。レントゲン写真です。矢印の歯に問題があり、長期保存は厳しいと判断し、抜歯をしてまだ生えていない親知らずを利用することとしました。また下顎の前歯が1本欠損なので、左右の対称性を得るために前歯ももう1本抜歯させていただきました。上顎は非抜歯で進めることとしました。抜歯をして、初めて装置をつけた時です。矢印の所が抜歯をした部位です。下顎の前歯は目立つので、ダミーの小さな歯を貼り付けています。治療の経過で下の抜歯のスペースが変化したことをお示しします。先ほどの装置をつけた時です。1年後です。矢印の部分のスペースは大分減少し、後ろから親知らずが出てきました。下顎の前歯部のスペースは詰め切りました。2年後です。スペースは無くなり親知らずにも装置がついています。トータル3年4カ月の治療期間で治療が終了しました。治療前後の写真を供覧します。        治療前                 治療後正面写真では、上下の真ん中は一致しました。横の写真でも受け口は適切に直っています。        治療前                 治療後上顎も奇麗なアーチとなり、下顎も抜歯スペースは閉鎖され、親知らずもきちんと並びました。これは治療後のみですが、下から見ても内外側的にも適切な位置関係となっています。        治療前                 治療後顔の写真です。とてもバランス良くなり、笑顔での歯の見え方は全然違います。     治療前          治療後斜めも、横顔もとても奇麗になりました。治療前    治療後    パノマラレントゲン写真です。治療前に横向いていた親知らずも奇麗に並びました。        治療前                 治療後横顔のレントゲン写真です。前歯の位置関係が良くなり、軟組織の横顔も奇麗になったと思います。感想を書いて頂きました。おうちに帰って作成して、メールで送って頂いたものです。受け口だった頃の面影が一切ない歯並びに大満足しております。振りかえれば矯正前は、歯ぎしりや虫歯が頻発しており、歯を見せて笑うことにも非常に抵抗がありました。何をするにもストレスの種になっていた日々と今とを比較し、口内環境を整えることが、どれだけ生活に安定をもたらしているかを実感する毎日です。矯正中の歯が動く痛みや、器具の煩わしさもありましたが、今後の長い健康の基盤をつくる為と断念せず耐えてきて本当に良かったです。またそれは、信頼をおける先生と丁寧で親切な衛生士の皆様があ ってこそのことと感謝しております。初対面の際に同行した彼とは、今は夫婦となりました。疑い深い(笑)彼もずっと信頼を寄せていますが、明確で分かりやすい説明も非常に助かりました。今後もよろしくお願い致します。治療終了おめでとうございます。彼と一緒に初診相談に来られる患者さんも少ないですが、なんと言っても彼がお金を払うと聞いた時は相当驚きました。そんな人は未だかつていませんし、これからも出ないような気がします。非常にインパクトありましたので、よく覚えております。でももう結婚することは決めていたんでしょうね。とはいえ、若いうちに、なかなかできることではありません。とても良い人とご結婚されたと思います。治療前は悩まれていたことも、今は頑張ったお陰で、最高の結果が得られたと思います。あとは、メインテナンスをしっかりとすれば、歯科の病気に悩まされることもなく、思いっきり笑顔も作れます。これからも一緒に守ってい行きましょう。お疲れ様でした。今回の院長ブログはこれまでです。皆さん素敵なクリスマスをお迎えください。あともう一回ブログ更新したいとは思っていますが、できないこともあるので、今年も色々ありがとうございました。良いお年をお迎えください。それでは。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      10
      テーマ:
  • 03Dec
    • 中学時代のクラブの同級生と顧問の先生ご夫妻と名古屋旅行行ってきました。

      皆さん、こんにちは。12月になりました。日頃お世話になっている方々へのお歳暮をお送りする時期です。それぞれへのメッセージカードが何とか書き終わりました。さて、今回の院長ブログも、旅行です。毎年ブログでも報告しています、中学時代の同級生と顧問の先生ご夫妻との1泊旅行に今年も行きましたので、そのご報告です。今年で5回目、5年連続です。今年は名古屋でした。徳島からのメンバーは、車で新神戸へ向かい、そこから新幹線にのり、名古屋駅へ12時ごろ到着しました。さっそく駅地下にある、ひつまぶしのお店に並び、いただきました。すごく香ばしくて、皮がパリッとして凄く美味しい。そのままで食べて、ねぎとワサビを混ぜて食べて、最後にダシをかけて茶漬け風にしてと、3分割して食べます。皆感動でした。それから名古屋駅すぐにあるホテルに一度チェックインして、すぐに徳川美術館へ行きました。源氏物語絵巻の本物が見れました。国宝です。写真は撮れませんが、保存のため巻物状態ではなく、額に入れられています。でも色が薄くなって、破れや、虫食いの様なあとや染みのような部分もありました。今は湿度も温度も管理された状態ですが、鎌倉、室町、江戸時代と、自然に倉庫のような環境で保管していたとすれば、仕方ないです。まだ残っていることが奇跡的なんですね。その後の時代の模写もあります。それは色も奇麗で、破れず巻物だったりします。恐らく現物もこれとそっくりだったのかな、とか想像しながら見ました。とはいえそれも室町や江戸時代です。公家、貴族、大名たちがこぞって奪い合っていたそうです。いつの時代も美術品は権力者たちの餌食になるんですね。夜は、愛知県在住の同級生も合流し、名古屋コーチンの専門店で同窓会です。焼き物や、刺身、燻製、鍋、もうそれは鳥尽くしのコースで大満足、懐かしい中学時代の話も飛び出し、盛り上がります。愛知に住む同級生のお勧めで、名古屋駅のそばに立つビルの上からの夜景を見に行きました。さすが名古屋は大都会でした。美しい夜景にうっとりでした。名古屋城もライトアップされて素敵でしたよ。ホテルで1泊したら、次の日は朝からジャンボタクシーを借り切って、国宝犬山城へ向かいました。1500年代後半に、織田信長の叔父さんに当たる人が築城しました。震災などもありながらも、天守が現存する城では最古の城とのことです。名古屋城や姫路城のような豪華絢爛ではなく、質実剛健の形容がぴったりの、気が引き締まるようなお城でした。豊臣秀吉もこの城に合戦の時にも入っています。それを想像すると、廊下や階段、柱、壁をみるのもワクワクします。秀吉が生活した城が現存していて、その城に入っていると思うと、なんか時間というものの不思議を感じます。よく残っているもんだと思います。江戸時代の一国一城令でも、名古屋城があるにもかかわらず、この城は、二の丸などは破壊されても天守は残されたそうです。壊すには惜しい城だったんでしょうね。階段は狭くて急傾斜です。昔の武士はここを、駆け上がって降りてを繰り返したんですね。廊下も柱も、天井の梁も、年代や風格を感じさせます。本物の日本の城を体感した気がしました。一番上の4階天守閣部分です。眺めは最高です。外は外周がぐるっと回れますが、写真のように手すりが低すぎます。よくこれで観光客落ちた人がいないなとびっくりするぐらいです。でもリアル感は凄かったです。その後は、明治時代に建てられた建物を移築した、明治村へ行きました。昔のNHK朝の連ドラのハイカラさんが通るを思い出させる町並みでした。製糸工場で使用していた機械類も保存展示されていました。蒸気機関車も実際に走っており、乗車もできます。子供にはたまらないでしょうね。お昼は、みそかつ丼をたべました。きしめんを食べてる人もいました。夕方には名古屋駅に戻ってきて、新幹線、車を乗り継ぎ徳島へ戻りました。名古屋駅ではお土産を買ったりしました。顧問の先生ご夫妻も、元気一杯で私達よりもしゃきしゃき歩いている気がしました。今回も愛知県を満喫した充実旅行でした。来年はより多くの同級生に参加してもらうため東京を考えています。今回も自分たちで情報を集め、企画して、実際に予約・手配など綿密な計画を立て臨みましたが、大成功で満足しております。毎年この旅行が楽しみになってきました。来年のご報告も楽しみにしておいてください。それでは、今回の院長ブログはこれまでです。インフルエンザの流行ニュースもでてきました。皆さんお気を付けください。徳島の歯列矯正治療専門医院 藤崎矯正歯科クリニック当院のホームページ http://fujisaki-kyousei.comもご覧ください。

      10
      テーマ:
topbanner

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス