しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記

しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記

             


いや〜、よく降りますね(^。^)

私も今はもう何とも思わなくなりましたが、バリバリ釣ってた頃は雨が嫌で嫌でたまりませんでした。( ̄▽ ̄)

だいたいカッパ着て⬅️今どきカッパって((((;゚Д゚)))))))
釣りするのって大変ですよね。
身体はムレるし、雨でエサの管理は大変だし、付けるのもすべるし( ̄▽ ̄)

でもそれ以上に悩ましかったのは、投げ釣りなんかしてる時に、山の物がなんでもかんでも海に流れ込んできて、仕掛けを投げる場所がなかったりすることでした。


ふだんは何にもない所へ思う存分に投げるという快感がありますが、雨が続くと山からだんだんとお荷物が増えてきて、釣り座の正面に流れてきたゴミがどっかに行くのを待ってからでないと投げれない、、、なんて、とても難儀な釣りになります。えーん

あーやれやれと、ゴミをやり過ごしたと思うも束の間、潮が変わってさっき流れ去ったヤツがまた帰ってきてみたり⬅️アンタよっぽど日頃の行いが悪いんだな((((;゚Д゚)))))))

もうね、台風のあとなんかは釣りどころじゃありませんよ笑い泣き

もしもこんなに嫌な大雨が百日も続いたら((((;゚Д゚)))))))
そ、想像もできんくらいの海になることでしょう。( ̄▽ ̄)
今、日本列島に降ってる量でさえ、もう笑い事ではなくなっています、。(^。^)

山はもっと大変で、土砂崩れや川の氾濫で命にかかわります。びっくり
コメや野菜を作ってる方は生活がかかってますからホント必要以上の雨はとんでもないものなんですね。(^。^)

でもね、こんな時こそ我々人間は、どういう生き方をしなければならないか、考える機会でもあるんですね。

先日もチョイ紹介した日月神示、ひふみ神示とも言いますが、この中の下つ巻第二十帖にこうあります。


上、中、下の三段に身魂をより分けてあるから、神の世となりたら何事もきちりきちりと面白い様に出来ていくぞ。
神の世とは神の心のままの世ぞ、今でも臣民神ごころになりたら、何でも思う通りになるぞ。

臣民近慾なから、心曇りているから分からんのぞ。
今度の戦は神力と学力のとどめの戦ぞ。

神力が九分九厘まで負けた様になった時に、まことの神力出して、ぐれんと引っくり返して、神の世にして、日本のてんし様が世界まるめてしろしめす世と致して、天地神神様にお目にかけるぞ。

てんし様の光が世界の隅々まで行きわたる仕組みが三四五の仕組みぞ、岩戸開きぞ。

いくら学力強いと申しても百日の雨降らすこと出来まいがな。

百日雨降ると何なことになるか、臣民には分かるまい、百日と申しても、神から云えば瞬きの間ぞキラキラ

この神示、読む人とおりの解釈があるそうで、あなたが読んで素直に感じたとおりが、あなたに必要な解釈というわけです。(o^^o)
どうでしたか^_^

さて今日は、先日の収穫をありがたくいただくことにしますカエル

うちでは姐さんと二人、毎日あ〜美味しかった〜って唸るのが⬅️アンタらう、唸ってるのか?ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

キラキラ知足キラキラ
あるものをただ感謝していただくのを習慣にしています。
いつもありがとうキラキラごちそう様でしたキラキラって言うんです。⬅️幼稚園なみヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

それではまた