名義変更で固定資産評価証明書を取りたい方

 

江戸川区小岩の司法書士小林です。

不動産の名義変更をするためには法務局に登録免許税を納税する必要があります。

 

登録免許税は司法書士が代理人として納税しますので、金額の計算、納税は司法書士に依頼すれば難しくありません。

この登録免許税は固定資産評価証明書の価格に基づいて計算することになっています。

 

それでは固定資産評価証明書は、どこで取れるのでしょうか?

東京都23区の不動産、つまり土地、家屋については、都税事務所で取ることができます。

江戸川区の不動産については江戸川都税事務所、葛飾区の不動産については葛飾都税事務所で取ると便利な方が多いと思います。

 

さて、この固定資産評価証明書の請求についてですが、4月1日以降、郵送する際の請求先が変わります。

東京23区内にある不動産については都税証明郵送受付センターに請求すれば、23区内にあるどの不動産についても固定資産評価証明書の交付を受けることができるようになります。

 

もしも、ご自分で、固定資産評価証明書を取りたい場合は、請求時期によって、郵送請求先が異なることにご注意ください。

不動産の名義変更と合わせて司法書士にご依頼されると便利です。

 

秀都司法書士事務所(小岩)03-6458-9570

事務所ホームページもご覧ください。