Bosch Car Service SYUN-EI

Bosch Car Service SYUN-EI

ボッシュ・カーサービス シュンエイ

〒669-1338 兵庫県三田市上内神80-2
有限会社 俊栄
電話 079-567-2800
HP http://www.syun-ei.co.jp
BMW Japan クオリティーパートナー認定店
MOTUL正規販売店

ひまわり

ダイアンサス

アイビー

スプレーマム

 

 

今年も梅雨入りしましたね。

 

ワイパーの点検、交換の時期です。

 

BOSCHの撥水ワイパー取り扱っています。少々なら在庫していますので、

 

お気軽にお立ち寄りください。

 

といっても、

 

すでに今月の入庫予約予定は満車となっています。

 

今月は、整備士の技術研修が2件重なっていまして、

 

整備できる日が4日も少なくなってしまっています。

 

大変ご迷惑おかけしますが、大切な技術研修なので、

 

成果を持ち帰り今後お客様への貢献できると思いますので、

 

ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

偶然アマゾンで見つけてポチって見ました。

 

 

サイズ感がピンとこなかったのですが、

 

レビューなど見て、何となく大丈夫そうだったので購入してみました。

 

ミシュラン取扱店ですが、日本ミシュランタイヤさんとの人的やり取りが全くないので、

 

とのこのようなアフターパーツの入手もエンドユーザーさんと同じ扱いです。

 

<iframe sandbox="allow-popups allow-scripts allow-modals allow-forms allow-same-origin" style="width:120px;height:240px;" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" frameborder="0" src="//rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=syunei00-22&language=ja_JP&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=as_ss_li_til&asins=B00IQILFF2&linkId=c98d9248867b5e5e6d4ea1e6bbb5a21e"></iframe>

 

開封してしてみると、素材も分厚くちょっとやそっとでは破れそうに感じません。

 

 

タイヤサイズの心配も全くありません。

 

215/80R15のオフロードスタッドレスタイヤを収納した図です。

 

タイヤ面にバッチリフィットするようにマジックテープで調整できます。

 

 

そして、内径もゴム付き前後マジックテープで調整できます。

 

 

タイヤ保管はビニール袋でもいいでしょうが、

 

とってもついて、メーカーロゴもついて所有欲を満たしてくれる商品だと思います。

 

汚れたら洗濯もできるそうです。

 

 

 

 

ジムニーシエラカスタム最終形。

 

メーターをお着換えしてみました。

 

 

ワイルドな車にはレロト感を出したくて・・・・

 

 

 

 

 

 

ワイルドだろぅー!!

 

まぁ、自己満の世界ですけど。

 

 

 

 

日産ノートの車検整備入庫でした。

 

リアブレーキを分解点検していたところ、

 

久しぶりに見ました。

 

恐怖のブレーキ残量!!

 

 

上の写真ですが、赤線で囲んでいるリーディングシューがギリギリです。

 

このまま走り続けると、シューを張り付けている金属プレートと被さっているドラムが

 

擦れ合って、とんでもないことになる寸前でした。

 

 

ちょっと説明。

 

リーディング・トレーリング(アンカーピン)式ドラムブレーキ

 


ドラムブレーキは一般に前輪駆動車の後輪に多く採用されています。

リーディング・トレーリング式は代表的な形状で、進行方向に対し前方のシューをリーディングシュー、

 

後方のシューをトレーリングシューと呼び、アンカーピンにより留められています。

ドラムブレーキはディスクブレーキに比べ「自己倍力作用」により簡単に強い制動力が得られます。

自己倍力作用とは回転方向のリーディングシューがドラムと接触する事により回転方向に引きずられるが、

 

アンカーピンにより固定されている為に外側に開こうとする事で制動力が増すことを言います。

トレーリングシューは逆に跳ね返される感じになり、シューの摩耗に関してはリーディング側が早く消耗してしまいます。

 

 

ということで、命拾いされたラッキーな出来事でした。

 

 

ジムニーシエラ(JB74)に、レカロシートをインストールしました。

 

純正シートは柔らかすぎるので、

 

背筋、腰椎、骨盤のバランスがとれずに、神経系の痛みが出ます。

 

わかりやすく言えば、

 

柔らかすぎるベッドで寝るのと、畳の上に布団を敷いて寝る違いのようなものです。

 

お値段も、まあまあ掛かるので購入に躊躇していましたが、

 

純正シートで腰痛が出ているのが、確実に判断できたので、

 

健康には変えられない投資を行いました。

 

すでに、ハイエースはレカロシートにしています。

 

 

 

 

品番 SR-7F GU A/R 100H

 

シートの座面は、乗り降りしやすいようにフラット仕様。

 

座面生地は、東レの最新技術から生まれたウルトラスエード。

 

シートヒーター2段階調整可能


アームレスト装着

 

 

シートには、シートレールも必要になります。

 

ここがとても重要で、

 

シートだけ変えたとしても、

 

シートともども、保安基準適合品でないとダメなんです。

 

そして、

 

シートベルト装着センサー、座面センサー、エアーバックセンサーの配線が必要になります。

 

最終的には、ドライバーの体形に合わせたセッティングを行います。

 

せっかくの高価なレカロシートも、このセッティングを怠ったら台無しになりますからね。

 

 

 

当社シュンエイでは、そうしたレカロ販売、取付インストールからセッティングを行っています。