秋の恒例行事になりつつある、学生時代のサークル仲間とのおっさん旅行。
昨年のリベンジを誓って?ましたが、楽なほうへ楽なほうへと向かっていきます。^^;

場所を決める際に、幹事(ただの下っ端。^^;)の権限で、小野川湖へ誘導しようとしましたが、
山を忘れたおっさん達にはバンガローが必要です。
さすがにボギーだけじゃ・・・。



ならばと近くを探して、レイクランドヒバラのモービルコテージを利用してみました。

14日は6時に三軒茶屋でAくんを拾って、目立った渋滞もなくのんびり進みます。
10時半頃には現地のヨークベニマルで買い出し。



キャンプ場への途中にある、山の駅食堂でお昼を食べて行きます。
外ではキノコ汁がふるまわれてました。
おいしかったです。(^^)



12時半頃、キャンプ場へ到着。
チェックインは14時なので、それまでカヤックするつもりでしたが、この日はそのままチェックインできました。



食器や調理機器含めて、一通りそろってます。
大きな冷蔵庫も。
このダイニングがベットになります。



こちらはソファーベット。



簡易式の水洗トイレ。
外にも共用トイレはあります。



一番奥のダブルベット
寝具は寝袋が用意されてて、シーツがセットされてます。

このモービルコテージはMサイズの4人用。
寝る場所は3か所なので、おっさんには3人用って感じ。
むかーし山ではダンロップテントで4人寝てた事を考えれば、3か所のベットだけで7人は楽勝ですが・・・。^^;

設備を確認したら、カヤックの準備を進めます。



二人で運べば済むんですが、折角買ったのと、明朝のコソ練にそなえてカヤックカートを使います。
固定がうまくできずにすぐ緩んじゃったので、出発してから色々手直してました。
何か冶具が必要かなぁ・・・。



キャンプ場内にエントリーポイントがあります。
モービルコテージの場所からは200mぐらい?になります。



天気もまずまずで、いい感じ・・・。



湖岸に置いていこうかと思いましたが、後部のスペースに収まりました。



紅葉はぼちぼちって感じですかね。



対岸目指してしゅっぱーつ・・・。
Aくんは、ディズニーランドのみんなで漕ぐカヌーアトラクションくらいで、ほぼ初体験。



観光船やバスボートが走ってます。
特にバスボートはあっちこっちへ走りまわってます・・・。



時々、観光船やバスボートの波がきますが、このくらいの一本の波なら大したことないので、楽しいアトラクションって感じ・・・。


しばらくすると、ちょっと大きな波が背後から・・・。
おおーっ!と声がでるくらい艇が持ち上げられます。^^;
素人の推測ですが、2艇のボートの波が合体したのかな??

通過した波が、数m先で白波たてて、ビックウェーブ化してました。
その状態で波を受けてたら、ちょっとやばかったかも・・・。(>_<)



ちょっとトーンダウンしたのと、少し寒いのと、大きな湖は面白みがないのと、Hさんが到着したので引き返します。
帰りは、面倒なので二人でかついで戻りました。^^;



モービルコテージには、テーブル、椅子、サイドオーニングがついてますが、夜に備えていつものセットは欠かせません。(^^)



青空も出てきて、気持ちいい時間です。



いろんな仕込みを終えたら、かんぱーい!
ぷふぁ~っ!たまりません。(^^)



夕飯には時間も早いので軽くとうもろこしから。
スーパーでは見かけなかったんですが、山の駅食堂でゲット。
おいしかったです。



夕方になると冷えてくるので、少しずつ壁を増やして、フジカも投入です。(^^)



辺りが暗くなり始めたら、4面壁にして本格的に焼ものが始まります。
・・・あれが気になりますよね。^^;



強制排気システムはこんな感じでセットしてあります。



外からはこんな感じ。
いい感じに上に向いてくれるんですが、そのうち雨対策も考えないと。



スイッチ入るとLED点灯するのがほんのちょっと便利でした。
エネループの単三2本だと約3時間稼働しました。
電池なくなるとLEDが消えるので便利でしたが、そもそも消えない大容量バッテリーがほしいかな。
ジャンプスターター、私もゲットしないと。



肝心の排気能力ですが、カルビくらいならちゃんと排気してたかな。
ハラミの煙にはさすがに能力不足でした・・・。



そんな時は、真ん中を開けて排気すればOKです・・・。^^;



ダクトからもいい感じに排煙されてます。(^^)
それなりに効果はある感じで、肉から煙が出なくなるとタープ内の煙のもやが晴れていくのが実感できます。



ただ、良くみるとダクトじゃないところからも煙が排出されてる感じ。
フジカでポカポカなので、暖房した室内のような空気の流れで、自然と排気するんですかね。^^;
参考元は→こちら

天井の残り3か所に手動式の排気弁システムをセットしてれば、ハラミの煙も余裕だったかな?
そうなると、100均でみかけるあいつをゲットせねば。



まだまだ試してみたいこと出てきましたが、寒い季節にフジカでポカポカなタープテント内で、換気しながら焼肉ができることがわかりました。(^^)v



肉を終えたら、ホタテを焼くなんて超余裕です。



焼き物終えたら、Hさんが釣って持参してもらったイワナの塩焼き。
炭を多めにバーニングアップして、



地面に串を指せば、こんな使い方ができます。
長年この七輪使ってますが、こんな使い方があったとは!
網じゃなく串焼きにこだわったHさんのおかげで新発見です。(^^)



あとは芋煮や、



ヤマメのホイル焼き。



七輪が万能の調理機器と改めて実感したキャンプでした。(^^)



写真には撮れませんが、外は満天の星空のなか、暖かいタープテント内で宴会は続き、夜は更けていきました。



朝は6時半起き。



フリーサイトと、



湖畔へ続く道にもテントサイト。



湖畔そばにもあります。



朝の散歩したらコソ練と思ってましたが、バスボートも朝練?してる音が響いてたので、やめておきました・・・。



キャンプ場の大浴場で朝風呂。
気持ちよかったです。



さっぱりしたら、芋煮の残りで朝食。

すこーし薄日指すレベルでしたが、タープもカヤックも乾かして片づけることができました。



10時半頃チェックアウトして、近くのラビスパ裏磐梯で温泉入って、



喜多方でラーメン食べて、帰路につきます。
都内のSくんち経由して、20時頃に帰宅。

しばらくは、家族サービスに精を出す日々が続きそうです。^^;

AD