欧州野球狂の詩

欧州野球狂の詩

日本生まれイギリス育ちの野球マニアが、第2の故郷ヨーロッパの野球や自分の好きな音楽などについて、ざっくばらんな口調で熱く語ります♪

ブログ「欧州野球狂の詩」にアクセスいただき、ありがとうございます。このブログでは、管理人自身がかつて暮らしたヨーロッパを中心に、世界中で行われている野球について様々な記事を書いています(ごくまれに野球以外のことについて書くこともあります)。以下、このブログにコメント等頂く際の注意事項などについて簡単にまとめましたので、閲覧の際参考にしてもらえれば幸いです。

・記事に対して、ぜひコメントを残していってください。可能な限りコメント返しするようにします。
・コメント欄での、ユーザーさん同士の議論は大歓迎です。ただし、言葉の暴力にだけはご注意を。
・管理人へのご連絡は以下までお願いします。
1)Twitterアカウントをお持ちの方は@systemr1851まで(フォローも歓迎です!!)
2)そうでない方はgimme_the_microphone☆yahoo.co.jp(☆を@に変える)まで
ご連絡いただく際は、必ずお名前を名乗っていただけるとありがたいです(HNで結構です)。どなたからのご連絡なのか、こちらが分からなくなってしまうので…。何卒ご協力お願いします。
・仕事の都合上ブログの更新ができない場合があります。また、ご連絡いただいてもお返事が遅くなることがありますが、予めご了承ください。
・ニコニコ動画でも、紹介動画のうp主やってます。よろしければ「ヨーロッパ野球入門」で検索を。
・2016.10.31より、国内初となる電子書籍形態のヨーロッパ野球ガイドブック「Basbalo (バズバーロ)」シリーズの販売をAmazon他にてスタートしました。詳細についてはhttps://globalbb.amebaownd.com/をご参照ください。

欧州野球狂の詩管理人
SYSTEM-R

テーマ:

 世界野球・ソフトボール連盟(WBSC)が、新たなアソシエイトメンバーとしてフランス語圏野球・ソフトボール連盟(AFBS)の加入を承認したことを発表しました。AFBSには現在、フランス語を公用語とする22の国と地域が加入しており、世界で2億2000万人いるともいわれるフランス語話者にアプローチするための、新たなチャンネルとして注目されます。

 

 AFBSの加盟は、アメリカ・フロリダ州で開催されたWBSCの理事会にて決定。既にフランス語圏オリンピック委員会にも加盟しているAFBSには、5大陸にまたがる22の国から計25の野球またはソフトボール、あるいはその両方の統括連盟が加盟しています。既に第一歩の取り組みとして、4年に一度フランス語圏諸国で開催される「フランコフォンゲームズ」の2017年大会において、U12の野球大会を開催した他、フランス・パリでも審判向けのクリニックを開催しました。ディディエ・セミネー会長(フランス野球・ソフトボール連盟及びWBSCヨーロッパの会長も兼任)率いる同連盟の目下の目標は、2024年に率いるパリ五輪での野球とソフトボールの採用。パリでのオリンピックは、ちょうど100年ぶりという記念すべき大会になるのです。

 

 

 

 

 WBSCのリカルド・フラッカリ会長は、次のようにコメントしています。「フランス語世界における野球とソフトボールの開拓は、我々WBSCにとっての重要な戦略の1つだ。我々は、単に2024年だけを見ているわけではない。より持続的で、より長期的視野での競技の発展だ。我々はもっと多くの選手や指導者、そしてファンをヨーロッパやアフリカという潜在的な市場から発掘せねばならない。野球とソフトボールは、既に北米と東アジアでは確固たる地位を築いている。2億2000万人のフランス語話者たちは、我々のスポーツをよりグローバルで開かれたスポーツにするべく強力に後押しをしてくれるだろう」

 

 一方、AFBSのセミネー会長もコメントを発表しました。「我々AFBSは、今回のWBSCへの加盟を心から嬉しく思っている。フランス語という言語は、フランス・カナダ・ブルンジ・バヌアツなど国の枠組みを超えて、グローバルなコミュニティを作り上げてきた。これからは、野球とソフトボールが我々を結びつける新たな『言語』になるんだ。フランスにおける五輪が目指すゴールは、国と国との境界線をはるかに超えるものになる。我々は、野球とソフトボールがそのビジョンの具現化に資する存在になると信じているよ」

 

 一方AFBSに加え、新たにドミニカプロ野球リーグ(LIDOM)も同じくWBSCアソシエイトメンバーに選ばれました。1951年に設立されたLIDOMは、野球が国技であるドミニカ共和国の国内トップリーグ。LIDOMのWBSCへの加盟は、ドミニカ共和国代表ブランドやドミニカ共和国野球連盟(FEDOBE)、あるいはドミニカ代表が参加するプレミア12やU23ワールドカップといった国際大会の、ブランド価値向上に大きく寄与するものと期待されます。AFBSとLIDOMの加盟により、WBSCへの加盟組織は208(国家・地域連盟195、アソシエイトメンバー13)にまで増加。加盟国はアフリカ、アジア、米大陸、ヨーロッパ、オセアニアと全5大陸にまたがり、全世界で約6500万人のアスリートと2億人のファンが存在するものと推定されています。

 

 

 

 

ソース:

https://www.mister-baseball.com/association-francophone-de-baseball-softball-set-boost-sports-growth-frenchspeaking-world/

 

NO BORDERZ BASEBALL公式サイトはこちらから

https://globalbb.amebaownd.com/

 

公式オンラインストア「NO BORDERZ BASEBALL STORE」はこちらから

https://globalbb.thebase.in/


テーマ:

 チェコ野球連盟(CBA)が、9月18日からオランダ・ホーフドループで開幕する国際大会「スーパー6」に参戦するチェコ代表メンバーの顔触れを発表しました。

 

 マイク・グリフィン監督率いるチェコ代表は、正捕手としての起用が有力視されるマルティン・チェルベンカ(ボルティモア・オリオールズ)と、ブンデスリーガから参戦するヤン・トメック(ハー・ディサイプルズ)を除き、全員が国内リーグであるエキストラリーガでプレーする面々。ボリス・ボカーイ(オストラヴァ・アローズ)、マルティン・シュナイダー(ドラッシ・ブルノ)、ペトル・チェフ(同)といったおなじみのベテラン勢に加え、オンドレイ・サトーリア(オストラヴァ・アローズ)ら若手メンバーも選出されています。最年長はペトル・ミナリク(ドラッシ・ブルノ)とヤコブ・マリク(オストラヴァ・アローズ)の34歳、最年少はルーカス・フロウク(トレビシ・ニュークリアーズ)の17歳です。代表メンバーの顔触れは以下の通り。

 

投手

・ボリス・ボカーイ(オストラヴァ・アローズ)

・トマス・デュフェック(プラハ・イーグルス)

・オンドレイ・フルコ(ドラッシ・ブルノ)

・ラディム・チルースト(ドラッシ・ブルノ)

・マレク・ミナリク(テンポ・タイタンズ)

・ペトル・ミナリク(ドラッシ・ブルノ)

・ヤン・ノヴァック(コトラーカ・プラハ)

・オンドレイ・サトーリア(オストラヴァ・アローズ)

・ヤン・トメック(ハー・ディサイプルズ)

・ジリ・ヴァブルーサ(コトラーカ・プラハ)

・ルーカス・フロウク(トレビシ・ニュークリアーズ)

・ダニエル・パディシャック(コトラーカ・プラハ)

・フィリップ・チャプカ(ドラッシ・ブルノ)

 

捕手

・ペトル・チェフ(ドラッシ・ブルノ)

・ダニエル・ヴァブルーサ(コトラーカ・プラハ)

・マルティン・チェルベンカ(ボルティモア・オリオールズ)

・ヤコブ・ヴォヤック(オストラヴァ・アローズ)

 

内野手

・ヤコブ・ハイトマー(ドラッシ・ブルノ)

・トマス・ユネック(オストラヴァ・アローズ)

・マルティン・シュナイダー(ドラッシ・ブルノ)

・ペトル・ジマ(プラハ・イーグルス)

・マルティン・チェルヴィンカ(ドラッシ・ブルノ)

・プレメク・チルースト(ドラッシ・ブルノ)

 

外野手

・アーノスト・ドゥボヴィ(ドラッシ・ブルノ)

・マルティン・ムシーク(コトラーカ・プラハ)

・マテイ・ヘイマ(プラハ・イーグルス)

・ヤコブ・マリク(オストラヴァ・アローズ)

 

ソース:

https://www.mister-baseball.com/czech-baseball-association-announces-roster-super6/

 

 

 

NO BORDERZ BASEBALL公式サイトはこちらから

https://globalbb.amebaownd.com/

 

公式オンラインストア「NO BORDERZ BASEBALL STORE」はこちらから

https://globalbb.thebase.in/


テーマ:

 スペイン王立野球・ソフトボール協会(RFEBS)が、今月18日にオランダ・ホーフドループで開幕する国際大会「スーパー6」に出場するスペイン代表メンバー24名を発表しました。

 

 今回選ばれたのは自国リーグである「ディビシオン・デ・オナー」の所属選手を中心に、イタリアやアメリカなどでプレーする面々を加えた顔ぶれ。元MLBのトッププロスペクトであるアンヘル・ベルトレ(リセイ・タイガース)、2015年の日欧野球で来日したレスリー・ナカー(プエルトクルーズ・マーリンズ)やブレイク・オチョア(バレンシア・アストロズ)、高知ファイティングドッグスでのプレー歴を持ち今季は2桁勝利に防御率ランキング3位と活躍したホルヘ・バルボア(プエルトクルーズ・マーリンズ)ら、主力メンバーが勢ぞろいしています。代表メンバーは下記の通り。

 

投手

・ホルヘ・バルボア(プエルトクルーズ・マーリンズ)

・レスリー・ナカー(プエルトクルーズ・マーリンズ)

・リチャード・カスティーヨ(ネットゥーノ・ベースボールシティ)

・アンドレス・ペレス(T&Aサンマリノ・タイタンズ)

・ローウィン・サクラメント(バレンシア・アストロズ)

・ルーベン・ヘルナンデス(バレンシア・アストロズ)

・フランシスコ・ゴンザレス(プエルトクルーズ・マーリンズ)

・ハビア・サンチェス(C.B.S.アントーチャ)

・カルロス・シエラ(ヒューストン・アストロズ)

・ダニエル・アルバレス(ニューヨーク・ヤンキース)

・フェルナンド・バエズ(サンラファエル・パシフィックス)

・リカルド・ヘルナンデス(A.S.D.リミニ)

・アントニオ・ノゲイラ(UGFフォルティチュード・ボローニャ1953)

 

捕手

・ブレイク・オチョア(バレンシア・アストロズ)

・エリック・セグラ(バレンシア・アストロズ)

 

内野手

・ヘスス・ウスタリス(A.S.D.リミニ)

・リチャード・モンティエル(プエルトクルーズ・マーリンズ)

・レオ・ロドリゲス(ネットゥーノ・ベースボールシティ)

・エマニュエル・フェブレス(バレンシア・アストロズ)

・ヤンカルロ・フランコ(プエルトクルーズ・マーリンズ)

・ルイス・ジローム(ニューヨーク・メッツ)

・ダニエル・サンチェス(ゾーリンゲン・アリゲーターズ)

 

外野手

・ダニエル・マルティネス(C.B.サンボイ)

・アンヘル・ベルトレ(リセイ・タイガース)

・レスター・ガルバン(プエルトクルーズ・マーリンズ)

・ロイベルト・デセーナ(ベースボール・バルセロナ)

 

ソース:

http://www.rfebs.es/wp-content/uploads/Relación-jugadores-preseleccionados-Torneo-Super-6-Béisbol-Absoluto-2018.pdf

 

 

NO BORDERZ BASEBALL公式サイトはこちらから

https://globalbb.amebaownd.com/

 

公式オンラインストア「NO BORDERZ BASEBALL STORE」はこちらから

https://globalbb.thebase.in/

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス