ブログランキングにご協力を、次の木工タグをクリックお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

今年の暑さは本当に堪りません! 工房の整理も途中ストップのままです。

気分転換で少しずつ孫の『ままごと道具』を作っていましたが、やっと完成しました。

ペッパー入れと塩入れは旋盤で削り出して着色し水性ウレタンを2度塗り。

包丁、まな板と大根です。 同様に着色しウレタン塗り。

まず大根を作りました、切断面にマグネットを埋めるのですが、マグネットが見えるのが嫌で薄板を貼って隠したのですが、この先沢山の野菜を同様に作るのは大変だと、野菜は木製の市販品を購入しました。素人とは言え木工をするものとしては恥ずかしい!

鍋作りは苦労しましたがなんとか完成! 前のページで作った曲げわっぱみたいなものにパテでつなぎ目や穴を埋め白の水性ペイントを3回塗りしてウレタン塗装の2回塗り。 側面の持ち手と蓋の持ち手はウオールナットで作って木の色を生かそうと考えたのですが、子供にはカラフルな方がいいかなと思い直し赤で着色。

 

 

これが購入した野菜セットです。 箱は切り出したままの板を張り合わせただけで角が立っているので面取りをしてウレタン塗装をしました。 箱はそのままでは味気ないので、ドキンちゃんの絵と孫の名前を書きました。

 

 

 

 

 

 

ブログランキングにご協力を、次の木工タグをクリックお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

毎日堪え難い暑さが続きますね。 こんなに秋の訪れが待ち遠しい夏もありません!

工房のコンプレッサーは主にエアーダスターで工房の粉塵を飛ばすのに使っています。 最近コンプレッサーのスイッチがよく入るのでエアー漏れがあるのかなと思って調べてみるとコンプレッサーに接続しているエアーホースのカプラーの部分からエア漏れがしています。 よくみると付け根の部分が破れています!

このホースリールは20mで、コンプレッサーは隅に置いているので工房の反対側まで引っ張り出して使っていました。

距離もあり、しかもこのホースは硬くて柔軟性がないので使いづらいものでした。 そういう訳で修理はせずに交換する事にしました。

破れた箇所、青と赤の境目です。

 

使い勝手を考えコンプレッサーの場所も変えて、天吊型のホースリールにする事に!

工房のほぼ中央に吊り下げればホースの長さも10mあれば十分すぎる長さです。 ネットで調べると価格はピンからキリまでで迷ってしまいますが、実物を見る事が出来ないので品質第一で国産の信頼できるメーカーのものを購入する事にしました。

色々調べて購入したのは三協のエアーホースリールの10m SHS210A! このリールはカプラーが付いてないので、カプラー付きで販売されているものを購入しました。

シンプルですが作りはしっかりしていてホースの柔軟性も文句ナシです。

 

リールの取り付けは木桟のある所に取り付けましたが、ホースを下げるのはボード用のアンカーにナイロンサドルで取り付け。

ボードに9ミリの穴を開けるのは少し勇気が必要でしたが、無事取り付け終了。

 

これで工房内をこまめに粉塵をシュシュと飛ばせます。

 

ブログランキングにご協力を、次の木工タグをクリックお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

孫のままごとセットをヒマヒマに作っていて、今は鍋を作っています。 旋盤で作るにはサイズが大きくてちょっと無理です。

色々考えた結果こんな方法で作っています。

シナ合板を刃の厚みが薄いサーキュラソーで5ミリ間隔で切り込みを入れていきます。

端を45度でカットして接着しますがこのままでは戻す力が強くて、クランプで押さえてもクランプを外すと折れてしまいます。

内側の切り込みを隠す必要もあるので、0.6ミリほどの薄板を切り出して内側に貼り付けます。

 

何か曲げわっぱぽいですね。

 

黒い帯状の物は結束バンドのロックタイです。 連結していけば長さは自由です。曲げ物をクランプするには便利な方法です。

しかも再利用できます。  ギザギザのある方からマイナスの精密ドライバー(ピンでも何でも良いのです)を差し込んで引き抜けば元どおりに使えます。

2本目の先っちょのギザギザのあるところまで差し込みます。 あと繰り返し!

 

抜く場合はこのようにギザギザのある方に細いものを差し込みます。

 

引き抜けば元通りです。

丸いものなどを締めるときには、便利な方法ですよ。

 

 

 

 

 

プロジェクター設置完了

テーマ:

ブログランキングにご協力を、次の木工タグをクリックお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

関東は梅雨明けだそうですね。 今朝は凄い雷でした! 近くに落ちたようです。梅雨明け近しの予感!

注文していたエプソンのプロジェクターがお昼頃に届きました。 EH-TW5650という機種です。

 

 

以前取り付けていた板を再利用。 サイズが少し小さくなったので少しカットして角をとって白ペンキをペタペタ!

取り付けのボルトが4ミリなのですが、手持ちがなかったのでHSまで。

ペンキが乾くのを待ってまず板にボルトを取り付け、その後釣り金具をネジ止めして準備OK

 

無事に設置完了!

 

早速スクリーン投射し、説明書見ながら画面調整など設定して終了。

写真は室内が暗く写っていますが、外は明るくカーテンも開けたままです。

室内の照明はスクリーン側の照明は決していますが手前側の照明はつけています。 今までは昼間プロジェクターを見る時は遮光カーテンを閉めて見る必要があったのですが、今回のプロジェクターは十分な明るさがあって昼間でも見られます。

 

 

ワールドカップ トーナメント戦これでr楽しめます。

 

 

 

ブログランキングにご協力を、次の木工タグをクリックお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 木工へ
にほんブログ村

 

テレビが大きくなったこともあって、最近はホームシアターを見ることも少なくなったのですが、それでも日本代表のサッカー試合を見るときなど、時々は見ています。 元々のホームシアターはサラリーマン時代に自分で少しずつ購入し構築(自分で工事)したものです。 従ってかなり古い代物です、多分17~8年経っていると思います。 9年前にリホームした時には機材はそのまま利用してもらいました。 画質も色合い調整しても良くなりません。 古いので、しょうがありません! 

もう寿命でしょう、光源ランプも4〜5万円するので、アマゾンで中程度のプロジェクターを発注!

今までのプロジェクターはアナログで映像ケーブルは3本のコンポーネントケーブルです。 テレビ、レコーダーも今は全てデジタルで、HDMI端子での接続になっています。 従って今までのコンポーネントケーブルは使えないので、HDMIケーブルに交換しなくてはならないのでケーブルを発注し交換の工事をやりました。

まずはプロジェクターを取り外し。電源とケーブルが出てきている箇所のプレートを外します。

外したプロジェクター(エプソンELP-TW100)

天井の電源とケーブルのプレートを取り外しました

天井に向かうCD管。3本のコンポーネントケーブルは右の穴から出ていてCD管が見えないので、左の電源のプレートを取り外したら出てきました。

 

3本のコンポーネントケーブルにHDMIケーブルを紐で結びつけます。

 

壁面にあるコンポーネントケーブルを引っ張ってコンポーネントケーブルを抜くと同時にHDMIケーブルを通します。

1本ずつ引き出せば、力がいらなかったかも知れませんが結構抵抗がありました。 ちなみにケーブルは15mでジャストサイズでした。

 

何とか通りました。

プレートを取り付け完了です。

 

取り外した釣り金具と取り付け板

 

次はプロジェクターが届いたら板に取り付け加工をして取り付けです。(続く)